新 ノ 城  Okinawa

おきなわを サラ・さらっと 視る

  

八重山 【8】

2017年03月25日 00時02分40秒 | 日記

   人頭税 <1>

 人頭税とは、先島諸島だけに1637年から導入された税制である

八重山諸島における人頭税は

1636年に倹池(人口)調査が行われ

翌年1637年から人頭税は導入された

 

そのころの八重山の人口は約5500人であったと言われている

納税量は2660石余とされ

納税者は約1800人、頭割りで課税が決められた

 

課税の方法は

各村を上村・中村・下村・下下村と区分し頭懸(正頭)と言われた

納税者を、上男女(21~40歳)、中男女(41~45歳)

下男女(46~50歳)、下下男女(15~20歳)と区分して

両方合わせて納税量が決められた

納税はすべて物納であった

 

税は板札で告知され、島民はワラ算やカイダー字で記録した

男は約一石八升余の米、女は五反の反布を納税とした

また、二十日オーデーラと言う労働も強いられた

 

当時の状況は収穫量には自然に左右された

台風や干ばつ、鳥獣、虫害などの被害が頻繁にあり

収穫量が思い通りになくても

決められた納税量は納めなければならなかった

 

人頭税は島民にとっては厳しく過酷であった

そのため堕胎の間引きや、他の島などへ逃亡などがあった

滞納者への厳しい罰則などがあり

人頭税にまつわる悲劇の伝説、石碑、民謡など数多く伝承されている

 

人頭税はいかに過酷な税制で

八重山諸島の人々が搾取されて差別されていた

 

この過酷な人頭税は1903年(明治35年)まで

実に266年の長きにわたって続けられた

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八重山 【7】

2017年03月20日 00時01分43秒 | 日記

   オヤケ アカハチの乱 <3>

 オヤケ アカハチ(遠弥計赤蜂)は波照間島の生まれで

石垣島大浜村に居し最大の勢力を誇っていた

 

八重山諸島では石垣地域は長田大主

川平地域では仲間満慶山

平久保地域は平久保加那

西表島では平家落武者の子孫と伝えられている慶来慶田城用緒

(平家の落武者来島は1185年頃と言われている)

波照間島は明宇底獅子嘉殿が

そうして与那国島では女首長サンアイ・イソバが

それぞれの地域で割拠していた

 

その中でアカハチが最大の勢力を誇り、それらの勢力はアカハチに従った

石垣島周辺を手中にし、竹富島・波照間島・小浜島なども勢力下においた

 

しかし1500年琉球王府軍が石垣島を侵攻したとき

アカハチを支持した首長は一人もいなかった

アカハチに従ったのは、島民だけであった

 

アカハチ軍は奮闘虚しく王府軍に敗れ

アカハチとその妻と一族すべて処刑された

 

琉球の史書には逆賊とされているが

八重山においては、島民の先頭に立って権力に立ち向った英雄として

現在も語り継がれている

 

石垣市内大浜の崎山公園にアカハチの碑が1952年に建立され

2000年オヤケ アカハチの500年祭で像と妻クイツバの碑が建てられて

500年の時を経て夫婦の碑が並び建てられた

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

八重山 【6】

2017年03月15日 00時00分58秒 | 日記

  オヤケ アカハチの乱 <2>

アカハチ軍の奮闘虚しく多勢の王府軍に敗れ

アカハチその妻古乙姥と一族は全て処刑されたと言われている

 

この戦いで王府軍に立った宮古の仲宗根豊見親(空広―そらびー)は

宮古の頭職、二男真列金を八重山の頭に任命される

 

石垣の長田大主は古見大首里屋子に任命され、後に八重山頭職となる

代々一族が八重山の頭職を継いでいく

姉の真乙姥(まいつば)は王府軍の帰路のため

イラビンガニ(美崎山)に入り日夜断食をして祈願した

その甲斐あって船団は無事に那覇港に到着したという

 

その功績により真乙姥にノロ(神女)統括する

八重山の大阿母(高級神女)に任命されるが固辞した(姪が大阿母を受ける)

