京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『フィッシュストーリー』

2009-03-29 | 邦画


□作品オフィシャルサイト 「フィッシュストーリー
□監督 中村義洋
□脚本 林 民夫
□原作 伊坂幸太郎(フィッシュストーリー」新潮社)
□キャスト 伊藤淳史、高良健吾、多部未華子、濱田 岳、森山未來、大森南朋

■鑑賞日 3月25日(水)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

  2012年ってもうすぐジャン 薄く誰が地球を救うんだぁ~~~


 原作は未読なので、この映画の予告編を観たときに先日観た『
少年メリケンサック』と被ってる部分があるのかなぁと思ったが、個人的に“逆鱗”に直接触れることはなかった(笑)

 『
アヒルと鴨のコインロッカー』コンビで最近観たばっかりだったので、かなり期待度も高かったのだが、、『アヒル~』に比べると前者が時間軸で横軸の広がりを、本作で時間軸の縦の広がりを演出していたようにみえた。 しかしながら、本作は複雑に絡み合う形ではなく、まるで3世代ぐらいの家系図をなぞっていくような感じだと言っていいかもしれない。

 前回の“笑い”と外国人国籍詐称(何故にブータン人)いう変化球は今回なかったけれど、妙にチェンジアップやナックルボールを投げられたという感じかなぁ(笑)

 1970年代に活動した売れないパンクバンドの一曲をキーワードとして、あらゆる事件が重なり合うが、本当に地球を救えるのは誰なのか。 お前が世界を救うことになると言われても巨大彗星をどう受け止めたらいいのかはわからない。

 カンフー息子、シージャックに巻き込まれた女子高生の未来、その他、微妙に人間の連鎖の繋がりが、最後には地球滅亡の危機を救うだなんて・・・。

 ただ迎撃ミサイルを飛ばして彗星を破壊したというオチは原作どおりなのだろうが、イマイチ衝撃的ではないし、選ばれた宇宙船飛行士たちの「私たちは何もしてないし」って言ってるし。 しかも多部未華子は宇宙服を着せられ顔はお猿さんみたいになっていたんだが、事務所的OKだったんだろうか(笑)

 結局のところ、落としどころはタイトルの「フィッシュストーリー」の意味する“ホラ話”なのか。 地球滅亡の日を2012年に設定し、それを巻き戻したり早送りしたりしながらその実はただの「ホラ話」だったのか。

 濱田 岳に加え、伊藤淳史、森山未來と何となく見た目弱い部類の兄ちゃんたちが結構頑張ってやっているような気がしたけれど、前作を上回るパワーを感じなかったし、どこか伊坂幸太郎の原作にはやや伊坂のマスターベーション的要素が含まれている気が2作品の映画化で感じたところだ。

 ちなみに「フィッシュストーリー」とは、
   ・ホラ話
   ・「僕の孤独が魚だとしたら」という一節で始まる小説のタイトル。
    晩年は引き篭り、壁に文章を書き続けたと言われる日本人作家の遺作。
   ・3枚のアルバムを残して解散したパンクバンド。
    その最後のアルバム収録曲の1曲のタイトルで、間奏の1分間の無音部分が色々話題に。



コメント (11)   トラックバック (58)   この記事についてブログを書く
« 『ワルキューレ』 | トップ | 花畑牧場/生キャラメル »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Ageha)
2009-03-29 10:30:40
原作は4つの話のうちの
一つで
映画化でここまで話膨らむとは思ってなかったので十分満足でしたし

メリケンサックは
何歌ってるかわからんかったのが
映画のオチだったので
あれはあれで仕方ないとして
こっちの斎藤和義の歌はコレ単品でも気にいりました。
で、それがこの映画を
支えてた気がします。

