京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

「コスモス」/昭和記念公園

2021-09-18 | 公園(庭園・テーマパーク)

「コスモス」/昭和記念公園

【2021/9/7撮影】

 
もう一つの目的はやはりコスモスです
ヒマワリの後に見ると、夏から秋へ、バトンタッチを感じます
自分で撮って自画自賛をするのも恥ずかしいですが
TOPの写真は真ん中のコスモス・ダンサーが、
他のダンサーを従えて踊っているかのようで、お気に入りの1枚です

  

  

  

もちろんキバナコスモスたちもキレイでしたよ~

   

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ヒマワリ&パンパスグラス」/昭和記念公園

2021-09-17 | 公園(庭園・テーマパーク)

「ヒマワリ&パンパスグラス」/昭和記念公園

【2021/9/7撮影】


あまり天気は良くなかったですが、
久しぶりに昭和記念公園に行って来ました
目的はハーブの丘に咲くヒマワリとパンパスグラス
夏の終わりとともにぼちぼちヒマワリもおしまいかな・・・

  

小高い丘のような上でパンパスグラスは気持ちよく風に揺られ、
小さなヒマワリたちも精一杯背伸びしていました

   

  

こちらはザヒマワリという感じの大輪のヒマワリたち
下のヒマワリはすりすりしてみたくなるヒマワリです(笑)

  

カナールの両サイドのイチョウ並木はまだ緑鮮やかですが、
近づいてみるとしっかり銀杏が出来ていました

  

カナールの噴水を見下ろしながらのランチタイム
次に来るのは紅葉の時期かな

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「9月のロビー装花」/帝国ホテル

2021-09-16 | 東京(関東圏)

「9月のロビー装花」/帝国ホテル

【2021/9/14撮影】


銀座で映画を観たついでに帝国ホテルのロビーへ
ここのロビー装花は何度かアップしていますが、
月替わりで素晴らしい花を鑑賞することができます

   

使用された花は、アルストロメリア、スプレーマム、
トルコ桔梗、デンファレ、百合、他だそうです

トビアリーガーデン(ケイ山田監修)

帝国ホテル本館ロビー装飾初のイングリッシュガーデン。
ケイ山田氏は英国園芸の第一人者で、
日本初の英国式庭園
「蓼科高原 バラクライングリッシュガーデン」を開園させた人物。

帝国ホテル旧本館で使用されていたもので、近代建築の三大巨匠の一人、
フランク・ロイド・ライト設計したアール・デコ様式の机と椅子。

日比谷公園

ミスター ローズ ノース フレグランス ミスター リンカーン

  

プリティレディ ダイアナ   ヒガンバナ

   

少しだけバラが咲いていました
ダイアナはシュウメイギクです


せんとくん

「奈良まほろば館」は日本橋から新橋に移転しました

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『科捜研の女 劇場版』

2021-09-15 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「科捜研の女 劇場版
□監督 兼崎涼介
□脚本 櫻井武晴
□キャスト 沢口靖子、内藤剛志、風間トオル、斉藤 暁、
      若村麻由美、佐々木蔵之介

■鑑賞日 9月5日(日)
■劇 場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 気が付けばTVシリーズはもう20年以上続いているんですね
 沢口靖子チャンはもう 5?歳になるんですね(笑)

まあ現在のオリジナルメンバーを含め、以前科捜研に関わった人たちも登場し、
やや同窓会的な要素もあったけど、TVサイズを劇場サイズに拡大し、
それぞれの表情もどアップで観れて、楽しませてもらえました
やや薬品の名前や効用等が難しくて、そこはちょっと面倒だったけど、
マリコの父や、しかも今回元夫が明らかになったりしてビックリ
余談だけど元夫役が渡辺いっけいだったのはちょっとミスキャストじゃないのかな(笑)
でも結婚(離婚)してたんですねぇ、マリコさんは(笑)

劇場版としてこの人がいることで映画全体が締まったのは、
戦う相手が天才科学者・加賀野亘役を佐々木蔵之介が演じたこと。
場面によっては主役たちを食ってしまうほどの出来映え。
マリコ・土門加賀野はなかなか見応えがありました

