新 ノ 城  Okinawa

おきなわを サラ・さらっと 視る

  

勝連城 【3】

2019年11月10日 00時00分22秒 | 日記

  勝連城十代目の城主になった阿麻和利は

伝承によると現在の嘉手納町屋良で生を受け

 

童名(幼児)は、カナ(加那)と呼ばれ

身体が弱く十歳まで歩くことができなかった

 

家の恥と思い父親に捨てられ

母親がガマ(洞窟)で育てたと言われている

 

成人になった阿麻和利は、勝連城茂知附按司に仕え

阿麻和利は知恵に優れ人望もありカリスマ性もあった

 

茂知附按司は色欲と酒に溺れ、悪政を行っていた

苦しむ民を思いクーデターを起こし

阿麻和利は十代目勝連按司と成ったと伝えられている

 

阿麻和利はその行動力によって頭角を現し

按司(領主)として、王府を脅かすほど力を持った

 

時の国王尚泰久は娘を百十踏揚(ももとふみあがり)を

阿麻和利の妻とした、これは政略結婚である

 

阿麻和利は策を謀り

中城城を攻め城主護佐丸を自害に負い込む

 

伝承によると阿麻和利は琉球国の統一を企てていた

ところが妻の百十踏揚の裏切りによって

 

王府に知られ、1458年王府軍との戦いに敗れ戦死

勝連城は廃城となる

 

廃城となった城内には、数多くの御嶽、御願所が存在し

現在も信仰を集めている

 

タマノウヂ御嶽、モートゥガー、マチダ・ナケージガー、

カンジャカー、などがある

カーとか、ガーは井戸、泉など意味し現在では拝所となっている

 

年中行事、祭司である旧暦元旦の初拝、ウマチー

豊年祭、麦の初穂、豊作などを

 

祭司職であるノロ(神女)が中心になって執り行われる

コメント

勝連城 【2】

2019年11月05日 00時00分23秒 | 日記

 勝連城は阿麻和利(あまわり)の居城として

沖縄全島に知れ渡る勝連城と阿麻和利は有名である

 

築城された年代、代々の城主、城主の生い立ちなど

示す歴史的資料などは皆無に等しい

 

伝承では勝連城は14世紀初頭に

英祖王統第二代大成王(1300~1309年)の

五男勝連按司によって築城されたと伝えられている

 

この勝連按司系統は五大続いたが

六代目伊覇按司によって滅ぼされ

六代目は浜川按司よって滅ぼされ七代、八代は浜川按司

 

九代目は茂知附按司

茂知附按司は、色欲と酒に溺れ政治を顧ことなく

人々の信頼を失い家臣である阿麻和利に城主座を奪い取られた

 

勝連城主は、初代から八代まで名前も

生い立ち、出身地などほとんど分かっていない

 

資料に僅かれあるが九代目茂知附按司から記されている

 

最後の城主となった十代目阿麻和利はその才能と能力を生かし

尚泰球王の娘百十踏揚(ももとふみあがり)を

妻に迎えるほど 勢力を付けた

コメント

勝連城 【1】

2019年11月01日 00時00分22秒 | 日記

 勝連城(カッチングシク)は沖縄県うるま市勝連南原に在る城跡

勝連城は、中部勝連半島中頃の丘陵上に築かれている

 

発掘調査などによって、12世紀頃から築城が始まったと考えられていて

誰によって築かれたのか、歴史的には分かっていない

 

14世紀始めごろ英祖王統第二代大成王(1300~1309年)の五男

勝連按司によって築城されたと考えられている

 

グシク(城)は60mから100mの丘陵に築城された

自然崖地形を利用した石灰岩の石垣を積み上げた城壁

堅固で防衛上極めて優れた地形である

 

ヘーグシク(南城)、中間の内、ニシグシク(北城)に

大きく三つのエリヤから成る

 

一の郭から三の郭が、各平場が階段状に連なり

四の郭・東の郭から成り、郭は四方石垣で囲まれている

 

二の郭が城主の居城、一の郭は本丸であり

その中心にタマノミウジ御嶽(拝所)あり

様々な儀式が執り行われた

 

自然の崖地形に沿って曲線を描いた城壁に

囲まれた勝連城は実に美しい

 

最も高い一の郭から北に金武湾、

北部の山々や伊計島に連なる島々

 

南は知念半島、中城湾、中城城跡

周辺の緑地、青い空と海等が一望できる

360度の大パノラマの景観は最高

 

勝連城は沖縄を代表する城跡の一つで

ユネスコの世界遺産に、勝連城跡として登録されている

コメント