Fitteの倉本です。

フィッテは熱き魂を持ったロードレーサー達の為の情報発信基地&「お店」です。
カテゴリーより店舗情報をご確認下さいませ。

TIME RXRS に25mmタイヤをつけてみた。

2016年11月22日 00時00分19秒 | タイヤ
一番小さいXXSサイズなので取り付くかどうか心配でしたが、ご覧のとおりです。



HUTCHINSON FUSION 5 チューブラー 取り付きました。
と言う事はZXRSにも生産年度に関係なく(後期モデルは2mmタイヤとのクリアランスが多くなっています)取り付くって事ですね。
2015年に販売されたVXRSにも取り付きました。

HUTCHINSON FUSION 5 チューブラーはCARBON COMP から進化を遂げた良いタイヤです。

ただ今9本だけ、お試しキャンペーン中です。



HUTCHINSON FUSION 5 チューブラー税込定価¥15,120⇒¥10,800(税込)結構無理しています。

是非、この機会にお試しあれ!



よろしかったら、クリックして応援の程お願い致します。m(_ _)m

この記事をはてなブックマークに追加

カンパ&フルクラムにおすすめのクリンチャータイヤ

2016年11月01日 00時00分07秒 | タイヤ
BORAのクリンチャーとかの決戦用タイヤって25Cじゃないといけないので難しいですよね。
軽量性とグリップ力
転がり抵抗が少ないタイヤ

おすすめは



HUTCHISON FUSION 5 GALACTIK 25C ¥10,368(税込)/1本

何がネックかって、お値段ですよね。

試す気が起きない値段なら、おすすめだけに「そこ」は頑張りましょう!

1本¥7,480でいかがでしょうか?

コンパウンドは良いし、実際にそこそこ軽いし。


187.6g(カタログ値205g)

自転車と自分の体重を足して空気圧を考えてくださいませ。


(自転車の装備重量+自分の装備重量)÷10= O.O BAR
表記とは違いますがカーボンクリンチャーは上限8BARで考えてください。

HUTCHISON FUSION 5 GALACTIK 25C 1本¥7,480(税込)約28%OFFです!
12本限りです。
ご入り用の方は以下までご連絡ください。

mail_fitte@fitte.co.jp



よろしかったら、クリックして応援の程お願い致します。m(_ _)m

この記事をはてなブックマークに追加

世のため人のため?

2016年10月29日 00時00分06秒 | タイヤ
自分のため?

①メーカーさんが値段を決める。

②輸入元さんが世界標準価格で自国の販売価格を決める。

③販売店がそのまま販売したり、ちょっとお買い得にしたりして、販売する。

Fitteが参加できるのは③の部分のみ。

さて、HUTCHINSON CARBON COMP がラスト1本になりましたのでお知らせさせていただきます。
こちらは無理を言って最後の最後に200本程作っていただきました最後の1本です。


700×23しか入らないフレームをお持ちの方の為にと考えて在庫を切らさないようにと考えておりました。
でも、悲しいかな最後の1本となってしまいました。
¥9,800/1本(税込)です。



自分の TIME VXRS にはこの25mmが入る事がわかったのでこちらを買っておきました。


HUTCHINSON FUSION 5 チューブラーです。

①と②の部分はFitteごとき実力ではいじれません。

③の部分で頑張るしかないのです。

と言う事で、HUTCHINSON 乗り換えキャンペーン実施いたします!!!

