LA CAFFETTERIA DI RETROSCENA舞台裏カフェ

テノール芹澤佳通の日常系ブログ (・∀・)

シェフの心理状態が気掛かり

2019年12月06日 | クラシック音楽

12周年を謳った記事から一気に日が空いてしまうのは通常運転

 

来週14日、15日に本番をむかえる帯広市民オペラ「カルメン」の稽古も佳境に入り、僕自身は先月末から帯広に滞在しております(`・ω・´)ゞ

 

さて、そんな帯広ですが到着早々こんな感じに・・・

「Alexa、横断歩道の場所はどこ?」

 

 

現状は溶けて固まってを繰り返しツルッツルです(;・∀・)

 

人生初の「冬靴」を購入し「おっしゃー!これで怖いものなしだーー!!」と意気揚々と踏み出すも氷の上は滑る模様・・・靴底に噛ませるタイプのスパイクも購入しました(笑)

 

なお、帯広市民Aは「スパイク?買ったことない(ニコッ」

 

 

さすがだね・・・・知っていたよ・・・君たちが特殊能力を有している種族だということは・・・・だってあれだろ?君たちは天井に張り付いたまま行動することが出来るんだろ?だって・・・・・・

 

これは設置ミスではなかったんだ・・・・・・・・

 

 

 

さて!

日々稽古が組まれておりますが、先日は帯広市内から離れ、中札内(なかさつない)にあるホールで初日組の通し稽古(公開)が行われました(・∀・)

待機する場所がなかったので2階席からぼーっと・・・いや、キリッと眺めていたらそれは唐突にやって来た・・・・・・

 

第二幕、エスカミーリョがまさにこれから登場する場面(舞台後ろから見ている構図:写真の上が客席方向)

「あれ?この光景見たことある・・・」

 

そのデジャブにも似た感覚を必死に手繰り寄せ、一体この感覚はどこから来たのか?と、中札内村という生まれて初めて訪れた村で自身を襲ってきた感覚に自問自答を繰り返していると・・・

 

・・・( ゚д゚)ハッ!・・・ソウイウコトカ!!!

 

ついにその答えに行き着いた芹澤は、そのぼんやりとした記憶を形にしようとすぐに作業に取り掛かった!

 

これだ!!!

あ~スッキリした(*´∀`)

 

スッキリしたところで最早毎日食べていると言っても過言はなく、むしろ食べ過ぎている豚丼の名店へ~(・∀・)

 

おや・・・・・?

 

いつもとなにか様子が違っている・・・・

 

 

いつもはこんな感じの盛り付けが↓

 

その日は・・・

 

シェフ、なんか嫌なことでもあったのかな???

コメント (2)

祝!12周年!!

2019年11月23日 | クラシック音楽

2019年11月23日を持ちまして、なんとこの「舞台裏カフェ La caffetteria di retroscena」が


12周年を向かえました!!!

 

ブログ開設から本日で4380日!

 

ま、途中全然書いてない時期もあったけど(笑)

 

継続は力です!(なんの?)

 

 

ということで写真も何もありませんが、これからも芹澤とこのブログをよろしくお願いいたします( ・∀・)


追記(23日午前5時30分)

あまりにも簡素な記念日なので、朝一の羽田空港内に設置されたクリスマスツリーを独り占めした写真を貼り付けます(笑)




今日から帯広カルメンの通し稽古が始まります!

寒いんだろうな〜⋯⋯


コメント (3)

天皇陛下御即位記念 オペラ「白狐」終演(写真多め)

2019年11月19日 | クラシック音楽

11月17日に妙高市文化ホール(新潟県妙高市)にて、オペラ「白狐」が満員のお客様を向かえ、多くの方々のご尽力のお陰で無事終演致しました!

