LA CAFFETTERIA DI RETROSCENA舞台裏カフェ

テノール芹澤佳通の日常系ブログ (・∀・)

Re:洗っても洗っても

2020年12月05日 | クラシック音楽

Re:

M

A

C

B

E

T

H

 

 

本来なら今年の3月14日に実施されるはずだった「イタリア・オペラ・アカデミー特別公演リッカルド・ムーティ introduces 若い音楽家による《マクベス》(抜粋/演奏会形式/字幕付)」が例のウイルスの影響で延期になってから早九ヶ月。

 

本日、延期後の日程が発表されました!!!

 

2021年4月20日(火)19:00開演(開場18:00)

 

詳しくはこちら→東京・春・音楽祭「若い音楽家たちによるマクベス」

 

こちらの公演は抜粋(と言ってもほぼ全曲演奏)での演奏会形式(字幕付)となっております( ・∀・)

 

延期前は東京文化会館大ホールでの予定でしたが、延期後はミューザ川崎シンフォニーホールでの公演に変更になっております(`・ω・´)ゞ

 

ちなみに、東京・春・音楽祭の公式ページによると、「若い音楽家のためのアカデミー」とは・・・

 

若き音楽家たちが一丸となって取り組む《マクベス》。その一部始終を、イタリア・オペラの精神を受け継ぐマエストロ・ムーティが、厳しさとユーモアをもって指導します。』

 

という定義とのこと。

 

 

 

そう・・・

 

 

 

若き音楽家( ・∀・)

 

 

 

 

ああ・・・なんと甘美な響きなんでしょう・・・・

 

 

 

 

ああ・・・・・・・

 

 

 

 

背徳感

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◯◯人間とその生態

2020年11月21日 | クラシック音楽

このところ更新が滞っているとYahoo!ニュースで取り上げられている当ブログですが、このご時世1ヶ月近く更新も目立った活動も無いと

 

「あれ・・・・もしや流行り病に・・・」

 

と国民の皆さまに多大なる心配をお掛けするかと思い、真夜中にせっせと更新しております(現時点でam3:24)

 

 

さてさて、共同制作トゥーランドットが終わってからもう1ヶ月が経ちました!

 

おもひで

公益財団法人日本フラワーデザイナー協会さんのTwitterより

 

この写真は第3幕、カラフが「Sei mia!(あなたは私のものだ!)」と歌っているシーンです( ・∀・)

 

思い出に浸りながらも現実では次の公演の準備が粛々と始まっております(`・ω・´)ゞ

 

タンホイザーは全3幕からなる楽劇(ワーグナーの作品は【歌劇】ではなく【楽劇:がくげき】と分類される)で演奏時間は3時間を超える。

 

タイトルロールであるタンホイザー役の歌唱箇所は時間にすると約1時間。

 

つまり、理論上(計算上)約1時間声を出し続けているということになる。

 

 

ちょっと歌い過ぎじゃないですかね?(;・∀・)

 

タイトルロールって大変ですね~・・・・・・(他人事)

 

 

不安に押しつぶされそうになった時は占いだ!(←初めて言ったよね?)と、無料で姓名判断をしてくれるサイトで自分の名前を調べてみると・・・

 

 

ふむふむ・・・

 

どうやら僕は【家庭のことは顧みないタイプの芹澤】らしい

良く言えば仕事人間ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

 

ちなみに「芹澤」と相性の良い名前(一部)はこんな感じ↓

 

ふむふむ・・・・

 

「雨」とか「炎」ってなんだかかっこいいな!

 

「虎」は強そうだし、「孟」はインテリ感が溢れ出ている!

 

 

【枕】は色々と誤解を生むので却下( ・∀・)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

やるやる詐欺ではない(申し訳ありません)

2020年10月23日 | クラシック音楽

ご注文頂いた方々を待たせに待たせているこちらの演奏会の録音

 

お待たせして大変申し訳ありません!

