「生協だれでも9条ネットワーク」

日本国憲法と平和主義、民主主義を守る活動を進める生協関係者のネットワークのブログです

【参加の呼びかけ】11/23(土)「生協だれでも9条ネットワーク」学習のつどい、11/19(火)第50回「19日行動」

2019-11-10 23:50:54 | 参加のよびかけ

<2019年11月2日 「生協だれでも9条ネットワーク」世話人会>
 10月4日招集の臨時国会は、2週連続の閣僚辞任とまさに異常事態です。「消費税増税、大軍拡予算、韓国敵視、日米貿易交渉、改憲発議、辺野古新基地建設」などの諸課題に加えて、閣僚辞任の説明責任、安部首相の任命責任問題が浮上しています。
 「生協だれでも9条ネットワーク」は、戦争法の撤回と安倍9条改憲を許さない、そして辺野古の新基地建設に反対する行動を継続して4年以上の年月を積み重ねています。
 11月3日(日)の国会正門前「11・3憲法集会」、11月19日(火)の国会議員会館前行動(第50回19日行動)にご参加ください。また、11月23日(土・祝日)には全国革新懇代表世話人の矢野裕さんを招いて「生協だれでも9条ネットワーク学習のつどい」を開催します。是非ともご参加ください。(冒頭の画像は11/19(火)第50回「19日行動」のバナーです。)

【参加の呼びかけ】11/23「生協だれでも9条ネットワーク」学習のつどい
 参議院選挙結果や臨時国会での論戦も踏まえ、安倍9条改憲や沖縄の辺野古新基地建設の問題などを学習し、市民と野党の共闘の発展と「生協だれでも9条ネットワーク」の今後の取組みなどについて考え合います。
日時:11月23日(土・祝日)15:00~17:30
場所:主婦会館プラザエフ5階会議室
主催:「生協だれでも9条ネットワーク」
資料代:500円

開催概要は以下の予定です。
15:00~開会
  斎藤 嘉璋(生協だれでも9条ネットワーク代表世話人)
15:05~学習1
 市民こそ政治を変える力~狛江からのメッセージ
  矢野 裕さん
  (全国革新懇代表世話人、元狛江市長<4期>)
15:45~質疑応答
16:00~学習2
 「沖縄戦」と「普天間・辺野古」について
       ~沖縄は沖縄戦と普天間・辺野古をどう考えているか~
  大久保 厚(生協だれでも9条ネットワーク世話人)
16:20~問題提起
「生協だれでも9条ネットワーク」の2019年の振り返りとこれから
  山本 邦雄(生協だれでも9条ネットワーク世話人)
16:40~全体論議
  矢野さん、大久保さん、山本さんからの報告を踏まえての全体論議
17:25~討議終了
17:25~閉会
  太田 吉泰(生協だれでも9条ネットワーク世話人)

【参加の呼びかけ】「安倍改憲発議反対!辺野古新基地建設やめろ!自衛隊の中東派兵反対!東北アジアに平和と友好!11・19国会議員会館前行動」(第50回「19日行動」)
日時:11月19日(火)18:30~
場所:衆議院第2議員会館前を中心に

内容:国会議員や市民団体などの連帯挨拶、コール
共 催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
共 催:安倍9条改憲NO!全国市民アクション
※総がかり行動実行委員会の案内の記事は→こちらです。
※LEDライト等の光り物をお持ちの方は、ご持参下さいとのことです。
※「生協だれでも9条ネットワーク」の幟旗は、17:30頃から衆議院第2議員会館前に立てます。何かの際の連絡は藤原携帯までお願いします。
国会周辺図

※11月3日(日)の国会正門前「11・3憲法集会」は全体で一万人が参加し、「生協だれでも9条ネットワーク」と「生協九条の会・埼玉」から20人が参加しました。共同運営ブログ「リベラル21」11/4付けのジャーナリストの岩垂弘さんによる「安倍政権による改憲を阻止しよう~憲法公布記念日に1万人が国会正門前で気勢」という記事をご参照ください。     
コメント

【参加報告】9・16さようなら原発全国集会(写真報告寄稿)