中村監督は、つくづく
原作から想像出来ない
キャスティングをしてくる。
ただ、この映画もともとホラ話だから
何でもありだったかも~。

おさるはかわいそう。
でも可愛かったよぉ~。(笑)
こんにちは! (kira)
2009-03-29 14:23:21
コレ、結構好きな作品です♪
中村監督は、井坂さんとのこういう、
緩いけど温かいものが残る作品が合っているような気がします。
ってか、その路線で行って欲しい♪
私も楽しんだけど、若い人たちに観て欲しいなぁ~と思いました
おさる~ (cyaz)
2009-03-30 08:17:33
Agehaさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>原作は4つの話のうちの一つで映画化でここまで話膨らむとは思ってなかったので十分満足でしたし
なるほど^^

>メリケンサックは何歌ってるかわからんかったのが
映画のオチだったのであれはあれで仕方ないとして
あれ、はっきりわかったら、オチに使えなかったかも(笑)

>こっちの斎藤和義の歌はコレ単品でも気にいりました。
最近、彼は良くなってきましたね!

>中村監督は、つくづく原作から想像出来ないキャスティングをしてくる。 ただ、この映画もともとホラ話だから何でもありだったかも~。
ま、ジェネラル・ルージュはキャスティングで遊べなかったですからね(笑)

>おさるはかわいそう。 でも可愛かったよぉ~。(笑)
今度、パーティーグッズのおさるのぬいぐるみ着て欲しい(爆)?!


路線~ (cyaz)
2009-03-30 08:19:23
kiraさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>中村監督は、井坂さんとのこういう、緩いけど温かいものが残る作品が合っているような気がします。
ってか、その路線で行って欲しい♪
そうですよね^^
僕的には『あひると鴨~』のほうが好きでしたが^^

>私も楽しんだけど、若い人たちに観て欲しいなぁ~と思いました
ん?、kiraさんも十分お若いじゃないですか(笑)?
気弱な男たち (にゃむばなな)
2009-04-01 19:13:28
草食系男子の時代なんて最近は言われていますが、そんな兄ちゃんたちが見事に紡ぎ出すこの物語。
本当に面白かったです。

でも逆鱗のボーカルさんに一言。
カップ焼きそばも焼きうどんもおいしいから、そんな細かいことを気にしちゃダメダメ。
たしかに~ (cyaz)
2009-04-02 08:30:31
にゃむばななさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>草食系男子の時代なんて最近は言われていますが、そんな兄ちゃんたちが見事に紡ぎ出すこの物語。
本当に面白かったです。
ホントそうですね~
新入社員と見受けられる方々がどれも一様に見える最近のボクちゃんたちです(寒)

>カップ焼きそばも焼きうどんもおいしいから、そんな細かいことを気にしちゃダメダメ。
あはは、確かに(笑)
爽快感 (未来)
2009-04-19 00:59:02
ありえない話なんだけど、すごく楽しめました。
この時間軸の繋げ方がけっこう心地よくて
ずっとスクリーンにクギ付けで久しぶりの爽快感です。
あまり好みではなかった多部未華子が可愛いと思えた作品でもあります。
時間軸~ (cyaz)
2009-04-20 08:32:23
未来さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>この時間軸の繋げ方がけっこう心地よくてずっとスクリーンにクギ付けで久しぶりの爽快感です。
上手いですよね~、使い方が^^

>あまり好みではなかった多部未華子が可愛いと思えた作品でもあります。
彼女、あの役で大丈夫だったんでしょうかね~
岡田君 (sakurai)
2009-06-05 08:59:03
マサラダ・・・ありがとうございました。
「ホノカア・・」見てないので、知りませんでした。なる!
サーターアンダギーみたいなんですかね。

