裏ユキヒロック

ロックとバイクとラーメンが大好きだ。

FUNAIの液晶テレビ 2000シリーズ

2017年06月18日 | ひとりごと・日記
BS入れた関係で、ヤマダ電機で、32Vの液晶テレビを買いました。

実はブラウン管テレビしか無かったんですぅ~・・・地デジもデジタルBSも映らないんですぅ~。
地デジチューナー付きのDVDレコーダー経由で、ブラウン管テレビを無理やり使っていました。(^_^;)

大きさは32V、価格は4万円以下が希望で、店頭で見比べてSONYとFUNAIで迷いました。

FUNAIって・・・世界市場ではメイドインジャパンな高評価で、かなりのシェアがあるようですが、日本国内は一時撤退していて・・・この度、ヤマダ電機が独占販売で、2017年6月から再開したんだそうです。
船井電機って会社で、他の有名メーカーのOEMもしてるくらいなので、品質は確かなようです。

画面の映りが最優先と思って、ずっと見比べていると、圧倒的にFUNAIが かなり綺麗なんです。
店員さんに聞いてみたら、ソフトで映像を最適化しているそうです。文字などが見やすくなるように自分で色の調整をしたりするそうです。ハイテク~!

デメリットは、電源を入れた時や、チャンネルを変えた時の反応が遅い。
・・・原因は、そのソフトの起動時間のようです。

あと、ネームバリューでSONYに比べて・・・かっこ悪い。リビングに置いてて、やっぱSONYとFUNAIでは・・・ねぇ~?

結局・・・

FUNAI 2000シリーズ 3万5千円くらいで購入しました。




面白いのが、128GのUSBメモリーの抜き差しが可能で、最初からひとつ付いてきます。後で他社の外付けHDD
に付け替えも可能なので、録画が可能。128Gで7時間分くらい録れるみたいです。

スペック↓
地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ
FL-32HB2000 オープン価格
●外形寸法(約):幅73.4×高さ48.0×奥行18.0cm(スタンド部含む)
●質量(約):6.0kg(付属スタンド取付時)
●定格消費電力:50W(待機時消費電力 約0.1W)
●年間消費電力量:55kWh/年

2週間くらい使ったインプレション

画像は問題なく綺麗。 角度を斜めから見ても良く見えます。

起動時間の遅さは・・・絶妙に遅い。 「あれ?電源ボタンをよく押してなかったかな?」と毎回思う頃にやっと着く。

「ワザとだろ?」の焦らしプレイ。

そこも何だか愛おしくもあるのだけど・・・次期の機種は改善されると良いですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(我が家にも)BSがやって来たヤァ!ヤァ!ヤァ!

2017年06月13日 | ひとりごと・日記
今更ながら、ようやく我が家にもBS放送を傍受することに成功しました。



宇宙からの電波をキャッチ。。。できるようになりました。ヽ(´ー`)ノ

液晶な薄型テレビも買っちゃった。(未だ、ブラウン管テレビしか無かった我が家。)

お試し期間なのか? 今は、ほぼ全部のチャンネルが観れる状態なのですが、

野球とかスポーツには疎く、全く興味ないし、

釣りの番組はみたいけど、ヘラブナ釣りとか・・・じっと観てられるほど

まだ人間が出来あがっていない。

映画とかドラマとか、録画すれば良いんでしょうが、録画の仕方を覚える気がない。

なので、途中から観てもチンプンカンプン。

128GBのメモリ付きの液晶テレビなので、韓国ドラマとか観たがってた嫁が、

きっとそのうち録画方法をマスターしてくれることでしょう。

結局、吉田類の酒場放浪記 以外・・・

ほぼ地上波しか観ていないという結果に。(^_^;)

いや、よく考えてみたら・・・

ハンチング帽を被ったおっさんが、ただ酒を呑んでる番組と、ヘラブナ釣りと

大差ないよね。

もっと、「俺んち産業革命」とか、「俺んち文化大革命」が起こるのかと思ってましたが、

今んとこ、地球外生命体からの電波は傍受できていない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴーストワールド

2017年06月11日 | 映画・TV
2001年制作のアメリカ映画。テリー・ツワイゴフ監督、ジョン・マルコヴィッチ製作。
ダニエル・クロウズ(英語版)のコミック『ゴーストワールド』の映画化。



DVDを整理してたら、2008年に観ていた映画「ゴーストワールド」が出てきて、また見入ってしまった。
でも、全然・・・ストーリー覚えていなくて・・・2回目のはずなのに、また新鮮な気持ち観ちゃった。

良い映画です。 コミック原作だったとは知りませんでしたが、たしかに映像的に小物や服とかひとつの世界が作り上げられてて、漫画に描かれてた細かなディティールを再現してるような緻密さは感じられました。

以下、2008年当時の感想↓

--------------------------------------------------------------------------------
先週末、レンタルDVDで観ました。

