ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

ある天文学者の恋文

2016-09-21 23:06:40 | あ行

「ああ、そういうことか!」と、わかるまで
時間がかかった自分が情けない(笑)


「ある天文学者の恋文」72点★★★★


*******************************


大学生のエイミー(オルガ・キュリレンコ)は
天文学者で大学教授のエド(ジェレミー・アイアンズ)は
恋愛関係にある。

妻子のあるエドだったが
エイミーと彼は学問を介し、深い絆で結ばれていた。

その日も授業の直前まで
エドからのメールを受け取っていたエイミー。

だが、授業が始まり
壇上の教授が告げる。

「偉大な教授、エドが亡くなりました――」

――ウソ!さっきまでメールを受け取ってたのに?!

そしてエイミーは
エドが仕掛けた「謎」を解く旅に出ることになる――。



*******************************



「鑑定士と顔のない依頼人」(13年)が
ワシ的にスマッシュヒットだった
ジュゼッペ・トルナトーレ監督の新作です。


自分が死んだ後、恋人だった教え子に
メールや郵便物、動画で
用意周到にメッセージを送り続ける天文学者の話。


教授役は安定のジェレミー・アイアンズ。
教え子で恋人役、物語を牽引するのは
「007/慰めの報酬」や「故郷よ」の美女
オルガ・キュリレンコ。

だけど、二人のシーンはほとんどなく

教授は自分撮りの動画でひとり語りをし、
彼女がそれを受け取るというスタイルなので
ほとんど彼ら二人の
“ひとり芝居”状態なんです。


トルナトーレ監督らしいロマンチックさに溢れていて
ちょっとミステリアスなところもそそられるんだけど

でもさ、
これって、残された人間には残酷だよね・・・
ちょっと引っかかりながら見ていたんですよ。

でも、ラスト近くでようやく
「意味」がわかって腑に落ちた。


これはネタバレとは違うと思うので
書いてしまいますが
この映画のキーは“天文学”の視点。


我々が目にする星の瞬きは、ずっと前に光った光。
死んだ星が、死の間際に放った光かもしれない。
このタイムラグがあるから
死んでからも、星は我々の前に生き続けるのだ――ってことなんですよね。

それが、このストーリーを
成り立たせている。

トルナトーレ監督は20年前にこのアイデアを思いついていたそうですが
当時はメールとかスカイプもなかったので
現実的ではなかったそう。

でも「いまの時代ならできる!」と映画にしたそうです。
なるほどなー。


最後の教授の語りには
確かに「これほどまでにか!」と思う愛が納得できました。

それに
エンニオ・モリコーネの音楽が素晴らしい!

これぞ「愛!」ですな。


★9/22(木)からTOHOシネマズシャンテほか全国順次公開。

「ある天文学者の恋文」公式サイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハドソン川の奇跡

2016-09-19 23:49:55 | は行

マジメに作った映画で、そこがすごい。


「ハドソン川の奇跡」69点★★★★


******************************


2009年1月15日。

ニューヨークの上空を飛行中の航空機が
突然、全エンジン停止という最悪のトラブルに見舞われる。

大都会の真上で墜落するわけにはいかない――!

ベテラン機長サリー(トム・ハンクス)と
副機長(アーロン・エッカート)は
瞬時の判断と、選択を迫られる。

そしてサリーが下した決断は
なんとハドソン川への不時着だった――!


******************************


クリント・イーストウッド監督が
2009年に起こった実際の事故を描いた作品。

この事故には
本当にびっくりし、拍手を送ったものです。

そんな、誰もが知ってるニュースであり
映画を凌駕するほど、ドラマ性のある事件をどう描くか。


見ると、いずれにしても
「こうきたか」だと思う。


実に正攻法であり
いや、ある意味、意表を突いているんですよ。

どっちなんや!というところでしょうが(苦笑)
本当にそうなんだもん。


この映画、
映画っぽい演出が極力抑えられ、
起こった事実を、誠実に描いているんですね。

ゆえにシンプルすぎて
「事故の検証映画」という感じもする。

でも、そこには
我々がニュースでは知り得なかった「現実」がある。


155人の命を救った英雄は、
その後
事故の調査をする委員会に何度も呼び出されて
「本当に、あの対応が必要だったのか?」と
しつこーく事情徴収されるんです。

大勢の命を救ったんだから、いいじゃん?
なぜ、いったい何を疑われるっての?

と思うんですが
これが現実だってことですね。

そしてそれに対応する機長の心境も
丁寧に誠実に描かれる。

事故後、実務が出来ず
「家のローンはどうするの?」なんて問題が出てくるあたりも
非常に人間くさいというか、誠実で。


それらから伝わってくるのは
彼があくまでも
自分の仕事にプライドを持つ
ベテランの“いち仕事人”だってこと。


それは着水後、乗客たちの救助にあたった
ほかの人たちも同じで

“奇跡”を起こした人々の
そんな部分を描いたことが、カッコイイ!と思うのです。

映画的にスカーッとするような
起伏は少ないけれど
こういう描き方もあるんだ、と学びました。
96分っていうのにも拍手!


★9/24(土)から全国で公開。

「ハドソン川の奇跡」公式サイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レッドタートル ある島の物語

2016-09-16 23:13:07 | ら行

じわじわと、効く。


「レッドタートル ある島の物語」72点★★★★


****************************


嵐のなか
荒れ狂う海に放り出された男。

九死に一生を得た彼は
無人島に打ち上げられる。

材木を集め、いかだを作り
島から出ようとするが

なぜか、いつも海上で
いかだが壊れてしまう。

あるとき男は
その原因らしき存在に出会うのだが――?


