気分しだいで食べりゃんせ♪

兼業主婦が作る大家族7人分の時短料理、ヘルシオレシピ満載!
西荻呑み食べ歩き写真や愛犬トイプー&猫の写真も載せてます☆

手作りさつま揚げ

2018-11-18 | ■ライブ・映画・イベント・本

「手打蕎麦 月読」のおいしいお蕎麦を堪能した後は、小田原、鈴廣かまぼこの「かまぼこの里 鈴廣かまぼこ博物館」手作り体験プログラムに参加

数週間前にネットで予約をしておきました。

かまぼこ・ちくわ・あげかまがあったのですが、以前かまぼこ&ちくわはやったことがあったので、今回は「あげかま」にしてみました。

こちらのかまぼこ博物館は、2016年にオープンしたようで、広いキッチンでの体験教室の様子が、フロアーから見渡せるようになっています。

こちらはかまぼこ&ちくわのキッチンラボ。

あげかま手作り体験教室の会場は3階にありました。

平日の昼間だったので、この日の参加者は、こじんまり10名のみ。

こういうのって子連れのファミリーばかりなんじゃないかと心配だったのですが、なんとこの日は大人のワカモノ男子中心。

目の前に道具や材料が用意されています。

この日の具材は、黒ゴマ、トウモロコシ、人参、枝豆、桜エビと、今が旬のサツマイモ。

これは揚げかまデザイン用のマジックかな

体験教室が始まる前に、鈴廣かまぼこ豆知識&クイズコーナー。

小田原かまぼこには主にグチが使用されていて、かまぼこ一本に、20cmぐらいのグチが、約5匹使用されているとのことです。

ほぉ~、勉強になります。

ビニール袋に用意されていたすり身に、好きな具材を入れてモミモミ。

この量で、小さなあげかまを二個作ります。

ぺったんこにのします。

ビニールの角に寄せて円錐状にします。

さきっちょのトンガリのスペースを大きめにカットして竹皮の上に均等に出します。

教室の前方の調理台での先生の手元がモニターに映し出されているのでわかりやすいです。

好きな形に成形して、トッピングをします。

出来上がった人から、先生のところへ持って行きます。

大人ばかりでみんな仕事が早く、私が一番のろまで、最後までペタペタ作業をしていて焦りました

もっとかわいくしたかったのに、適当に切り上げて、あわてて先生のところに持って行きました。

そういえば昔から、図工の時間も最後までモタモタ作っていたっけ。

先生がみんなの分をまとめて油で揚げてくれます。

あっという間にいい色に揚がってきました。

ハートちゃんとお花だったのに、宇宙人とゾンビみたい(笑)

しかもトウモロコシ1個落下。

でも揚げたてのおいしさって言ったら、もうこれはさつま揚げとか、つけ揚げとか、売っているものとは別物

車だったので飲めないのが残念

竹皮をはがした裏側は白いですが、ちゃんと火は通っています。

今度家でも作ってみようかな。。。

最後に箱根百年水のプレゼント。

あげかまは30分で1000円。

ちくわだけなら500円。

大人でも結構楽しめておすすめです。

写真撮影がOKなのもうれしい

https://www.kamaboko.com/sato/taiken/

 

前回鈴廣かまぼこで、かまぼこ&ちくわ作りに参加したのは、なんと今から15年前でした。

15年前のかまぼこ&ちくわ作り体験付きバスツアー

 

今26才になったムスメがまだ11才、私もおどろきの若さ

そして自分の写真のヘタさにもビックリ

ブログでは顔出ししていませんが、パソコンのアルバムでなつかしく見返しちゃいました。

この後毎年恒例の河口湖旅行へ

 


江戸切子体験

2018-07-25 | ■ライブ・映画・イベント・本

オランダから夏季休暇で日本に来ているお友達と、何か楽しいことしたいねってことで、江戸切子オリジナルグラス作り体験

浅草の田原町駅から歩いて数分の「創吉 Soukichi」さんを予約しておきました。

90分で3240円なんですが、「じっくり体験をされたい方は1,000円追加で2時間コースも承ります」とあったので、じっくり取り組むぞーと2時間コースでお願いしておきました。

