LA CAFFETTERIA DI RETROSCENA舞台裏カフェ

テノール芹澤佳通の日常系ブログ (・∀・)

好きな歌を歌う

2021年11月26日 | クラシック音楽

クリスマス時期になると必ず耳にする曲にO Holy Nightという歌があります( ・∀・)

 

すごく好きな歌なんです。

 

この時期にしか演奏されませんし、耳にすることもありません。

 

めっちゃ好きなんです。

 

 
そんな熱い想いを4人の芹澤が暑苦しく熱唱します。。。
 
 
スマホの画面、PCのディスプレイ、結露注意!

 

とあるテノールとO Holy Night(4 voices version)

 

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

クローズドだったけど開いたコンサート

2021年11月22日 | クラシック音楽

もぉ~い~くつ寝るとぉ~

 

 

 

 

 

 

 

 

そうですね、クリスマスですね( ・∀・)

 

 

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言で、昨年はクリスマス自体が自粛でしたね( ・∀・)

 

え?

 

 

クリスマスありましたっけ???

 

 

あれ?

 

 

(政府の要請に従って)良い子(自粛生活)にしてたのにプレゼントが届いてないぞぉ~???

 

 

おっかしいなぁ~(๑´•.̫ • `๑)

 

 

 

じゃあ今年はプレゼントもらえるようにクリスマス会をやろう!!!(動の機が不の純)

 

 

 

 

と、戯言はここまでにし、皆様にお知らせを( ・∀・)

 

 

演奏会のお知らせです!


12月19日(日) 、下北沢サロンドゥミューズにてコンサートに出演します。

こちら、当初はクローズドコンサートの予定でしたが主催者側の提案で10名程度、お客様をお呼び出来ることとなりました。

サロンでのコンサートなので、密を避けるために全体人数を20~30名様に限定とさせていただきますm(_ _)m

出演者は、とあるテノールこと芹澤佳通と、同じくテノールの相山潤平、最近はロシア語推しのソプラノ田井友香。ピアニストは最近ヘアドネーションした結果、松たか子に似ていると定評のある齋藤菜緒でお届けします!

 

開演時間なのですが、昼公演(14時開演)にするか、夜公演(19時開演)にするか、主催者は迷っているようです(笑)

 

「昼公演なら行ける!」という方が多い場合は昼公演に

「夜公演なら行ける!」という方が多い場合は夜公演に

 

民意がダイレクトに反映されるコンサートとなっております(笑)

 

もともとクローズドコンサート(非公開コンサート)として進めていたため、チラシやチケットといった紙媒体がないので、このブログ記事と芹澤のTwitter芹澤佳通(テノール歌手)でのみ(現時点では)情報が公開されております。

入場料は1人4000円(税込み)となります。

 

僕は皆さんの参加をお待ちしております!

 

なぜなら!!!

 

大好きな「O Holy Night」を歌える今年唯一のコンサートだからです!!!

 

 

僕はどのオペラアリアより、どんな歌曲より、この「O Holy Night」が大好きなのです!!!!

 

なんなら原曲のフランス語で歌うのも好きです!

 

こんなアンケートもしちゃいましょう!

【O Holy Night】何語で歌って欲しい?

1.英語

2.フランス語

3.1番英語、2番フランス語

4.1番フランス語、2番英語

 

回答(があれば)の多数決で歌うバージョンを選びたいと思います!

 

皆さん、是非12月19日(日)はこの名称不明のクリスマスコンサートへお越しください!

東京文化会館大ホールでタンホイザー(今年2月)を歌い、4月には帝王ムーティーと共演したテノールの声を、至近距離で体験してみて下さい( ・∀・)

 

鼓膜と細胞を震えさせます(笑)
(飛沫はかからないようにセッティングします!)

 

お席に限りがありますので、満席となった時点で募集は止めさせていただきますm(_ _)m

なお、お申込みの際には「昼公演希望」または「夜公演希望」と明記していただければ幸いです。
(どちらでもOKという方は【どちらでも!】とお書きください)

 

お申し込み、お問い合わせはこちらまで↓

yoshimichi.serizawa@gmail.com

03-6745-9117(FAX専用)

(上記の他、既に別の芹澤への連絡先をご存じの方はどのアドレスでもどの手法でも大丈夫です!)

