Fitteの倉本です。

フィッテは熱き魂を持ったロードレーサー達の為の情報発信基地&「お店」です。
カテゴリーより店舗情報をご確認下さいませ。

世界に挑む!!!

2016年04月24日 00時00分07秒 | ORBEA
私ではなくて、私の組み立てた自転車が。

コレです






ボトルケージ台座なのにネジが切ってない。
そのままでは付かない。
よってコレを使用。





で、こうなりました。


ボルトのギザギザで指を怪我しませんようにとの思いから、、、。



ドリル作業とか





できるだけ空気抵抗の少なくなる配線作業とか





ステムとハンドルバー&DHバーとかが「お持ち込み」なので今ひとつ配線などがスッキリしませんができる限りの事はしました。
全部内臓にできるものもFitteでは取り扱っておりますので次回はぜひ、全てお任せでお願いいたします!



フロントブレーキはワイヤー受けが普通のサイズだと入らないし、アウターワイヤーがそのままだとガタが出ちゃうし、アウターカップを探すのに苦労しました。



中身はこんな感じです。


調整にはちょっとだけコツがいりますが昔のデルタブレーキよりはワイヤーの余長が採れるので簡単です。

ブレーキの引き代の調整機構はないのでホイールを交換する時にはワイヤーの張り直しをしなければならない事になります。
アウターをどこかで切って調整機構をつけないとホイールの幅が変わった時にはチョット面倒臭い。



後ろのブレーキはシートチューブを姦通貫通しています。
シートポストのパイプカットが必要です!!!
こんな感じです。



適正な長さにした後


インナーワイヤーが生えてきています。
黒いチューブはワイヤーの抵抗を減らす為のひと工夫。
出口付近のアルミの穴にコスレ過ぎると痛いでしょ?
オイルプレーより良い感じになりました(*^_^*)

中身はフロントブレーキと一緒です。





今回、バッテリー収納ケースを外すのに流血いたしました。
カーボンのバリがある中無理クリ突っ込んだのでしょうね。
抜けませんでした。
抜くのに流血いたしました(´;ω;`)

血が流れる前の画像



バッテリーはここに入っています。



これが唯一の組立説明図



あとは、設計者の意図を汲んで組み立てなさいって言う事なのでしょうね。
想像で組めって事でSKY?

想像力豊かでないと組めません。

私、妄想力は豊かなのですが、、、。

とりあえずは形になりました。

後ろから



前から



( ^ω^)_凵 どうぞ





てな感じで、お仕事も頑張っておりますのでクリックして応援の程よろしくお願い致します。m(_ _)m

この記事をはてなブックマークに追加

オルベア・オニキス アルテグラ完成車 11台限定発売

2012年01月19日 13時10分39秒 | ORBEA
高い運動性能と、フルカーボンフレームとして抜群のコストパフォーマンスを持ち、人気を博したオルベア・オニキス。
残念ながら2012年のラインナップから姿を消してしまったが、惜しむ声が多く寄せられたため、FITTEでのみ限定11台で発売されることとなった。
新型アルテグラ完成車で198,000円(税込)と、破格のコストパフォーマンスを発揮する。



構造はワンピースタイプのモノコック製法だ。
上下同径ヘッドや通常タイプのBBシェルなど、オーソドックスなシステムを採用しながらも高い剛性を持つことで、軽快な踏み味をもつレーシングバイクに仕上げられている。
バイクジャーナリスト吉本司氏は、2011年モデルのインプレッションにおいて「軽い加速感が魅力的な良質なレーシングモデル」と評している。

コンポーネントは10速のアルテグラを装備する。
STI・クランクを始め、ブレーキ・フロントディレイラー・リアディレイラー・リアスプロケット・チェーン・BBに至るまで、全てアルテグラで統一したフル装備仕様車だ!!!
ギア構成はフロント50/34T、リア12-25Tのコンパクトクランク仕様となる。
ハンドル・ステム・シートピラーはオルベアオリジナルのものが採用され、トータルパッケージとして統一されたデザインがなされている。

カラーはカーボンの地色にホワイトとオレンジのラインが入る人気の"カーボンホワイト"だ。
ストレートチューブを使用したフレームのシルエットを上品に引き立たせてくれている。

気になる価格はフルカーボンフレーム完成車としては破格の198,000円でリリースされる。
2011年はフレームセット単体で189,000円で販売されていたことを考えると、とてつもない非常識破りのコストパフォーマンスモデルであるといえるだろう。
販売数はFITTEでのみ11台限定販売。
気になる人は早めのチェックをした方が良さそうだ。
正規輸入品(ダイナソア扱いで)です。

オニキス アルテグラ10S完成車(11台限定)
■ヘッドセット:インテグレイテッド1-1/8
■カラー:カーボンホワイト
■サイズ:48、51
■価 格:198,000円(税込)



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

物凄い切れ味!

2011年08月01日 17時49分51秒 | ORBEA

今年も切れ味鋭いセール開始です。
ORBEA ONIX ULTEGRA 完成車
¥294,000⇒¥198,000(現金特価です)
色は写真のカラーのみで30台限定です。(48&51)



こちらも物凄い切れ味でした。


週末に怒濤のTIME3台組み立て。

さらに昨日のレースでの怒濤の切れ味
お友達の奥さま達のsexy応援団の声援&sexyビームにより、股間が腫れて、いや、股関節が痛くなり「たった1周」でレースを降りました。

物凄い切れ味でした。
後ろにブッ千切れ、、、。

大福屋さんが頑張って完走していたのには感動しました。

練習でたまに一緒している山本さんが入賞していたのは嬉しい。

鬼塚さん、川島さん、星野君、が良い走りでレースを創っていたのも嬉しい。

sexyビームを良い方向に享受された奈良さんが完走をしていた事も大変嬉しい。

股間節が痛くなった「夏の思い出=富士登山」については明日あたりに書きます。
只今、熟成中。

-------



この記事をはてなブックマークに追加

値引きをとるかor体に合わせるか?

2010年03月29日 19時08分01秒 | ORBEA
ORBEA Onix
105完成車¥238,000(サイズは48)







ULTEGRA完成車¥298,000(サイズは48)




どちらもフレームはまったく同じカーボンモノコックです。

一般的にバイクフレームには全てのサイズで同じ部材を使用する為、小さなサイズほど硬く大きなサイズほど柔らかくなる逆転現象が起こります。
実際には小柄なライダーは小さいサイズに、大柄なライダーは大きなサイズに乗るのにこれではフレームの剛性がライダーに合わなくなりおかしな事になってしまいますよね。
売れ線のサイズに合わせて同じ部材をすべてのモデルで採用することが多い中、ORBEAはSSNテクノロジーという技術で各サイズ全てのサイズで同じ乗り味を得られるように作られています。
つまり、Onixという1モデルでも5サイズあれば5モデルの設計をそれぞれに行っているのです。
この価格帯では考えられない(あり得ない)ほどに良くできたフレームです。

ただ残念なことにオーダー車ではないのでハンドルの幅やブレーキまでの遠さ(リーチと言います)が売れる国に合わせてセレクトされているのでここがチョット合わない事が多いのです。

そこでFITTEでは初めにハンドル&ステムを体に合わせて定価販売するか展示車をお値引きしてお得にお求めいただくかお客様にチョイスして頂いております。

この記事をはてなブックマークに追加

'09ORCA

2009年10月30日 12時47分01秒 | ORBEA
スペインだけではなく、ヨーロッパを代表するメーカーの一つとなったORBEA。

そのトップモデル、Orca。

素材には高品質なカーボンを使用し、875g (付属品を除いたフレーム単体重量) という驚異的な軽量を実現している。

でもシートクランプ等の小物無し重量での表記はそんな事しなくて十分に軽いのでチョット残念。
でもでもシートクランプやヘッドのアウター受け等小物もデザインが優れているので良しと思って仕入れました。

サイズごとに剛性コントロールを行い、全てのサイズで同じ乗り味を引き出すSSN(Size Specific Nerve) テクノロジーを導入しているという所にも惹かれます。

小さいサイズが硬くなって、大きいサイズが軟らかくなるというフレームが昔は多かった。

「made in spain」

ちゃんと俺たちが創っているんだ!という誇り高きステッカーが張ってあるのも嬉しい。

乗り心地は腰のある「うどん」。
当たりは柔らかいのに芯がしっかりしている。
軟らかいのに気付けばスピードがどんどん上昇しているという不思議な感じを味わえる。
お箸が進みます。

踏み始めはソフトだが、踏み込むとフレームの芯がしっかりしている事が分かる。
単なるフニャOOではない。
気持ちイイ。

当たりのソフトさによって振動吸収性もかなりイイ感じで高速域(僕ぐらいの)での微振動もかなりマイルドになる。

急斜面での登坂性はとても得意としているフレームだと思う。
ダンシング時などのムラのある入力を、一端ならして平均化してから後輪に伝えてくれるようだ。
急坂でグイグイとダンシングしても加減速を繰り返すのではなく、スーッと上っていってくれるような感じがする。
気持ちよく昇りつめましょ。

ロングライドする人やクライマーには良いのではなかろうか?フロントフォークのしなりがイイ感じ。

マットブラックの51サイズが1台残っていますので、¥399,000→¥290,000で販売いたします。
お買い得だと思います。
このモデルにつきましては通信販売はお断りしておりますので悪しからず。
(11月1日に売れてしまいました。)





なお、2010年モデルはダウンヒラーの要望に応えてフロントフォークが大幅に太くなり剛性がアップしている模様です。
スプリンターにはこちらの2010年モデルのorcaがお勧めです。
こちらは¥375,000です。
消費税分位のおまけはできるかもしれません。できないかもしれません。お問い合わせ下さい。

この記事をはてなブックマークに追加

ORBEA ONIX

2009年07月01日 18時41分57秒 | ORBEA

シンプルで格好良いと思いませんか?

フレームサイズによって剛性調整をしていますので大きいサイズは強く、小さいサイズはしなやかになっています。
これって結構大切で凄いことだったりします。

カーボンフレームセットで¥228,000です。

実は、ULTEGRA SLがモデルチェンジします。
FITTEではもう少しで新しいアルテグラが入ってきます。

そこで、フレームセットを定価でご購入のお客様に余っている新品のULTEGRA SLを差し上げます。
ついでに、ハンドルやら、サドルやら、ステムやら、シートポストやら、ホイールやら新品で余っているものを差し上げます。

あれっ?これって完成車になっちゃうって事?

これって、メッチャお買い得じゃない?

ULTEGRA SLは105よりは良い物ですよ!

48と51のホワイトで在庫が少しだけあります。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

激しくしないで!

2009年05月16日 15時03分12秒 | ORBEA

お願いそぉ~とシ・メ・テ





1本10万円するシートポストって、、、、。怖すぎる。






お尻の準備は





1個6万円するサドルって、、、、。カッコウ良すぎる





でも二人の相性は、、、メカニックです。



小さい穴に太いレールが痛いの





でも、お客様のご希望にはできるだけお応えしなくてはいけない!

ポジション出しに1時間もかかりました。






こんな感じに出来上がりました。

ガタガタ道は、決して座らないで下さい

この記事をはてなブックマークに追加