新 ノ 城  Okinawa

おきなわを サラ・さらっと 視る

  

自然繊維 ウール・シルク・コットンについて(4)

2013年06月17日 00時14分21秒 | 日記
綿(コットン

  綿は6千年以前に、インダス河流域で綿花が栽培される。

  綿花は、ぜにあおい科に属する1年 生草。

  主として亜熱帯地方で栽培され。

  花が咲き50日~60日後に朔花(コットンボール)が自然に割れ、

  その中の種を包んだ白い繊維を摘んで棉機にかけ。

  原綿ができる紡績工程し、綿糸となる。

主な生産国 アメリカ・メキシコ・インド・エジプト・オーストラリア・中国など。
コメント   この記事についてブログを書く
« 自然繊維 ウール・シルク・... | トップ | 自然繊維 ウール・シルク・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事