畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

ワラビが畑のようです

2017-05-24 20:25:36 | 山菜

寒い朝夕が続いていたけれど、ここのところ真夏並みに気温が上昇。

まだ、雑草も生えそろわない河川敷、堤防のワラビが最盛期を迎え始めた。

 

  もう半月もすると、雑草がはびこりワラビもその中に埋没状態となる。

今ですよ、ワラビ採りの長閑な季節は。

 

  おっと、ここはすでにスギナをはじめとする雑草が繁茂状態。

ま、雑草はワラビに日陰を与えてくれる作用もあり、柔らかさを保つにはそれなりの効果も。

 

  ちょちょいのちょいーっと。

10分ほどで抱えきれないほどのワラビを採っちゃいました。

 

 家に持ち帰ると、輪ゴムで束を留めて両端を切り落とします。

奇麗に長さをそろえて束ねたワラビはすぐにプラスチック製の漬物桶にドボーン。

 ま、スベルべだけの好みかも知れないけれど、これがまた美味しいんですよ。

塩漬けのワラビ一回茹を塩抜きし、味噌汁の具にして油揚げと合わせたら何とも言えない美味しさが。

 山菜は色々な食べ方があるけれど、ワラビ、そして独活の塩漬けは生とは違った風味も楽しめます。

畑仕事の合間に、休憩代わりにワラビ採りが出来るなんて何時も田舎ならではの幸せを感じます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝飯前のゴーヤ植え

2017-05-24 04:36:38 | 野菜

 

 これは週明け、月曜日の朝飯前、5時からの畑仕事です。

ここのところ朝は大概4時前後に起床。ブログをアップし新聞に目を通してから畑に出ます。

 先日お見せした、マルチを張ったばかりの棒畝にゴーヤを植えます。

まだ苗は育成中だけれど、この朝植えたのは18本でした。

 

  このゴーヤの種は自家採種したもので種類は「アバシゴーヤ」です。

直径が大きくて、肉厚ジューシー。沖縄旅行をした際に食べたゴーヤチャンプルーもこれを使っていましたね。

 

 ポリポットの中で、けっこう我慢させちゃって根が充満していました。

マルチに穴あけ器で穴をあけ、ギュギュっと押し込んで周りに土を寄せて植え終わり。

 

 

  朝の空気は気持ちが良いですね。

植え終えたゴーヤの苗に朝日が当たります。たっぷりと散水して仕事を終え、他の野菜にも散水して帰宅。

 

 さて、いつも言うようにハウスの中では苗たちが次々に出番を待っています。

これはミニカボチャの「栗坊」だけれど、この後2、3日したら葉が赤くなり始めてしまいました。

 帰宅して、二人で朝食の後山の畑に行き、さつま芋の畝つくりを開始。

新しい畝建て機の試運転を兼ねてでしたが、土が乾きすぎていることもあり4本だけ作って8時半に帰宅。

 この日はケーブルテレビの人気番組?「魚沼農業日記」の収録日でそのための早期帰宅でした。

下の畑で撮影を開始し、この時スベルべママは別の畑で小型耕運機を使っています。

 下の畑の撮影を終えてケーブルテレビスタッフと山の畑へ行き、初サツマイモ植絵を撮影。

無事に収録を終えてスタッフが帰ってからは一人でせっせとナス用の大きな畝つくり。

 こんな仕事を午後も続け、最後に山の畑から帰る際には軽トラに積載した400ℓタンクに注水。

家の前で、夕食準備のスベルべママを下ろし、一人で畑に如雨露で散水して帰宅すると19時のニュースが始まる。

 ここのところは大概こんな行程で働き、暮らしています。

実働10時間なんて普通になっちゃった、畑の繁忙期です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オトーさん手伝いましょうカー、カー

2017-05-23 04:21:00 | 

 トラクターで一心不乱に畑を耕していると、思わず眠くなることもある。

ところが、何者かの雰囲気を感じることがありハッとしてみるとカラス君。

 

 どこで見ているんだろう。って空の上から眺めたら人間の様子なんて一目瞭然。

「ラッキー、ご馳走を掘り出してくれてるぞ」なんて飛んでくるって訳です。

 

  人間がトラクターに乗っていると、すぐには降りられないことを熟知している。

平気ですぐ近くまでやってきて、土の中から掘り出される主として虫の幼虫を探すのです。

 

  熱心に探すものだから、せっかく耕した畑もすぐにカラスの足跡だらけ。

でも、不思議なのは近くの畑には多くのカラスたちが居るというのに、来るのはいつも一羽のみ。

 

 「おい、轢かれないようにな」「へい、大丈夫ねー、それよりトーちゃんカメラのストラップ」なんて。

この時スベルべママは一人で、ジャガイモの土寄せをせっせとしていました。

 こんな時にカラスは退屈しのぎにちょうど良い相手。

ちょいと小首を傾けて、スベルべの様子をうかがうなんて、何だかこちらの気持ちを読まれているよう。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

暑い日はマルチ張り日和

2017-05-22 04:29:28 | 

 先日、この堆肥をせっせと運び、レーキで掻き均し トラクターでしっかりと耕していた。

一昨日、暑くなり始めた日にその畑を棒畝、平畝と畝を作り上げていたのです。

 

  さて、そして昨日は今シーズン最も気温が上がると予報された日。

予報通りに朝から雲一つない日本晴れで気温はぐんぐんと上がり、絶好のマルチ張り日和。

 一方の端を深く掘り、マルチを入れて土をしっかりと掛けて踏み固める。

気温の高い日はマルチは簡単に伸びるけれど、低くなると縮んで引っ張り力が働き抜けちゃいますから。

 

  さて、ここからが我が家自慢の夫婦協力のマルチ張りのスタート。

135センチ幅のマルチの巻物の芯にいぼ竹を通し両端を二人がそれぞれ握ってそれっスタート。

 

  こうして、暑い日に伸ばしに伸ばして張ったマルチは表面がピント張り詰める。

一人で苦労しているマルチ張りは、どうしても歪んでしわだらけ。この棒畝2本はゴーヤ用です。

 

 ゴーヤ用棒畝の右の短い平畝と合わせて計6本の畝のマルチ張りが終了。

平畝には、「ツルムラサキ」の種を蒔き、バジルの苗をを3種類植えます。

 まだ、畝が残ったらピーマン類でも、オクラでも植えるものはいくらでも有って困ることも無し。

さて、昨日からさつま芋の畝を作り始めたけれども雨不足で土が乾ききって大苦戦。

例年の事ながら、さつま芋の準備をする梅雨入り前は雨不足に悩まされます。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

連載112-3「祭りには芝居が付き物だった頃」(その3終わり)

2017-05-21 12:30:08 | 暮らし

  (花代、おひねりが飛ぶような名演だったのでしょうか)

   祭りには芝居が付き物だった頃(その3終わり)

 そんな風にして、一昔前の夏祭りになどでは各地で芝居の舞台が設けられ、

演じられた事が記憶の片隅に残っている。時代の流れとともに芝居を演ずる物好きなど居なくなり、

祭りといえば「カラオケ」などと言う時代が到来。


 神社の境内で芝居が演じられていたことなど知らない世代が多くなった。

神社の社の中には、俳句大会の入賞作品も額装されて飾られていたりして、当時の人たちの教養の高さ、

そして暮らしの中の精神性の豊かさ、楽しみなどが見出され、つい、余裕のない今の時代と重ね合わせ、

嘆息してしまう事となる。


 ところで、二冊目の台本「碁太平記白石噺」の裏表紙には「北魚沼郡今泉村 山本庄吉」と言う署名が見えます。

どなたか、ご存知の方はいらっしゃらないものかとも思う。

            (終わり)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加