日々是好日 in Canada

写真と日記で綴る、日々のこと。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

川が凍る町

2014-02-02 | 日記-オタワ


家からの散歩コースの途中。まったいらな雪景色は、凍ったオタワ川。
写真の通り、睫毛も凍る寒い朝。


と、かなり久しぶりの投稿を、ひっそりと。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お食事中

2012-07-07 | 今日の一枚
オタワは首都とはいえ、緑豊かな小さな町。
町を歩くとあちこちで、こうして無心に、そこらへんの人間などおかまいなしに、もぐもぐと葉を食む野うさぎやグラウンドホッグにでくわします。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

チューリップまつり

2012-05-26 | 日記-オタワ
前回の日記以来オタワでは、30度近く暑くなったかと思えば、雪が降るほど寒い日もあり、というのを幾度となく繰り返し、チューリップだって慌ててニョキニョキと芽を出したらその上に雪が積もっちゃって、私たちだってTシャツの日もあればコートの日もあり、何がなんだかわからない季節でした。

そんなオタワにも、ようやくしっかりと春が来ました。



そう、オタワといえば!チューリップフェスティバル。

第二次世界大戦中、オランダのユリアナ王女はカナダへ亡命し、オタワに身をよせていました。オタワ滞在中に出産を迎え、オランダ国内で生まれなければ王位継承権が与えられないオランダの法律に配慮して、カナダ政府は特別な措置として病室をオランダ領としオランダ国旗を掲げました。この時に生まれたのが、ユリアナ王女の三女(現女王ベアトリクス女王の妹)マルフリーテ王女。〈参考:Wikipedia〉

それ以来、オランダ王室は感謝のしるしとして、オタワに毎年チューリップの球根を贈っているんですって。



ちょうどオタワのチューリップフェスティバルと同時期に、岩手でもチューリップまつりが開催されていたそうな。


すっくと伸びて花を咲かせるチューリップの素直さには、憧れます。赤いチューリップに見送られて歩く朝の通勤の道も、それだけで、楽しい。
春の訪れを告げて、あっという間に散ってしまいましたが、チューリップに先導されてオタワは今、新緑と花と、もりもりに咲いたライラックでいっぱいです。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

スケート通勤の町

2012-03-04 | 日記-オタワ
昔、学校の英語の教科書に載っていた、オタワ。
カナダの首都であるとかなんとかいろいろ書いてあったあとに、チューリップフェスティバルのことと、それからこのリドー運河のことが写真付きで載っていました。首都だとか人口だとか、そんなところはぜんぜん覚えていなかったけれど、「冬は運河がスケートリンクになり、オタワの人々はスケート通勤する」と書いてあって、へぇぇ~!岩手も寒いけど、さすがに川は凍んないよ!と驚いて以来、ずっと記憶に残っていたんでしょうね。オタワに引っ越すと決まって真っ先に思い出したのは、その英語の教科書でした。

さて。冬。
通勤途中、朝の冷たい風に鼻をマフラーに埋めて歩いていると、スケート靴を紐で結んで肩にかけて歩くビジネスマンが前に。と、思ったら、颯爽と私を追い越してゆく女性もまた、肩にスケート靴。

あの教科書に書いてあったのは、本当だった!

なんとなく、何十年も経ってそれを目の当たりにしたことが嬉しくて、マフラーに埋もれていた顔をシャキッとあげて、冬の風を感じながら(ほんとうだった~!)と心の中でニンマリ。

でも、住んでみてわかったことがもうひとつ。
スケート通勤できるのは、運河の近くに住んでいて、さらにダウンタウン方面に職場がある人だけですけどね。
車通勤もバス通勤も普通にあるので、雪の日は渋滞したり、というのはもちろんこの町にもあります。

でも週末や、平日の夕方には、運河はスケートを楽しむ人でいっぱいに。



世界で一番長い、スケートリンク。その長さは、7.8km。ホッケーリンク90個分!

上の写真のように、ところどころに階段とベンチが設置されて、どこからでもアクセスできるようになっています。
運河上にはトイレも設置されたり、コーヒースタンドもあり、ピクニックテーブルでホットチョコレートを飲んでいる人もあり。

やっぱりここ、オタワも例外なく、カナダ人は冬を楽しむのが上手です。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アートな窓

2012-01-26 | 日記-オタワ
岩手も雪もたくさん降って氷点下な毎日でしたけれども、オタワに到着して空港から一歩でたとたん、鼻がツーンとしてキリッと頬に突き刺さる寒さは、やっぱりカナダでした。できることなら、春になってから帰ってきたかった・・・。

上の写真は、我が家の窓。
氷点下の寒風で窓も凍って開かなくなってしまった朝に、こんなアートをみせられると、寒いのも悪くはないな、と一瞬思ってしまうほど綺麗でした。(一瞬だけ。)
・・・暖かい部屋の中から見ているから、綺麗だと思う余裕もあるんだと思いますが。

義理の両親曰く、「今までたくさん引越しもしてきたけれど、その中で一番寒かったのはオタワ。」
げ。知らなかった・・・。
モントリオールも結構寒かったんだけどなぁ。

そりゃぁねぇ、運河でスケートできちゃうんだもんねぇ・・・。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加