 

当初はチケットの売れ行きが芳しくないようでしたが、本番2日前から当日にかけて300枚ほどの駆け込み需要?があったようで、当日券も出ない(売り切れて)状況に!(゜o゜;

 

本当に驚きました・・・

 

この作品が如何に地元の方々に愛されているかが伝わって来ます・・・

 

色々な思いはあるのですが、言葉にするのは難しく、言葉にすれば薄れてしまいそうな気がして上手く表現出来ません(;´Д`)

 

なので、今回の記事は写真を多用し、当日の会場に来ることが出来なかった方々にこの作品の素晴らしい世界観をおすそ分けしたいと思います( ・∀・)

 

なお、使用している写真は本番のものではなく、HP(ハウプトプローベ:衣装は着用するが、化粧はしないで行う通し稽古)と、GP(ゲネラルプローベ:本番同様の衣装、メイクで行う最終通し稽古)のものです。

 

 

まず舞台

なんと全幕通して常設されているセットはこの円柱のみ!

この円柱が「白狐の結界」、「葛の葉のお屋敷」、「森の中の狐の住処」、「コルハと保名の隠れ家」の全てを表します!

 

【第一幕】

白狐(コルハ)を追い詰めた悪右衛門は、コルハの持つ宝玉を奪い取る。

 

一度は悪右衛門に奪われた宝玉を取り返したコルハ(白狐)に、

「善行を積み、より高き化身を求めよ」と語る保名

 

コルハを森に残し、葛の葉が待つ屋敷へ戻る保名。

この日は葛の葉の誕生日であった。

 

そんな祝の場に突如攻め入って来る悪右衛門と家来達。

 

舞台袖からの貴重なショット!

 

女中達が次々と切られていき、保名は悪右衛門に斬りかかろうとする。

しかし保名は悪右衛門の手下に行く手を阻まれ、鍔迫り合いをしている背後から悪右衛門に切られてしまう。最後の力を振り絞り葛の葉の手を取ろうとするが、掴んだのは着物の袖であった・・・

 

【第二幕】

狐の妖精たちが女王コルハの登場を待ち望んでいる。

 

先の戦いで背中に傷を追った保名は、その痛みと熱にうなされながらも葛の葉を探し、朦朧とする意識の中で森の中の泉にたどり着く。なんとそこには葛の葉の姿に変身したコルハが居た。

 

泉に映る葛の葉の姿を「消えよ、偽りの化身よ」と、その水面を弾いてみるも、やがて後ろから聞こえてくる声に、葛の葉の存在を認める。

 

かつて保名に宝玉と命を助けられたコルハは、瀕死の傷を追った保名を助けたい一心で葛の葉に変身し、傷を癒やすための隠れ家に連れて行く。

 

一方、保名から奪った葛の葉が一向に心を開かないため、惚れ薬を作るための薬草を探しにやってきた悪右衛門たちを、葛の葉に変身したコルハと、人間に化けた狐の妖精たちが酒宴に招待する。

 

兵士たちが酔っ払ったところで狐の妖精達は兵士たちを噛み殺し、悪右衛門を取り囲む。そしてその爪で悪右衛門を引き裂き、コルハの復讐が成し遂げられる。

 

【第三幕】

3年の時が流れ、保名と葛の葉(コルハ)は1人の子供をもうける。

 

ある日、巡礼の行列が隠れ家の前を通る。話を聞くとそれは保名を探し続ける葛の葉の家来達であった。「このまま保名様が見つからなければ、姫は明日出家をし、尼になる」と伝えられ、コルハは自らの行いに葛藤し、保名との別れを決意する。

 

葛の葉(コルハ)の様子がいつもとは違うことに気がつく保名だか、その真意まではわからなかった・・・

 

意を決した葛の葉(コルハ)が自分の袖を引き裂き、「巡礼者の中に、失われた許嫁に思いを寄せる美しいおなごが・・・その者にこの袖をお渡しください」と保名に託す。そして「慈悲深い声はかつて私に命じた。仏の慈悲を信じて、善行を積み、より高き化身を求めよ」と続け、袖を受け取った保名は何かに気付き始める・・・

 

葛の葉(コルハ)に言われるがまま、巡礼者たちの向かったお堂へたどり着いた保名は、そこで葛の葉と再会を果たす。そして葛の葉と共に、3年間過ごした隠れ家に戻ってきた保名は、コルハの姿が無いことに気がつく。しかし家の中には「あなたの胸にコルハは、私の心を残します。」という書き置きと、宝玉を抱いた赤ん坊をだけが残されていた。

【完】

 

 

過去一番写真が多い記事となりましたが、いかがでしょうか?

