ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

ラビング 愛という名前のふたり

2017-02-26 23:11:34 | ら行

アカデミー賞、主演女優賞ノミネート!


「ラビング 愛という名前のふたり」70点★★★★


****************************


1958年。米・バージニア州に住む
白人のリチャード(ジョエル・エドガートン)は
黒人のミルドレッド(ルース・ネッガ)と愛し合っていた。

だがこの時代、バージニア州では
黒人と白人の異人種間の結婚は違法だった。

二人はワシントンD.C.で結婚式を挙げ、
晴れて夫婦となるが
地元に戻った二人は、保安官に逮捕されてしまう――。


****************************


州によって
黒人と白人の結婚が違法だった時代に
その愛を貫くために闘った、実在夫婦のお話。

1967年に、彼らの訴えで法律が変わったそうですが
ほんの60年前の話なんですよね。

アメリカでも
2011年に制作されたドキュメンタリーをきっかけにスポットが当たったのだそう。
そのときに彼らのことを知った
俳優コリン・ファースがプロデュースに加わっています。


非常に静かな作品で、前半はちょっとつらいんですが
とても大事なことを伝えているし、
最後には心震える・・・という感じ。


何が静かかというと、演出もなんですが
とにかく主人公のジェームズ(ジョエル・エドガートン)が寡黙。

妻を守り、家族を守り、
車のエンジンも直し、家も建てちゃう。
家族に危険が及べば、銃を片手に寝ずの番をする――

典型的な“アメリカのお父さん”なんですが
でも、彼は、差別はしないんですよね。
そこが、素晴らしい。

そして
演じるジョエル・エドガートンが
寡黙にして、ものすごい存在感。

「ゼロ・ダク・サーティ」(12年)や
「華麗なるギャツビー」(13年)などにも出てたそうですが
こんなにガツンと印象に残ったのは初めてだと思う。

もちろん妻役のルーヅ・ネッガも素晴らしいですが
彼はオスカー主演男優賞ノミネートでもよかったと思いますなあ。


★3/3(金)からTOHOシネマズ シャンテほか全国順次公開。

「ラビング 愛という名前のふたり」公式サイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

素晴らしきかな、人生

2017-02-25 23:44:02 | さ行

ハッピーなラブ・アクチュアリー系とは違うんですよねー。


「素晴らしきかな、人生」59点★★★☆


***************************


ニューヨークで広告代理店を立ち上げ
成功を収めていたハワード(ウィル・スミス)。

だが、ある出来事から人生を投げてしまった彼は
仕事も手に着かなくなってしまう。

彼とともに会社を盛り立ててきた
古い仲間たち(エドワード・ノートン、ケイト・ウィンスレット、マイケル・ペーニャ)は
彼と会社の先行きを心配し、一計を案じる。

それは街の劇団で出会った俳優たち(キーラ・ナイトレイ、ヘレン・ミレン)に
ハワードに対し「あることをしてもらう」というものだったが――。


***************************


「プラダを着た悪魔」監督作。


ある出来事で人生を投げてしまった男(ウィル・スミス)を救う方法とは――?!
というストーリーで
豪華なキャストは保証付き。

しかしですね・・・
きれいな包装紙と赤いリボンで
ハッピーっぽく飾ってあるけど
実際の中身かなり暗くてズドーン、という(苦笑)。

「ラブ・アクチュアリー」系と想像すると
けっこう面食らうと思います。


そもそも
倫理的に「え?」という部分が多すぎ。

会社社長で友人でもあるハワード(ウィル・スミス)を
心配して同僚たちがいろいろアクションを起こすんですが

ハワードがポストに投函した手紙を盗むのは、
いくら友人でもまずいでしょう、とか。
しかも躊躇なく開封してるし!(苦笑)

それに、この展開じゃあ
いくら良心のベールをまとっていても
「会社のために、自分たちの保身のために
筆頭株主である友人を罠にはめてるよね?」ってなりませんか?(苦笑)。

でもね。
喪失から立ち直る
ハワードのエピソードは、とてもいいんですよ。


だからこそ
この「会社スジ」のパートが微妙すぎてもったいない。
せっかくの豪華キャストも、もったいない。

「クリスマスシーズンに間に合わせる!」みたいな
縛りや必要があったのかしら
もっと練って作ったほうがよかったのでは・・・?と、感じてしまいました。

これじゃ
エドワード・ノートンの出る映画=微妙・・・という
ワシの悲しいジンクスがまた更新されてしまうよ(苦笑)


