休 み の な い 海

眺めのいい部屋から改題

花に追われて

2018-05-31 | 散歩道から
 この時期は花に追われるようである。
 あちらでもこちらでも、咲いては終わっていくので、アップも遅れるばかり。
 今日は、大盤振る舞いだ、よぉし、持ってけ、ドロボー、とは寅さんのセリフで。
 ドクダミ、実家の庭にもあり、さわると手がとても臭くなったっけ。

 近づけば、清楚できれいな花である。ただ、赤みをおびて、なんだかくたびれているようだ。

  これも、よく分からず。

「バラよ、バラよ、なぜあなたはバラという名なの」という台詞は『ロミオとジュリエット』で有名。
 ジュリエットがロミオに出会い、宿敵の家の息子と知り、「ロミオさま、なぜロミオさまなの」と宿命の出会いを表す台詞だった気がする。
 バラは、花の女王であると同時に、ロマンスやミステリーの女王でもある。

 立ち葵、これもまっすぐな姿がいい。

 建物の影になるほうは、花が遅い。

 よく咲いている側へ。

 6歳年上の姉が言っていた。満州では、立ち葵がよく咲いていたのよ、と。

 炎天を咲きのぼりゆく立ち葵ソ連侵攻のあの年の夏  by つゆ

 信号を渡ったところに、毎年咲いているこの花。

 白いのは、少し弱弱しい。

 矢車草もけっこう見る。昔から知っている花があると、うれしい。

 この白い花も素敵。清楚で品があって。ワタクシみたい? じゃない!

 これは、もうご存知のゼラニウム。ベランダにプランターをいくつも並べて咲かせていたっけ。
 意地の悪い友人に「花に淫している」と言われたっけ。今は、もっと花に淫してますよー

 またしても、かわゆい花。
 ヨーガンレールの柄みたい、昔のね。(最近、なんでも昔をつけざるを得なくなった)。

 この花、耳を寄せると、妙なる音が聞えてきそう。

 葉っぱは真っ白だから、立ち枯れかと思っていたら、花を咲かせるのね。

 うん、お見事!

 昨年夏にアップして、名前を教えていただいたのに、今回調べたら、コメント欄は消えていた。
 写真の下に、名前を書いて整理しておけばなぁ。
コメント (8)

またまたお花、あれはなに?

2018-05-27 | 散歩道から
 ベランダから、いつもの風景を目にするが、あれは、なに?
 あの黄色い点々と赤い花は?
 
 山法師の赤色みたいだけれど。


 思いきって近づいてみよう。バス通りのこちらから。

 バスが来るにもかかわらず、向こう側へ。バアサンの図々しさで(老害?)
 垣根にさえぎられて、やっとここまで。正体は分からない。

 よたよたと行くと、人が入れるくらいに垣根のないところが……。
 20年近く住んでいるけれど、入るのは初めて。わくわく。

 いちめんのなのはな
 いちめんのなのはな
 という、有名な詩があるが、黄色の点々の正体は

 いちめんのたんぽぽ
 いちめんのたんぽぽ ……だった。

 



 茎がとても細くて長いので、花が空中に浮いているようだった。
 
 こそこそと垣根の外へ。すぐそこに交番があるんだもの。

 戦前、上海だったかの公園の芝生に「犬と中国人は入るべからず」なんて、立て看板があったと、
書物で読んだことを思いだした。ひどいね、犬と同じ扱いだなんて。
コメント (9)

散歩道の花々(またつづき)

2018-05-23 | 散歩道から
 散歩道の花々……アホになりながら、なんとか外を歩かなきゃと。
 またしても、遅ればせのアップ。

 シャリンバイ……

菜の花に似た黄色い小さな花には

 こんな大きな莢が……種がいっぱい入ってる。人間なら、〇〇人の子だくさん? 少子化はよくないよ。

 そして、小さな紫の花も忘れずに。
 ここまでは川べりの野の花。

 あとは、お庭のない小さな住宅でも、玄関脇や窓下に鉢が置いてある。お断わりもなく写す。

 これ、すごい。色も形も南洋渡来。

 だれかさんの真似をして、花が落ちたところをアップ。でも、私にはよく分からない?

