LIVE LOVE LIFE

ライブや旅などをご報告

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

おげんさんといっしょ

2017-05-07 08:43:31 | 見聞録
星野源さんの
ラジオが本当にすごくって、ゲスト出るたびに神回になり、テレビだったらどうなるんだろうと思ってました。

家族構成、放送内容、本当にぶっ飛んだね。

今ブログ打っているだけで笑えます。

長男の細野晴臣さんと源ちゃんの共演が、震えた。
長女の藤井隆さんの貞子なみのダンスに爆笑したり
高畑充希さんのおとうさんがかわいくって。
ねずみの声が声優界では有名な方だったり。

おげんさんはサザエさん。

マイケルジャクソンの二分半の静止、あれだけでも絶叫するのを放送したり。

セット、一回だけにしては豪華すぎだろって感じだったし。

・・・おげんさんロスです。

やるかなあ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トットてれび

2016-06-05 20:19:54 | 見聞録
昨日の
トットてれびを何回も見てる。

向田邦子さんの友情が描かれている。
私の地元、仙台にも縁があるようでした。

黒柳徹子さんとこんなに親交が深かったとはしりませんでした。
向田邦子さんのドラマといえば時間ですよ 寺内貫太郎一家 阿修羅のごとくが有名だった。
インパクトが強かったのを覚えている。

時間ですよは銭湯、寺内貫太郎一家は親子喧嘩、阿修羅のごとくは修羅場のシーンが印象的だ。(だから、阿修羅か!)
後にも先にもこんなにインパクトがあるテレビドラマは見られないでしょう。

猫が登場している。
猫を途切れなく飼っていたのだろうか。

黒柳徹子さんとの留守番電話の話、おかしかったなあ。
さんざん、話していたのに
「後から会って話すわね。」
って。

止まり木のような時間。
2人で料理を囲んでたわいもない話をしていた。

「徹子さんがおばあさんになったところをかいてみたい。」

それは飛行機墜落事故でかなわぬ事になる。

ミムラさん、初回から存在感があって本当に向田邦子さんのたたずまいだったなあ。
次から見られないんだな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美里祭りの前に

2013-05-19 01:25:57 | 見聞録
皇居ランを
しにわざわざ東京に行ったわけではなく、美里祭りに参加するためでした。

その時に近くに寄った日比谷野外音楽堂。でも、皇居ラン中には行かなかった。楽しみにしているから。

私が知っているのは「ONANOYAON」ってイベントがあり、それを一度見たかった。
ネーミングが洒落っ気あっていいんじゃないかな。
「美里さんも出ればいいのに。」
と、思っていた。

また、千里さんの納涼千里天国の時に来ていたんで、会場の感じは覚えていた。
「一回でいいから、美里さんも野音でやんないかなー。」
と、ライブ前にお茶を共にした友達に話したら
「音や時間の制約があるから、難しいよ。」
と、答えた。
開演ギリギリで会場入りしたが、皆さんは行儀良く着席していた。あんときは目立った目立った。
友達はちゃっかり!?納涼千里天国を外から聞いていて、終わった頃に
「お疲れ様、あの曲聴けてよかったね!」
と、メールが届いていた。
うちに帰ったと思ってたから、本当にびっくりしたよ・・・。

写真をいっぱい撮りたかったんだけど、デジカメの調子が優れず、写真が少なくなってしまったのが後悔・・・。

皇居ラン→一蘭で朝ラー→ネットカフェで仮眠→友達と待ち合わせしながら青山でお茶→蜷川実花さんの写真展を見に行く。



原色を生かした写真が多く、心を射貫かされるものが多かった。
実はマシャの♪化身のジャケ写も蜷川さんのもの。私は真木よう子さんが、自然体に取れているのが印象に残っているな。ももクロとか、大森南朋さんとか、清志郎さんとか。今度は壇蜜さんあたりをとっていただきたいものだ。

そして、虎の門へ。

スピードくじを引いたら、二年連続手ぬぐいが当たった!!

友達とこぞって15:00の回に行くことになった。

55CAFEは当日限りのcafeとbarで元々はこのお店なんですね。所々に北海道のパンフレットなどがあった。

すぅぷはポパイ、クラムチャウダー、辛ネギねぎとあり、この中からチョイスするかと思ったら全部飲めた。私は辛ネギねぎが良かったなー。(個人差有り)そして、みんな五穀米のおにぎりをセレクトしてた。そして、ソフトドリンクまでいただいた。そして会報についていた割引券を持って行った。

当日、CAFEのキャンセル待ちもあったようでした。早く告知していればなあと思いました。

友達との乾杯の後、ちょっと食事を始めたところで美里さんの映像が流れる。
伝説の音楽番組eZ
この映像が流れた瞬間から、友達とディープなミサトーークが勃発する。
「地方でテレビ東京が地元になかったから、放送まで時差があった。」
「ribbonのスポットは結構流れていたね。」
「このモータウンメドレーは片方はDVDに入っていたけど、片方は今しか聞けないよー。」
「初遠征はOH!だった。そして、美里はステージから降りたよね・・・。」
「まさかTHE STREET SLIDERSと、美里が共演するなんて!」
「♪NEWSかっこいいよねー。」
「アリス~の衣装はトランプをモチーフにしているんだよ。」
そして、美里さんからコメントが!
本当にマシンガントークだったので、周りの方が引いたと思う・・・。
会報に掲載されたお宝自慢のところで、
「このポスター持ってる!」
って、友達が叫んだのだが、それは私のお宝だった。
そして、友達がMaxellの美里のテレカのポージングを見て
「これさ、♪フライングゲットだよね。」
には爆笑した。
美里は時代を先取りしていたんだよね・・・。(本当にすみません。)

わらわらと、(急いで)カフェをあとにして、日比谷野音へ。時間がなくて、シャンテ・ロゼ・ミサトを見ることができず残念・・・。
途中、デモ集会があり、コスプレなのかと勘違いしそうになった。
そして、ポイント加算のところで、まさかの長蛇の列。泣く泣く諦めて着席した。
友達が
「千里さんのグッスを買うときも同じようになり、途中で打ち切られた。」
と、話していた。
今後はぜひ外でやっていただきたいものだ。
なんと席は友達と前後にいたのには驚いた!
今回は友達とゆっくり会えず、残念・・・。
マネージャーさんが作った渾身の開演前BGMをゆっくり聞けなかったのも心残り・・・。

ドキドキしながら、開演を待った。

続く。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紙の春秋

2013-03-10 16:17:57 | 見聞録
印象深い
紙についてのエピソードがありました。こちらより。

私は平野文さんのはがきについてのエピソードは印象深いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

笑いの芸術 野村万作 萬斎狂言公演@東京エレクトロンホール宮城

2013-02-17 21:21:22 | 見聞録
これは
1月に見に行きましたが、かなり印象に残っています。
初狂言でした。
落語は去年初めて見に行きましたが、日本の文化に触れるのが今年の目標でもあったわけです。

残念ながら野村万作さんは風邪のためにお休み。

初めに20分ほど、解説がありました。

千鳥の鳴く声は
「ちりちりのちーりちり」
と、教えてもらい会場のみんなで歌うようになり、
「本番中にはくれぐれも歌わないように。」
と、話があった。

演目は30分ぐらいありました。飽きることもなく、滑稽な動きが笑いを誘った。

千鳥の内容についてはこちら。

六地蔵はうごきがドリフのようだった。
古典の授業を真面目に受ければよかったと、かなり後悔・・・。

六地蔵についての内容はこちら。

地元にもナンチャンの狂言があるらしいが日程的に難しいので隣県まで行こうか検討中です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加