フランス映画の「アメリ」ってありましたが、
アメリカ版「アメリ」って印象も少し残りました。

お決まりの文句で言えば、
スタイリッシュで、パンクでロックで
キッチュでポップでキュートな
アメリカン青春映画なのですが、
登場人物がみんな普通に病んでる感じが現代らしい。

国籍も性別も年代もまったく違う主人公に、
何故かどこかで共感してしまい、
最後はなんか心の奥が「ジュン」となってしまいました。

この世の全てが、安っぽい張りぼての作り物にみえて、
何もかもに「FUCK!」と中指をおったててるような
青春時代って誰にでも多少経験あると思う。

ラストシーンに
「え~?そんなシュールな終わり方の映画?」ですが、
・・・思わず「世界中に唾を吐く 眼鏡っ子に幸あれ!」
って言いたくなっちゃいました。(笑)

インディーな印象でしたが、なかなかの力作。
登場人物はみんなトリッキーに見えますが、
本当はそこが一番、普遍性のある映画なのかもしれません。

何処を切っても、ファッショナブルな映像もカッコイイですね。

「なんだか最近、つまんね~なぁ~」って方にはお奨めかもです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タイピスト!

2017年06月07日 | 映画・TV
2012年のフランス映画。



一言で言えば、とても「キュート」。

二言で言えば、「給湯」じゃないよ、「キュート」だよ。(^_^;)

全編、オードリー・ヘップバーンの映画を意識してるような雰囲気もあり、

1950年代のフィフティーズな世界がとても可愛い。

正直、ストーリーとか単純で、演出もベタっちゃー、ベタですが、

とても好きだな、この映画。

可愛い映画で、ちょっとキュンとなった

(年齢的に)フィフティーズ(いえ、まだ50手前です!一応ね。)のおっさんで、

ごめんね~ ごめんね~!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

清潭洞(チョンダムドン) アリス

2017年06月05日 | 韓流ドラマ
いやはや、久しぶりに韓国の連ドラを借りて観ました。そして、久しぶりになかなか良いドラマでした。

正直、もう韓国ドラマ・・・面白い作品がないなぁ~・・・と思っていたのですが、

こちらは久しぶりのビンゴ!!



「秋の童話」や、「メリは外泊中」のムン・グニョンと、強姦で訴えられた経験のあるようですが、イケメン俳優のパク・シフに、「オレのことスキでしょ」の舞踏家の先生役も綺麗だった、ソ・イヒョン。
(パク・シフと同級生って設定は、かなり無理ある対象的な二人でしたね。)

ちょっと悪役的側面もあるムン・グニョンが、どうも・・・「あなたのことはそれほど」の波瑠ちゃんみたいに、ちょっと設定とキャラが似つかわしいように思えました。

パク・シフさんのコメディーな感じ(訛り・・には笑ってしまった。)はとても良かったですが、何でしょう?目の奥が笑っていないと言うか、なんだか痛々しく見えちゃうのもちょっと引っかかった。

結局、悪役のはずだった「ソ・イヒョン」が主役だったような気がします。ラストシーンも彼女で終わってしまうのが面白かった。

「ふしぎの国のアリス」を題材に、なかなか良く練られた話で、破綻もなく、

ほんと久しぶりに最初から最後まで楽しめました。

2012? 2013年 作品。

オススメです♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あーめーがん

2017年06月03日 | ひとりごと・日記
会社で時々、「あーめーがん」を出してくれる。





新潟弁で「スウィーツ」等を示します。

正直・・・

う、う、う、嬉しいです!(*´Д`)

これで、仕事もはかどるぜー!

とは簡単にいきませんが、、、そう・・甘くはない?

スウィーツなのにね。

ただ、モチベーションはアガリます。

洋菓子だから、餅ではないのにね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新幹線の正面衝突!?  その事故の瞬間を捉えた!!

2017年05月26日 | ひとりごと・日記
高崎に出張してきました。

高崎駅のホームで、上越新幹線を待っていると、反対側のホームで・・・

衝撃的な事故の瞬間を捉えてしまった!?

題(仮)「新幹線の正面衝突!?」





・・・ええ、暇だったもので。(*´Д`)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マンガのような話。

2017年05月23日 | ひとりごと・日記
ヘアーサロン イタイ。 痛い床屋さん・・・嫌だな。(笑)



ちなみにお隣は、「マンガ」という食堂。



・・・と言う、マンガみたいな話。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日々ロック

2017年05月21日 | 映画・TV


なかなか、酷い。

久しぶりに、酷い映画だった。(笑)

監督は「SR サイタマノラッパー」の入江悠監督で、期待してたんですが・・・う~む。

全編、空回りな印象。

もしかすると、原作の漫画の方は面白いのかもしれない。

機会があったら、読んでみたいような、みたくないような。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

僕の右手首を知りませんか?