グラスが所狭しと並んで売られているお店の脇の階段を上った二階に切子体験の部屋があります。

左側がグラスを選んだりデザインを考えて下書きをしたりするコーナー。

右側が作業場になっています。

まず、どのグラスにするかを選びます。

そして、練習用のグラスで、マジックで書かれたラインの通りに、回転する切削道具にグラスを押し当てて削る練習

これが意外と難しい。

思い切って強く押し当てて深めに削った方がさまになります。

実を言うと私は、東京タワー、スカイツリー、ビルが並んだ東京の夜景を描いて空には星と三日月と、図案を綿密に考えてあったのでした

お絵かき上手な連れに至っては、オランダから来たセンセの似顔絵を彫ってプレゼントするんだと張り切っていたのでした

歯医者の器具みたいなのを手に持って、グラスに切り込みを入れるのだと思い込んでいたのです。←よく考えたらこれこそさらに無理

行きの電車の中で、

「顔を彫るのは難しいんじゃない?せいぜいスカイツリーだよ。」

「ネットに出てるお客さんの作品は、花や花火みたいなのばかりだったから、違うのを作ろう。」

と妄想に酔いしれていたのですが、試し彫りの段階で現実を思い知ることになります。

初心者は、葉っぱや花びらや花火みたいな形に削るのがせいいっぱいなのでした

というわけで、夜景は断念し、とっさに浮かんだ図柄で、約1時間ちょっとでできあがったのがこれ

茎をひょろひょろ~って微妙に曲げるのが難しかった。。。

底の模様はこんな感じ。

葉っぱの模様の影が美し~~~(自画自賛

ちゃんと完成品を置いてライトをあてて撮影するコーナーがあって、達成感、満足感にひたれる仕組みになっています

ちなみに似顔絵を彫る予定だった人”Mr.K"の作品はコレ。

やってみればわかりますが、このようにバランスよくきれいに星を散りばめるだけでも大変なことなのです

結局、2時間で申し込んであったのに1時間半以内に終了。

それでも料金は2時間分取られるのだろうなと思っていたら、1時間半分の3240円でした。

2時間で予約してあったのに、創吉さん、良心的

初心者でもわかりやすく、手取り足取り丁寧に教えてくれるし、デザインについても親切にアドバイスしてくれるし、おしゃべりしながら和気あいあいと、とーっても楽しい体験でした

もちろん、自分の作品のグラスは、ちゃんと箱に入れてくれて持ち帰れます

夏休みの東京見物、浅草観光のついでに、エアコンの効いたお部屋でじっくり楽しめます。

あらかじめ申し込んでおけば、英語での対応もしてくれるみたいなので、海外からの観光客向けにもおすすめです

The EdKiriko Cut Glass Experience is the Best Things to Do in Tokyo

友達 ”Mちゃん”の作品。

斬新で勢いのある作品に、彼女の潔い性格が表れています

角度によって見え方が違って幻想的

オランダ人の友達”センセ”の作品。

底の模様を彫る時に手が滑って失敗しちゃったのを、へこたれずにアレンジしてうまいこと仕上げてしまったのはスゴイ

さすがミュージシャンなセンセ、アドリブがききます

みんなそれぞれ、世界に一つしかない宝物な作品を大切に持ち帰りました。

そして、うちに帰ってからも照明をあててしつこく撮影会は続きます

チューハイをそそいでまた撮影

ブログ更新しながら、またまた撮影 ←もういいから

久しぶりにWorkShopで楽しんだ大人の図工の時間

海外からお客様でも来ないとなかなかこういうことをしようと思いつかないので、オランダから来てくれたセンセ&Mちゃんに大感謝です

早くも、次回はこういう作品を作ろうと、妄想が始まっています。

 

