相 絵一の偽画工坊

気まぐれ映画絵日記

吉田拓郎 2 Takuro yoshida

2010年01月25日 | 映画

Blog_097 Shinkoganei_001 Shinkoganei_004

   やっと見た 拓郎の[ 結婚しようよ] 余り期待せずにみたけれど 予想以上。もちろん オリジナルの拓郎以上の 歌は ないけれど。  ラストシーンに つま恋のコンサート 歌は <落陽> 感動もの。あの 花火が入っていたら もっとよかったのに。 <恋唄> が また好きになった。 拓郎 ばんざい !!!         舞台になった 新小金井にも行ってみた。すこし 映画の中の気分にひたれた。

去年の暮れに 武蔵境のライブハウス<ほたるの里>で 拓郎ナイトを見た。井上陽水と 高石友也と 岡林信康を たして 割ったような名前の <井上ともやす> という シンガーソングライターのライブ この人は 凄い。拓郎を思わせる風貌、声質も似てる 歌も ギターも うまい。 ハーモニカは 圧巻、 圧倒 こんな人がいるなんて信じられない。感動もの。 ああ 年を重ねた若者でいたい。 最近の小沢一郎を見ていると<ペニーレーンでバーボンを>の歌詞を思い出す。

コメント

太宰 治 Osamu Dazai

2010年01月12日 | 映画

Artmitakfuji_002 Omotesando_046                                                

三鷹の太宰治の墓に行った。

Typography で 

[ お伽草紙 ] の一部 を 使って 絵を 創った。

優しい目をしていることに 気がつく。

大酒のみで 女と酒にだらしなく 

良識ある社会人とは ほど遠く

それでも 女性のファンが多い 不思議。 悲惨な孤独の宿命 太宰自分自身そのもの それを 芸術にする太宰の凄さは凡人には理解できない。

<ヴィヨンの妻> そのうち見よう。

吉田拓郎の[ 伽草子 ]  詩は 白石ありす どういうつながりがあるのだろう。

森田童子の歌は 太宰 そのもの と思うのだが。

コメント