お寺の奥さんの幸せな暮らし

自分も他人もみんな幸せな暮らしを目指してます。
自分の体験や本や人から教えてもらったりした幸せになるタネを紹介します。

うつ病診断チェック

2019年11月03日 | 心の病気
これって、もしかしたら「うつ病?」と思った時の
うつ病かどうかの自己診断チェック。
次の項目にあてはまる数を数えてください。

A…ほぼ毎日、一日中、何をやっても楽しさを感じない
B…ほぼ毎日、一日中、ゆううつな気持ちになる
C…ひどく食欲がないか逆に食欲がありすぎる
D…ひどく眠れないか逆に眠りすぎてしまう
E…イライラが強いまたは動きが鈍ってしまう
F…ひどく疲れやすい
G…自分はどうしようもない人間だ、など自分を責める
H…集中力が落ちて考えが進まない
I…何度も自殺を考える

5つ以上該当するとうつ病の可能性ありです。
でも、AとBに該当していないといけません。
さらに勉強や仕事に支障ある状態であること。
それが、「うつ病」です。

当てはまらない人は、「きっとうつ病」と思っていても
それは単なる気のせいです。
もしくは、違う病気です。

「勉強や仕事に支障ある状態であること」は、うつ病かどうかの大事なポイントで、
該当する数が少なくても、この症状がある場合は
プチうつ状態の可能性があるので注意です。

早急に休養をとるとかの対処が必要です。

うつ病はとても辛い病気です。
早めに病院や専門機関に相談しましょう。





うつになる人、ならない人

2019年05月25日 | 心の病気
うつになる人、うつにならない人の違いは、
ポジティブ思考かネガティブ思考かよりも
がんばりすぎたかどうかだとSORAは思ってます。

スバリ、
うつの主な原因は過労

肉体的、精神的な疲労が続くと、うつになります。
それに不運な出来事が重なると、更にうつは悪化します。

うつとは無縁だろうと思ってたSORAも
「これがうつ症状か・・・」って思った経験が何度かあります。
プチうつ程度ですんでますが・・・

確かに、ネガティブ思考の方がうつになりやすいといわれてます。
悩みすぎの性格は精神的疲労になりやすいからです。

でも、しっかり眠れて、大きな不運に出会わなければ
ネガティブ思考の人も、一生うつにはなりません。

いつ何が起こるかわからない世の中ですね。
災害や事故など不運に合わないようにするのは難しいです。
遭遇しないように祈るくらいしかできないかも・・・

それに比べたら
がんばりすぎないように気をつけることの方がずっと簡単です。

人生を楽しく過ごすために
その日の疲れはその日のうちに解消を目標に
自分の身体に良い生活をしましょう 



うつをこじらせてしまったら

2019年02月07日 | 心の病気
プチうつの人やうつ病の人と接する機会が多くなってます。

うつの人のリハビリは辛い
いつ治るかわからない不安
治ったつもりなのにやってくる不快な感情の波

プチうつの頃にしっかり休めれば回復するけれど
こじらせてしまうとなかなか治るのは難しい。
それがうつ病

うつになって5年以上たってしまって
こじらせてしまっている人は、
そろそろやりかたや考え方を変えるときだと思うんです。

今までのやりかたじゃあダメなのは確かです。

うつ病と上手につきあう方向を考えないといけないのかも。

うつ病だということを隠している人は、
自分がうつだってカミングアウトするのはどうかな?

うつ病だから優しくしてほしいとか
自分はダメな人間だと思うってことじゃなくて
ただ、自分はうつなんです
その事実を認めてもらう
自分にも他人にも

そのことを周りに知ってもらうだけでも
平気なふりしてがんばる必要がなくなって
少しは楽になるんじゃないかな。

たとえば、いつまでも治らないことが辛いなら
うつは持病だと思ってしまうのは、どうでしょう?

だれだって持病のひとつくらいはあるでしょう。

疲れると腰がいたくなるとか、
目が悪いとか
糖尿とか
花粉症とか
高血圧とか・・・

うつの波が来たら
今までで一番効果があった方法をためしつつ、
無理に元気になろうとがんばらなくてもいいから
波がすぎるのを待つ

持病だからうまく付き合うしかない
今は休む時
そういうふうに開き直れたらいいのになって思います。



焦る気持ちは要注意

2019年02月04日 | 心の病気
何だか焦る気持ち
自分ばかり損していると思う

それは、余裕がない状態
うつの手前の状態です。

健康な人は、そんなことは思いません。

自分に愛が足りません。

無理しているので休みましょう。

ちょっとだけ弱みを見せましょう。

助けてくれる人がいれば拒否せず助けてもらいましょう。

積極的に手を抜いてみましょう。

がんばらない自分を許してあげましょう。

がんばりすぎです。

これ以上がんばると壊れてしまいますよ。



ストレス解消が新たな苦しみにならないように

2019年02月02日 | 心の病気
嫌な気分を忘れるためにストレス解消するのはいいけれど
それが新たな苦しみを増やさないように注意しましょう。

一晩中テレビやネットを見続ける
激しいスポーツ
仕事をわざと忙しくする
お酒を飲んで騒ぐ
夜遊びをする

その時は楽しいし、余計なことを考えないですむけれど
翌日、どっと疲れが出ます。
前の日の嫌な気分よりさらに悪い状態になりますよ。

やりすぎのストレス解消は会館も大きいけど
エネルギーもたくさん必要です。

エネルギー不足が続くとうつになります。
うつの人は悪化します。


ストレス解消は体にやさしいのが良いですよ