「浅草 創吉 江戸切子体験」
http://www.sokichi.co.jp/hpgen/HPB/entries/3.html


双頭の鷲の旗の下に

2018-06-02 | ■ライブ・映画・イベント・本

先月のとある日の空。

♪甍の波と雲の波♪ のフレーズが浮かんできます。

美しい日本語です。

 

今日は荻中の運動会。

吹奏楽部(?)の演奏がうまくて心地よいです。

リズム隊もホーンもレベルが高くて感心

でも実を言うと、前日まで毎日猛練習をしていたようなのですが、練習の時の方が完璧でした

本番は父兄も来ているし、ちょっと緊張しちゃったかな

娘たちが通ったころは、残念ながら吹奏楽部はありませんでした。

「双頭の鷲の旗の下に」は、大昔、小学校の音楽会でピアノを担当した曲でなつかしい

アップテンポなリズムをピタっと合わせるのが意外と難しいのに、荻中生が上手に演奏していました。

自分の高校の入学式では、吹奏楽部の先輩たちの演奏があまりに下手すぎて、失礼ながら、早く演奏が終了することをひたすら祈り続けたことを思い出しました

 


興味ないんですけど

2018-04-13 | ■ライブ・映画・イベント・本

東京駅新丸ビルでタイ料理ランチビュッフェを満喫した後、日本橋方面にぶらぶらと散歩。

歩行者天国になっていたので、何かと思ったら・・・

「ジャパン・クラシック・オートモービル2018」というイベントをやっていました。

日本橋の橋の上に数十台のクラシックカーが展示されていました。

全く興味ないんですが、みんながしきりに写真を撮って回っていたので、なんとなくつられて撮影。

それぞれ個人の持ち物のようで、このイベントの展示のために各地から集まってきた模様。

こんな車を所有して維持していくの、大変そう

昔の車はみんなこんな感じでした。

うちにも子供の頃、こんなような車があったなー。

結構な人が集まっていました。

これはもっと昔のっぽい。

サンダーバード。

タイヤもにもこだわりが

後部座席に何か乗ってます。

ケンケン犬でした。

クラシックカーとかビンテージとか全然わからないんですが、たくさんそろって並んでとまっていて、不思議な光景でした。

みんなが集まってきて必死に写真を撮ったり、眺めたりしていると、価値もわからないくせに、ちょっと得した気分になります。

この、白バイに乗せてくれるコーナーが一番魅力的

私も乗ってみたかったんですが、子供向けのコーナーのようだったので、遠慮しました

都心でよくみかけるリアルマリオカート。

この日はあちこちで何度もみかけました。

クラシックカーのイベント終了後、日本橋の脇を、沿道の人々に手を振りながら横切って行きました。

一時問題になっていましたが、クリアできたのかな

マリオカートには興味津々です


初めての貸切列車

2018-03-28 | ■ライブ・映画・イベント・本

生まれて初めての貸し切り列車

初めての多摩モノレール

「春先取り!!いなげや ビール・ワイン列車」に、アプリから応募して、実は応募したことすら忘れていたのですが、めでたく当選して、ムスメと一緒に参加して来ました

結構倍率が高かったようです。

今までの人生、くじ運悪いと思っていたのですが、ここ数年、ちょこちょこ当たってウレシイ