さて、こっち。
おっしゃるとおり、彗星のくだりは違和感ありました。あすこは、原作と大きく違うとこなんで。
原作は短編で、あっさり終わるのですが、なんだか無理に膨らませ過ぎたなあ・・と感じました。
「アヒル・・」はゆるさの中にもキレがあったと思うんですが、だらだら感を感じてしまった。
でも、この映画のメインは、やっぱ逆鱗の音でしたね。
字では伝わらなかった音楽が、イメージぴったりに耳にきました!!
あとは、未來君のアクション!!かっこよかったぁ。
うちのちびも、正義の味方にするべく、修行を積ませようと思っております。
すいません (sakurai)
2009-06-05 09:00:10
マラサダでしたね。
なは。

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

58 トラックバック

正義の味方。~「フィッシュストーリー」~ (ペパーミントの魔術師)
伊藤淳史ってイジラレ役が多いんですけど 今回はなんかかっこよかったですね~。 意外でした。(わわわわわ) フィッシュストーリー逆鱗×斉藤和義 by G-Tools 映画のキモとなる歌さえうまくいけば大丈夫って思ってたんで、 のっけからたたみかけてくるこの歌は か...
僕の孤独が~さかなだったら~~♪ (TSUTAYA×枚方駅前)
ハイ、Agehaでございます。 20日初日に見て来ましたっ! 「フィッシュストーリー」!! 実は2月にシアターTSUTAYAへ行った話を書いたんですが その前に11月にも実は訪れてまして。 東京ではすでにその段階でチラシが置いてあった
フィッシュストーリー (to Heart)
きっと、つながる 製作年度 2009年 上映時間 112分 原作 伊坂幸太郎 『フィッシュストーリー』(新潮社刊) 脚本 林民夫 監督 中村義洋 出演 伊藤淳史/高良健吾/多部未華子/濱田岳/森山未來/大森南朋/渋川清彦/石丸謙二郎/草村礼子 『アヒルと鴨のコインロッカー』に...
フィッシュストーリー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『きっと、つながる』  コチラの「フィッシュストーリー」は、”発売当時だれにも聞かれなかった曲が、時空を超えて人々をつなぎ、世界を救う!「アヒルと鴨のコインロッカー」のチームが贈る、伊坂幸太郎ワールド第2弾!!”となる3/20公開のヒューマン・ファンタ...
フィッシュストーリー (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2009年 製作国:日本 監 督:中村義洋 “フィッ
『フィッシュストーリー』 (2009)/日本 (NiceOne!!)
監督:中村義洋原作:伊坂幸太郎音楽プロデュース:斉藤和義出演:伊藤淳史、高良健吾、多部未華子、濱田岳、森山未來、大森南朋試写会場 : 一ツ橋ホール公式サイトはこちら。<Story>1975年、セックス・ピストルズがデビューする1年前。最後のレコーディングで....
フィッシュストーリー (おかやど映画日記)
製作国: 日本 製作年: 2009年 監督 : 中村義洋 主演 : 伊藤淳史、多部未華子 斉藤和義/Summer Days 【PV】 ベストセラー作家・伊坂幸太郎の原作を 『アヒルと鴨のコインロッカー』以来 2度目のタッグとなる中村義洋監督が映画化。 アヒルと鴨もそうだけ...
【レビュー】「フィッシュストーリー」 (映画の部屋☆とらとら分室(^^;)
大森南朋氏を札幌まで追いかけた事のある私にとって 彼の出番も多かった この作品は 満足行くものだった   さらに 好きな俳優さんが たくさん出ていたこともあって この作品は 今年の邦画暫定1位とさせていただきたいと思う   パンフレットが700円 レコードジ...
フィッシュストーリー ★★★★★ ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
公式サイト プラデラレビュー 伊坂幸太郎原作、中村義洋監督、とくれば『アヒルと鴨のコインロッカー』が既にある。原作のギミックやトリックは活かしつつ、独自のアレンジを随所に追加して独自のテイストに変容させる、とのやり方は基本的に共通。 それは同監督の...
