新 ノ 城  Okinawa

おきなわを サラ・さらっと 視る

  

思い込み  【2】

2014年03月08日 00時03分26秒 | 日記

 私達人間は日々の生活の中でこの世界をあるがままに、見ているのではなく、

自分が見たいように見て、聞きたいようにしか聞かない。

 物事をあるがまま見ているつもりでも、実はある種のフイルターを問うして、

見て、判断し行動している。

 そして、自分の世界観を創り出し、

自分の能力、自分の知識、自分の限界について信じ込でいる。

  思い込みは個人的であることもあるが、集団的思い込みもあると、

イギリスの経験論哲学者の祖と知られる、

フランシス・ベーコン(1561年~1626年)の著書『ノグム・オムガヌム』で

4 種類の イドラ(幻影)の観念によって誤った方向付けらで

偏見、妄想を抱き先入観に支配されていると指摘している。

イドラとは(幻影)

   人間の先入観的謬見(偏見・先入観・誤りなど)

4 種類のイドラとは

   1 種族のイドラ=自然性質によるイドラ

   2 洞窟のイドラ=個人経験のイドラ

   3 市場のイドラ=伝聞によるイドラ

   4 劇場のイドラ=権威によるイドラ

 フランシス・ベーコンはこの4種類を取り除いて、

 初めて、人間は真理にたどり着き、

 本来の姿を取り戻すことが出来ると説いている。

コメント

思い込み  【1】

2014年03月02日 00時07分18秒 | 日記

思い込みとは

   深く信じ込むこと。

   固く心に信じ 決めること。

   それ以外に無いと信じ込むこと。

   先入観 ・ 固定観念 ・ 個概念など。

 思い込みをする人は、自分の考え方に固執して、

 自分がいかに正しいかを、先入観、固定観、前例を根拠にし、

 他者の意見、合理的な説得に耳を貸さない、信じない。

 そして、この思い込みによって、他者から、誤解を受け、

 自分や人を傷つける。

コメント