こころにうつりゆくよしなしごとを

あやしうこそものぐるおしけれ。

法要

2014-11-18 16:57:04 | うさぎ
ばあちゃんうさぎさんの火葬をしてもらったお寺で、月1回、18日に合同供養がありますので、
と言われていたので、火葬からちょうど2週間ですし、行ってみました。

15時と19時の2回だそうですが、60~70人くらいいらっしゃいましたかね。
毎月来ている方も多いようです。

導師様始め4人のお坊さんで、それはそれはきちんとお経を上げていただきました。
お坊さんもおっしゃっていましたが、「亡くなった動物の供養というよりは(それももちろんだけど)
残された皆さん方のためのものでもあるので」
そういうもんだと思いますよ、葬儀とか法事って。

お骨になったときにはほとんど泣かなかったのに、お経を聞きながら焼香して
合掌礼拝したら、ちょと泣けました

参列者のペットを読み上げてくださいました。
うちのばあちゃんうさぎさんも「(ブログ主の姓)家、くぅの霊」と読み上げられました。
聞いていると「××家縁のペットの霊」と読み上げられたのもいくつかありました。

さ、あとは来年の大施餓鬼ですね。
11月は、祥月だから、毎年来ますかね
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 本日の運動 | トップ | 本日の調教(-。-;) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
合掌 (レディ馬場)
2014-11-18 19:11:36
おばあちゃんうさぎさん、今頃お月様でぴょんぴょんしながら下界をみおろしているのでしょうか。丁寧にご供養されている飼い主の方が本当に多いのですね。
そう考えると、クラブのお馬さんたち、ある日居なくなりそのまま時とともに何事もなかったように他のお馬さんが厩舎にいたりして…私たち何も出来ず。
大好きだったアースを思い出してしまいました。(彼がいないといまだに駈歩に気安く出られない…U+1F622)アースもあちらの世界でとうらくなんてナシで駈けてるといいなぁ。
コメントありがとうございます (ブログ主)
2014-11-19 21:18:39
日本の場合、お馬はペットには分類されないんで、またちょっと違うかもしれませんが、
競馬場には馬頭観音様が必ずありますから、自分は、行くとお参りしています。
競馬場だと眼の前で故障して馬運車に、なんてこともありますので、、

コメントを投稿

うさぎ」カテゴリの最新記事