お気楽ジャズファンの雑記帳

信州に暮らすジャズファンが、聴いたCDやLPの感想、ジャズ喫茶、登山、旅行などについて綴っています。

山梨県立美術館「フランスの風景 樹をめぐる物語」展と甲州ほうとう「小作」

2016-12-05 20:01:21 | お出かけ・その他

先週末は、安曇野市で用事を足していたのですが、土曜日の午後に時間ができたので、甲府市の山梨県立美術館で開かれている「樹をめぐる物語」という特別展に行ってきました。フランスの画家の作品が集められて、全国のいくつかの美術館でも開催された展覧会です。

カミール・コローやクロード・モネの作品などを見ることができ、構図や色彩に引き込まれました。常設展示でもミレーばかりでなく、バルビゾン派の画家の作品が展示されていて、出かけて行ってよかった。絵画を見た後に、遅い昼食を甲州ほうとうの「小作」でとり、いい土曜日の午後になりました。 

  

山梨県立美術館の入口。一帯は、芸術の森公園となっているようです。

  

今回の企画展のチラシ。掲載されている絵は、モーリス・ドニ 「小さなブルターニュの女性たち、沼のほとり」 

  

チラシ裏面。最上段の左端は、カミール・コロー「エトルタ近くの風景」、右端の上から二番目に、クロード・モネ「ヴェトクイユの河岸からの眺め、ラヴァクール夕暮れの効果」だそうです。この本物をみることができました。

  

美術館。

  

  

公園内にある小高い丘。子供たちの遊び場でもあります。また、富士山の展望スポットになっています。

  

富士山(拡大)。光線の加減で見えにくいですが、雄大でした。

  

  

  

ミュージアムショップ

  

「小作」は市内のあちこちにあり、こちらは県立美術館前店。長野県の諏訪にも店舗を構えています。

  

  

  

古い看板が飾ってありました。

  

かぼちゃほうとう。

  

大きなかぼちゃが入っていました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カーティス・フラー THE CURTIS FULLER JAZZTET

2016-12-04 09:36:25 | トランペット・トロンボーン

11月下旬に札幌市へ旅行に行ったのですが、その際にCurry di Savoyへ行き、スープカレーを食べました。有名なお店だけに、素材やスープの味など美味しく、すっかり満足したのですが、流れている音楽がジャズなので、それも気に入りました。店名は、もしかしたら、アメリカのジャズレーベルのSavoyからつけたのではないかと思い訊いてみたところ、そのとおりでした。今夜は、沢山あるSavoyのアルバムから、お気に入りのカーティス・フラーを。

CURTIS FULLER (カーティス・フラー)
THE CURTIS FULLER JAZZTET (SAVOY 1959年録音)

   

サヴォイ・レーベルはハードバップのよいところを録音しているので、好きなレーベルです。有名なのは、ミルト・ジャクソンの「Opus de Jazz」、カーティス・フラーの「Blues-ette」、アート・ペッパーの「Surf Ride」といったところでしょうけど、メンバーが揃っているこのアルバムも代表作にいれていいのではないでしょうか。

メンバーは、リー・モーガン(tp)、カーティス・フラー(tb)、ベニー・ゴルソン(ts)、ウィントン・ケリー(p)、ポール・チェンバース(b)、チャーリー・パーシップ(ds)。今からみると綺羅星のごときです。当時のディジー・ガレスピー楽団のリズムセクションである、ケリー、チェンバース、パーシップのリズム隊が素晴らしく、それだけを聴いていても面白い。

曲は、スタンダードの「It's Alright With Me」(私はご満足)、「I'll Walk Alone」、カーティス・フラー作「Arabia」と「Judy's Dilemma」、ディジー・ガレスピー作「Wheatleith Hall」の5曲。「Judy's Dilemma」は、「Blues By Five」と同じ曲のように聴こえます。

話題になることは少ないですが、スイングしまくっているアルバムで、僕はよく聴きました。プッシュするリズムの上に厚いハーモニーが被さり、フラー(tb)のスムーズなソロも光る「It's alright with Me」、フラーの書いたちょっと東洋ぽさが入っている曲想の「Arabia」の2曲を筆頭にどの曲も充実した演奏です。ゴルソン(ts)のプレイは、ここではしつこさがないフレッシュなもので、モーガン(tp)も輝かしい音色が際立っていて、モダンジャズ黄金時代という言葉が頭の中をよぎりました。

【Curry Di SAVOY】

住所:札幌市中央区南1条西5丁目7番地 豊川南1条ビル地下1階
電話:011-219-7810
ホームページ:Curry Di SAVOY

  

  

  

「ジャズ詩大全」がさりげなく置いてありました。僕も持っていますが、スタンダード曲の英語歌詞とその日本語訳が掲載され、さらに解説が加えられていて、価値の高い本です。特にヴォーカルの好きな方なら持っていてもよい本だと思います。

  

天井からボーズのスピーカーが吊り下げられていて、ジャズが流れていました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

札幌旅行2016(3)

2016-12-03 09:53:35 | お出かけ・その他

札幌旅行3日目(最終日)の11月28日(月)の様子です。

【3日目:中島公園・イシヤカフェ・魚一心】

  

ホテルの部屋からの眺望。青空がのぞいたので撮ってみました。

  

中島公園を散策。豊平館。

  

  

  

公園内にある日本庭園では、雪吊りが施されていました。

  

中島公園駅から地下鉄に乗ったのですが、家電の無料回収が広報されていました。札幌市は、ごみ回収について進んでいる都市です。

  

