京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『フリー・ガイ(吹替)』

2021-09-02 | 洋画

 

□作品オフィシャルサイト 「フリー・ガイ(吹替)
□監督 ショーン・レビ
□脚本 マット・リーバーマン、ザック・ペン
□キャスト ライアン・レイノルズ、ミリージョディ・カマー、リル・レル・ハウリー
   (声)加瀬康之、早見沙織、小川剛生、小野賢章、吉野裕行

■鑑賞日 8月25日(水)
■劇 場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

タイムスケジュールが合わなかったので吹替で鑑賞。
結果だけど、動きが速いのでこれで良かったかも。
オンラインゲームの世界と現実を行き来する映画。
予告編は楽しそうなものに見えたが・・・。

まあ、監督があの『ナイト ミュージアム』のショーン・レビだから、
博物館をゲームの世界に置換したイメージを観る前に感じていたけど、
全くそんな感じでついハマってしまったかな(笑)

平凡で決まったルーティンで現実社会に生きていた主人公ガイが、
オンライン参加型アクションゲーム「フリー・シティ」で、
今まで思いもよらなかった世界に対峙し、明るく葛藤しながら、
フリー・シティの中で闘って行く。
ま、そのきっかけはある女性との出会いだが、ゲームの世界と
現実とのはざまでだんだんと本当の「自分」を発見していく。
そこには仲間や友人との切っても切れない血の通った人間としての
マインドが存在していることを悟る短い旅のようだった。
ガイとバディの関係が「ナイス・バディ」だったかも(笑)

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする