裏ユキヒロック

ロックとバイクとラーメンが大好きだ。

二泊三日 東京アポなし掃除の旅2017 春

2017年04月27日 | ひとりごと・日記
金曜日の夜の新幹線にて、東京の息子の所へ遊びに行ってきました。

妻は張り切って、息子に手料理を持って行く!って言ってたのですが、「煮物はやめとけ!」のアドバイスを完全無視され、新幹線内にて急に「あれ?なんか臭い!」と言い始め、煮物の汁がカバンの中にだだ漏れ。

(このパックで漏れないはずがない! そのチャレンジ精神は一体どこから?)

幸先、不安。(^_^;)

東京に着いたのですが、息子は会社の呑み会と事前に聞いておりました。「でも、合鍵が持ってくから大丈夫!」と言う段取りだったのですが、、、「あー!合鍵・・・忘れた!」と始まって・・・

幸先、情緒不安定。(^_^;)

仕方がないので、落語の「目黒のさんま」にあやかり、「やっぱり、ガストは東京に限る!」といつものガストで野宿覚悟。

(腹を決めて、やけ食いの図)

機転のきく息子の計らいで、「合鍵はポストの中に入れておいた!」と、ようやく連絡が取れたのは深夜12時近く。

野宿回避の朗報に喜々として、アパートの「玄関を開けたら・・・2分で」・・・ゴミ屋敷!



「おお~!テレビでよく見るやつー!」

マジかー・・・唖然。

玄関からずっと床は全て脱ぎっぱなしの服やら、ゴミやら、ダンボールやらで埋まり、けもの道 状態。
人間は「足の踏み場がない」と言う状況を目の当たりにした時に、「笑うしかない」って嘘ですね・・・笑みも、言葉すら出ない。

と言うことで、この時点で「二泊三日 東京アポなし掃除の旅2017 春」と言うタイトルが決定。
アポはあったんですが、アポって言うより、アホですね。阿呆。

翌日、ぐわんばって、ぐわんばって・・・片付けました。

♪するとどうでしょう?(ビフォーアフター風に・・例のBGMもよろしく。)




カラーボックスを4つ買って、2段に積んだものを部屋の壁の両端に置き、そこに突っ張り棒を渡して即席の壁面収納を設置。

とにかく、不要の服を仕分けさせて、残りは全てハンガーに掛けてその突っ張り棒に吊るす仕組みを構築。辛うじて洗濯はできるようなのですが、畳むことが苦手のようで床に投げっぱなし状態をこれで解消出来るのではないだろうか?という目論見ですが・・・半年後には「ゴミ屋敷」に戻ってることは容易に想像できますな。

「干して乾いたらそのまま突っ張り棒に掛けるだけシステム」の効果は如何に?!乞うご期待!

そんな訳で、翌日の日曜日はなんとか東京観光して帰れることに相成りました。



いろいろ計画はあったのですが、今回は上野の「鈴本演芸場」にて落語を見て帰ることに成功しました。

数年前?数十年前にも一度、鈴本演芸場に家族で行ったことがあったのですが、時間の関係で午後の部を「遅れて入って、途中で帰った。」ので、今回は最後まで観ようと決めていました。

寄席は、流行りの漫画?アニメ?の影響なのか?若い女性で一杯と聞いてたのですが、まさしく・・・若いの基準は別として、若そうな(失言)女性でたしかに満席でした。

NHKのプロフェッショナル~仕事の流儀~でも取り上げられていた若手の新進気鋭落語家「春風亭 一之輔」が登場しますと、枕部分で寄席の雰囲気が変わる感じは「さすが!」と感心しました。
彼の落語もとても良かったです。

去年の夏の「歌舞伎座」も良かったのですが、「寄席」もとても良いもんですね。
2,800円ポッキリで4時間も楽しめるエンターテイメント・・・ちなみに新幹線で煮物を溢し、合鍵忘れてくる相方の方がずっと面白いですけどね。

その相方は「だるま食堂」と言うコント?の熟女3人組にゲラゲラ笑っていて、おまいさんはどこに笑いのツボがあんねん!と心の中でツッコんでおりました。終わって出る時に写真まで一緒に撮ってもらっておりました。。。まー、楽しんで貰えて良かった、良かった。

一応タイトル変更・・・「ほぼ一泊三日 東京アポなし掃除の旅、一日だけ落語を楽しんだ 2017 春」でした。

ごめん、別にオチてないけど。(^^)/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜 2017(望遠編)

2017年04月17日 | PC・デジカメ関係
今回は、「背景」に集中してみました。薄ピンクの桜の背景に、反対色の青や緑や黒、、、逆に同系色の白やグレーでも面白いですね。

望遠レンズで、なるべくズームインしてみました。







































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜 2017

2017年04月15日 | PC・デジカメ関係
桜の写真って難しい。おんなじ写真ばかりになってしまいませんか?
その中でも、背景や構図で面白味を出していくのだと思うのですが、なかなか難しす。
朝の5時過ぎ・・・車中泊の帰り道。夕焼けみたいな、真っ赤な朝焼けに遭遇。
桜と菜の花の対比に、思わず車を停めて撮影と相成りました。































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チャッピー

2017年04月13日 | 映画・TV


2015年のアメリカ映画。 監督と脚本はニール・ブロムカンプ。

「第9地区」「エリジウム」の監督さんで、ロボットが主役のSF・アクションもの。

面白くないはずなく、ただのSFアクションでなく、いつものように貧困や人間のエゴみたいなものがテーマにあって、

ニヒルな映画になっています。 性善説と性悪説とかをAI 人工知能をモチーフに表現されてるのかな?

えーっと、才能あり・・・と思いますが、興行的にも二匹目のドジョウや、三度目の正直は成功していないのかもです。

ロボットのデザインとか、キャラ設定とか秀逸。取替部品のオレンジな腕とか、ギャングに書かれたスプレーのデザインとか・・・。

どこかに、B級要素を残してるところも、

逆にリアリティーにつながってるような気がします。

作品として小さくまとまっていて、もうひと工夫あれば良かったような気がします。

でも、面白かった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初老(しょろう)

2017年04月05日 | ひとりごと・日記
老眼厳しき折・・・皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょう。

先日、40歳後半であられる我々同級生3名が集まった際に、

我々も「初老(しょろう)」ですなぁ~・・と言う話になったところ、

「いやいやいや、初老ってのは40歳でござるよ! 我々は、とうに初老を超えておるのじゃ!」

と、衝撃発言をいただき、、、ショック。 クイズ・・・ターイム・ショック!

調べてみたところ、まさしく初老とはもともと40歳のことを言うそうです。

ちなみに、50歳は「中老(ちゅうろう)」と言うそうです。

アラフォー、アラフィフと言う言葉が出来て、あまり意識せずに済んでおりましたが、

すでに我々はすでに「中老」の領域に片足突っ込んでおったのです!

NHKが実施した「現在に於いて、初老とは何歳くらいか?」と言うアンケート結果では、

平均で57歳を初老と思うとのこと。

一斉に胸を撫で下ろす音が聞こえましたが、10年などあっという間ですぞ。

初老より、「恐れず、いつまでも俺は、小籠包で自分の口の中を火傷させてやれるぜ!」くらいの

精神的な若さを保っていたいと思った、

今日この頃。


尚、初老についての詳細な解説は下記に記すとおり。



日本には、「還暦」「古希」など、一定の年齢に達した人の長寿を祝うならわしが昔からあります。奈良時代には10年ごとに祝っていたのですが、その最初のお祝いが40歳で、これを「初老」と呼んでいました(『日本風俗史事典』(弘文堂)の「年賀」「賀の祝い」の項)。
終戦ごろまでは、次のような文章に見られるように、「初老」が40歳のことを指すという意識はある程度一般的であったようです。
「私は先日の手紙に於いて、自分の事を四十ちかい、四十ちかいと何度も言つて、もはや初老のやや落ち附いた生活人のやうに形容してゐた筈でありましたが、はつきり申し上げると三十八歳、けれども私は初老どころか、昨今やつと文学のにほひを嗅ぎはじめた少年に過ぎなかつたのだといふ事を、いやになるほど、はつきり知らされました。」(太宰治(1942年)「風の便り」)
その後、日本人の平均寿命が長くなるのと連動して、「初老」に対する意識も大きく変わりました。
ウェブ上でおこなったアンケートの結果では、「初老」ということばは「60歳ぐらいから使えることば」であるという意見が4割程度を占めていました。これらの回答から「平均年齢」を算出してみると(「何歳でも」という回答は除外)、男女別には女性のほうがやや「高めに」とらえていることがわかりました。また、回答者の年代が高くなるほど「初老」の平均年齢も少しずつ高くなる傾向が見られました。
国語辞典で「初老」を引いたところ、「肉体的な盛りを過ぎ、そろそろからだの各部に気をつける必要が感じられるおよその時期」と書かれていました(『新明解国語辞典(第六版)』)。本来の意味での「初老」を過ぎた私は、この辞書の記述に諭されました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遠くの空に消えた

2017年04月03日 | 映画・TV


行定勲 監督作品。

神木隆之介くんが主演。準主役で俳優の笹野高史さんの息子さんの、ささの友間さんも出ています。

最初は世界観が作り込まれて過ぎてて、「ちょっと、どうかな~?」と思ってたのですが、

最終的には、なかなか満足できました。

基本的に、「自称:少年の心を忘れない男」なので、童話・絵本・ファンタジーが好きなのですが、

見終わった後に、あ~なるほど、そういうのがやりたかったのね?・・・と納得できました。

架空の「馬酔村」と言うのが舞台ですが、岩井俊二監督のスワロウテイルとかのニュアンスや

エッセンスとか入ってるのかな?確か? 師弟関係でしたよね。

「ぶどうの涙」の雰囲気ありましたね。

劇中のバンドが、梅津和時さん率いる・・・でカッコイイ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週末で月末で年度末なプレミアムフライデーと、ソフバンのスーパーフライデー。

2017年03月31日 | ひとりごと・日記
近年は年度末とはあまり関係のないお仕事になったので、
そんなに意識しませんが、以前は「3月末まで!」と言う世界とお付き合いあったので、
そりゃーもー、プレッシャーの掛かる季節でした。

今月はさすが「プレミアムフライデー」って朝から聞きませんが、
どうなんでしょう?3時に終わって送別会とかあるんでしょうか?

プレフラは、「格差社会」を確認する日・・・言い得て妙。(^_^;)

こないだ、初めて使わせてもらいましたが、携帯のソフトバンクのユーザーには、「スーパーフライデー」という
サービスがあり、3月の金曜日はファミリーマートのファミチキが1個貰えます。



更に25歳以下は2個! と言う・・・太っ腹。

「わーい!牛丼とかファミチキもらえるから、ソフトバンクに入ろう!」って思う人は奇特と思いますが、
話題性とか、もともとユーザーの人の流出を防止する意味では効果あるのかも?

・・・とは言え、自称:食いしん坊の吾輩は ソフバンさんから完全に

胃袋をつかまれています。

食いもん・・・しかも奢り・・・

一生ついていきます! いかせていただきます! ってことになるやないですかぁ~!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

忖度=そんたく

2017年03月28日 | ひとりごと・日記
また初めて聞いた言葉が流行ってる(流行ってはないのか?)

これが、暮れ近くなら、流行語大賞ノミネート 間違いないような気がします。

そもそも、読めない。

「すんど?」じゃない? 普通に読むと・・・(普通の定義がわからないが)

忖度 10回言ってみて・・

そんたく、そんたく、そんたく・・・

じゃー、これは?



洗濯!!



・・・いえ、Tシャツでした。

え?面白くないかぁ~?

・・・そういう時こそ、相手の気持ちを「忖度」して愛想笑いのひとつでも
していただきとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春は、ほろ苦い。

2017年03月27日 | ひとりごと・日記
子供の頃の味覚って、「苦いもの」を美味しいとは感じないようになってるのだそうです。
身を守る防御本能に基づいてるから、苦味は「毒」としての認識に繋がるみたい。
(ちなみに、酸味も「腐ってる」と言う認識になるそうです。)

珈琲、ビールなど、大人になると苦いものも美味しいと感じるのは、少し鈍感になってるのかもね。
少量の毒(と感じるもの)を摂取することが、快楽になるもかもです。

春の食べ物 「ふきのとう」とか、山菜全般、菜の花とか? 青々しくてフレッシュで若々しい印象ですが、味は苦味が伴うものが多く、子供の頃は嫌いでしたが、今となっては好物とまでは言いませんが、あれば「お!」って感じで嬉しく頂くようになっています。

植物たちも、寒い冬からようやく芽を出したのに、人や動物たちに食べられてしまわぬよう
苦くなってるのかなぁ~?

こないだ、初物の「ふきのとう」 天ぷらにしていただきました。ふき味噌とかも美味しいですね。



野菜の毒性で言うと、じゃがいもの芽の毒性=ソラニンが有名ですが、言葉の響きは綺麗っぽいけど侮るなかれ・・・実は「死ぬほど」の毒性なんだって。

体重50kgの人の死ぬ可能性があるソラニンの摂取量は150mg~300mgなのだそうです。
結構(50mgの摂取で食中毒の症状が出る恐れがあるそうです。)

ちなみに、身体に良いというイメージの「ビタミンC」だって、摂り過ぎれば毒。ビタミンC、、、別名アスコルビン酸の致死量は「720g」と言うことです。

レモンに換算すると36,000個相当!! そんなには喰えないねぇ~(笑)

ちなみにちなみに、720gって、速水もこみちのオリーブオイル月間摂取量だそうです。(^_^;)

もこみち ッパネ~♪

春は別れの季節・・・ほろ苦いものですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シューテム・アップ(SHOOT'EM UP)

2017年03月22日 | 映画・TV


2007年 アメリカ 作品

いやはや、偶然 ツタヤで出逢ってしまった映画。

「なんか、何も考えずに観れて、スカッとする映画ないかなぁ~」

・・・と、お嘆きのあなたに、オススメ!

悪趣味ギリギリのところで魅せるセンスが凄い。

「撃って、撃って、撃ちまくりたい!」の一心さだけでなく、綿密で高度な計算があって凄い。

「おバカな映画だなぁ~」だけでは終わらせない。

アメリカのコメディー映画が嫌いなのですが、これは好きかもしれない。。。いや、好きだな。

コメディー映画ではないのかな?  久しぶりに・・・なんかいいよ、コレ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

彌彦神社

2017年03月20日 | PC・デジカメ関係
弥彦神社で、初詣。(笑) 

いや、実はホントに初詣なのです。毎年、1月に行くのですが今年はバタバタしてて行けず仕舞い。
ようやく、行けました。

朝7時の彌彦の杜は、妖精や妖怪など出てきても不思議じゃない感じでした。


弥彦でなく、粟ヶ岳の写真からですんまそ。

  

   

   

   

   

   

   

  
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

3月18日は、サイヤ人の日だそうです。

2017年03月18日 | ひとりごと・日記
「318」で、ドラゴンボールの「サイヤ人の日」なのだそうです。

スーパーサイヤ人・・・

「スーパーサイズ人」にはなっていますが・・・

それが何か?!

てか、魔人ブー らて。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャージー・ボーイズ

2017年03月16日 | 映画・TV
2014年公開。



「フォー・シーズンズ」の経歴を基にしたトニー賞受賞ミュージカル
「ジャージー・ボーイズ」を、あのクリント・イーストウッド監督による映画化した作品。

突然歌い出すミュージカル映画とはちょっと違うのですが、全編に流れてるビート感って言うんでしょうか?
映画自体が1曲になってるような、そんな印象。

イーストウッド監督作品は大好きで、ほぼ観てるような気がしますが、古き良きアメリカの光と影のようなテーマがずっとあるような作品が多くて、その中でもこの作品はとても観やすいポップな作品かと思います。

中でも自分は「グラン・トリノ」が好きだけでも、なんとなくそのテイストが少し感じられるような気もします。

元々、ミュージカル舞台作品として完成されている中で、「敢えて映画にする意味」みたいなものも、
十分に果たしてるようにも思いました。

これは、良作品。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幸せって何だっけ?何だっけ?

2017年03月13日 | ひとりごと・日記
他人から見て、幸せだろうが、不幸せだろうが、そんなことは全く関係がない。

幸せかどうかを決めるのは自分自身だけ。

つまり、自分が幸せだと思わない限り、ずっと不幸。

逆も然り。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6年経った3.11に思うこと。

2017年03月10日 | ひとりごと・日記
自分のやってるバンド「失恋メモリーズ」で、「モーニング・グローリー」って曲の歌詞を書いた6年前。

「モーニング・グローリー」

ぶら下がった電線は 空に書いた五線譜
音符みたいに 小鳥たちは歌う
庭には仲良く 並んだモーニング・グローリー
笑い声が聴こえる

杜の中にずっと 隠れていたかった
キノコには ポイズン
庭には仲良く 並んだモーニング・グローリー
泣き声が聴こえる

海岸線の 小高い丘の上
青い芝生を 裸足で駆け出そう
海岸線の 小高い丘の上
黒い雨を 避けながら歩いた

そうやって僕たちは 誰かの描いた 
美しい嘘に
騙されたフリをして やり過ごすだけなのさ
嘘は朝顔のように 

・・・開いたり萎んだり

モーニング・グローリー モーニング・グローリー
モーニング・グローリー モーニング・グローリー


マスクをつけた 顔の無い男達が
「大丈夫 安心してください」繰り返す
庭にはしおれて 枯れたモーニング・グローリー
笑い声は聴えない

~間奏~

Only always sweet honey It was made to lick.
(甘い蜜ばかり 舐めさせられた)
ミツバチ達は go to where?(何処へ行けばいい?)
いつの間にか 羽も毒針も抜かれて いたんだ
(Feather and a needle were extracted,Unawares.)

海岸線の 小高い丘の上
青い芝生を 裸足で駆け出そう
海岸線の 小高い丘の上
黒い雨を 避けながら歩いた

そうやって僕たちは 来るのかわからない
美しい朝を
祈るような気持ちで 待っているだけなのさ
明日は 朝顔のように 

そうやって僕たちは 誰かの描いた 
美しい嘘に
騙されたフリをして やり過ごすだけなのさ
嘘は 朝顔のように 

・・・開いたり萎んだり

モーニング・グローリー モーニング・グローリー
モーニング・グローリー モーニング・グローリー
モーニング・グローリー モーニング・グローリー
モーニング・グローリー モーニング・グローリー

↓動画です、良かったら観てね。
https://www.youtube.com/watch?v=m5S0R1l8CJA

モーニング・グローリーの歌詞は、聞いた人がいろいろ想像してくれれば良いのですが、自分は福島の原発のことを書いたつもりです。残念ながら「書いた」という過去形ではなく、現在進行形で状況はあまり変わっていません。

個人的には、あの大地震や津波と、あの原発事故は切り離して考える方が良いと思っています。

福島の人達は自分たちの住む場所を追われ、避難した先で子供たちが虐められ苦しんでる現状がある一方で、
さんざん美味しい思いをしてきた人達は、自分たちは安全な場所に隠れ、誰も責任を取らず、更に食い物にしようと嘘や詭弁を振り回しています。

モーニング・グローリーとは「朝顔」の意味で、朝開いた朝顔が、夜にはしぼみ、また次の朝には何もなかったように開く様が、まるで原発に関わる権力者達みたいに見えたという歌です。

ただ「単純に、原発反対!」とかは言うつもりではありません。なぜなら、原発反対の人達の中にも自己中心的に利用してる、嘘つきが沢山混じってるからです。

嘘つきは、まるで朝顔みたいだねって歌ってるだけですが、聞いた人が何かを感じて貰えれば良いと思って書きました。

ひとつだけ、伝わると良いなと思うのは、大人たちによってもたらされた結果を、一番被ってる被害者は何も出来ない「子供たち」だってことです。

なので、歌詞の中には泣いたり笑ったりしてる子供たちが出てきます。

少しでも笑ってる子供たちが多い、未来にしていきたいものですね。

いや、僕らがするべきですよね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加