土井とおる(前衆議院議員)の「日々のこと」

土井亨が日々暮らしている中で、感じたことや気付いたことを、素直な気持ちと言葉で綴っていきたいと思っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

いま一度リセットすべき時

2012年08月08日 | Weblog
民主党には政権与党という認識があるのでしょうか。野田総理は危機感も自分の言葉の重さにも気づいていないように感じます。情けないを通り越しています。
確かに3党合意は重たいと思います。したがって自民党も遵守すべきであると思います。しかし、3党合意から今日まで民主党の対応はどうだったでしょうか?党が分裂し、挙げ句の果てに自公以外の野党から内閣不信任案、問責と提出される始末です。民主党執行部は参議院採決の先送り発言が相次いでいます。
野田総理は決断するどころか党代表にもかかわらず党執行部に何も言えないのではないでしょうか。こんな民主党を国民の皆様はどうして信じられるでしょうか?まるで東日本大震災の復旧・復興を忘れている様にも感じられます。これでは被災地は、泣くに泣けない状況です!
野田総理、本当に政治生命をかけているのであれば、解散総選挙を断行し国民の皆様に堂々と訴えるべきではないでしょうか?その自信がなければ総辞職ではないですか!
民主党は、所詮一度政権政党として権力を握りたいだけの軽い政党のように感じられます。
自民党は、ここまで無策な民主党政権と徹底的に戦うべきです。
このまま民主党政権が続くことこそが日本とって不幸なことではないでしょうか。
いま一度、リセットするべき時が来ていると思います。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 復興議論より消費税増税議論 | トップ | 古い政治に逆戻り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事