★2/25(土)から全国で公開。

「素晴らしきかな、人生」公式サイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

彼らが本気で編むときは、

2017-02-21 23:22:00 | か行

現代の日本版、とても優しい
「チョコレートドーナツ」


「彼らが本気で編むときは、」73点★★★★


************************************


小学5年生のトモ(柿原りんか)は
母(ミムラ)と二人暮らし。

母は子育てには向かない女性のようで
家は散らかりっぱなしで、ごはんも作らない。
そしてついに、男を追って家を出てしまう。

困ったトモは叔父のマキオ(桐谷健太)を頼る。
マキオは快くトモを受け入れるが
いま、恋人と暮らしているという。

その恋人とは
トランスジェンダーの美しい女性リンコ(生田斗真)だった――。


************************************

荻上直子監督作品。

気持ちのきれいな人と、気持ちのいい人。
そんな人々が作り出す
気持ちのいい空気と時間を、体感する映画。


でも決して「ふんわり」なものではなく
そこから一歩出た、社会派にしっかり踏み込んでいる。

ただ、こうしたテーマでシビアな状況を描いた作品を
けっこう観てしまっているので

マキオとリンコによる養子縁組は
まず可能性がないな、とか
悲しいかな、どうしても悲観的に、先を読んでしまう自分もいました。


でも、それをもってしても
非常に残る映画だった。ホントに。


トランスジェンダーのリンコを演じる
生田斗真氏が、本当にナチュラルでキレイ。
見た目だけでなく心のきれいさを、春の木漏れ日のように表現していて
美しかった。

小学生トモの冷めたセリフにも
かなり笑わされました。

タイトルの意味も「ぷっ。」と吹き出しつつ、印象に残るし。

映画という世界で
登場人物たちがたしかに生きて、編んだ、やさしい時間。
それを堪能できる作品だと思います。

しかし
いわゆる“めしテロ”映画なので、そこ注意!(笑)


★2/25(土)から全国で公開。

「彼らが本気で編むときは、」公式サイト
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ラ・ラ・ランド

2017-02-19 14:34:00 | ら行

ついに、公開!


「ラ・ラ・ランド」77点★★★★


******************************


女優志望のミア(エマ・ストーン)は
映画スタジオのカフェで働きながら
オーディションを受ける日々。

しかし、なかなかチャンスは訪れない。

ジャズを愛する
ピアニストのセブ(ライアン・ゴズリング)は
バーでピアノを弾いているが

人気の落ちたジャズを弾くチャンスは
なかなか訪れない。

ある夜、ミアはバーで
セブの弾くピアノに魅了される。

だが、二人の出会いはサイアクで――?!


******************************


「セッション」のデイミアン・チャゼル監督、
待望の新作。

もうとにかくウキウキで切なく
これを嫌いな人はいないだろうなあという映画です。

ミュージカルだけど
歌や踊りが現実の延長にすんなり組み込まれ
唐突感がないので、ミュージカル苦手な方もイケるはず。


女優志望のエマ・ストーンと
ジャズを愛するピアニストのライアン・ゴズリング。

夢を追いかける二人が出会い
もどかしいすれ違いがあり
ようやく二人の想いが重なるか――?という

ストーリーは定石だけど
とにかく心に刻まれるシーンが多い!
ムード作りがうまい!
ロマンチックが止まらない!(笑)


冒頭、ロサンゼルスの高速道路での
群舞シーンから圧倒されるし、

エマ・ストーンとゴズリンが
街を見下ろす丘の上で踊るシーン、
明けてゆく空のグラデーションの美しさ!

これは映画史に残るだろうなあと思います。


監督の昔からの友人で
「セッション」の楽曲も手がけた
ジャスティン・ハーウィッツによる音楽も素晴らしい。

音楽、ダンス、感情表現、
すべてがメリハリを持ち、
かつ流れるようにつながっていて

チャゼル監督は本当に映画が好きで
観客の快楽のツボを心得ているんだと思います。


エマ・ストーンも魅力的だけど
ゴズリンの切ない表情にキュン死ですよ(笑)


★2/24(金)から全国で公開。

「ラ・ラ・ランド」公式サイト
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ウィーナー 懲りない男の選挙ウォーズ

2017-02-18 19:13:49 | あ行

この男がやらかしていなければ、
トランプ大統領はなかった――?!
少々、買いかぶりすぎな気も(笑)


***************************


「ウィーナー 懲りない男の選挙ウォーズ」68点★★★☆



***************************


2011年。連邦下院議員アンソニー・ウィーナーは
弁舌鋭く、まずまずのルックスの人気者。

長年、ヒラリー・クリントンの右腕を務めていた
美しく聡明な女性を妻にし
まさに上昇気流に乗っていた――

が。

あるスキャンダルによって
彼は議員を辞職せざるを得なくなる。

しかし。

2年後の2013年。彼は再起をかけて
ニューヨーク市長選に立候補する。

妻の献身的なサポートもあり
あっと言う間に支持率トップになるのだが――!?


ウィーナー?いや、ウィンナー氏でしょ、と言いたくなるほど
どうしようもないスキャンダルで
自分の足をすくいまくってる男のドキュメンタリーです(苦笑)


仕事への情熱と、性癖は関係ない――と言いたいところだけど
職種によっては無理でしょう、やっぱり。

ウィーナー氏は、たしかに正直で
有能な人材なんだと思う。

でもどんなにやる気があっても、
残念ながら政治家には向かないんでしょうね。


一度ならずも二度の「アホな」やらかしをしていく彼を見つめる
奥さんの冷えた目が悲しく(苦笑)
選挙対策室の女性たちも、どんどん同じ目になっていくのが
かなり冷え~な感じで(笑)

それを治めたドキュメンタリーとして
なかなかすごいと思います。

でもね。
キャリアも知性もある彼の奥さんが
ダンナを許し、結局、従属してしまう様子は
ソフト家庭内DVを見させられているようで
ちょっと複雑な気分にもなるのでありました。


ネタ的にはみていて飽きない人ではあるんですけど。


★2/18(土)からシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開。

「ウィーナー 懲りない男の選挙ウォーズ」公式サイト
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加