フィッシュストーリー (LOVE Cinemas 調布)
伊坂幸太郎の短編小説を映画化した作品。監督は中村義洋。主演は伊藤淳史だが、バンド“逆鱗”の仲間として高良健吾、渋川清彦、大川内利充が共演。他にも森山未來、濱田岳、多部未華子、大森南朋、石丸健二郎、中村有志など若手とベテランが多数出演している。というか、...
フィッシュストーリー (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト伊坂幸太郎原作、中村義洋監督、伊藤淳史、高良健吾、多部未華子、濱田岳、森山来來、大森南朋、渋川清彦、大川内利充、眞島秀和、江口のりこ、山中崇、波岡一喜、高橋真唯、石丸謙二郎。末期がん患者(石丸謙二郎)は至福の瞬間が迫り、避難して人気のない町を電...
フィッシュストーリー(映画館) (ひるめし。)
きっと、つながる
映画 「フィッシュストーリー」 (ようこそMr.G)
映画 「フィッシュストーリー」
フィッシュストーリー (Memoirs_of_dai)
ただでは終わらん大ボラ話(FISH STORY) 【Story】 1975年、鳴かず飛ばずのパンクバンド“逆鱗”のメンバー4人(伊藤敦史、高良健吾、渋川清彦...
『フィッシュストーリー』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
1975年、セックス・ピストルズがデビューする1年前。最後のレコーディングで「FISH STORY」を放った、早すぎたパンクバンド“逆鱗”。1982年、いつか世界を救うと予言された気弱な大学生。2009年、シージャックに巻き込まれた女子高生と、正義の味方になりたかったフェリ...
「フィッシュストーリー」 (小さな街から)
1975年。セックス・ピストルズがデビューする1年前。早すぎた日本のパンクバンド”逆鱗”は、全く売れないためにレコード会社をクビになることが決まり、最後のアルバムをレコーディングしました。 そして2012年。あと5時間で彗星が地球に激突し、世界の終わりが来
『フィッシュストーリー』 (映画批評_気ままにツラツラと・・)
さて連休映画三昧のトリは・・・ 『フィッシュストーリー』です。 あらすじ: 物語は、2012年の東京から始まる。 ゴミが散らかった街は、人影ひとつなく空では大きな彗星がゆっくりと動いている。 5時間後の地球にその彗星がぶつかり、地球は滅亡へのカウントダウ...
フィッシュストーリー (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
伊坂幸太郎の同名小説を映画化した作品。 2012年、巨大な彗星の地球への衝突が5時間後に迫っていました。地球にぶつかれば、世界が終わることは必至。そんな時、ほとんどの人が避難してしまった後の人気のない街のレコード店で、日本のパンクバンドの先駆けであった&qu...
フィッシュストーリー (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
私は伊坂幸太郎原作の映画とはどうにも相性が悪い。それを差し引いても、この映画はいただけない。70年代に活動した売れないパンクバンド“逆鱗”の楽曲「FISH STORY」を軸に、4つの時代の事件がバラバラに描かれ最終的には一つにつながって、2012年の地球滅亡...
フィッシュストーリー (ダイターンクラッシュ!!)
3月24日(火) 21:05~ チネ4 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:700円(買っていない) 『フィッシュストーリー』公式サイト 『アヒルと鴨のコインロッカー』の原作、監督コンビの作品。伊坂幸太郎原作映画は、いくつか見ているが、小説は一冊も読...
フィッシュストーリー @試写会 (いとしこいし ーいとしいこいしいものごとのおぼえがきー)
フィッシュストーリー 2/6(金)ショウゲート試写室 原作は未読だし、アヒ鴨も未見(コレを機に観たいと思ってます)なのだけど、のっけからマイ・ウェイはシナトラを・・・なんてな話から入るんで食いついちゃってそのまま楽しんでしまいましたー。 とくに“逆