2017年05月19日 | ひとりごと・日記
「誰~が、前足じゃ!」

先週から、右の手首が痛い。

原因はわからないけど、関節部分が痛い。

腫れていても、腫れていなくてもわからないくらい肉というプロテクターを装着してるにも関わらずだ。

(脱着が出来ないのが残念)

結構、右手首が商売道具なんですけど・・・

ドラムやジャンベを叩いたり・・ルアーを投げたり・・・バイクのアクセルを回したり・・・

・・・って、全部・・・商売じゃねーじゃん! 商売道具じゃねーじゃん!

湿布してみたけど、全然ダメ。 お爺ちゃんの匂いがするだけで効果なし。

お医者さんに行くほど痛い訳でなく、

自分の自然治癒力を信じるしかない。

もしかして、肉の重みに耐えられなくなったのかも知れない。

常にちょっとしたダンベルを持ってるようなもんだからねぇ~?

(ねぇ~?って言われても・・・ねぇ~?)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

闇金ウシジマくん

2017年05月16日 | ひとりごと・日記
最近、(今更?)「闇金ウシジマくん」にハマった。



ラーメン店で読む「難波金融伝・ミナミの帝王」が一番!と思ってたのですが、

いやいや、ウシジマくん・・・面白い!

漫画は読んだことないのですが、ドラマ~映画まで一応、全部観てしまいました。

特に、映画のザ・ファイナルなんか、薄っすら感動すらしてるし・・・。(笑)

あの子役というか、中学生の丑嶋くんが凄い!!

ミナミの帝王は、萬田はんが悪い奴を懲らしめるような部分があって、

少しヒーロー的なスカッと感があるのに対し、

全く救いようがないし、別に助けてくれる訳でもないので、

スカッと感ゼロのアンチヒーロー・・・ダークヒーロー?

何か妙に、カッコイイんですよね。 それが何かイマイチ分析できないのですが、

後味の悪さが、面白いのは確か。

えっと、正直に申しますと・・・

犀原茜の高橋メアリージュンがめっさ好き。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひかりのようなおと、ひかりのようなひと。

2017年05月14日 | ひとりごと・日記


稀に、音が光のように見える感じがする時がある。

(急にどうした? 大丈夫か?)

いや、本を読んでても、美しい言葉と言うか、素晴らしい表現? 

ストーリーなどで、パッとそこだけ光ってるように見えることもある。

(ますます、大丈夫か? 変な薬でも?)

ありませんかね?

光と言うか、風と言うか、温度と言うか・・・何かフワっとしたもの。

逆に、汚いものや嫌なものは、重く濁って見える。ヌメッとしてて、フワッとしてない。

たまに、ドロっとした人・・・っているよね?

外見は難しいし、重さは人一倍あるけど、内面的に・・・出来るだけ

「ひかりのようなひと」に、なりたいものだ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ギャラクシー・クエスト

2017年05月06日 | 映画・TV


米 1999年 公開のスタートレックのパロディ映画ですが、

いやはや、これは面白かった!

変な話、ターミネーター・ジェニシスより、

面白いか?面白くないか?だけで言えば

全然、面白い。

ジャケットとか、タイトルとかが、マンマで、マジすぎて、

そのギミックが伝わらずに損してるような気がしますが、

ぜひ一度 観ておいても良いかと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ターミネーター: 新起動/ジェニシス

2017年05月04日 | 映画・TV
観るのを忘れてた感じ・・・結果・・・ずっと忘れてても問題なかったかも?・・・でした。



ま、「祝!シュワちゃん復活祭り」ですね。

ジェームズ・キャメロンが「最新作は私にとって『ターミネーター』の3作目だ!」

と言ったと言われますが、確かに、そういう作品を作ろうとしてる意欲は感じられます。

終始「焼き増し」的な内容で終わってるし、

映像技術的にも目を見張るようなシーンもなかったと思います。

ストーリー的にどーこーって言う映画じゃないと思うのです・・・

もっとシュワちゃんとT2くらいの最強敵キャラの死闘をT2を超えるアイデアと驚愕映像で見せていただかないと。

審判の日とか、そういう設定は掘り下げたところで、大したことはないんだから。

てか・・・イ・ビョンホン・・必要だったっけ?(^_^;)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チャラン・ポ・ランタン

2017年04月30日 | 音楽
最近ハマってるのが、チャラン・ポ・ランタン

今さら?って言われるかもですが、実に「面白い!」 



音楽も、姉妹も。 (ちなみに、お姉さんの 小春 ファン。)

サイノウが溢れてる。

海外では「オルタナティブ・シャンソン」と評されてるらしいですが、

本人たち(お姉ちゃん)は、「チャラン・ポ・ランタン」と言う

ひとつのジャンルになれたらいいなって言ってた。

カッコイイな。

衣装を縫ってるお婆ちゃんと、お母さん(イラストレーターらしい)も、とてもいいな。

ちなみに、お父さんも。。。先祖も絵描き? 

芸術家一家らしいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加