ここには音楽がありませんが、それでもこの作品の世界観は伝わったかと思います。

 

そして、写真をご覧いただければわかる通り、衣装、照明が素晴らしかったです!

第三幕で、壁に掛けられて居たのは、こちら↓

 

ホールに隣接する障害者施設にて織られた「さをり」という織物です。

第三幕の写真をどうぞ見返して見てください。

まるでこの日のために織られたのかと思わんばかりの美しさを舞台に与えてくれました!

 

 

自分で言うものもなんですが、今回の舞台は本当に素晴らしいものでした。

このオペラ公演に関わった全ての人が「チーム白狐」の一員であり、この度の大成功は誰一人欠けてもなし得なかったことだと思います。

 

稽古開始から本番まで2ヶ月なかったのはいささかスリリングでしたが、それも今となっては良い思い出です(笑)

コメント (11)

天皇陛下御即位記念 オペラ「白狐」全3幕

2019年10月25日 | クラシック音楽

オペラ「白狐」全3幕・日本語版
【翻訳・台本・作曲・指揮】平井秀明

 

 

このところ、北海道に行っていない時は来月に迫ったこちらのオペラの稽古に励んでおります( ・∀・)

 

で、

 

早速ですが気になった方もいると思います。

 

『日本語版』

 

という表記。

 

原作は岡倉覚三となっておりますので、書いたのは日本人です・・・・皆さん、この人物ご存知ですか?

 

知らない?

 

では岡倉天心は?

 

と書くと、気がつく方もいらっしゃるかと思います。

 

岡倉覚三とは、岡倉天心の本名であり、岡倉天心といえば「茶の本」の著者です!

 

「茶の本 The book of tea(原文英語)

日本の茶道を欧米に紹介する目的で、1906年(明治39年)、米国ボストン美術館で中国・日本美術部長を務めていた天心が、ニューヨークの出版社から刊行した。茶道を仏教(禅)、道教、華道との関わりから広く捉え、日本人の美意識や文化を解説している。

 

そう、この岡倉覚三氏は、明治の時代に英語で本を出版したほど英語が堪能な人物だったのです!

 

この「白狐」という作品が誕生した経緯ですが、ウィキペディアには以下のような情報がありました↓

『1913年(大正2年)、ボストンに歌劇場ができることを聞き、葛の葉を題材としたオペラ「白狐」を書き、アメリカでの支援者のひとりであるイザベラ・スチュワート・ガードナー美術館のガードナー夫人に贈る。その作曲は親交のあったチャールズ・マーティン・レフラーに委ねられたが、作曲の筆が遅く、結局完成されなかった。』


ここで「葛の葉」という新しいキーワードが出てきましたね。

 

そうなんです、この「白狐」は、人形浄瑠璃や歌舞伎で有名な「蘆屋道満大内鑑」(通称:葛の葉)をオペラ化したものなのです!

 

そもそも「葛の葉」とは1000年を生きる伝説の狐とのこと。民間伝承から成り立ったお話ということで、調べていくと話のバリエーションが様々あります。

 

ということで、ここでは岡倉覚三のオペラ台本「白狐」に則した解説をしていきます(`・ω・´)ゞ

 

登場人物

    コルハ・・・・白狐
    保名・・・・・阿倍野の国守 ※読み方(やすな)
    葛の葉・・・・保名の許婚
    悪右衛門・・・葛の葉を恋する魔道の武士 ※読み方(あっけいもん)
   

  合唱

  葛の葉の従者(女声合唱)
    狐の乙女たち・コルハの従者(女声合唱)
    悪右衛門に仕える狩人、兵たち(男声合唱)
    巡礼者たち・・・葛の葉の家臣(混声合唱)
   

  コルハと保名の稚児(後の安倍晴明)

 

概要

【第一幕】
コルハ(白狐)が持つ宝玉の力によって、悪右衛門は保名を恋い慕う葛の葉を、我が物にしようと企んでいる。悪右衛門は配下の狩人らと共に、保名の領地である阿倍野の荒野にコルハを追い込む。そして狐に傷を負わせ宝玉を奪い、とどめを刺そうとしたとき保名が現れ、葛の葉の誕生日という恵みの日を冒涜する振舞いを禁じ、悪右衛門を追い払い、コルハに宝玉を取り戻してやる。
葛の葉の誕生日の祝宴のさなか、保名の城は炎に包まれ、悪右衛門とその大軍が突如乱入する。悪右衛門は保名に傷を負わせて圧倒し、葛の葉を自分の城へと連れ去る。
保名の手の中には葛の葉の袖だけが残る。