多摩モノレールの「上北台駅」集合。

下北じゃなくて上北です。

初めて聞く駅名を路線案内で検索して、上石神井までバスで出て、玉川上水駅でモノレールに乗り換えてたどり着きました。

駅の構内、ほとんどが「いなげやビール・ワイン列車」の参加者。

受付で席番が入ったネックストラップの名札を受け取ってホームへ。

貸し切り列車の中に入ると、座席の前にテーブルが並べられていて、おつまみが並んでいました

おつまみは用意していあるけれど持ち込みOKとあったので、少し買って行ったのですが、揚げ物やら焼き鳥やらチーズ鱈やら、十分な量を用意してくれていました。 

中吊り広告もビール・ワイン列車のWelcomeちらし♪

列車が走り出したら、みんなでテーブルを手前に引いて、真ん中にサービスのスタッフが行き来できる通路を作ります。

すごい画期的なシステム

お昼を食べてなかったのでひたすらガッツキました

赤ワインも飲みました。

いなげやさんやキリンさんのスタッフが、よく働いてくれていました。

高い所を通っているモノレール。

眺めもいいです。

多摩動物園公園駅。

今月オープンしたばかりの「京王あそびの森 ハグハグ」

室内で子供が遊べる施設のようです。

多摩センター駅でトイレ休憩。

くじ引きの引換券を持ってホームに降り立ちました。

くじ引きを引いたら、ムスメは5等、私は4等でした

ぴいちゃんと記念撮影

この後、モノレールは折り返して、立川方面に戻ります。

白ワインも飲みました。

桜はまだ、満開とまではいっていませんでしたが、ところどころ咲いていて、春の景色を楽しめました。

4等の一番搾りTシャツと赤ワイン。

それと5等の一番搾りビールとおつまみのカマンベールチーズ鱈。

カマンベールチーズ鱈、ちょっと高いので買ったことがなかったのですが、とってもおいしかった

Tシャツは、派手過ぎて、ビヤガーデンの店員と間違えられそうです

わんこがチーズ鱈を狙って、一番搾りの文字の上まで来てしまって、何度も撮りなおしました。

無料で飲み食いして、景色を楽しんで、お土産までもらって、HAPPYな一日でした

 


自衛隊音楽祭り

2017-11-24 | ■ライブ・映画・イベント・本

平成29年度 自衛隊音楽まつり

毎年実家に招待券が届くので、今年も父と一緒に行って来ました

揃ってるって美しい。

スクリーンに、頑張っている自衛隊の様子が映し出されて感動します。

一人も命を落とさないで欲しいと祈ってしまいます。

意外と女性も多いです。

シン・ゴジラ。

歌姫、チャーミングで歌声も美しいです。

和太鼓チーム、自衛太鼓のコーナー、大好き 

全員が一斉にたたくと、地響きのように体の奥まで響いてきます。

迫力満点

演奏もパフォーマンスも素晴らしかった

何度見ても感動的です


ライブパーティー

2017-10-18 | ■ライブ・映画・イベント・本

大好きな飯塚まもるさんをお招きして、地元西荻でライブパーティーを開催しました

セッションバー「w.jaz(だぶじゃず)」を貸切にしてもらっちゃいました。

フード付き3時間飲み放題のプランでお願いして、食べ物は十分提供されると言うことだったのですが、友達をたくさん呼んだので、感謝の気持ちをこめて私の手料理も三品持ち込みました。