 

 

 

もうすぐ新しい動画上げます(予告)

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

鐘と鈴では大違い

2021年11月09日 | クラシック音楽

今年8月に

 

《暇になったから馬鹿げた作品作ろうかな》

 

と宣言してはや3ヶ月。

 

ようやく「とあるテノール」シリーズ最新作が完成しました!

 

 

今回「とあるテノール」が歌ってみたのは、ソプラノの中でも特に高音を得意とするコロラトゥーラ・ソプラノが歌う超絶アリア!

 

ドリーブ作曲、オペラ「ラクメ」より、「若いインド娘はどこへ」(通称:鐘の歌)です( ・∀・)

 

 

 

ええ、わかります。

 

皆さん、まず

 

ドリーブって誰?

 

ラクメってなに?

 

オリーブの打ち間違え?

 

 

と思ったかと思います・・・

 

まず作曲家のドリーブですが、名前はクレマン・フィリベール・レオ・ドリーブといい、通常はレオ・ドリーブと表記されることがほとんどです。

バレエ組曲「コッペリア」の作曲者として有名で、吹奏楽をやっていた方はそれで知っているかもしれません( ・∀・)

 

で、「ラクメ」はドリーブの作曲したオペラのタイトルであり、そのまま登場人物です。

そして「ラクメ」は、その舞台が特徴的で、なんとインドを舞台にしたオペラです!

 

 

あ・・・ちなみにオリーブの打ち間違えではありません(念の為)

 

 

内容はウィキペディアにも掲載されているので、ここでは割愛します
(リンク貼っておきますね→ウィキペディア:ラクメ

 

 

さて、今回の動画ですが、通算10作品目の投稿という記念回ということで、頑張ってオーケストラ伴奏を作成しました(;・∀・)

 

 

楽譜と対訳(字幕)を付けていますので、曲の難易度と内容が一度で把握出来る仕様となっております(`・ω・´)ゞ

是非真夜中のスタジオで絶叫してる芹澤の姿を思い浮かべながらご視聴下さい(笑)

 

 

次回作は12月の定番ソングを準備中です!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

個人的全国ツアー(?)終了

2021年10月18日 | クラシック音楽
先月末からスタートしました自分的全国ツアー(全国とは?)が本日を持って終了いたしました。
 
北は岩手、南は奈良まで駆け巡って参りました(((((((((((っ・ω・)っ ブーン
 
 
内容は様々で、学校公演からオペラハイライト公演、コンサートと多岐に渡り、久しぶりに忙しくさせていただきました( ・∀・)
 
 
こういった演奏活動の何が素敵かというと、やはり人との出会いですね。
 
 
まだ知らなかった素晴らしい仲間との出会い。
 
 
芹澤を知らなかった、聴いたことがなかった方々との出会い。
 
 
Facebookに感想と共に友達申請をくださる方、TwitterでフォローやDMを送ってくださる方、そして公演を成功に導くために尽力して下さったスタッフの皆様、全ての方に感謝申し上げます。
 
 
そんな芹澤は東京に戻ってきた16日夜、荷物を引きずりながら帰宅途中、スクランブル交差点内にて信号無視のノーブレーキ(むしろアクセルGOGO)軽自動車と遭遇・・・
 
 
「人生の終わりってのはこうやって突然訪れるんだろうな」と解脱モードに入りかけましたΩ\ζ°)チーン
 
 
 
四角形abcd(スクランブル交差点)の辺cdをcからdへと渡っていたところ、辺ab側より移動する点P(軽自動車)が交差点へ侵入、速度を上げながら辺cdを突破していきました。
 
渡りはじめ「右見て左見て」の正しい作法をもって右を見ていたため、左(辺ab側)には注意を向けておらず猛スピードで鉄の塊が目の前を通り過ぎた時には驚きました・・・
 
 

ま、生きてて良かったですε-(´∀`*)ホッ

 

まだまだ多くの人と出会いたいですしね(笑)

 

生きながらえた芹澤は9月後半から10月半ばにかけての思い出を皆様と共有したいと思います( ・∀・)

 

9月28日~10月1日 学校公演:「テアトリーノ」として岩手県内の学校にお邪魔しました。


恐怖!手が蟹になっている蟹男(こちらの5名がテアトリーノメンバー)
女声2名は写真撮影前に着替えてしまったためなんともアンバランスなショットに(笑)

 


くずまき高原牧場展望台からの眺望

 


展望台に至るまでの遊歩道(早朝に撮影)

 


牛さんおはよう!(展望台付近)

 