あと、ワンシーンでしたがマリコのお母さんが出ていて、
この役、星由里子さんが演じていたんですね
観終わったあと、かみさんに確認すると、
1クールに1度くらいは出演していたとか・・・。
ちょっと記憶の中になかったのでショック(笑)

TVシリーズの延長で、普段はシネコンに足を運ばない人たちが
多かったような客席の様子でした。一席開けのこともよく知らないようで・・・。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『鳩の撃退法』

2021-09-14 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「鳩の撃退法」 
□監督 タカハタ秀太
□脚本 藤井清美 タカハタ秀太
□原作 佐藤正午
□キャスト 藤原竜也、土屋太鳳、風間俊介、西野七瀬、豊川悦司

■鑑賞日 9月4日(土)
■劇 場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

原作は未読ながら、なかなか噛み応えのある映画でしたよ
もちろん、腑に落ちない点はいくつかあったものの、
フィクションなのかノンフィクションなのか、
謎解きも含め、登場人物の謎の相関関係がストーリーが進むにつれて、
解明されていくところが本作の見どころでした。

原作があのオチなのかどうかは未読なのでわからないですが、
観終わった後、原作を読んでみたいなという気持ちに。
映画ごとに当たり前かもしれませんが、藤原竜也の演技は上手いです。
また、風間俊介のシリアスな役も今までになかっただけに良かったかな。
どうも最近はディズニー好きキャラが付いちゃっていて、
この役柄の雰囲気に最初戸惑ったけれど、なかなかイケてました

豊川悦司の静かな感情を圧しこらえた演技はやっぱ怖いなぁ(笑)

余談になりますが、この映画の舞台は富山。
監督のタカハタ秀太さんは富山県のご出身なんですね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「円谷英二展」/国立映画アーガイブ

2021-09-13 | イベント

「円谷英二展」/国立映画アーガイブ

【2021/9/1撮影】

先月「SCREENを飾ったハリウッドスターたち」で訪れた
国立映画アーガイブ。 今度は特撮の巨匠、「円谷英二展」。

『ゴジラ』に始まり、日本映画界において特撮映画・怪獣映画という
新ジャンルを確立した。以降「特撮の父」と呼ばれた円谷英二
ホント、子供のころからお世話になっていました(笑)

今回の展示で嬉しかったのは、公開当時のポスター
3枚組の『世界大戦争(1961年)』、『キングコング対ゴジラ(1962年)』、
特に8枚組の『モスラ(1961年)』は圧巻
通常のポスターのB2×8枚ですから壁面一杯に楽しめました

今までの自分の人生を回顧するキッカケになり、

家に帰って古いアルバム(データ保存した)を見返しましたよ

残念ながら撮影はでしたが、唯一撮影だったのは、
下の写真のウルトラマンだけです。なので詳細はHPをご覧下さい。
密になるから撮影なのかもしれませんが、
過去何度かここを訪れて、混んでいたことはありません。
土日祝ならともかく、平日はガラガラ。そのあたりは一考してほしいものです

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「安居智博マスク展」/神田明神資料館

2021-09-12 | イベント

「安居智博マスク展」/神田明神資料館

【2021/9/1撮影】


プロレスマスクの職人としても知られる安居智博氏。
カラフルで独創的なデザインのプロレスマスク。
今回は装飾性に特化したマスク作品の展示だそうです

明神MIKOSSY

   

若い頃、仕事で渋谷のプロレスグッズの店に出入りしていたこともあり、
何だか懐かしさも込み上げてきたマスクたちでした
その頃はもっと地味な感じでしたけどね(笑)

神取忍/カンドリーマン  七福神浮世絵

   

神田祭今昔

  

時代とともに祭りはショー的な感じに変わって来ましたねぇ

  

そうそう入館の時に頂きました 早くコロナが収束しますように

  

  

