めんどりの庭

エッセイと花好きのおばあさんのたわ言

夢うつつされど、時は移ろう

2014-04-30 21:15:58 | 日記
            


娘が逝き、夢うつつの月日が過ぎていきました。
元気を装っても、心は空洞。
あれから1年。
時は移ろい、花は再び咲き、私は生きています。

悲しみの水底で、もがき苦しみ、
生きていたくないと口走ったこともありました。
なんと、不遜なことを・・・。

余命を告知されながら、前向きにガンと闘った娘に恥ずかしい。
もっともっと、生きたかったことでしょう。
娘の悔しい思いが、私の心をせつなく満たして溢れ出しそう。

おかあさん、もう、泣かないで。
娘の笑顔の写真が、私に語りかけます。



                   
            
                      スズラン 
               娘が子供の頃から庭に咲いてました 
             
            
                  娘の好きだったラベンダー
                   毎年、咲いてくれます

            

            
コメント

いつの間にか西洋オダマキ草が

2014-04-27 08:09:59 | 日記
                 

慌ただしい毎日です。
皆様に暖かいお見舞いと励ましのコメントを頂きありがとうございます。
ブログをやっていて良かったと心から思いました。
お陰様で、親方は症状が落ち着いており、次の手術待ちです。

今朝は、午前中に宅配のお花が届くので自分の時間が取れました。
明日は娘の1年目の命日です。
娘のお友達が忘れずにいてくださって、お花を贈ってくださいました
昨夜は、黄泉の国に旅立ったときの娘の様子が思い出されて眠れませんでした。
前日まで、彼女は、家族全員と笑いながら会話しました。
病室を出るとき、彼女に手を振ると、小さく振って返しました。
その姿に、後ろ髪を引かれるとはこういうことを言うのでしょうか、
私はもう一度、病室を覗いて手を振りました。
翌朝、意識がなくなり身罷りました。
あのとき、戻って抱きしめてやりたかったと心から思うのです。

                      
このところ、お花の手入れが出来なくて、お水やりだけしていました。
気がつくと、西洋オダマキが庭のあちこちに咲いていました。
種が飛んで、思いがけない場所に咲いてます。

            
                    西洋オダマキ草
               若くして逝った友からいただきました。
               彼女に似て可愛らしいピンク色。
            
                 
            
                     西洋オダマキ草
            
                     西洋オダマキ草
                                
                    西洋オダマキ草
                   ピラカンサの根元に
            
                       紫  蘭
            
                       みやこ忘れ
コメント (8)

しばらくお休みします

2014-04-24 21:59:57 | 日記
                     

             

                        わすれな草
                  ピンクとブルーが仲良く咲いてます

                            

親方が、入院しました。

看病に専念します。

しばらく、ブログをお休みします。

皆さんから届くブログは必ず拝読します。

そして、励みにして頑張りますから、忘れないでくださいね。
コメント (12)

テンプレートを模様替えしない理由

2014-04-23 17:21:39 | 日記
                    

「めんどりの庭」の
テンプレートのデザインは2010年3月に立ち上げたときのままだ。
娘が花好きの私のために選んでくれたアネモネのテンプレート。
紫色のアネモネが私のお気に入りだ。
娘も淡い紫やワインカラー系が好きだった。
カラーコーディネィターの資格を取り、あれこれ色彩に関してはうるさかった娘。
色白の娘には紫系統やワインカラーの服が似合った。
商社に勤めていた20代は黒い服が多かった。
思い込みの激しい娘は、自分にピンクは似合わないと信じて疑わなかったが、
ある日、濃いピンクのスーツとコートを買ってきた
理由は恋愛運が上がるからとか
そのスーツを着て友だちの結婚式に参列した。
親から見てもよく似合っていた。
でも、着用は一回きり。新品同様で娘のクローゼットに置いてある
年頃になり、友だちが次々と結婚していった
当時、結婚貧乏という言葉があったが、娘は毎月のように友だちの結婚式に
出席し、時には進行係も。親をやきもきさせたものだ
娘は他人の相談事に乗ったり、お世話をするのが好きだった。

広告の仕事をするようになってからはお洒落を存分に楽しんでいた。
身につける物も年相応にシックになった。
自分磨きに投資した娘。
人生を駆け抜けるように逝ってしまった

娘が選んだアネモネのテンプレートは私の宝物だ

                     
コメント (2)

イチリンソウ

2014-04-22 18:58:57 | 日記
                    

            

            

                    イチリンソウ

毎年、今頃、我が家の庭の日陰に咲いてます。
サザンカ、ゆず、五葉の松、紅葉、椿の木が密集した日陰の場所に咲いています。

 環境指標の山草で。生育できる条件は狭く、環境の変化に対応できず
 消滅しやすい。広葉落葉樹の林床や林縁に生え、木が芽吹く前に
 いち早く芽を出し花を咲かせ、木が茂る夏には姿を消してしまう。
 スプリングエフエメラルと呼ばれる短命植物の1つ。
 武蔵野の雑木林の下にも、一部で残存する。
                   朝日新聞の「花おりおり」から抜粋

これを読むと我が家の一輪草は希少価値ですね。
それに我が家の庭が「イチリンソウ」の生育に条件がぴったりということですね。
武蔵野と言うところは一致しますが、雑木林ではなく箱庭です。
ただ、ほったらかしで、自然に近い状態を保っているからでしょうか。


                  

                     ベニカナメモチと黒松

塀の一部をマサキとベニカナメモチの生け垣にしています。
油断すると伸びて、虫がついたりと手入れが大変です。

赤松も、気がついたら花が沢山ついてました。
放っておくと、風で黄色い花粉が舞い散り大変なことになります
手作業で摘み取るのに一日がかりです。
親方が不調ですので、私が頑張らなければ




コメント