我が家のお客さんに人気のベスト3。

牡蠣のオイル漬け。

Cpicon 簡単作り置きおつまみ!牡蠣のオイル漬け by 食べりゃんせ

ヤムウンセン。

家で食べる時は唐辛子を4~5本入れますが、この日はみんなが食べられるように2本にしました。

Cpicon みんながハマるヤムウンセン by 食べりゃんせ

野菜たっぷりオープンオムレツ。

Cpicon ほうれん草のオープンオムレツ by 食べりゃんせ

どれも、西荻の飲み屋さんのシェフさんだった私の師匠に教わった料理です。

お店からもたくさんおつまみが出ました。

オープン前に撮ったのでまだラップがかかったまま

サラダはどんどん足してくれていました。

この焼きそば、さっぱりしてサラダ間隔で食べられてGOOD

おでんも減って来ると、どんどん具を足してくれていました。

太っ腹

このピリ辛な手羽元、おいしかった

ピリ辛のタレにつかってました。

お皿に取り分けた後の写真しかなくて残念。

他にもあったような気がしますが、バタバタとしていたので写真撮り忘れているかも

いつも下町中心に活動されている飯塚まもるさんが、ここ、杉並は西荻窪で歌ってくれました

YouTubeで聴くのと違って、やっぱり生は迫力があって心に響きます。

満員御礼ですごい熱気

後半は、みんなで参加してお楽しみ会

w.jazマスターのギターもカッコイイです

準備など、いろいろ大変でしたが、 まもるさんの生歌がきけて、友達のパフォーマンスも見られて、久しぶりな友達とも会えて、とても楽しく充実したライブパーティーでした


バーベキュー

2017-08-15 | ■ライブ・映画・イベント・本

遠いと思っていた大宮や上尾や桶川や行田よりももっと先の熊谷へ   

新宿から湘南新宿ラインで乗り換えなしで行けたので、時間はかかって遠かったけど、意外と楽ちんでした。

駅の階段のアートがすばらしいっ

本当に水の中にスイカがぷかぷか浮かんでいるみたいです。

バスに乗って熊谷スポーツ文化公園へ。

日本一暑い街のランキングによく登場する熊谷ですが、きのうは薄曇りでそこまで暑くなくて、時折心地よい風が吹いてきました。

野外活動の時は男子がよく働いてくれます。

このグループでは50代が若手(笑)

熊谷在住のHさんが、いろいろ準備しておいてくれました。

ペットボトルを凍らせて氷がわりに入れるの、いい考え

ペットボトルの水が溶けて来たら飲めるし一石二鳥

まずはみんなでトウモロコシの皮むき。

大勢でやればあっという間

炭火で焼いトウモロコシはおいし~

お肉は焼肉屋さんをやっている方が提供してくれました

三枚肉はハサミでチョキチョキしていただきました

肉のあとのハタハタがさっぱりして美味でした

ただ切っただけのキュウリも青空の下だといつもと違うおいしさ

もと巨人軍の選手の方も参加して盛り上げて下さいました。

熊谷のHさん、顔が広いです

煙モクモクのなか、目をシバシバさせながら、飲み続け&食べ続け。

飯塚まもるさんの野外ミニライブ

マイクなしでも行けちゃうパワフルな歌声です。

網の交換、火おこし、ゴミの回収など、すべて公園のBBQサービスに含まれているので、助かります。

利用料大人一人1000円なら安い

http://digiq.jp/kumagaya/

〆は焼きそば。

残った肉や野菜を小さくカットして全部入れちゃいました。

鍋奉行ならぬ鉄板奉行さんにすべておまかせ

もうお腹いっぱいで苦しくて何も食べられない~と言いながら、焼きそばも完食し、この後カラオケに行って、ポテチ、食べまくりました。

誕生日だったので、いとしのエリーやシンシアの替え歌を歌ってもらっちゃいました

帰りの電車では爆睡して帰りました

そして帰宅後、夜中まで、またまた、ポテチ&スパークリングで一人お誕生会をしたのでした

充実したバースデーな一日でした


われら青春!

2017-08-02 | ■ライブ・映画・イベント・本

先週末、柏まつりに行って来ました。

柏神社の脇の路地でフリーマーケットをやっています。

目的は、なつかしのドラマ「われら青春」の女子生徒役だった方たちによる、女川復興支援隊のバザー

教師役の中村雅俊さんが東日本大震災の被災地、宮城県女川町出身なので、ドラマに出演した同窓生たちが、復興支援活動の一環で行っている活動です。

中村雅俊さんのメッセージ入り写真が飾ってありました

女川町での復興支援活動には中村雅俊さんご本人も参加されているようです。

http://www.sanspo.com/geino/photos/20140311/oth14031104410016-p5.html

ここで、森下真樹役だった女優の青木英美さんや、今は芸能界を引退されている関谷ますみさん、当時の生徒役の皆さんに会えます。

皆さん、そこいらの主婦とは違って、美しく輝いていました

なつかしいドラマの話をした後、快く記念撮影にも応じて下さいました。

そして、新品の婦人服が500円~2000円

一着買っちゃいました

われら青春→飛び出せ青春→俺たちの旅・・・当時ハマって見ていたドラマが次々思い出され、懐かしくなりました

いろいろな場面と共に、テーマ曲が流れてきます

柏の街でみかけた浴衣の後姿特集

柏駅の歩道橋の上から見下ろしたら人がいっぱいあふれていました

 