 

【第二幕】
森の中で、狐の乙女らが月光の下で踊りながら、女王コルハの目醒めを待っている。コルハは月に懇願し、葛の葉へ変身するための助力を仰ぐ。恩人保名を救う手立てがあるとすればそれだけであった。保名は今、悲嘆と負傷から気を狂わせ、未だに葛の葉の引き裂かれた袖をその手に掴んだまま彷徨している。森の中で葛の葉に変身したコルハを見た保名は、葛の葉を見つけたと信じ込み、導かれるまま深山の隠れ家へと赴く。一方その頃、悪右衛門とその従者達が森を徘徊し薬草を集めている。彼等はそれをもとに愛の媚薬をつくり、一向に心を開かない葛の葉に飲ませるつもりである。コルハは葛の葉の姿のまま森に戻り、狐の乙女らと一緒に彼らに身を任す振りを装う。悪右衛門とその従者たちは、色香と酒とで歓待を尽くされ、魅惑的な女たちを追いかけていく。だが、彼女たちの導く先は断崖であり、彼らはそこから湖水に転落してしまう。

 

【第三幕】
コルハ(葛の葉)は隠れ家で稚児に歌をうたってやっている。巡礼の一団が現れ、施しを乞うてくる。その悲哀の歌が琴線に触れたコルハは施しを与え、巡礼の事情を尋ねる。そして、彼らが葛の葉の家臣であり、今はお堂へ向かう途中だということを知る。そこは三十三番目の最後のお堂であり、彼らはそこで保名の帰還を神に祈っていた。観音の慈悲の望みも絶たれ、葛の葉は尼になる覚悟でお堂で待っていると。 彼らが行ってしまった後に保名が現れる。コルハは複雑な気持ちで保名と顔を合わせるが、保名はそれを理解できない。コルハは袖を引き裂き、これをお守りだと言ってお堂にいる少女へ渡して欲しい、と保名に頼む。コルハの物々しい言葉に驚いて、保名は気の進まぬながら、その慈悲深い思いを伝えるべく出掛けて行く。稚児へお祈りをしながら、コルハは宝玉をその子に与え、書き置きを残す準備を整える。 法力が剥がれ落ち、狐の姿を取り戻しはじめたコルハの手は狐の前脚に戻ってしまい、筆を口に咥えてようやく書き物をしたためる。狐の姿に戻ったコルハは、窓を跳び越え森の中へ入っていく。不可思議な恩人と過ごした隠れ家に葛の葉と共に戻って来ると、書き置きを見つける。保名は彼女がかつて助けてやった妖狐だと思い至り、ひざまずき祈る。一方、葛の葉は子供を腕に抱きかかえ、愛を求める泣き声に応える。

 

・・・

 

以上が、各幕の概要となります!

 

このオリジナル英語テキストを平井秀明さんが翻訳・台本・作曲・指揮と超人的な偉業を成し遂げ、物凄く美しい音楽に彩られております(´;ω;`)ブワッ

 

僕は平井秀明さんと共演するのはおろか、お会いするのも今回が初めてだったのですが、なんと平井さん・・・・

 

あの大作曲家、平井康三郎氏のお孫さんだとか・・・・

 

ウィキペディアにご一家のことが様々載っていますが、それを読んでると「遺伝ってホントにあるんだ~」ってアホみたいな顔になってしまいました(笑)

 

サラブレッドが過ぎるw

 

平井さんをサラブレッドとすると、音楽とは無縁の家庭で育った僕は差し詰め(笑)

 

こんな二人が出会ってしまえるのも音楽の素晴らしいところです( ・∀・)

 

 

演出の森山さんは、2017年の相模原シティオペラ「椿姫」で初めてお仕事させていただき、演劇界での手法を取り入れた役作り、人物像の構築方法はその後ずっと僕の中で生きていました。

 

