相 絵一の偽画工坊

気まぐれ映画絵日記

雨が空から降れば・・・・

2019年10月18日 | 絵画

 「動かん山、流れる雲、流れる川、止まらん車、街、家並の見えぬ人たちは経済活動をし、

  それを上から何もせず眺めてる輩がおる。

  

  時の流れの中では、喜びもあるが、悲しみも付きものというものの

  今回の災害には 言葉がない。3.11のようで心が痛い。

  人の営みに自然は無関心やし、神でも仏でもないし、敵でも味方でもない。

  自然に保険かけても保証はない。自然には無力や。

  人間の力の及ばぬことや。」

  

  「雨が空から降れば・・・・しょうがない、しょうがない。

  川は氾濫し、街は水浸し・・・・。」


  
コメント

Giraffe Tree

2019年10月04日 | 絵画

「ところでな、最近話題になってる人がおるやろ。

  Giraffe Treeという ファンキーな女の人なんやけどな。

  

  その人の残した言葉がな、なんや心に響くんや。


  (仕事する為に人間やってるわけじゃない。)

  (人生なんて自分の思い描いた通りにならなくて当り前。)

  (求めすぎない、欲なんてきりなくあるんですから。)

  (おごらず、人と比べず、面白がって平気に生きればいい。)

  

  (この肉体も借物だから。)これはショックやな。

   こんな言葉ははじめてや。自分の体は自分のもんやと思ってたからな。

   借物とは重いな、考えてしまうわ。」
コメント