①と②の部分はいじれないので定価は¥15,120(税込)です。

流石に1.5倍はちょっとアレなので③の部分で頑張ってみました。

HUTCHINSON FUSION 5 チューブラー 乗り換えキャンペーン
¥15,120⇒¥10,800/1本(税込)
③限界価格なので送料は別途かかります。
でも、このお値段ならお得でしょ。
HUTCHINSON CARBON COMP の正常進化版ですよ。



世のため人のため?と頑張っていると喜んで下さる方がいるので、その「ありがとうございます!」が自分に跳ね返ってきます。
と言う事で「自分の為」にもなるのです。



よろしかったら、クリックして応援の程お願い致します。m(_ _)m

この記事をはてなブックマークに追加

HUTCHINSON その③

2016年10月19日 00時00分06秒 | タイヤ
時代は移り変わる。

スライドする瞬間





移り変わるかもしれないが、基本的なことは一緒。
石油メジャーのTOTAL(トータルではなくトタル)の資本グループにあるので、ゴム林(森林OR山)を資本力で抑えているのかと思いきやゴム林はHUTCHINSON独自に専業農家?と契約しているとの事。

自動車レースのformula 1 = F1 等は林から抑えることが大事だと聞いていた。

契約農園OR契約農家って大切ですよね。



HUTCHINSON のタイヤが高めなのはそのせいなのですね。

納得。

ロードにしか興味がないから色々と突っ込んで聞いてみました。

今後の予想とか。

タイヤはディスクブレーキになり求められる性能が変わっていくであろう事。

リムブレーキの時代が終わり、リムに熱を持たない事によりより太くなるであろうが重量増にはならないであろうとの事。

具体的にはロードも28Cが主流になるのではないか?
濡れた路面での落車が少なくなるのではないか?

主に下りの安全性&スピードを意識した方向の改良になっていくと思うとの事でした。

オートバイや車に比べて異常に高い空気圧も5.5BAR~6BAR位になっていくのではないか?(@チューブレス)
そして、チューブレスレディも6BAR~6.5BARになっていくとの推測。

クリンチャーについては3年のスパンで低圧になるように変わって行くであろうという事でした。


ORBEAさんは言っていました。
完成車メーカーとしては全体の重量表記の為、28Cが使えるフレームを作っていきながらも25Cを採用することが多いのではないか?

チューブラータイヤはあまり変わらなそう。

プロのレースでの主流はディスクブレーキになっても80%以上はチューブラータイヤであろうとの事でした。

HUTCHINSONさんの話の中での疑問点は「リムに熱を持たない事により、より太くなるであろうが重量増にはならないであろうとの事。」
という部分。
CARBON COMP(23)⇒FUSION 5(25c)で5%軽量化されたと言っていましたが、個体差はあるもののFitteで計ったところ全てにおいてCARBON COMP の最高に重いものとFUSION 5 の最軽量の物を比べてもCARBON COMP の方が軽かったのです。
HUTCHINSON CARBON COMP 700×23の重量は263.4g~273.0g
HUTCHINSON FUSION 5 700X25チューブラーの重量は277.6g~289.6g
手作業で作られているので個体差はありますが、太くなっても軽くはならないですよね。
「大して重くならない」と言うのが正確な表現かと思います。

乗り心地が良くなるのと下りでの絶対の安心感が増える事には「賛成」です。

HUTCHINSON CARBON COMP 700×23 ¥9,800/1本(税込)ちょうど良い感じで熟れてます。

欲しい方はmail_fitte@fitte.co.JPまでご連絡くださいませ。
(細いタイヤしかはまらないフレームをお持ちのお客様方お急ぎください)



売り切れてしまったら、HUTCHINSON FUSION 5 700X25チューブラーへの乗り換えキャンペーンを開始いたします。
と言ってもHUTCHINSON CARBON COMPよりは高いです。



明日はディスクブレーキになっていくロードの流れについて、書きたいと思います。
実際には書いて良いのかどうかわからないけれども一度は書きます。
削除しなくてはならない事があるかもしれません。