****************************


スタジオジブリがフランスと組んで作り上げた
アニメーション。

高畑勲監督が
マイケル・デュドク・ドゥ・イット監督の短編アニメーションに
惚れ込んだことが、ことの発端だそう。


トーンを抑えた色合い、淡さが美しく、
人物の絵もシンプルでいい。

マイケル監督は絵本も手がけているそうで、
確かにヨーロッパの絵本のような
オトナなアニメーションです。


見た後は「??」が頭をよぎるけど
意外とずっと心に残り
じわじわと効くタイプだと思う。

伝わったのは
人間も動物も大きな自然の中で
生きて、やがて死ぬだけの存在だ――ってこと。

決して悪い意味じゃなく、
シンプルな哲学で

物悲しさもあるけれど、
魂を洗ってもらったようなすがすがしさを感じました。


出てくるカニさんたちが、
ジブリっぽくて微笑ましい(笑)

ただこれ、子どもに見せると
「なんで?」「どうして?」と
質問攻めに合いそうだ。

そのあたり、やはり高畑監督の
「かぐや姫の物語」に似てるかもしれません。


★9/17(土)から全国で公開。

「レッドタートル ある島の物語」公式サイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オーバー・フェンス

2016-09-14 23:46:55 | あ行

日本には
いい俳優さんがいっぱいいる、と
嬉しくなるなあ。


「オーバー・フェンス」74点★★★★


**************************


白岩(オダギリジョー)は
地元・函館で職業訓練校に通っている。

同級生の代島(松田翔太)に誘われても付き合いもせず、
実家にも寄りつかず、
一人アパートに帰る日々。

そんなある日、彼は道で
連れの男に鳥の求愛ポーズを踊ってみせる
不思議な女(蒼井優)に出会う。

その後、代島に誘われて行ったキャバクラで
白岩は女と再会するのだが――。


**************************


山下敦弘監督×「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」に続く
佐藤泰志原作。

「海炭市~」「そこのみにて~」どっちも好きなんですが
本作はもっとも重暗さがなく

トボトボな感じやユーモアが
優しい光を放っていて、好きだなあと思いました。

なんといっても
ゆるーくダメ~な感じの男・オダギリジョーのやわらかさと
それでいて“過去アリ”な雰囲気が
とてもうまくて味がある。

「ここぞ」というときの対応も
これまた氷のように「ヒャッ!」とする冷や水の浴びせ方で。

それに
職業訓練校の男連中の
ユーモラスさ、だるーい感じもいい。
でもみんな過去アリ、訳アリ連中なもんだから、
腕っぷしは強かったりね(笑)

唯一、難しい要素が
蒼井優が演じる女性の危うさだけど
ギリギリ許容範囲を保っている・・・のではないでしょうか。


★9/17(土)からテアトル新宿ほか全国で公開。

「オーバー・フェンス」公式サイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

怒り

2016-09-12 23:42:39 | あ行

俳優を
こういうふうに使ってくるとは――!


「怒り」79点★★★★


*****************************


ある夏の暑い日に
八王子で起きた残忍な殺人事件。

現場には血で「怒」の文字が書き殴られていた。

犯人が捕まらないまま1年が経ち、
3つの場所に、3人の男が現れる。

このうちの誰かが「その男」なのか?
いや、そもそも関係ないのか――?


*****************************


吉田修一原作×李相日監督の「悪人」(10年)コンビが再タッグ。

綾野剛、森山未來、松山ケンイチ、妻夫木聡氏という
豪華キャストなんですが

その人選に「うほう!」という
重要な意味があるので
実に面白い。


ミステリー好きにおすすめできるし
ぜひ、予備知識ナシで見ていただきたいです。


ネタバレにはならないけど
ちょっと紹介しちゃうので、ご注意――。
(って、公式サイトなどでもこのへんは全然紹介されてるか)




映画は
一見、まったく無関係そうな人々の、
それぞれの話で始まっていくんですね。

千葉の漁師(渡辺謙)と娘(宮﨑あおい)。
新宿二丁目で一夜の相手を求めるエリート青年(妻夫木聡)。
沖縄に引っ越してきた女子高校生(広瀬すず)。

そこにそれぞれ
3人の男が登場する。

千葉の港に流れてきた男(松山ケンイチ)。
エリート君と出会う青年(綾野剛)。
沖縄の島に住み着く男(森山未来)。

この3人のうちの誰かが
過去に「事件」を起こした人物かもしれない――というのが
ミステリーになっていくんです。


細かくカットを刻みながら
3つの話が群像劇で進み
それぞれが「不穏」や「不審」「不安」で同時に転調する。


3人の誰が「その人物」なのか?
いや、そもそも関係ないのかも――?

翻弄されつつ、だんだん3つの話がつながり
大きなうねりとなっていく。

これが醍醐味ですねえ。



タイトルの「怒り」も重要なキーワードなのですが
それよりも「信じること」がテーマかな、と感じました。

しかしこれをハリウッドで作るとすると
キャストは誰だろう。
いや、向こうでは使えない手かも――?
とか考えるのも、また楽し。


★9/17(土)から全国で公開。

「怒り」公式サイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加