畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

ワー、とうとう雨が来たぞー

2016-07-29 04:42:04 | 自然

 猛暑の中、畑の草取りをしていたのは前述の通り。
でも、遠雷に遠くを見ると雨が迫りくるではないか。



 できたならば帰り際にジャガイモ掘りして帰ろうと思ったけれどもそれどころではない。
降るだろうなー、いや、ひょっとして降らずに済むかも。なんて思いが交互に頭の中を駆け巡る。



 いやいやー、もう「権現堂山」なんて半分は雨の中ですよ。
あの山のふもとがスベルべママの実家ですから、今頃は大雨だなー。



 雨雲の広がりは頭上にと迫り、猶予する暇はありません。
はやく、仕事を片付けて帰ることにしましょう。



 もう少しで、4畝の草を取り終えるところでしたが落ち始めた雨粒に止めます。
ま、草なんてまたいつでも取ることが出来ますから。



 そんなことを考えているうちに「土佐」に住む妹から携帯に着信。
「魚沼に大雨洪水警報って言うけれど大丈夫?」って便利な世の中になりましたね。



 ほら、小出地域は大雨ですよ。
「下島排水樋門」の操作責任者としては、魚野川の状態も気になりますが、変化は無しでした。



 軽トラに乗り込み、家路につくと大雨が始まりました。
元プロの災害対策として見ると時雨量は20ミリ程度かな、まだ大丈夫ですよ。



 でも、畑の中の通路はたちまち川のような状態に。
雨の中、例の子狸たちを心配しながら家路を急ぐのでした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

猛暑下で雑草と戦う

2016-07-28 19:47:33 | 暮らし

 関東は昨日梅雨明けだったらしいけれど、魚沼の梅雨明けは22日だった。
梅雨が明けたとはいえ、雨は降る。雨が降ると野菜も雑草も大喜び。



 先月の20日頃に種まきをした右のニンジンは、もう草に負ける心配は無い。
でも、左の畝のようにまだ畝に隙間があると、雑草が先に伸びだす。



 うわーっ、もう雑草の勝利、雑草の天国ですね。
畝間だったら鎌で掻き取る事もできるけれど、こうなったら手作業しかない。



 雑草という植物は無い!って言いますよね。
これはしぶとい「スベリヒユ」またの名を「スベルべ」って言いますけれどもね(笑)。



 両手を使って左右の畝のニンジンの間の草を取る。
取った草は畝間に重ねます。



 さて、畝間に取った草を放置するわけにはいきません。
ついで、D型の金具のついた草取り器でガリガリと削って土と一緒に草を集める。



 この「ケズッタロー」って言う道具も結構有能な道具ですよ。
この替え刃なんて結構なお値段でね、独断で購入しスベルべママに叱られたっけなー。



 「ケズッタロー」で掻き取った雑草は畝間に集めます。
でも、これだけでは50点。運び出さないとすぐに根付いてしまうんですー。

 もう、本当に朝から熱い一日でしたねー。
額を伝い、顎を伝って汗は流れ落ちる。

 そして、作業着にしているワイシャツは汗で濡れて肌にまとわりつく。
いえ、シャツどころかズボンさえ、腿に張り付いて来ちゃいましたよ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ワッ、大きなキュウリ!

2016-07-28 04:45:53 | 野菜

 雨音を聞きながら気持ちよく寝ていたけれど、目覚めたら雨は止んでいた。
農天市場の畑に出かけ、先ずはキュウリの収穫と思ったら、巨大なキュウリが目に入った。



 ジュンベリーの葉陰に隠れて見つからなかったキュウリがユウガオのように見えたのだった。
普通サイズのキュウリと比べたら体積は5倍くらいもあるのかな。



 キュウリとインゲン豆は長い畝を共用。
長い長い緑のトンネルですよ。



 キュウリは間違って大きくしてしまったのだが、これは品種的に大きなナス。
そう、「熊取のおっちゃん」さんから頂いたビッグなナス「山本ナス」ですよ。

 中ほどに見えるのが、普通のナスでこれでもこの種類としては大きいサイズ。
そして、手前の紫色を帯びたナスは「ヴィオレッタ・デ・フィレンツェ」です。



 この「山本ナス」は本当に大きいですよ。
頂いた説明書によると、もっと大きく25~30センチにもなると言います。



 この「ヴィオレッタ・デ・フィレンツェ」も捨てがたい味ですね。
この2種類のビッグなナスは種を自家取りする予定。取れたらまさにボーナスです(大笑)。



 この朝も、知り合いの八百屋の若者が、六本木に新規開店する店に野菜を発送するという。
このほかにも、地方野菜の「神楽南蛮」色付きのジャガイモ2種類などをお渡ししました。

 スベルべが作る野菜が、長岡・新潟の県内のお店のみならず東京にも行くとはねー。
退職し、手探りで野菜の納品先を探していたころが夢のように思い出されます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大きなスイカが4個も採れた

2016-07-27 04:45:09 | 野菜

 一昨日まで山の畑に散水に通っていたというのに昨日は一転雨。
予報よりも雨は遅く、降りだす前にジャガイモを少しでも掘ろうと夫婦で山の畑へ急いだ。

 「ノーザンルビー」を1コンテナ、そして「シャドウクイーン」を掘っているうちに雨が来た。
スベルべママの機転で、コンテナに古いマルチシートをかけて濡らさずに済んだのだった。

 ジャガイモを軽トラに積み込んだ後は、雨の中でスイカとマクワウリの収穫。
大きな大きなスイカが収穫できたのでした。


 下の畑で、軽トラを止めここに植えていた丸いズッキーニを収穫。
丸いズッキーニは、細長い品種よりも寿命が長いようです。で、スイカはこれで4個。



 雨の中、下の畑で軽トラを止めた理由はこれ。
コンニャクの手前に植えた「ツルムラサキ」を採るためでした。



 それにしても今年のコンニャクは大きいですよー。
あまりにも大きな芽が出て、開花を心配したけれどもその兆候も無し。



 さて、心配なのは山道を走っていると出くわす子狸たち。
月齢の違う、三組の兄弟たちがいるように見受けられる。

 見るところ、どの個体もどうも疥癬か何か皮膚病を患っているようにも見える。
ひょっとすると、親狸は生き残りのために病気の子狸を見捨てたのかもしれない。



 いつもは畑のスイカや、マクワウリなどを食べられてしまう敵でもある。
でも、スベルべは子狸たちが心配で、スベルべママには内緒で出没する藪に餌になるものを置いた。

 「敵に塩を送る」でもないけれど、こんな事をするところがスベルべがスベルべたる由縁。
時々「トーちゃんは動物には優しい」なんてスベルべママにはなじられますから、内緒内緒(笑)。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

アリのごとくに働いて

2016-07-26 04:50:56 | 

 子供のころから変わっていると言われたスベルべは今でも変わっているのかなー。
先日、平鍬で雑草を削り取ったらアリの巣まで一緒に取ってしまった。



 すると、草の下から、アリの卵だか蛹が大量に出てきてアリさんたちは大騒ぎ。
その後、何日かしてみると蛹はすっかり隠され、またアリたちがせっせと土を運び出している。

 見ているとアリにも性格の違いが見え、土塊を遠くまで運び出すアリと、近くにポイと置くアリと。
呑気だと叱るスベルべママもいないのでしばらく眺めていたけれど、こんなところが変わっていると言われる由縁か。



 さて、今年最後のニンジンも種蒔きも無事に終えましたよ。
梅雨明け後、雨が降らないので散水は欠かせない。おっと折角の畝を踏んだ狸の足跡が。



 向こうの方から播いて一か月後のニンジンとそこからスタートして一か月余りの種まき。
労力の関係もあるけれど、ま、種蒔きがずれたらそれだけ収穫もずれると良い方に解釈して播き続けたのです。



 軽トラの荷台に400リットルのタンクを積み、エンジンポンプで川水を汲み込む。
エッチラオッチラと山道を登り、丁寧に如雨露で散水です。



 でもね、悩みは散水を喜ぶのはニンジンだけではなくて雑草も喜ぶこと。
また草取りをしなくてはなりませんね。



 ニンジンとそれに続くゴボウに散水。
余力と時間に余裕があったら、タンクを空にするけれど、それだけで一時間はかかってしまいます。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加