2019-09-17 23:46:41 | 参加報告

<管理人より>
 9/9付けで世話人会より情報提供があった9月16日の「さようなら原発全国集会」に、「生協だれでも9条ネットワーク」の有志が参加しました。藤原一也さんから写真報告をご寄稿いただきましたので、以下にご紹介いたします。
【参加報告】9・16さようなら原発全国集会
 2019年9月16日の「さようなら原発」全国集会に参加してきました。なんとか雨にも降られず8,000人が参加しました。常総生協が壇上で報告し、会場には生活クラブ生協、パルシステムの東京や神奈川の旗もありました。この後、渋谷と原宿方面の2コースに分かれてのデモ行進がありました。


※共同運営ブログ「リベラル21」の9/17付けでジャーナリストの岩垂弘さんが「安倍政権は原発推進や防衛力増強よりも防災に取り組め-東京で、さようなら原発全国集会」という記事をアップされています。→こちら
コメント

【参加の呼びかけ】戦争法強行採決からまる4年、大軍拡予算反対!韓国敵視を煽るな!安倍9条改憲NO!辺野古新基地建設は断念を!9・19国会議員会館前行動、ほか

2019-09-15 23:59:45 | 参加のよびかけ

<2019年9月9日 「生協だれでも9条ネットワーク」世話人会>
 国会は山ほどの難題を抱えながら招集されず、消費税10%への増税論議に腰の引けた安倍首相のもとで論戦が停滞しています。
 過日実施された埼玉県知事選挙は参議院選挙後の与野党対決選挙として注目されました。当初のマスコミ予想を覆して、市民と野党の共闘候補の大野元裕氏が大逆転勝利となりました。この結果、大野氏の参議院議員辞職に伴う10月27日実施の埼玉選挙区補欠選挙では市民と野党の共闘候補の勝利が切実に求められます。昨日投開票された岩手県知事選挙でも市民と野党の共闘候補達増拓也氏が4選を果たしました。この政治の流れを引き寄せる必要があると思います。
 一方、安倍首相は内閣改造にあたり、憲法9条改憲シフトを意識していると報道されるなど、強行突破の姿勢を崩していません。
 「生協だれでも9条ネットワーク」は、戦争法の撤回と安倍9条改憲を許さない、そして辺野古の新基地建設に反対する行動を継続します。

【参加の呼びかけ】第48回「19日行動」戦争法強行採決からまる4年、大軍拡予算反対!韓国敵視を煽るな!安倍9条改憲NO!辺野古新基地建設は断念を!9・19国会議員会館前行動
と き:9月19日(木)18:30~
ところ:衆議院第2議員会館前を中心に共 催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
   :安倍9条改憲NO!全国市民アクション
※総がかり行動実行委員会の案内の記事は→こちらです。
※LEDライト等の光り物をお持ちの方は、ご持参下さいとのことです。
※「生協だれでも9条ネットワーク」の幟旗は17:30頃から衆議院第2議員会館前に立てます。何かの際の連絡は藤原携帯までお願いします。
国会周辺図

【情報提供】原発やめて明るい未来を!「9.16さようなら原発全国集会」
と き:9月16日(月・敬老の日)
    12:30~ライブ開始
    15:10パレード開始
    デモ行進は渋谷・原宿の2コース
ところ:代々木公園B地区
主 催:「さようなら原発」一千万署名市民の会
協 力:戦争させない・9条壊すな!
    総がかり行動実行委員会
※総がかり行動実行委員会の案内の記事は→こちらです。
コメント