 


リケジョ同窓会

2017-07-19 | ■ライブ・映画・イベント・本

高校の時の友達と我が家で同窓会。

通っていた高校は2年から文系理系を選択して分かれるのですが、今回は、2年3年と理系コースで一緒だったメンバーが集まりました。

30年ぶりの感動の再会もあり、会った瞬間から、思い出話と近況報告がごっちゃになって止まりません。

高校時代に付き合っていた彼と、バツイチ同士で再会して結婚したカップル誕生のサプライズも(笑)

初めてうちに来てくれるメンバーだったので、料理は毎度おなじみのおもてなし基本コース。

メインはローストポーク。

ヘルシオでローストポークの作り方は → こちら

ホタテとサーモンのカルパッチョチコリ詰め。

先日の大学時代の友達との女子会の時にも作ったメニュー。

さっぱりとしていて、見た目もおしゃれなので女子ウケします

毎度ワンパターンな野菜たっぷりオープンオムレツ。

コスト500円ぐらいでりっぱなホールのオムレツができちゃうので、来客時に重宝

オープンオムレツのレシピは こちら↓

Cpicon ほうれん草のオープンオムレツ by 食べりゃんせ

スパイシーサラダチキン。

大山鶏の胸肉で作りました。

コンビニの半額ぐらいでできちゃいます。

スパイシーサラダチキンの作り方は → こちら

私はヘルシオで蒸していますが、ジップロックのまま湯せんにしても同じようにできます。

ブロカリサブジ風。

スパイスのきいたホットサラダです。

ブロッコリーとカリフラワーを、ヘルシオで硬めにゆでてから、フライパンにオリーブオイルを煮立ててクミンシードを入れて香りを出してから入れ、

オイルを絡めながらコリアンダー、塩コショウで味を付けました。

サラダ、手作りドレッシング、枝豆の塩ゆでも。

キャンティー風万能自家製ドレッシングのレシピは → こちら

友達が持って来てくれた赤ワイン。

酸味や渋さのバランスがちょうどよい辛口。

まろやかで飲みやすく、普段使いに良さそうなので、今後のためにチェックしちゃいました。

成城石井直輸入 シャトー ラ ヴェリエール ルージュ 750ml [フランス/赤ワイン/辛口/ミディアムボディ/1本]
CHATEAU LA VERRIERE(シャトーラヴェリエール)
成城石井