試写会「フィッシュストーリー」 (流れ流れて八丈島)
今晩は、当直明け恒例の試写会でした。なかのZEROホールで「フィッシュストーリー」です。会場が中野ということなんで、吉祥寺周辺に住んでるH・N嬢を誘ってみたら、たまたま休日だったので、一緒に観てきました。お互いお休みなんで、まずは夕方5時くらいに待ち合...
フィッシュストーリー (2009) (白ブタさん)
伊坂幸太郎さん大好きなのですが、映画は初めて(^_^;) これはなんだかとっても気になっちゃったんです・・・。 原作は未読で臨みました(文庫が出てないから(爆))
「フィッシュストーリー」 (フリーライター・山口拓朗の音吐朗々NOTE)
2009.3.19 20日より公開される「フィッシュストーリー」。 監督:中村義...
フィッシュストーリー (めでぃあみっくす)
つながった~!気持ちいいくらいに1953年~2012年までひとつにがつながっちゃった~! 最後に「FISH STORY」がフルで流れるまではどないなるかと思ってましたが、まさか本当に誰にも聴かれなかったパンクレコードが世界を救うなんて、笑っちゃうほど面白かったです。 ...
映画「フィッシュストーリー」 (またり、すばるくん。)
予告を見た時に、面白そう!と思った映画「フィッシュストーリー」を見て参りました。
フィッシュストーリー (だらだら無気力ブログ)
『アヒルと鴨のコインロッカー』に続いて、伊坂幸太郎の原作を中村義洋 監督が映画化。 1970年代、全く売れなかったパンクバンドの1つの曲がいろんな人物が 交錯し、めぐりに巡った結果、地球滅亡の危機を救うという奇想天外な 時空を超えたストーリーを鮮やかに描く。...
*フィッシュストーリー* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** 2012年、彗星の地球への衝突が5時間後に迫り世界が終わろうとする中、ターンテーブルから日本のパンクバンド“逆鱗”が1975年にセックス・ピストルズのデビューに先駆けて放った最後のレコード「FISH STORY」が流れる。1982年、その曲を...
フィッシュストーリー☆独り言 (黒猫のうたた寝)
静かなメロディラインに、一瞬どこがパンク?・・・直後のシャウトにやられました。(笑)僕の孤独がさかなだったら~♪でも歌詞は^^;;;よくわからな~い。でもね、ひとつの曲がいつか世界を救う・・・そんな壮大なストーリーが・・・できちゃったんだな(笑)ホラ話...
届け天国の弟へ! 『フィッシュストーリー』トークショー付きプレミア上映&ライブfeaturing逆鱗@SHIBUYA O-EAST (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
昨日の速報の通り、映画『フィッシュストーリー』トークショー付きプレミア上映&ライブfeaturing逆鱗へ行ってきた。映画の上映後に、監督・キャストによる舞台挨拶と、映画から飛び出しデビューしたバンド“逆鱗”の一夜限りの生演奏が行われた。会場はSHIBUYA...
フィッシュストーリー (5125年映画の旅)
2012年、巨大彗星の衝突で世界は滅亡の危機に直面していた。2009年、北海道行きのフェリーがジャックされた。1999年、ノストラダムスの預言の時が近づいていた。1982年、一人の大学生が自分の自分の不甲斐無さを嘆いていた。そして1975年、それら...
「フィッシュストーリー」 想いはいつか誰かに届く (はらやんの映画徒然草)
「アヒルと鴨のコインロッカー」と同じく、伊坂幸太郎さん原作、中村義洋さん監督の本
[映画『フィッシュストーリー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
★MOVIX昭島での、最終上映に駆け込んできましたよ^^  明日から、ロードショーがいっぱいだから、上映終了の映画も多いですな。    ◇  簡単に言うと、これは「小エピソード連鎖」の物語である。  とあるパンク(と言うジャンル名さえない頃の)バンドの...
