相 絵一の偽画工坊

気まぐれ映画絵日記

西馬音内盆踊り

2019年08月23日 | 絵画

 「あのな 山形の花笠踊りを初めて見て思い出したんやけど

  15年くらい前に ずっと見たかった 西馬音内盆踊りを見に行ったこと思い出した。

  

  これは これは ちと普通の盆踊りと雰囲気が違う。いまだ見に行けない富山の風の盆に近いんやないか。

  静かや 踊りが静かや、もうしみじみ。ただ静かや。顔をさらけ出さず 

  人の感情・喜怒哀楽すべてをのみこんで 哀しみの 情念の 鎮魂の 

  魂を鎮める舞いや 色気というんか 秘めた艶というんか

  そら グッと胸が熱うなる。

  それに引きかえ 青森のねぶたは ラッセイ ラッセイ ラッセイラの

  叫び声に近い掛け声 怒りも喜びも すべての感情を隠すことなく思い切り出し切る

  踊り狂うハネトと引き廻す山車の迫力に圧倒され これはこれで胸が震えるくらい感動したもんや。」

 「あれもひとや これもひとや、 そこにひとが 怨念。

  ジャズでいうたら マルのレフトアローンか マイルスのインアサイレントウェイか。」

コメント   この記事についてブログを書く
« JAZZ JAZZ | トップ | LET IT BEATLES »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

絵画」カテゴリの最新記事