地下街にあるISHIYA CAFE。モーニングサービスを食べに入りました。

  

モーニングです。昼に寿司を食べる予定なので軽くしておきました。「白い恋人」がついてきたのには驚きましたが、製造販売元なので、宣伝を兼ねてでしょうか。美味しくいただき、後でお土産にも買いました。

  

いったんホテルに戻り、支度をしてチェックアウト。ススキノのラフィラの地下にある回転寿司で昼食。回転寿司となっていますが、早い時間だったので、全て注文で握ってもらいました。

  

  

  

ボタンエビ。

  

ウニ。ホテルから近く、すぐに食べれるので、気に入っている寿司屋さんです。

  

JR札幌駅にあるおみやげ店。白い恋人やロイスのチョコレートなどを買って電車に乗り込みました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

札幌旅行2016 (2)

2016-12-02 20:58:44 | お出かけ・その他

11月26日から28日まで札幌へ行ってました。旅行記の続きで、2日目の25日(日)夕方からです。

【2日目夜:夜景・サヴォイ(カレー)・ボッサ・ジャマイカ・BAR81・芳蘭(ラーメン)】

  

市内はイルミネーションもともりきれいです。

  

札幌の市電は、様々な電車が走っていて楽しいです。滞在中に2回乗りました。

  

Curry Di Savoy

  

サヴォイの店内。

  

ビールも様々なものがあります。アルコール控えめのものもあって、僕にも飲みやすく、美味しかった。

  

チキンと野菜。こちらのお店のファンになりました。これから札幌へ来たら必ず寄ります。

  

豚のスペアリブ。

  

店内にはモダンジャズが流れています。Boseのスピーカーが備え付けられていました。

  

ススキノへ戻りました。

  

市電。モダンな車両です。

  

ジャズ喫茶のBossaへ入ります。今回は、この一回だけでした。

  

  

フィル・ウッズ(as)のエピック盤がかかっていました。

  

  

  

ビル・エヴァンスのサインが入っている「Waltz for Debby」が壁に飾ってあります。お宝ですね。

  

続いて、ジャマイカへ。

  

JBLのパラゴン。日曜日の夜にもかかわらず、お客様が7~8人いて、驚きました。セロニアス・モンクのアルバムがかかっていました。

  

エビスビールを飲みました。

  

カウンターの後ろにもレコード棚が作ってあって、凄いレコードの数です。

  

ジャマイカの次は、BAR81へ初めて寄りました。こちらのお店については、別にジャズ喫茶の項目で記事にします。

  

ラーメンの芳蘭へよってホテルに戻りました。

  

醤油ラーメン。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

札幌旅行2016(1)

2016-12-01 20:19:50 | お出かけ・その他

11月26日(土)から28日(月)まで札幌市へ旅行に行ってきました。昔の職場の同僚3人で、忘年会と市場での買い物を主目的に出かけたものです。往復ともに新幹線と在来線特急を使いましたが、長野駅発午前7時11分で札幌駅着午後4時5分と、北海道新幹線が新函館北斗まで開通したので、比較的早く着くことができました。

僕以外の二人はお酒が強いことに加え、カニやホッケなどの海産物、ジンギスカンが大好きなので、中央市場や二条市場の食堂、キリンビール園などで宴会を数回やって、北海道の食を満喫したようです。僕は、宴会はそこそこにして、ブログ友のdukeさんとのオフ会やジャズ喫茶めぐりなど、市内を歩き回っていました。

【1日目:エクセルホテル東急・カレーのごまる堂・デイバイデイ・夜景】

  

エクセルホテル東急の一階。クリスマスモードです。

  

カレーの五〇堂の外観。ジャズ喫茶の項目に別記事を掲載します。

  

おなじみのススキノ交差点。

  

デイバイデイ。実は場所がわからなくなってしまい、dukeさんに迎えにきてもらいました。何度も行っているのに情けない。

  

黒岩静枝さんの歌。

  

佐々木さんのドラムス。

【2日目:グルーヴィー・テレビ塔・時計台・雪印パーラー・フレッシュエア・卸売スーパー・ホテルで喫茶】

  

ジャズ喫茶のGROOVYに初めて寄りました。詳しくはジャズ喫茶の項目で書きます。

  

テレビ塔。

  

「ミュンヘンのクリスマス市」というイベントが開かれていました。

  

時計台。正面ではなく後ろ側から撮ってみました。なかなかいいです。

  

  

雪印パーラー。甘いものが好きなので、札幌へ行くとたまに寄ります。

  

ショーウィンドウ。見ているだけでも楽しい。

  

フルーツパフェをいただきました。

  

狸小路のアーケードの中を歩いています。中古レコード店のフレッシュエアを目指します。

  

フレッシュエアで中古レコードを物色。

  

卸売りスーパーという名前のお店に、ジャズヴォーカリストの黒岩静枝さんの案内で連れて行ってもらいました。

  

ひらめなど、とにかく魚の種類が豊富で、さすがに北海道です。見たこともない魚がたくさんありました。中央市場や二条市場に行かなくても、あるところにはあるものだと驚きました。

  

棒ダラ。大きいサイズです。

  

この毛蟹は安い気がしたので、買いました。

  

数の子。このほかにもホタテやサケなど買い込みましたが、全部まとめて、冷凍宅配便で自宅に向けて発送しました。

  

   

黒岩さんに宿泊しているエクセルホテル東急に送っていただきました。部屋で少し休んで、一階のレストランでお茶。午後の時間のホテルは静かで好きです。(2)へ続きます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加