他にもお土産をたくさんもらっちゃいました

川越「くらづくり本舗」の「大久保白桃」。

山形産の大久保白桃をそのまま使ったゼリーとのこと。

パッケージも本当の桃みたいにかわいいくておいしそう

LA BEILLE(ラベイユ)のひまわりとオレンジのハチミツ。

ラベイユは荻窪の教会通りに本店があり、荻窪ルミネや新丸ビルなどにも入っていますが、高級感があってなかなか自分では買えずにいたので、うれし~

ALMOND(アマンド)のゼリー。

箱に、あの六本木のアマンドの建物の写真がプリントされています

昔、携帯も六本木ヒルズとかもなかったころ、誰もがわかる六本木のアマンド前で待ち合わせをしたりしたものです。

お祝いもいただいちゃいました。

日本酒用にもソースなどをいれる片口としても使えそう

ウエッジウッドのウィズディスリングタンブラー。

クリスタルストーン入りできれい

割らないようにしなくちゃ

今回集まったリケジョチーム。

高校卒業後は、2名はそのまま理系の道にすすみましたが、残り2名は文科系学部に進学。

勉強嫌いな私は、地道に暗記をしないとならない文系よりも、公式さえ覚えればいい理系の方が楽な気がして高校では理系を選びましたが、

数Ⅲ、化学Ⅱ、物理Ⅱでもれなく挫折し、 大学は文系に。

人生たった2年間だけのリケジョ体験となりました。

高校時代は、それぞれの家に遊びに行ったり泊まりに行ったりする仲だったので、両親や兄弟のこともお互いよく知っていて、懐かしい話で盛り上がりました。

みんな年を重ねて、ちょっと大人になったけれど、基本的に性格もしゃべり方も高校時代のまま。

気づけは高校の制服を着てくだらないことで盛り上がっていたあの頃に、すっかりタイムスリップしていました。

全員呑兵衛で楽しかった~~~~~

今は、親の介護やら、自分自身の健康管理やらで、それぞれ大変ですが、たまにはこうして集まろうことになり、忘年会の日程も決めてしまいました

これで安心して眠れます

 


スタンプラリー

2017-06-02 | ■ライブ・映画・イベント・本

地元西荻の恒例イベント「ハロー西荻」スタンプラリーに参加しました。

上の写真はスタンプラリーのポイントでもらった景品たち。

全部スタンプを集めた後の抽選で、一昨年はコシヒカリ2キロがあったったのですが、去年は参加できず。

今年も張り切って、参加しましたが、Jリーグペアチケットも、お米も当てることができず・・・

収穫はハロー西荻オリジナルエコバッグとペットボトル

まぁ、よい運動になったということで。。。

桃井第三小学校の校庭も盛り上がっていました。

杉並区のキャラクター「なみすけ」の妹「ナミー」

ハロー西荻のマスコットキャラクター「ハロー」くん。

毎度おなじみ、チンドン屋さんも来てくれていました。

ディズニーランドのパレードの人みたいに、意外と演奏がウマい

5/27.28の土日、天候にも恵まれて、大盛況だったハロー西荻。

普段の生活が忙しすぎて、余裕のない毎日ですが、買い物やら所用をこなしながら駆け足でスタンプラリーにも参加できて気分転換になりました


ブルーノート東京

2016-12-10 | ■ライブ・映画・イベント・本

「ブルーノート東京」で、スティーブガッドさんのバンドのライブ

 

STEVE GADD BAND “WAY BACK HOME” Tour

入口のドアの大きなブルーのリースには音符や楽器がちりばめられていました

ブルーノートだからツリーもブルー 

テーブルにウェイン・ショーターの名前が刻印されていました

チャイニーズシアターの手形みたいでうれしい

一番搾りの小瓶900円

ライブ中は撮影禁止なので写真はありませんが、ドラムの神様、スティーブガッドが率いるバンドだけあって、

リズムの切り替えがカッコイイ曲ばかり

なつかしの「Stuff」を彷彿させるようなフレーズも聴かせてくれました。

70才をすぎてもパワフルです 

帰り道、渋谷に向かう途中のツリーもブルーでした

 