フィッシュストーリー (future world)
娯楽性抜群、中村監督~ウマすぎます! 「FISH STORY」は只の‘ほら話’じゃありませんね。 ~2012年、彗星が地球に衝突して人類が滅びる・・・ なのに悲壮感・絶望感なんて無し、ホロリとくるような爽快感で 鑑賞後も最近観たものにはなかったスッキリ感が。 舞...
【映画】フィッシュストーリー (新!やさぐれ日記)
▼動機 多部未華子&濱田岳&中村義洋 in 伊坂ワールド ▼感想 なるほど「おとぎ話」とはよく言ったもの ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 1975年、ピストルズがデビューする1年前。鳴かず飛ばずのバンド「逆鱗」のメンバー4人(伊藤敦史、高良健吾...
映画 【フィッシュストーリー】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「フィッシュストーリー」 伊坂幸太郎の原作を『アヒルと鴨のコインロッカー』の中村義洋監督が映画化。 おはなし:1975年、鳴かず飛ばずのパンクバンド“逆鱗”のメンバー4人は、解散前最後のレコーディングに挑んでいた。そして、地球の滅亡まで数時間に迫...
09-96「フィッシュストーリー」(日本) (CINECHANの映画感想)
僕の孤独が魚だったら  2012年、彗星の地球への衝突が5時間後に迫り世界が終わろうとする中、ターンテーブルから日本のパンクバンド“逆鱗”が1975年にセックス・ピストルズのデビューに先駆けて放った最後のレコード「FISH STORY」が流れる。  1982年、その曲を聴い...
フィッシュストーリー (俺の明日はどっちだ)
fish story / ―【名】【C】 《米口語》 [釣師{つりし}がするような〕大げさな話 う~む、伊坂幸太郎の同名短編を「アヒルと鴨のコインロッカー」に続いて中村義洋監督が映画化したこの作品、世の中的には結構評判が良かったこともあってそれなりに期待していたのだけ...
フィッシュストーリー (迷宮映画館)
本のテイストとは、違った味わい。
【映画感想】フィッシュストーリー(伊藤淳史×森山未來×多部未華子)[2009-113] (映画+小説+家族=MyLife)
伊坂幸太郎の小説を映画化した『フィッシュストーリー』。 2012年。彗星の衝突により、人類滅亡の危機が訪れる。そんな危機を救うのは、1975年に売れないパンクバンドが作ったある曲だった?!
フィッシュストーリー (悠雅的生活)
「いつか世界を救う」。「誰かに届け」。「礼なら父に」。
「フィッシュストーリー」感想 それほど・・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
原作→映画の順に見ました。とはいえ、原作は短い短編だったので映像化しても、はしょった風にならずに成功してるんじゃないか?と期待して...
フィッシュストーリー/FISH STORY (シネマDVD・映画情報館)
アヒルと鴨のコインロッカーに続き、伊坂幸太郎の原作を中村義洋が監督したユーモラスでそう快な人間ドラマ。1970年代に活動した売れないパンクバンドの一曲を中心に、とりどりの登場人物が交錯しやがて地球の滅亡をも救う、時空を超えた奇想天外なストーリー。伊藤淳史、...
【フィッシュストーリー】 (日々のつぶやき)
監督:中村義洋 出演:伊藤淳史、森山未來、浜田岳、高良健吾、多部未華子、大森南朋、石丸謙二郎 「1975年セックス・ピストルズがデビューする1年前、「FISH STORY」を最後に出して消えたパンクバンド“逆鱗”。1982年、いつか世界を救うと予言された、同級生の運転
フィッシュストーリー (映画君の毎日)
フィッシュストーリー ¥4,441 『アヒルと鴨のコインロッカー』の中村義洋監督が、再び“伊坂ワールド”に挑んだ奇想天外なヒューマンストーリー。パンクバンド・逆鱗が75年に残した最後の曲「FISH STORY」。発売当時誰にも聴かれなかったその曲が、巡り巡って地球滅...
斉藤和義と伊坂幸太郎 (Q-Days)