【参加の呼びかけ】「韓国敵視を煽るな!自衛隊はイランに行くな!安倍9条改憲NO!辺野古新基地建設は断念を!8・19国会議員会館前行動」

2019-08-18 23:58:06 | 参加のよびかけ

<2019年8月8日 「生協だれでも9条ネットワーク」世話人会>
 選挙の結果は参議院の安倍9条改憲勢力を2/3以下に押し返し、自民党の単独過半数を阻み、市民と野党の共闘候補が10名の当選を勝ち取りました。加えて、れいわ新選組が2名の当選者を実現するなど新たな状況が産み出されました。
 一方、安倍首相は今回の選挙で民意を得たと強弁し、憲法9条改憲に意欲を示し、側近を通じて、三権の長たる国会議長の役割にまで言及するなど、9条改憲の強行突破の姿勢を崩していません。
 「生協だれでも9条ネットワーク」は、戦争法の撤回と安倍9条改憲を許さない、そして辺野古の新基地建設に反対する行動を継続します。
【参加の呼びかけ】「韓国敵視を煽るな!自衛隊はイランに行くな!安倍9条改憲NO!辺野古新基地建設は断念を!8・19国会議員会館前行動」第47回「19日行動」
と き:8月19日(月)18:30~
ところ:衆議院第2議員会館前を中心に
共 催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
   :安倍9条改憲NO!全国市民アクション
※総がかり行動実行委員会の案内の記事は→こちらです。
※LEDライト等の光り物をお持ちの方は、ご持参下さいとのことです。
※「生協だれでも9条ネットワーク」の幟旗は18:00頃から衆議院第2議員会館前に立てます。何かの際の連絡は藤原携帯までお願いします。
国会周辺図
コメント

【情報】映画「乱世備忘 僕らの雨傘運動」を観て-同じアジアに生きる

2019-08-05 23:59:25 | 情報提供

<管理人より>
 香港の逃亡犯条例改正問題で大規模ストライキが起きた。時事通信の記事によると以下の通り。
【香港時事 2019年08月05日12時15分】容疑者の中国本土への引き渡しを可能にする逃亡犯条例改正に絡み、香港全土で5日、大規模なストライキが行われた。民間企業から政府機関の職員まで、あらゆる業界へ参加が呼び掛けられ、香港国際空港では香港の航空会社を中心に200便以上が欠航になるなど、交通機関は朝からまひ状態になった。
それに関連してK.Mさんから映画「新聞記者」を観た感想の寄稿がありました。以下にご紹介いたします。
【情報】映画「乱世備忘 僕らの雨傘運動」を観て-同じアジアに生きる
 ユジク阿佐ヶ谷で7/6から1週間限定上映の「乱世備忘 僕らの雨傘運動」を観てきた。『日本×香港×台湾 若者はあきらめない 』を読んで、その中にいた香港・雨傘運動のリーダーの黄(ファン)さん、アグネス・チョウさんが実際にどのように現場にいたのかを観ることができた。中国の中央政府寄りの議員しか選出できないようにする香港政府に「市民的不服従」という示威行動で「真の普通選挙」を求める声を上げている若者に密着。民主主義のある香港を後の世代に残したいという思いでテントをたて、立て籠もるための物資を分配し、広場を繁華街を占拠した若者たち。一人用のテントのない者はマットを敷いて道路に寝ている。雨傘が必要なのは雨が降るのと日差しを避けるのと警官隊に対峙する際の盾にするためだったかと今更ながらに納得した。「レ・ミゼラブル」の「民衆の歌」も湧き上がる。
 シフトを組んで交代し、翌日の授業の予習をする場面もあり、対峙する警察官に両手を上げてメッセージを書いた掌を見せながら「良心はないの?制服を脱げば市民でしょう?」と語りかけ警官隊を引き揚げさせた高揚の場面あり、胡椒ガスを受けた仲間を治療したり、一部が過激になったりするのを静止したり、政府との会見を実現はしたもののゼロ回答に参加者が減っていき、ついに解散。テントやバリケードが重機で撤去される日まで79日間カメラを回し続けた臨場感がすごい。家族には反対されているが、行動を観にきて自分の考えで参加するようになったという者あり、占拠している場所で反政府行動に反対する市民の声を「(言い返さず)聞き流せる。迷惑だという彼らの気持ちもわかるけれど大きな意味をわかってほしい」という言葉も拾っている。特定政党とは距離をおきながら多くの市民の支持を得るためにという問題意識は共通しているが、占拠している場所ごとの自治的な動きができていて「ここの繁華街の占拠はやめて政庁のある広場に合流するか?どうする?」という戦術のディスカッションもまとまらない。それも民主主義だと笑い合う。
 結局勝利することはできなかったけれど、この高揚があったからこそ今年の100万人デモが実現したのかということがよくわかった。アジアの民主主義を求める人々の行動に励まされ、日本の私たちもできることをしなくてはとあらためて思う。
ロビーにはミニ写真展示コーナーあり(冒頭の写真)。阿佐ヶ谷北口アーケード街のお店でショッピングもしながら帰宅。
コメント