今回が2年ぶりのお仕事となりますが、改めてその手腕に驚かされます。

 

先入観を捨て、物事を冷静に見る力。

 

それを教えてくださった方です( ・∀・)

 

 

 

稽古風景なども撮影出来れば、今後ご紹介したいと思います(`・ω・´)ゞ


 

天皇陛下御即位記念
オペラ「白狐」全3幕 日本語版

【翻訳・台本・作曲・指揮】
平井秀明

【演出】
森山太

【管弦楽】
白狐スペシャルオーケストラ

【キャスト】
國光ともこ:コルハ/葛の葉
芹澤佳通:保名
豊嶋祐壹:悪右衛門
佐藤友美:乙女/狐の妖精/巡礼の女
武藤正晃:狩人/巡礼の男

【会場】
妙高市文化ホール大ホール

2019年11月17日(日)
開場13時30分 開演14時00分

チケット(全席自由)
2000円(一般)
1000円(高校生以下)

 

コメント (9)

芸術鑑賞会@栃木

2019年10月22日 | クラシック音楽

10月21日。

 

この日は朝5時59分の電車に乗ることからスタート(((((((((((っ・ω・)っ ブーン

 

甚大な被害をもたらした先の台風の影響で、まだ全線復旧に時間がかかる上に各種特急も止まるんだか止まらないんだかあるんだかないんだかよくわからない状況の中、栃木県にある農業高校の芸術鑑賞会に馳せ参じました。

 

ホールへ向かう道中で目に入ってくるのは台風被害(河川の氾濫)の爪痕

街の様子は悲惨なれど、一定の落ち着きは取り戻している様子

 

そんな中で開催された1200人収容可能な栃木文化会館大ホールでの高校生のための芸術鑑賞会は、いつもとは違った意味合いを感じざるを得ない演奏会。


各地での台風被害の報道を受け、失礼にあたらないタイミングを見計らいつつ、学校とホールの両側に連絡を取り、実施するかキャンセルになるか、実施となった場合どうやって会場まで向かうのか、各路線の状況を事前に何度もみどりの窓口まで確認してくれた、主催者でもある後輩。


その小さな体一身で重責を背負おうとする姿はとても勇敢であり、小さな背中はとても大きく頼もしかった。

(↑FBで投稿した際、「小さい小さい言い過ぎです」ってお叱りをうけましたw)

 

芸術鑑賞会のプログラムはとてもユニークなものであり、高校生たちは静かに・・・・しずか~に聴いていた・・・・・・・・・(お察しの通りw)

 

終演後

 

タイトル「キレイに90度」

 

「クラシック音楽が何かに役立つか?」

 

これは別に高校生から直接問われたものでは無いのだが、会場に向かう道中で災害の爪痕を見ていたときに、ふと頭に浮かんだ問。

 

 

役立つか役立たないか・・・僕はこう思う。

 


「大抵の場合、役に立たん。」

 

そもそも役に立つことを念頭に誕生したものでは無い。


では「有益なものか無益なものか?」

 

答えは人それぞれ。


今日の演奏を聴いて『クラシック音楽は退屈だ』と思ったなら、『クラシック音楽=退屈である』という本人にとっては有益な情報を得ることが出来たと言える。

もし10年後、20年後、『そーいや~高校の時クラシックの演奏会をホールで聴いたな。取引先の担当者、趣味でサックス吹いてるっていうし、ちょっと話のネタに使うか』と、今日の経験を活かす機会が訪れた時、この経験はさらに有意義なものへと変化する。

 

答えはすぐ出るものではないし、不変的なものではない。

 

その人の、その時々に応じて変化していくものだと思う。

 

あの日出会った高校生達が今後どの様な道を歩んでいくか知る由もないが、今日彼等が出会った大人達が少しでも彼等の心に何かを残せたのならば、「クラシック音楽が役に立った」と言えるのではないだろうか( ・∀・)

 

思考を常に柔軟に、選択肢は多く持っている方が良い。

 

さて、皆さんの頭の柔軟さを図るにうってつけのものが栃木駅構内にありました( ・∀・)


問1.とある部分がスケスケに見える裸婦坐像。さて、どこが透けているのか?

(注意:ケガレタ大人には見えない)




【答え】

コメント