たまたま開いた雑誌『日経エンタテインメント!』の11月号で こんな本の存在を今更ながら知った。 斉藤和義と伊坂幸太郎の対談本『絆のはなし』 約2年前の本。 伊坂幸太郎さんがシステムエンジニア時代、 電車の中で聴いた斉藤和義さんの『幸福な朝...
【フィッシュストーリー】正義の味方の作り方 (映画@見取り八段)
フィッシュストーリー 監督: 中村義洋    出演: 伊藤淳史、多部未華子、濱田岳、森山未來、大森南朋、石丸謙二郎 公開: 2009年3月 ...
フィッシュストーリー (paseri部屋)
「フィッシュストーリー」(2009)を観ました。監督:中村義洋原作:伊坂幸太郎音楽プロデュース:斉藤和義出演:伊藤淳史、高良健吾、多部未華子、濱田岳、森山未來、大森南朋<内容>2012年、彗星の地球への衝突が5時間後に迫り世界が終わろうとする中、ターンテーブルか....
『フィッシュストーリー』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
フィッシュストーリー [DVD]アミューズソフトエンタテインメントこのアイテムの詳細を見る  『フィッシュストーリー』 2009年(日)監督:中村義洋  一曲の音楽が世界を救う。そんな馬鹿馬鹿しくも爽快な世界を映画的な手法で馬鹿馬鹿しく阿保らしく魅せた佳作。...
フィッシュストーリー (映画道)
2012年、彗星の地球への衝突が5時間後に迫り世界が終わろうとする中、ターンテーブルから日本のパンクバンド“逆鱗”が1975年にセックス・ピストルズのデビューに先駆けて放った最後のレコード「FISH STORY」が流れる。1982年、その曲を聴いた気弱な大学生は、いつか世界...
映画・フィッシュストーリー (お花と読書と散歩、映画も好き)
時空を越えて全てがつながった時 想像を超える痛快なラストがやってくる! 2012年 あと5時間で彗星が地球に衝突する 「終末のフール」から引用したのかな 映画ではシージャックになっているけど原作ではハイジャックだった などなど 細かい設定は良しとして 映...
フィッシュストーリー  (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  1975年に、先取りし過ぎてヒットしなかったパンクバンド「逆鱗」の、最後の曲が『FISH STORY』。この曲の途中には約1分の空白があり、その空白の中で女性の叫び声を聞いた者は、将来世界を救う英雄になるという。 1982年には、お人良しで気弱
フィッシュストーリー 森山未來と田部美華子が相当効いてる奇跡の物語 (背面飛行がとまらない)
 伊坂幸太郎原作、中村義洋監督作品 ”フィッシュストーリー”。あの名作”アヒルと
フィッシュストーリー (ナナメモ)
JUGEMテーマ:映画 製作年度: 2009年 監督: 中村義洋 上映時間: 112分 出演: 伊藤淳史, 高良健吾, 多部未華子, 濱田 岳, 森山未來
映画評「フィッシュストーリー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・中村義洋 ネタバレあり
『フィッシュストーリー』 ('11初鑑賞107・WOWOW) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 8月6日(土) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。
フィッシュストーリー (A Day In The Life)
DVDにて観賞 解説 『アヒルと鴨のコインロッカー』に続き、伊坂幸太郎の原作を 中村義洋が監督したユーモラスでそう快な人間ドラマ。 1970年代に活動した売れないパンクバンドの一曲を中心に、と りどりの登場人物が交錯しやがて地球の滅亡をも救う、時空を ...
フィッシュストーリー (A Day In The Life)
DVDにて観賞 解説 『アヒルと鴨のコインロッカー』に続き、伊坂幸太郎の原作を 中村義洋が監督したユーモラスでそう快な人間ドラマ。 1970年代に活動した売れないパンクバンドの一曲を中心に、と りどりの登場人物が交錯しやがて地球の滅亡をも救う、時空を ...