宜しかったら、クリックして応援のほどお願い致します。m(_ _)m

この記事をはてなブックマークに追加

HUTCHINSON CARBON COMP その②

2016年10月18日 00時00分19秒 | タイヤ
タイヤについて勉強してきました。


ヒラム・ハッチンソンさんが起こしたフランス製タイヤ。

アメリカから移住してきたので「H」を発音しないフランス語読みのユッチンソンではなくハッチンソンが正しい読み方だそうです。

1849年にGOOD YEAR を共同で起こしてからの枝分かれ的なメーカーだったって事が新鮮でした。

ランス・アームストロングの強烈なイメージが残っていたので同じアメリカだったっていう事に更に興味深く、、、。

現在は石油メジャーのTOTAL(トータルではなくトタル)の資本グループにあり全体の2%の売上にあたる燃焼年商5000億円の会社だそうです。

って、そんな事はどうでもよく、本当に聞きたい事を聞いてきました。



都市伝説その①
ランス・アームストロングは倉庫にタイヤを寝かせていたと言われているが本当か?

本当だったそうです。

なぜそんな事をするのか?



都市伝説その②
プロは今でも予備のチューブラータイヤは寝かせている。

本当だそうです。

ダイレクト・エナジーに供給するプロ用タイヤはHUTCHINSONで6ヶ月間寝かせているそうです。

なぜそんな事をするのか?



都市伝説その③
プロ用と一般用は同じタイヤではない。

本当だそうです。

実は同じタイヤなんだけれども製造後、寝かせる期間が違うそうです。
例えばPRO TOUR と FUSION 5 チューブラーについては一般販売用は寝かせる時間が少し短く2ヶ月だそうです。
つまり買ってから4ヶ月寝かせれば、本当のプロ用と同じになるとの事です。

寝かせる、寝かせるって言いますが何の為なのでしょうか?

キュアリングの為です。
キュアリングすると丁度、美味しい感じになるそうです。

キュアリングは光の当たらない場所で、ダンボールに入れて高温多湿にならないように行えば良いそうです。

で1~2年ぐらいは全く問題がないそうです。

ビニール袋ではダメだそうです。

勉強になりました!!!

あっ、そういえば、、、。

ちょうど美味しい感じになった、HUTCHINSON CARBON COMP があと20本くらいあります。
Fitteでキュアリングしておきました。
¥9,800/1本(税込)です。
欲しい方は以下までメール下さいませ。

mail_fitte@fitte.co.jp

メールへの返信はしばらくお時間がかかります。
御容赦下さいませ。
お問い合わせにはご面倒でも、ご住所を郵便番号から、ご連絡先お電話番号&お名前をフルネームで頂戴致しますよう宜しくお願い致します。
文字化け対応、その他、主に「トラブル回避の時短の為」ですのでご理解とご協力の程宜しくお願いいたします。



明日も勉強してきた事が書けますように宜しかったら、クリックして応援の程お願い致します。m(_ _)m

この記事をはてなブックマークに追加

CARBON COMP ラストです.

2016年07月24日 00時00分07秒 | タイヤ
言わずと知れた HUTCHINSON の名作



謳い文句としては「ランス・アームストロング」の走りを支え続けたタイヤでした。

「ランス」さんのした事はいけない事ですが、彼はその「タイヤ」に惚れ込んでずっと使っていました。

消えゆく23mm

台頭する25mm

23mm:25mm、今は決戦用タイヤ4:6位の割合で売れているそうです。

既に、23mmは終わったのでしょうか?
入らないフレームもあるというのに、、、。

23mm決戦用タイヤ、HUTCHINSON CARBON COMP 50本、最後の最後に買い込んでおきました。
実測は個体差はありますが概ね21.7mmです。

無くなったら終わりです。

軽くて、グリップも良く、しなやかなタイヤです。
ラテックスチューブ仕様なので1日2BARは抜けます。
乗車前に必ず、空気を入れてください。
メーカー推奨圧8BARです。

¥9,800/1本(税込)