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「龍画家 絵獅匡 原画展」/神田明神資料館

2021-09-12 | 美術・芸術・写真

「龍画家 絵獅匡 原画展」/神田明神資料館

【2021/9/1撮影】


アート関係のアプリであれこれ検索していて気付いた原画展
絵獅匡さんが神田明神に奉納された「双龍図屏風」が初公開されるとのこと。
龍の絵って迫力がありますよね神社等の天井画にもよく描かれているとおり。
お参りには何度か来たことがありましたが、資料館は初見参。
御社殿の左脇にある朱色の建造物が資料館で、
まるで迷路のような通路を歩いて行きましたよ(笑)

双龍図屏風   四神図屏風

   

龍神の大きく包み込む愛情で全人類を見守っている。
慈愛、無条件の愛を顕す心にあればこそ、人々が取り戻してゆく必要のある心。

~自分がされたくないことは、人にもしてはならない~

   

雲龍図

   

雲の中で渦を巻き、じっとこちらを見ています。
その目は見守っているのか、睨んでいるのか。
見る人の心で見え方が変わります。

    

左から「飛龍天昇」「画龍狂」「九頭龍伝承「水龍上昇」「降龍降臨」

大分霧中龍神図

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「黄色い彼岸花」/西方寺

2021-09-11 | 寺・神社・仏閣

「黄色い彼岸花」/西方寺

【2021/8/31撮影】


少しずつSNSで投稿され出した西方寺の彼岸花
HPでチェックしてもまだ階段の右側だけ咲いているようでした。

   

彼岸花のメインは赤でしょうが、黄色も鮮やかでキレイです
暑い最中、ビタミンカラー最高です
ピンクが少しで、やはり赤は殆ど咲いていなかったですよ

  

   

西方寺は横浜の彼岸花の名所ですが、この本堂は素晴らしい.
特に最近吹き替えられた茅葺きは圧巻です

  

萩はまだまだこれからのようですね。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ポケモンオリジナルポスト」/横浜市役所前

2021-09-10 | 川崎・横浜・横須賀

「ポケモンオリジナルポスト」/横浜市役所前

【2021/8/31撮影】


横浜市役所前にこんな可愛いポストが登場
「ピカチュウ」と「イーブイ」のオブジェが乗っかった郵便ポスト
(設置は2022年6月末までの予定)

  

今年はポケモン生誕25年、また郵便創業150年の年なので、
こうしてジョイントしたみたいですね
子供たちだけじゃなく、大人も楽しめます(笑)

  

市役所の周りにはたくさんの植物が植えられていて楽しいです~

  


日本大通り

  

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『劇場版 アーヤと魔女』

2021-09-09 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「劇場版 アーヤと魔女
□監督 宮崎吾朗
□脚本 丹羽圭子、郡司絵美
□原作 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ

□キャスト(声) 平澤宏々路、寺島しのぶ、豊川悦司、濱田 岳

■鑑賞日 8月29日(日)
■劇 場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

企画は宮崎駿御大。監督はその息子宮崎吾朗。
CGで描かれる本作を御大は「良かった」と。
アーヤの成長の過程は確かに面白おかしく描かれていたが、
ベラ・ヤーガやマンドレークの2人組に説き伏せ、
魔女として独り立ちする過程は薄くしか描かれてない。
母親がクリスマスプレゼントを持ってやって来たのは
約束通りだったのかもしれないけど、そこで映像がブッツリ。
ん、なんで??? これ、原作でもこんな風に描かれているの?
せっかくいい感じで進んでいたのにこれで興ざめ・・・。
欲求不満の映画でした。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「スイート・ホーム」/原田マハ

2021-09-08 | Book


宝塚の高台の街にある小さな洋菓子店「スイート・ホーム」。

店を営む幸田ファミリーを中心に、常連客や友人とのささやかな
日常を切り取り描かれていく。それは起伏のあるものではなく、
誰もが過ごすごく普通の日常生活の欠片。

何気ない日常のひとこまひとこまが優しくて温かくて少しほろ苦い。

主人公・幸田陽皆(ひな)を中心に、家族・友人・店の常連さん等々、
日々の関わり合いの中で、少しずつ誰しもが経験し、
試行錯誤を繰り返しながら生きてゆく過程と、
それぞれの人間が成長していく姿を描き出していく。

何冊か原田さんの作品を読みましたが、この本は、
人としての優しさと温かさ、
そして、街の香りと
スイーツの匂いを堪能することが出来ました。

実際、原田さんも大学時代、宝塚市に近い西宮で暮らしていたそうだ。

横浜の山手とはまた違った色合いと雰囲気が、
宝塚の山手はあるような気がします。
阪急宝塚駅から花のみちを通って「手塚治虫記念館」に
行ったことのことを思い出しました。 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『ドライブ・マイ・カー』

2021-09-07 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「ドライブ・マイ・カー
□監督 濱口竜介
□脚本 濱口竜介、大江崇允
□原作 村上春樹
□キャスト 西島秀俊、三浦透子、霧島れいか、岡田将生

■鑑賞日 8月28日(土)
■劇 場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

村上春樹の短編小説集「女のいない男たち」に収録された
短編「ドライブ・マイ・カー」。

観終わって正直なところ、村上春樹の世界は僕には合わない。
でも、淡々と進むストーリー展開だったのだが、179分の
長尺ものを、眠りに落ちることなく最後まで観ることが出来た。
多少内容に不可解な部分幾つかあったものの、起伏の少ない
映画の進行に、それでも不思議についていけたのだ。

人は誰も完ぺきではなく、他人に言えない秘密と開けない心の扉が
存在する。たとえそれは長年連れ添った夫婦であっても・・・。
何が本当で何が嘘なのか。その判断は誰にも下すことは出来ず、
結局のところ、自分自身が決めることなのだと、その究極の判断を
主人公・家福悠介(西島秀俊)や寡黙な運転手・渡利みさき(三浦透子)に
教えられる。互いに心に傷を負いながら、それを顧みることもなく、
ふとしたキッカケで過去を見つめ直し、地震に問い直してみることが、
新たな前進への一歩となるのだと、何となく遠回しに言われたような気がした。
悠介は再び舞台に、みさきは悠介の愛車をもらって韓国へ。
観ていた観客がある意味救われた感覚を持てる作品だった。

みさき役の三浦透子の言葉少なで無表情の演技が素晴らしく、
逆に彼女の存在があったからこそのこの映画だったように思う。
後で調べてみたら、三浦透子は6歳の頃、サントリーのCMで
二代目「なっちゃん」だったらしい(笑)
原作は未読だが、原作のみさきはどんな感じだったのだろうか。

どうでもいいことなのだが一言。
外は猛暑だが、シネコンはなぜあれほど冷やすのだろうか?
約3時間もの間冷やされたらどんなふうになるのか、
シネコンで仕事をする人たちにも経験させるべきだ。
コロナ禍での換気の問題だけではないだろうが・・・。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「~秋菓~ プチセレクション」

2021-09-06 | スイーツ

「~秋菓~ プチセレクション」

【2021/9/5撮影】


ブログ開設17周年のお祝いにかみさんがプレゼント、
してくれたのかどうかはわかりませんが(笑)
ずっと食べずに眺めていたいような可愛いプチケーキたち
コージーコーナーで捕まってしまいました(笑)

見て楽し~、食べて旨し~

 

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

☆☆☆ 祝☆ブログ開設満17周年 ☆☆☆

2021-09-05 | ひとりごと

ブログ開設満17周年

 

まさかコロナウイルスがここまで続くとは、
それにここのところ感染者が増加の一途・・・。

特に東京は他府県に比べて、制約が多かったこの1年。
なるべく密を避け、都内を避け、行動してきたつもりでも、
いつ感染するかわからない不安は拭えない。

京都の実家にも、この1年で帰ったのは一度だけ。
旅行すら行けない状況。

振り返って、17年って長いのか短いのか・・・。
それが問題だ(シェイクスピアかっ

ま、それでも前を向いて、アンテナを高く掲げ、
気を付けて行動しながら、ポジティブに生きていきたい。

長くお付き合いいただいているブロガーさん、
最近知り合った方にも支えられ、
またこれからの1年、のんびりアップしていきたいと思っています。

これからも拙ブログをよろしくお願いいたしますm(__)m

管理人 cyaz

コメント (14)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする