畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

大雨でも元気なのは?

2017-07-25 04:04:36 | 

 いつもの農道が大雨の被害で数か所土砂崩壊で通行不能。

ジャガイモは晴天が続いた後で何時掘っても良いのだけれどトマトはそうもいかず毎日収穫しなければならない。

 いつもだと3.5キロの道のりを遠回りして5.0キロ走って山の畑へ。

畑に到着しトマト畑を見ると、畝を覆う黒いマルチの植えにはっきりくっきりと狸の足跡。

 

 これなんて立ち上がってかじりついたようですよ。

うーん、電柵の効果が無いのかなー。それともトマトの味の魅力が強すぎるのかなー。

 

 地面、畝間にも食べ残しが転がっています。

この食べ方、食べ口の形は狸の仕業に間違いありませんね。

 

 狸の奴め、完熟前の「サンマルツァーノ」ま味をチェックしているぞ。

おいおい、狸公よ、そりゃ加熱用でパスタ用ソースの材料だぞ。

 

 なんで、電柵を設置していても食害に合うのかとよくよく考えてみたら・・・・。

オー・マイミステーク!肝心の結線を間違えていましたよ。電気関係に弱いスベルべの弱点暴露。

 結線し直す前は恐る恐る触っても、ピリリともしなかった電柵の電線。

結線し直して触った見たら、おー、こりゃー効くわい。狸でなくても飛び上がるほどの電流の強さ。

 帰宅してスベルべママと大笑い。今夜は狸の災難の夜だぞ。なんてね。

ここのところ毎晩9種類のトマトを夕食代わりにしていたグルメ狸の悔しがり方が見えるようです。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

洪水にやられてしまいました(その8追加)

2017-07-24 04:41:15 | 自然

 自宅の水害後の整理、後片付けも一段落。

ようやく、落ち着いて周囲を見渡すとなんと水門近くの山が何か所も崩れていた。

 

 駅の様子を見に行きます。多少のゴミは残っているものの列車の運転は可能な状態。

徹夜の仕事を終えた昔の仕事仲間が車を止め「スベルべさん、昨日の朝から全く休んでいません」と。

彼らの文字通り不眠不休の徹夜作業で線路の被害は24時間以内に復旧できたのでした。

 

 さて、氾濫した「大沢川」に行き、橋の上から下流方を見ます。

下流に向かって右側、つまり右岸のコンクリート製護岸は跡形もありません。

 

  この農道の先にはコンクリート製の橋が架かっていました。

でも、そのコンクリート橋も跡形もなく流されていました。

 

 川の中に橋脚は無く、両岸の護岸の上で固定されていました。

その大切な橋台部分の護岸が流失したのですから、橋なんて跡形もなくなるのも無理のない話。

 さて、昨日の午前中は小河川、側溝の砂利や泥上げの共同作業に従事。

いやー、とんでもない土砂の量で人力では片付けも限界を感じました。

公的な支援、機械力の導入が急務と思いましたが、お定まりのお役所仕事で対策は遅々として進まないようです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

連載117「エープリルフールの出来事」(その2終わり)

2017-07-24 04:40:50 | 暮らし

       エープリルフールの出来事(その2)

 さて、この事件の前後から、「あそこでも起きた、いやここでも起きている」と事件の発生が噂話で広がった。

でも、警察や市当局から注意を喚起するような話は無かったなー。

巡回中の警官にそのことを指摘すると、「いえ、しています」なんて言ったが、

それは一般的で毎年恒例の「春の防犯月間」のキャンペーンでしかなかった。


 市へは「市長への手紙」欄にネットで投稿。「危機管理室は災害から市民守るだけではなく、

犯罪などから市民の生命財産を守るのも仕事ではないか」と。

すると、間も無く危機管理室長が来宅し「すみませんでした」などと言う。

「あなたに誤っていただくようなことではありません。施錠していなかったという私の不注意ですから。

ただ、市民にこういう事件が多発していると伝えてもらいたかったのです」と私は申し上げたのだった。


 でも、警察も市当局もその後も注意喚起のニュースを流すことは無かったですね。

その後100件以上もの同様な手口の事件を重ねた犯人は、隣の南魚沼市でようやく逮捕されることになります。


 それからも何回か警察署員が来宅したり、巡回中の署員に聞いたりもしたけれど、

まず被害の金銭は戻っては来ないという冷たい言葉のみ。

最後は「検察庁に手続しましたがお宅の事件は入っていません」ってどういう事なのか。

うーん、貧乏な家庭で被害金額が少なかったのかなー。


 でも、こんなことでお金が帰らない悔しいことです。あの東北大震災の際もいち早く支援金を送りました。

そして、義援金は色々な団体が介在し、なかなか被害者の手に渡らないと言う話も聞き、

熊本地震の際は熊本県知事あてに送金しましたよ。

うーん、盗まれるのだったらもっと送っていたら良かったなんて、文字通り後の祭りのエープリルフールでした。

              (終わり)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

連載117「エープリルフールの出来事」

2017-07-23 04:55:35 | 暮らし

       エープリルフールの出来事

 

 妻よりはいつも朝が早い私は、二階から降りて、開いていたドアから台所の床に赤い妻の財布を見て、

寝る前に領収書の整理でもしていたのかな。などと呑気に思っていた。


 いつも通り居間のパソコンに向かってブログをアップした。

そして、新聞を取りに高床式の玄関階段を下りると、階段上り口付近の地下室のドアが開いていた。

閉め忘れたのかと、家の横に回るとそこのドアも開いているではないか。


 異変に気付き、慌てて部屋に戻り開いているドアから食堂に入った。

やられたー、壁面に取り付けた引き出しが全て開けられているではないか。

 二階に駆け上がり「起きてー、泥棒が入ったみたいだぞ」と声を掛ける。

慌てて起き出した妻と点検すると、すべての財布は見事に空っぽだ。すぐに警察署に電話を入れた。

間も無く到着した警察署員と調べると、財布の中は札だけが抜き取られ、小銭、カード類は残っていた。


 駆け付けた署員の一人は駐在所員として春先に家族構成などの調査に我が家を二人で訪れ、

お茶を馳走した方だった。「電話を受けて、スベルべさんの家で無かったら良いのだが思ってきたのですが・・・・」、

と言われる。


 所轄の警察署員のみならず、長岡署からも鑑識が専門と言う警官も駆け付ける。

そして、特殊なライトなのか、室内の照明を暗くしてそれで床を照らすと、

土で付けられた犯人の足跡と思われる痕跡がありありと浮かぶ。

             (続く)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新聞投稿から「畑や田の行く末が心配」

2017-07-22 20:36:23 | 暮らし

    「畑や田の行く末が心配」(高齢化進む日本農業心配と、改題されて掲載)

  山の畑での仕事がお昼を前にして早めに区切りになった。

妻と相談し、「人の畑でも見学するか」と、山続きの隣村の畑に軽トラックで行ってみた。

二人でその畑の場所に行き驚いた。今年の野菜は以前に比べて極端に減って荒れていたのです。

所々自家用と思われるジャガイモの畝は見えましたが、ほかの作物は少ない。


 夫婦でため息を交わします。我が家の畑もこんな風になっちゃうのだろうかと。

高齢化で野菜つくりが不可能になったのでは無いかと自分たちも重ね合わせ悲しい気持ちになって帰宅しました。

 さて、畑ばかりではありません。国の主導で始まった集団営農のメンバーも高齢化が目立ち、

若年層の参加も見られません。

我が国の農業はすべて同じようなことが危惧されてならない。


 そして、その農業の行く末を心配し、本気で論議を呼び起こすべき農業委員会やJAの委員会メンバーも、

肌で農業を知る人が少ないことも心配の一つです。

 誰でも農業について論議することは可能でしょう。

しかし、真に日本の農業の行く末を心配できるのは、汗を流して取り組む人々だと強く思うのです。

 

 左奥の畑は草、雑草を生やさないためにだけトラクターで耕されたようです。

数10アールはあろうかと言う、有機質に富んだ豊かな土が泣いているようです。

 

 農水省の補助事業で「広域農道」と言う勿体ないような道路もできています。

ま、ここなどましな方かな。日中でもほとんど車とすれ違うことも無い「広域農道」もたくさんありますから。

 

 ため息が漏れちゃいます。

ここも、最近耕されたようですが、耕作・作付けをする雰囲気は見えない。

 

 春から一度も耕さないと、雪消え後3か月弱でこんな様子になってしまう。

2、3年このまま放置されたら、カヤなどの大型雑草が生え茂り、原野化してしまうでしょう。

 こんな実態を投稿にも書いたけれど、農業委員やJA役員などは知っているのだろうか。

過去の名声や業績のみで選ばれ、土の香りも自ら汗を流すことも無い人たちが農業を論ずる不可思議さ。

 スベルべは土に生まれ、土に育ってきました。土に汗と血を流し死ぬまで農業を続けます。

鍬を握りしめ、鎌を握りしめたままで畑で往生したとしても悔いは無し。マックスと一緒に土に還ります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加