良いものは残して欲しいなぁ~。



よろしかったらクリックして応援の程お願い致します。m(_ _)m

この記事をはてなブックマークに追加

HUTCHINSON FUSION 5 チューブラー

2016年05月02日 00時00分03秒 | タイヤ
チョットだけ、追記をしようかと。

チューブにつきましては、空気のヌケ具合から間違いなくラテックスチューブを採用しているのではないかと思います。
やはり24時間で2bar位はヌケます。

想像が確信に変わりました。

ツール・ド・塩山のコースは長時間サイクリングなので明らかに後半の下りの方が乗り心地が良くなっていました。
つまりは空気圧が下がったっていう事です。

想像から走行前に8bar弱入れていました。

(フルコース)十里木~奥多摩周遊道路~風張峠~奥多摩湖~今川峠~丹波山~落合キャンプ場~柳沢峠~塩山折り返し(甲州市)往復180km 累積標高4890m

このコース走ってみるとわかるのですが近年「柳沢峠~塩山」は路面改修が行われてとても綺麗な路面になっています。

路面が悪いのは復路の「柳沢峠~奥多摩湖」「奥多摩周遊道路終わり~十里木」部分。

この部分を7bar位で走っていたと思われます。

そんなこんなでの好印象であったと思います。

走りは700×23Cのクリンチャーよりは軽く、700×23のCARBON COMP よりチョットだけ重い感じ。

HUTCHINSON FUSION 3 700×23Cのクリンチャーの6barより、HUTCHINSON FUSION 5 チューブラーの8bar弱の方が乗り心地が良い感じ。

24.2mmのリム幅が関係しているとは思います。

どちらも、BORA ONE で試してみました。



諸事情によりホイールにつきまして明日に先延ばしさせていただきます。
クリックして応援の程、宜しくお願いいたします。

この記事をはてなブックマークに追加

HUTCHINSON CARBON COMP

2016年05月01日 00時00分06秒 | タイヤ
HUTCHINSON CARBON COMP 700×23と言う触れ込みですが横幅は実際のところ21.9mm(8bar)です。



これが軽さと乗り心地の絶妙なバランスを持っているんですね。

しなやかなラテックスチューブが変形しながら振動を吸収してくれるし、変形するからこそしっかりと路面を掴んでくれる感じがして安心感も抜群!

昔のフレームにもハマるし、生産終了が残念でならない!

まだまだ、Fitteにはたくさん在庫がございます。

¥9,800/1本(この際、税込にさせていただきます!)

ラテックスチューブなので1日2bar位抜けますので走行前に必ずairチェックをお願いいたします。

****************************************************************

さて、HUTCHINSON CARBON COMPがなくなってから、自分のタイヤを何にしようかなと考えていたのでは遅すぎなので沢山買い込んでおくと同時に、新製品テスト!

HUTCHINSON FUSION 5 チューブラー



これが、700×25と言う触れ込みながら実際には横幅は24.2mm(8bar)
2015年以降の新BORAシリーズにはぴったりと収まるんですね。



新BORAシリーズのリム幅は24.2mm

タイヤサイズと全く同じじゃん!

カンパニョーロ と HUTCHINSON

共同開発ですか?



ありえない話じゃない。

2WAY-FITと言うカンパニョーロチューブレスホイール発売時にはチューブレスタイヤはHUTCHINSON製が指定されていました。



そこで慣れ親しんだ新品のBORA ONE 35 にHUTCHINSON FUSION 5 チューブラーを貼り付けて「ツール・ド・塩山」にてテスト!

一般道を走る時って狙ったライン通りに走れるわけじゃないですか。

車が横を通過する時に路肩の避けられない小石や路面の継ぎ接ぎの上を止むを得ず通過しないとならないじゃないですか。

そんな時ですよ。

しなやかなラテックスチューブが変形して一度「小石」を包み込んでから、その後、弾いてくれる。
700×23の時にはいきなり弾いていた感じ。

路面の継ぎ接ぎの振動はより吸収してくれるし、より変形するからこそ、よりしっかりと路面を掴んでくれる感じがして安心感も更に抜群!
変形するから転がりが悪いっていう事はない。

コーナーに入りながら、前走者との関係で少しブレーキを当て効きさせないとならない場面なんかでも+2.3mmの安心感(10%増し)