 これも、よく見る。わが西洋長屋にもあるが、もう、とっくに散ってる……写真を上げるのが遅いから。

 これは? 牡丹? バラ?

 これ、めちゃくちゃ可愛い。
 
 パンジーのお仲間だろうけれど、風が強くて。
 
 はい、一瞬の静止に。

 ああ、これも、めちゃくちゃ可愛い。


 天候が荒れやすく、外出しにくい日々。花につられて善光寺参りしたいな。
 
コメント (10)

『日本会議の正体』

2018-05-19 | 読書
 『日本会議の正体』青木理(おさむ)

 怖い本を読んだ。
 怖いにもいろいろあり、フィクションで、ぞっとするものもあれば、
 ノンフィクションでも怖い書物は数々読んできた。
 戦争の悲惨さに思わず目頭を熱くすることも。
 でも、それは過去のこと。終わったことだ。
 
 しかし、ここに書かれていることは、終わっていない。
 現在進行形なのである。

 ツイートを始めるまで、この日本会議という言葉を不明にして知らなかった。
 右翼団体らしく国会議員が2~3百名所属しているという。
 日本会議の関係者の話すビデオを見て、気色悪い雰囲気というか、なにかしらゾッとするものを感じた。 現総理が、平気で嘘をつく人であることに気づいたときと同じような感覚である。
 
 その日本会議の大会には、総理のビデオ・メッセージも送られ、大画面に映し出されている。
 これは知っておかなければ!

 本のカバーの見返しには「安倍政権とも密接な関係をもち、
 憲法改正などを掲げて政治活動を展開する、
 右派組織日本(にっぽん)会議。ーーとある。



1997年、「日本を守る会」と「日本を守る国民会議」が統合されて、日本会議が結成された。

 そのころだろうか、新しい教科書をつくる会の噂が耳に入るようになった。
 ある知人は、ある区の教育委員をしていたが、その友人も別の区の教育委員をしており、その決め方がとても圧力的だった、という話を聞いたりした。

 この書には上記の会の成り立ちから記してあり、背中が寒くなるように根が深いのである。
 要は、戦後の左翼?的活動や人権、民主主義などに反発心をもちながら、長いあいだ深く静かに潜行していたのが、しだいに陰湿な力をもつようになった。
 そして、小泉総理に靖国参拝をうながしたのも日本会議なのだ。

 現政権が不祥事だらけにもかかわらず、なぜ彼らの党は自信たっぷりなのか。
 この日本会議の目指す「美しい日本の憲法をつくる国民の会」憲法改正の実現運動とアベ政権及び自民の党是が、ここへ来て一致した。

 きりがないのだが、この背後に、神社本庁がついているのである。
 伊勢神宮を筆頭に、明治、富岡、全国各地の神社が、宗教団体が、後押ししているのである。
 いざという時には、著名な神社がポンと金を出す。
 ああ、初詣でのお賽銭、観光地にある神社、そして今流行の御朱印帳等々が結びつく。
 あれは、もしかして、、、と思ったら、暗~い気持ちになってしまった。
 本書の書き方は冷静沈着、緻密な取材によるもので、事実のみが書かれている。
 
そして、神社の片隅で「憲法改正1000万人署名」の運動がなされているという。
 ならばと、先日の散歩で、こんなポスターを見た。

 私は、左翼でも共産主義でもない。もちろん右翼でもない。
 ただ、人間の自然な気持ちとして、反戦・反核でありたいと思っているだけである。

コメント

「アホになっている」……?

2018-05-14 | 身辺雑記

 壁に貼られし子の夏休み計画表「アホになっている」時間帯あり
                    By(鬼頭昭二)

 毎日が日曜日だけれど体調悪しく、
 現在「アホになっている」時間長し。

コメント (9)