お寺の奥さんの幸せな暮らし

自分も他人もみんな幸せな暮らしを目指してます。
自分の体験や本や人から教えてもらったりした幸せになるタネを紹介します。

悪口は嫉妬かも

2018年11月20日 | 人間関係
自分の悪口は、できることなら聞きたくないかもしれません。
多少なりとも落ち込みますよね。

でも、悪口って嫉妬かもしれませんよ。
それなら、ちょっと許せませんか?

自分よりも下の人に悪口ってあまり言わないですよね。
赤ちゃんに「お前は悪い」って言おうと思わないでしょ。

少なくとも悪口言っている人は、
あなたを自分と同じかそれ以上の格付けと思っているんです。

だから、あまり気にしないように・・・
言いたい人には言わせておけばいい。
過剰な反応は、逆効果です。
新たな悪口のネタが増えるだけです。

本当は、あなたみたいになりたいけどなれないんです。
早くなれるといいのにね。

他の人と同じように大人の対応がいいですよ。



がんばってもらう方法 お金より挑発

2018年10月24日 | 人間関係
「がんばって」と言われるのがとても嫌です。
「これ以上がんぱれるか!」って思ってしまいます。

SORAのような人ばかりじゃないかもしれませんが、
「がんはって」は人によって逆効果です。

特にがんばりすぎでエネルギー不足になっているプチうつの人とかには言わない方がいいですよ。

では、やる気がなさそうな人をがんばらせるには、
どうすればいいのでしょうか?

すぐに思いつくのが、
お金やごほうびを与えること、

でも、よっぽどお金に困っでいる人でなげれば、
人はお金では動きません。

それよりも挑発するのが効果的だそうですよ。

「これ出来たらすごいよね・・・」とか、
「〇〇した人まだいないんだよね・・・」とか言うのを聞くと
「よし、やってみてやろうか・・・」
ってやる気がおきる人がいます。

相手に真正面から言うのではなく
さり気なくボソッとつぶやくのがポイントです。

ダメもとで、子どもや部下に試してみるのはいかがでしょう。

がんばってほしい人には挑発してみましょう!



人の感情に振り回されない

2018年10月22日 | 人間関係
他人の感情に振り回されると感じるのは、
他人中心に考えています。

人の気持ちを考えて行動するのは
良いと思うかもしれないけど
それが自分の気持ちに反しているなら
全然良いことじゃないです。

他人中心より自分中心に考えましょう。

他人より自分の方が大事。

他人の顔色をうかがってビクビクしてたら
疲れます。
うまくできない。
楽しくない。

相手がイライラしようが怒とているのは、
それは本当にあなたのせい?

いつも穏やかでニコニコしている人っているんですよ。

イライラしているのも怒っているのも相手の勝手。
相手の感情をまともに受け止めて、
全て自分のせいだと思うのはやめましょう。

イライラしている人は、いつもイライラしているんです。

他人に振り回されていると感じそうになったら、
自分が嫌な気分になるのを防ぎましょう。
たとえば、「バリア!」って心の中で唱えるのもいいかも。


振り回されそうな人には、なるべく近づかない。
近づいてしまったら相手の感情に影響されないように
「バリア」をはる


SORAは、「自律神経が乱れると体が悪くなる」のを知ってから
バリアをはるのが上手になりました。
「危ない危ない」ってね。

イライラしている人を見ると
「そんなにイライラして大変だな~」って思います。



期待しない代わりに祈る

2018年10月07日 | 人間関係
人間関係をうまくする秘訣は、
相手に期待しないこと です。

人は期待を裏切られると怒りを感じます。
自分が勝手に期待してただけなのにね・・・

期待するというのは、
自分の思いどおりに相手を変えたいってことです。

でも、自分さえ思うようにならないのに
他人が思いどおりになるなんて、
それは奇跡に近いですよ。

奇跡なのだから思いどおりにならないのが当たり前です。

そうはいっても家族や同僚と接していると
その人のためにも
「こうなったほうがいい」
「成長してほしい」
と思うことってありますよね。

そんな時は、期待より祈りです

自分の望んでない結果になった時、
期待してるとイライラして怒りたくなりますが,
祈りの場合は、「そんなもんだろうな」、と平常心でいられます。

期待と祈り、
同じようにみえて、
心のありようも現れる態度も全然違います。

自分のため、相手のために
期待するより祈ってあげるのがいいみたいですよ







話ベタの人はうまく話そうと思わないこと

2018年10月02日 | 人間関係
誰とでもうまく話ができる人ってうらやましいですね。
特に初対面の人と話す時って緊張しますね。

うまく話そうとがんばって
変なことを言ってしまったことはありませんか?


SORAのように、話ベタの自覚がある人は
うまく話そうと思わないこと
相手が話しやすくしてあげることに意識する

といいみたいですよ。

話すより聞き役に徹すると楽ですよ。
相手に興味を持って聞き、
共感して相づちを打つ。

「そうなんですね。」
「初めて知りました。」
「すごいですね」

勇気を持って自分からあいさつしたら、、
最初の話題は、天気や出身地や趣味、
好きな食べ物や好きなスポーツ。
何でも構いませんよ。

興味を持って聞いてくれる人は好かれます。

話ベタの人はうまく話そうとしない