Earth Spiral

Survival&Creative life. 
大地と魂の声を聴き、自分の道を歩め

意志を現実化する

2014-11-10 | パーマカルチャー的暮らし

こびっとハウスの作業も今年で丸3年。
今年は早めに作業が終わり、ぼちぼち冬支度をしています。

思えば、始めた時には、
震災後の途方に暮れた感じから脱出するために、
何かしたいと思ったあたりからの出発。

自分もみんなも元気になれるような場所、
新しい時代を発信できるような場所、
地域のお茶の間的な場所・・・。

そんな思いと妄想から始まったものです。
あまりにも自分たちの実力が伴わないので、
どう進めたらよいかわからず、
パーマカルチャーデザインのやり方でやってみよう!
ということで、手探りではじめました。



コンセプトデザインを考え、
次に資源と問題点を抽出し
解決策を考えるストラテジーデザインをしました。

そして、自分たちはこんなことをやりたいのだ、
ということを、知人や友人に伝え、
制作に加わってくださる方々が来てくれました。

当初2年間の予定だったのが、
裏磐梯のサグラダファミリアと呼ばれるぐらい(笑)、
ずっと作り続けることになりそうですが、
「思ったことは形になるんだな」
ということを、つくづく感じる今日この頃です。

冒頭の写真は、こびっとハウス着工前に描いたデザインです。
手伝ってくれている友人から、
「最初に描いた通りになったね」といわれて、
あらためて、そうだなと思いました。



***

こびっとハウスづくりに取り組むまでは、
大きなものを長期的に考えてやるというのに慣れていなかったり、
思いついたこと、自分の感覚で理解できることなど、
直感や感覚に頼って、考えてやるということが苦手でした。

たぶん、形としてはっきり見えるようなものじゃなければ、
途中で投げ出していたかもしれません。

パーマカルチャーに限らず、デザインというものは、
自分の意思したもをいかに形にするかということだと思います。
パーマカルチャーの場合には、3つの倫理と、
それに伴うデザインの原理原則がいつくかあります。
デザインをするときに、
その倫理と原理原則に照らし合わせて
考えていく、というのが、
形をつくっていくだけのデザインに、
更に加えなければいけない要素です。

こびっとハウスをつくりはじめて3年たって感じることは、
その時々で、思い通りにならないことがあったり、
予想できないようなことが発生したりしつつも、
諸行無常の現実ではなく、自分の中にある熱のようなもの、
意志のようなものに従って続けていくということが
人間ってやればできるんだということです。

世界はだんだん混乱を極めて、どうなっちゃうんだろうな…
という感じにも見えますが、どうなっちゃうんだろうな…
じゃなくて、それは自分たちがつくっている、
ということを自覚と責任を持つことができれば、
なんか、変わって行くのではないかなと思う今日この頃です。

***

そして、世界を変えるには、デモをやったり、
何かに異を唱えたりすることも大事ですが、
与えられたものを消費することから、
まずは脱却することが最初のステップかなという気がします。

小さなことであっても、そこからの学びは予想以上のものがあり、
それが、自分が生み出している、世界を創っている、
という実感につながっていくのではないかと思います。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« さば?いわし?うろこ? | トップ | 太陽の復活とクリスマスの意義 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

パーマカルチャー的暮らし」カテゴリの最新記事