お寺の奥さんの幸せな暮らし

自分も他人もみんな幸せな暮らしを目指してます。
自分の体験や本や人から教えてもらったりした幸せになるタネを紹介します。

幸せになったら何する?

2018年10月16日 | 夢の叶え方
あなたにとって幸せってどんな感じですか?

お金も時間も健康の不安もなくなったら
何して暮らします?

毎日楽しく暮らしたいよね。
毎日遊んで暮らすのも最初は楽しいけど、
きっと飽きてしまう。

遊び以外のもっと楽しいことを求めてしまうんじゃないかな。

ほらやっぱり目的が欲しいじゃない。
生きる目的。
生きてる意味。

徳を積んで輪廻から抜け出すのが生まれてきた目的らしいけど
じゃあ具体的にどうやって徳を積もうかな・・・

そんなことを思う余裕はないかもしれないけど、
まあ、たまに思い出して善行気分になったら
今の自分はそこそこ幸せだってことですね。

他人にかまう余裕はありませんって人は、
自分への善行がまだ足りないのよね。
ひたすら自分に対して善行を・・・

結局のところ自分に善行することが、
一番、みんなのための善行になったりするんですよ。

毎日笑顔で楽しく暮らしましょう !









大事な話は笑顔で言うと反対されにくい

2018年10月04日 | 夢の叶え方
大事な話は真剣な顔よりも笑顔の方が伝わる、
みたいですよ。

まじめな顔して言うと
相手は警戒するし、心配します。

笑顔だと大丈夫だと思って安心します。

深刻そうに言われると、
「ちょっと待って、よく考えたら」と、助言したくなります。
他人から善意の「待った!」の邪魔が入ります。

笑顔で言われたら、
「そんなにやりたいなら、やってみたら」と、思います。
言ってもムダと思うから反対されません。

反対されるかされないかの違いは、
やりたいことを言うときの顔が
真剣そうか、うれしそうかで決まります。

大事な話は笑顔で言いましょう!



自分時間は自分で守る

2018年06月17日 | 夢の叶え方
自分がやりたいことができないと
イライラしてきませんか?

SORAの場合は、読書とビデオ観賞かな。
読書の時間が取れないときは、
本当に心に余裕がありません。

自分がやりたいことをする時間は
一日の中で最優先して確保しましょう。
一日3時間くらいが理想かな。

忙しいすぎて自分の楽しい時間が過ごせないなんて、
何のために生きているか、
わかりませんよ。

自分のやりたいことをする時間を邪魔されないように、
早起きしたり、
スマホやパソコンを見ない時間を決めたり、
その間は電話を取らないようにしたりするのは、
どうでしょう?

電話を取らなくても緊急の電話なら、
きっとまたかかってくるので大丈夫。

最近、勧誘電話が多いこともあって
SORAは、時々留守電にして、
居留守を決め込んだりします。

自分のための時間は自分で守りましょう。

自分で守らないと、
あっという間に一日は過ぎてしまいますよ。
ムダなことに時間を使うのはやめましょう。

お金は貯めることができるけど、
時間は取り戻せませんよ。



エネルギーがあれば何だってやれる

2018年04月29日 | 夢の叶え方
あなたは、体力に自信がありますか?

エネルギーがなくなると
ちょっとしたことでイライラしたり、
焦ったり、
頭が働かなくなったり、
体の調子が悪くなったり、
やる気がなくなったりします。

そうならないために一日の中で
エネルギーを補充する仕組みを作っておくことって
大事なことですよ。

エネルギーがなくなるのって
自分では割と気がつかないんですよ。

気がついたときには
手遅れってことにならないように、
毎日補充しましょう。

一週間まとめてじゃなくて、毎日ですよ。

仕事の合間に休憩をする。
運動や散歩する時間を決める。
10時になったらぐっすり眠るなど・・・

自分にあったやり方を一日の中に組み込んで
それを習慣にしてしまうといいですよ。

一日の疲れはその日のうちにです。

エネルギーがいっぱいあれば何だってできます












読書は投資

2018年04月07日 | 夢の叶え方
ひとりの時間をどう使いますか?

読書なんていかがですか?
読書は、自分に投資しているのだと思います。

なりたい自分関連の本を100冊も読んで実行すれば、
読まない人より早く実現すると思いますよ。

たくさん読めば、
だんだん読む速度も早くなるので
少ない時間で効率的に読めますね。

読書は小説だけじゃありません。
仕事をするうえで勉強した方がいいことって多いですよね。
成功した人は、読書家が多いですよね。

読書で未来の自分に投資してみるのはどうでしょう。



ぽちっとしてくれるとうれしいです
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村