おまつり

2016-10-05 | ■ライブ・映画・イベント・本

地元 井草八幡宮のお祭りに行ってきました

ムスメたちが通っていた幼稚園の神社。

なつかしいです。

立派な山車。

神楽殿。

大きな神社なので出店がたくさん出ます。

鉄板のお店の人は暑くて大変そう。

バナナチョコは帽子付き。

遊技場

向こう側に落とすのは難しい・・・

まるごと蒸したジャガイモがおいしそう

お祭りに行くと粉もんが食べたくなります。

量は少しだけど1本100円は安い

焼き鳥てんこ盛り。

あめ細工職人、お見事

しし唐やつくねもおいしそう

なぜか粉もんに吸い寄せられます。

あふれないように一瞬で注ぐ技。

呼ばれた気がしました。

ムスメたちのころの、キティーちゃんやアンパンマンやレンジャーものは見当たりませんでした。

ウルトラマン、ホッとする

生ビール 紙コップ一杯500円。

かつてムスメたちはこのソースせんべい屋さんがお気に入りでした。

最後にボテッ落ちちゃうやつです。

まだあるんだ宝つり。

りっぱなサツマイモ。

天然鮎塩焼き500円。

ケバブも最近はお祭りでよくみかけます。

手さばきにみとれちゃいました。

井草八幡のおまつりは、毎年大盛況です。

人気で行列だったのがココ。

大阪ミナミ牛すじゴロリ葱焼き総本店。

600円でねぎたっぷり入ってそう

牛すじ煮込みを乗せてくれます

夕食を食べてから行ったので、お腹がいっぱいで、屋台を見て歩くだけの予定だったんですが、ついつい葱焼きをお持ち帰り。

やっぱりこういうもんは、お祭りで買ってその場の雰囲気に浸りながら食べるべきものですね

激辛スパイスソースと紅ショウガでマスキングして食べました。

激辛 スパイスソース 180ml
大黒屋
大黒屋

ナイスアレンジでまたおうち呑みやり直し

昔は井草八幡のお祭りをウロウロしていると、何人もの友達にばったり会って、一緒に屋台でおでんを食べながら呑んだりしたのに、

世代交代で若いパパママと子供たちばかり。

ちょっと寂しかったけど来年もまた行くゾ~


「のらぼう」のレシピ本

2016-09-18 | ■ライブ・映画・イベント・本

なななななんと、あの、「たべごと屋 のらぼう」のレシピ本が発売されたので、Kindle版、購入しちゃいました

スマホをキッチンに持ち込んで、見ながら調理できるし、パソコンの大きな画面でも確認できるのでとっても便利

以前から、のらぼう店主の牧夫さんは、「どうやって作るんですか?」と尋ねると、包み隠さず作り方を丁寧に教えてくれて、

さすがだなーとは思っていましたが、ここまで太っ腹とは

「企業秘密」とか「秘伝のなんちゃら」とか、ややこしいことは言わずに、誰にだって普通に作れるョ 的な、牧夫さんらしいスタンス

あの、のらぼうで食べたことのあるお料理を、全部網羅してるんじゃないかってぐらいに、たくさんのメニューの作り方を紹介してくれてます。

牧夫さんのお人柄が伝わるメッセージと、とってもきれいに撮影されたお料理の写真たちにうっとり

「目次」を眺めているだけでもシアワセな気持ちになります。

あとがきを読んで、牧夫さんの顔が浮かんできて、にっこりため息が出て・・・もうお腹いっぱいになっちゃいました

家宝に単行本の方も購入しようと思ってます

西荻窪駅前の今野書店では、発売日にあっという間に完売し、再入荷したそうです

「のらぼう」にも在庫があり、本の購入のみでもOKとのことです
 

「西荻窪「たべごと屋 のらぼう」の絶品レシピ62 野菜のごちそう 春夏秋冬」
https://www.amazon.co.jp/62/dp/4048956485/


阿佐谷七夕まつり

2016-08-08 | ■ライブ・映画・イベント・本

用事があって阿佐ヶ谷に行ったら、毎年恒例の七夕祭りをやっていました。

昔はお店の人が手作りの張子を作っていたそうですが、最近は業者に外注するお店がほとんどのようです。

これは織姫賞。

ちょっといびつだったり穴が開いたりしてるのが、ご愛嬌でかわいかったんだけどな。

商店が表に出店をだしていました。

用事があったので、ビールはガマン

前になかなか進めないほど、ものすごい人でした。 

今年(2016年)の阿佐谷七夕まつりは今月(8月)5日(金)~9日(火)まで。

駅も飾り付けをしてあって、駅の構内のパン屋さんも歩きながら食べられるようなおつまみを売っていました。

帰りがけにちらっと寄っただけだったので、ゆっくりと見られなくて残念

明日で終わってしまうので、また来年かな。。。