 

チラシには6月21日と記載がありますが、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、観客を入れず録音専用に開催することにシフトチェンジし、日にちも7月19日に変更して収録しました。

 

当初は9月中に完成、発送を予定しワタクシが編集をしておりましたが、なかなかまとまった時間が取れず(王子業務が忙しく)、現在8割が完成している状況です。

 

 

 

音声録音はコンデンサマイク(歌)とリニアPCMレコーダー(ピアノ)を使用し、ミキシングすることでホールで聴く音質に近づけております。

 

字幕(常時表示)も全ての曲に付けており、より演奏内容が伝わるようにしてあります。

 

絶賛制作中ですので、今しばらくお待ちいただければ幸いですm(_ _)m

 

もちろん新規お申し込みもお待ちしております!

 

クリックでお申し込みフォームに飛びます↓

 

内容は

・闘牛士の歌(オペラ「カルメン」より) 井上

・花の歌(オペラ「カルメン」より) 芹澤

・名はエスカミーリョ(オペラ「カルメン」より) 芹澤・井上

・清らかな住まい(オペラ「ファウスト」より) 芹澤

・慈悲、名誉、愛(オペラ「マクベス」より) 井上

・女心の歌(オペラ「リゴレット」より) 芹澤

・悪魔め、鬼め(オペラ「リゴレット」より) 井上

・丁度良い機会だ(オペラ「フィデリオ」より) 井上

・冷たい手を(オペラ「ラ・ボエーム」より) 芹澤

・もう帰らないミミ(オペラ「ラ・ボエーム」より) 芹澤・井上

・国を裏切る者(オペラ「アンドレア・シェニエ」より) 井上

・誰も寝てはならぬ(オペラ「トゥーランドット」より) 芹澤

ボーナス・トラック(アンコール2曲)

Blu-rayは1枚4000円、DVDは1枚3000円、CDは1枚2000円となっております(`・ω・´)ゞ

 

急ピッチで作業をしておりますので、お手元に届くまでどうか今しばらくお待ちいただければと思いますm(_ _)m

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

339日間の王位

2020年10月21日 | クラシック音楽
共同制作「トゥーランドット」神奈川公演が10月18日に無事終演いたしました。
 
 
最初にお話を頂いたのが2019年11月14日。
 
 
依頼文にあった「ご興味ありましたら」という文面に全芹澤が
 
 
「そりゃあるに決まっとるがな!」
 
と、総ツッコミを入れてから目の前に緞帳が降りてくるまでの339日間の夢物語。
 
 
カラフという大役を、しかも初役を国内グランドオペラ共同制作という大舞台で演じることになるとは、その1日前には全く想像すらしていませんでした。
 
 
カラフ役は、歴史に名を残す偉大なテノール達が数多くの録音を残していますし、ご存知の方も多いと思いますが、いなb・・・もとい、名アリア「誰も寝てはならぬ」を歌うのが同役です。
 
 
依頼段階では自分以外のキャスティングは知らされないため、シンプルに「なんで自分が選ばれたんだ?」という疑問しかありませんでした。
 
キャストが発表され、自分が日本を代表するテノール、福井敬さんとダブルキャストだと知ると、ますます「なんで自分が選ばれたんだ???」となりましたが、特に気負うこともなく
 
 
「自分が出来ることを全力でやるしかねーな」と、
 
ある意味常に開き直ってました(笑)
 
 
オケ合わせの様子
 
両日とも満員御礼!(コロナ対策で席数は半分)
 
恒例の姫りんごフラワー(異彩を放ってましたw)
 
プロジェクトはまだ大分公演(24日)と山形公演(31日)と続きます。
 
僕は18日をもって王位離脱し平民となりましたが、10月25日に「やまぎん県民ホール流オペラガイド『トゥーランドット』」にゲスト出演させていただきます。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

本日ライブ配信あり!

2020年09月30日 | クラシック音楽

本日はトナカイpresents

『トゥーランドット』(ハイライト)公演があります!
 
半年以上振りのオープンな演奏会です!
若干まだお席に余裕はありますが、様々なご事情で来場が難しい方は、下のリンクより19時15分から演奏会がご覧いただけます!
 
無料ライブ配信(本日19時15分より)
 
お楽しみ頂ければ幸いです!
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加