これ、ありだわ。

個体差はあるが
HUTCHINSON CARBON COMP 700×23の重量は263.4g~273.0g
HUTCHINSON FUSION 5 チューブラーの重量は277.6g~289.6g

製品誤差の中で大体15gの差×2本=30g

この安心感、路面の清掃が完璧にできない公道レースにおいては30gは問題ない!
フレームにハマるなら使うべきだ!
と思いました。

ヒルクライムなどは細くて軽いほうが良いと思うし、穴の開いていない綺麗な路面のサーキットレース等では700×25は必要ないと思うので、HUTCHINSON FUSION 5 チューブラーの700×23&21バージョンを作って欲しいなぁ~。
と思いました。

HUTCHINSONさん、ポディウムさん、よろしくお願いいたします。



明日はホイールに付きまして書こうと思っております。
クリックして応援の程よろしくお願い致します。m(_ _)m

この記事をはてなブックマークに追加

50本いっときました!

2016年04月14日 00時00分07秒 | タイヤ
入荷ホイールの分+α確保いたしました!!!



23Cのチューブラータイヤ50本いっておきました。

¥9,800/1本(税込)です。

倉本オススメの HUTCHINSON CARBON COMP 「BORAチューブラー」ご購入の方にもれなく2本プレゼント中です。
BORAと共にものすごい勢いで熟れています(*^_^*)



応援の程よろしくお願いいたします。m(_ _)m

この記事をはてなブックマークに追加

Re: BORA ULTRA 35チューブラー ブライトラベル カンパ用

2015年11月04日 00時00分09秒 | タイヤ
OOOO 様

お世話になります。

ご入金の確認をさせていただきました。
ありがとうございます。

本日、検品&調整&タイヤのお取り付けを致しました。

体重が65kgとの事ですので
差し上げておりますHUTCHINSON CARBON COMPの空気圧は8BARが良いかと思います。
本当に美味しいところは7.5BAR位だと思いますが以下参考にしてくださいませ。

私は現在54kgですが
日の出から日の入りまで、長い時間乗るときには8BAR(1日乗ると1BAR以上抜けます)にしています。
後半から7BARぐらいになりちょうど良く感じます。
短時間2~3時間の場合には7BAR+チョットにしています。(いつも使用しているフロアポンプで気持ち針が7BARを越える位)

ラテックスチューブ入りのチューブラータイヤは乗り心地がとっても良いのですが、空気が抜けるのが早いので(1日2BAR位)そんなところを気遣いながら、ご自身のご使用状況に一番合った空気圧を探って頂ければなぁ~と思います。

〉(C59)に25Cのタイヤ装着可能ですか?
⇒可能なタイヤメーカーと不可能なタイヤメーカーがございます。
メーカーによってタイヤの高さが違っていたりします。
幅よりも高さの問題です。

〉ワイドリムなので23Cと25Cどちらがオススメですか?
⇒(C59)の場合には、25Cですとブレーキアーチ(フレーム側)のところにタイヤが擦るメーカーがありますので23Cがおすすめです。
BORAクリンチャーは25C以上が推奨となりますがチューブラータイヤはこの限りではございません。
むしろC59には23Cが望ましいです。

本日11/3(火)定休日ですが、ヤマト運輸㈱さんが時間外に集荷に来てくださるそうなので本日出荷させていただきます。
ヤマト運輸㈱お問い合わせ伝票番号0000-0000-0000
お問い合わせ電話番号0120-01-9625
です。
11/4のお届けとなります。
お届け時間にご指定のある場合には、上記電話番号にお問合せ番号をお伝えの上ご指定くださいませ。

以上よろしくお願いいたします。

Fitte 倉本佳明

ってな感じで(^o^)ノ < おやすみー(定休日)をいただいております。

応援の程、よろしくお願いいたします。

この記事をはてなブックマークに追加

まさか、、、、、。

2015年10月25日 00時00分09秒 | タイヤ
まさか、まさかの、、、。



生産中止だそうです!

私が命を預けて下れる唯一のタイヤ

HUTCHINSON CARBON COMP 23C

25Cが入らないフレームに乗っている皆様、今のうちに買っておきましょう!

私も、自分用にこれだけ買いました。

¥9,800/1本(税込み)

チョイ悪オヤジだった、ランスアームストロングも勝負タイヤとしてこれをストックしていました。

私のストックからお分けいたしますので、欲しい方がいらっしゃいましたらご連絡くださいませ。

2本ご購入いただけましたら送料無料とさせていただきます。

お問い合わせは以下まで

mail_fitte@fitte.co.jp

再生産していただくように依頼はしておりますが、再生産していただけるようにするには何千本か買わなくてはなりません。

応援のほど宜しくお願い致します_(._.)_

この記事をはてなブックマークに追加

ひと手間、ふた手間、み手間

2015年08月19日 00時00分09秒 | タイヤ


個人的にはチューブラータイヤが好きだ。

①パンクした時にいきなり外れないから。
クリンチャーだと、カット系のバーストをしてしまうとリムが直接地面に当たりなんともできなくなってしまう。
チューブラーだと、数秒の間になんとかできる、、、事もある。

②やっぱり軽いから
タイヤとホイール合わせた重量はやっぱり軽いから。

③乗り心地が良いから
23Cぐらいのタイヤであればリムとの相性をあまり気にせずタイヤの性能を遺憾なく発揮できる。
タイヤの性能をそのまま生かせるのはクリンチャーと違うところ。
クリンチャーの場合にはリム内幅によってタイヤサイドのしなりが異なってしまう。


④チューブラータイヤは極端な話、リムに穴があくまで安心して乗れる。
クリンチャーだとリムの寿命を気にしながら乗らないとならないから。
命の危険が危ない???


と良いところは沢山あるのですが、不便なところは持ち運びで嵩張る(かさばる)ってところでしょうか?

もう一点、リムベットを作るのに時間がかかるというところですかね。
①ひと手間
リムに1回塗って12時間寝かせておく。

②ふた手間
リムセメントの場合には絶対の安心感を得るのにタイヤにもリムセメントを塗ります。

こんな感じです。


カーボンリムにはカーボン用をタイヤに塗る。

こちらも乾くまで12時間寝かせておく。

③み手間
翌日、①&②をやってタイヤを貼り付ける。
24時間寝かせてから、使用開始OK、、、。

ちゃんとやったら工賃¥6,000/1本(税別)ぐらいが相場ではないでしょうか?

そんなところに現れたリムテープってやつ、便利です。

誰がやってもそんなに差が出ないし、貼り付けてすぐ乗れるし、新しいリムに取り付ける場合には¥2,160/1本(当店でご購入の場合リムテープ代込)ですし。

BORA
①ONE¥222,000 ULTRA¥333,000(税込&送料込)
②35mm OR 50mm
③チューブラー
④ブライトラベル OR ダークラベル
⑤シマノ用 OR カンパ用

と一緒にご検討下さいませ。

ホイールご購入の方にはHUTCHINSON CARBON COMP 2本(¥9,800/1本)差し上げております。

在庫のお問い合わせにつきましてはこちらをご参照くださいませ。

いつも応援ありがとうございます。_(._.)_

この記事をはてなブックマークに追加

グリップ力テスト

2015年07月01日 09時47分28秒 | タイヤ
負荷付き3本ローラーでどれがスリップせずに一番グリップするかテストしてみました。(2ヶ月間)

高級チューブラータイヤ(¥19,440/1本)&クリンチャータイヤを交えながら、、、。



今のところこれ以上書く勇気はありません。
7/10をもちましてお休みさせていただきます。
それまでの間に勇気が出るように応援の程よろしくお願いいたします。_(._.)_

この記事をはてなブックマークに追加