10月2日 新潟県南魚沼市六日町:織姫コンサート


越後湯沢駅に向かう東北新幹線車窓から①

 


越後湯沢駅に向かう東北新幹線車窓から②

 


六日町魚野川、河川敷の葦

 


六日町魚野川①

 


六日町魚野川②

 


魚野川から坂戸山を逆光撮影
Twitterにて

南魚沼産ウニと投稿したところ(この様な逆光を【ウニフラッシュ】というらしい)

 


南魚沼市観光協会(公式)Twitterアカウントから「いいね」いただきました(笑)

 

10月7日 オペラサロントナカイ「トスカ」ハイライト公演


トスカ:奈良原繭里

 


「星は光りぬ」歌唱中(頑張ってる)

 


終演後にハンドパワー(キテマスキテマス)

 

10月15日 超贅沢なさわかみアラカルトコンサート(名古屋公演)

静岡出身の芹澤ですが、なんとお隣愛知県に行ったことはなく(いつも通過)、今回が初の上陸となりました!


三井住友海上しらかわホールエントランス
ここのホール、メッチャクチャ響くホールで、しかも内装も美しく(写真撮り忘れた・・・)もう一度演奏したいと思いました( ・∀・)

 


ホール前には告知ポスターも!
そして楽屋は個室!

 


終演後「何かポーズを取ってください」で何故か「表へ出ろ」をしている芹澤
この時・・・ある欲望が沸々と湧いていたのである・・・

 

10月16日 超贅沢なさわかみアラカルトコンサート(奈良公演)

中学校の修学旅行以来訪れた奈良県!

しかもその時、東大寺で鼻血を出して階段で休憩していたため、なんと有名な盧遮那仏像(東大寺の大仏)をまだ一度も見たことがありません(笑)


奈良文化会館のホールエントランスとひっそりと佇んでいたレトロ自販機(イヤホン販売機)

 


本当に幸運な男!こと上田誠司氏のリハ風景

 


ステージからの景色

 


この日、唯一撮影出来た奈良っぽいもの(笑)

 

なかなかの強行スケジュールでしたが、終演後の皆様のお声をお聞きすると、疲れなんて吹っ飛び「また直ぐにでも演奏したい!」と思いました( ・∀・)

 

 

 

おまけ


衝動を抑えることは出来なかった(後悔はしていない)

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

超贅沢なさわかみアラカルトコンサート

2021年10月12日 | クラシック音楽

9月と10月は何かと移動の多い月となりました( ・∀・)

 

ちなみに11月は都内某所にベッタリです・・・・・

 

今月最後の大移動がこちら↓

 

公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団主催

超贅沢なさわかみアラカルトコンサート

 

こちら、なんと北は北海道、南は熊本までの全9公演!

 

そんな全国ツアーに、芹澤は15日(名古屋)、16日(奈良)の2公演に出演します( ・∀・)

 

《名古屋公演詳細》※クリックで詳細ページに移動

《奈良公演詳細》※クリックで詳細ページに移動

 

“超贅沢な”さわかみアラカルトコンサートの魅力

“超贅沢な”さわかみアラカルトコンサートは、「オペラ歌手の歌声」「弦楽器」「木管楽器」「金管楽器」など様々な音楽を聴くことができる超贅沢なコンサートです。また、全国各地で公演を開催し、たくさんの方々にクラシック音楽に触れていただく機会を設けています。この公演でしか味わえない特別編成のアンサンブルも聴けるかも!?ぜひ、楽しいひと時をご堪能ください!
(公式HPより引用)

 

一部のオペラアリア(某寝ちゃダメなやつ)はピアノと金管五重奏とヴァイオリンを一緒にお届けしちゃうくらいに贅沢です(笑)

 

そんなコンサートですが、一つだけ贅沢じゃ無いことがあります・・・・・

 

それは・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チケット代

 

 

 

 

 

(無駄なスクロールをさせてしまったことを・・・・・本当に申し訳ないと思っている・・・)

 

一般2000円で学生1000円ですよ!奥さん!(誰?)

 

 

しかも税込み!

 

 

 

これはもう、行けたら行こうかしら~って人は買っておいて損はない!(行かなかったら単純に損失)

 

申込みは専用サイトまたは各ホールのチケット取り扱い窓口でも購入可能ですので、上の詳細ページにてご確認くださいm(_ _)m

 

 

さて、名古屋ではシャチホコ、奈良では鹿の写真が撮れるかな~?(本業は?)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする