gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

議会の審問

2016-09-15 17:08:48 | 日記
<マタイによる福音書第26章>
(26・57-68)議会の審問
(57)さて、イエスをつかまえた人たちは、大祭司カヤパのところにイエスを連れて行った。そこには律法学者、長老たちが集まっていた。
(58)ペテロは遠くからイエスについて、大祭司の中庭まで行き、そのなりゆきを見とどけるために、中にはいって下役どもと一緒にすわっていた。
(59)さて、祭司長たちと全議会とは、イエスを死刑にするため、イエスに不利な偽証を求めようとしていた。
(60)そこで多くの偽証者が出てきたが、証拠があがらなかった。しかし、最後にふたりの者が出てきて、
(61)言った、「この人は、わたしは神の宮を打ちこわし、三日のあとに建てることができる、と言いました」。
(62)すると、大祭司が立ち上がってイエスに言った、「何も答えないのか。これらの人々があなたに対して不利な証言を申し立てているが、どうなのか」。
(63)しかし、イエスは黙っておられた。そこで大祭司は言った、「あなたは神の子キリストなのかどうか、生ける神に誓ってわれわれに答えよ」。
(64)イエスは彼に言われた、「あなたの言うとおりである。しかし、わたしは言っておく、あなたがたは、間もなく、人の子が力ある者の右に座し、天の雲に乗ってくるのを見るであろう」。
(65)すると、大祭司は、その衣を引き裂いて言った「彼は神を汚した。どうしてこれ以上、証人の必要があろう。あなたがたは今このけがし言をきいた。
(66)あなたがたの意見はどうか。すると、彼らは答えて言った、「彼は死に当るものだ」。
(67)それから、彼らはイエスの顔につばきをかけて、こぶしで打ち、またある人は手のひらでたたいて言った、「キリストよ、言いあててみよ、打ったのはだれか」。

(参考 新約聖書略解 日本基督教団出版局)後で投稿
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現代における実相独在のあり方 | トップ | 議会の審問 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。