代わりにイラビンガミ神職を任命される、祈願したイラビガニは御嶽となり

石垣島の重要な御嶽と成る

また、彼女の墓地もマイツバ(真乙姥)御嶽として現在も信仰を集めている

 

久米島の君南風(チンペー)の奇謀により勝利に貢献したとして

久米島のノロの最高位の地位を与えられた

「おもろさうし」にも謡われている

 

500年以上代々一族に受け継がれている

現在も久米島の祭祀を執り行っている

 

君南風は勝利の軍神とされ

久米島でキャンプをしている楽天イーグルスは

君南風神殿にキャンプの安全と優勝を祈願している

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八重山 【5】

2017年03月10日 00時01分43秒 | 日記

  オヤケ アカチの乱 <1>

先島諸島の八重山と宮古は

1390年に琉球国に初めて朝貢したと

史書球陽に記されている

 

14世紀末までは琉球国とは緩やかな従属関係にあった

歴史書中山世譜(1701年)に琉球国が管理する

宮古と八重山は毎年納貢していたと記述がある

 

1500年尚真王(1477~1526年)のとき

3,000人の兵を派遣し八重山に侵攻した

その理由として、中山世譜・球陽には

イキリヤアモリと言う祭祀は淫祠邪教であると

厳禁したが従わなかったこと

毎年納貢していたが、ここ2,3年間納めなかった

その上謀叛の疑いがあると

宮古の仲宗根豊見親(空広-そらびー)からの報告を受けたこと

 

八重山石垣大浜村を統治していた

オヤケ アカハチが謀叛したのだという記述がある

(歴史書は琉球王府を中心に書かれたもので必ずしも史実とは言えない)

 

この三点を挙げて

大里王子を大将に、軍艦48隻と兵3千人と

久米島ノロ(神女)君南風(チンペー)と

那覇港を、1500年3月1日出発し

宮古の仲宗根豊見親が率いる兵と合流し

船団を先導したのは空広である

 

3月12日に八重山に至り

アカハチと敵対していた石垣村の長田大主が王府軍を道案内した

 

3月19日攻撃が始まり、攻防を繰り返した末に王府軍の勝利となり

アカハチとその妻古乙姥(くいつば)と、一族はすべて打ち殺された

アカハチの妻は長田大主の妹であった

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八重山 【4】

2017年03月05日 00時02分17秒 | 日記

 八重山諸島の貝塚遺跡から考古学では三つに区分している

有土器時代があって、無土器時代そして按司時代(八重山が最も栄えた時代)

 

有土器時代紀元前2000年~紀元前1300年(赤色土器時代と言う)

約800年の空白時代を経て

無土器時代は紀元前500年~紀元後12世紀

按司(すくー城)時代は12世紀後半~14世紀末頃

 

12世紀頃から、土器や鉄器なども使い始め、地域に支配者(按司)が起り

14世紀半頃には勢力を拡大し、島ごとに按司が支配していったと思われる

 

この時代の遺跡から数万点もの陶磁器、鉄器類など出土している

八重山の島々で、日本や中国と盛んに交易が行われていた証である

 

八重山は独立国として八重山の歴史の中で

最も栄えて輝いていた時代であったといわれている

 

14世紀末頃石垣島の大浜村を統治していたオヤケ アカハチ(遠弥計赤蜂)が

勢力を拡大し石垣島全島をほぼ統一していた

 

八重山は、1390年に初めて、琉球国に朝貢した

そのため緩やかな従属関係にあったが

1500年、琉球国の侵攻を受け八重山諸島は琉球国に支配される

 

そのきっかけは、オヤケ アカハチの乱である

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八重山 【3】

2017年03月01日 00時02分29秒 | 日記

 八重山諸島は、14世紀頃まで記録された歴史書はほとんどない

 

八重山諸島の古代史は発掘された遺跡などから

有土器時代と、無土器時代に分けることが出来る

 

八重山では何故か土器を持った人が初めに渡来(紀元前2000年頃)し

その子孫絶滅したのか、移動したのか

その後空白(約800年)の時代があって

 

無土器時代が始まり、12世紀頃まで続いたとされている

通常では無土器文化があって、有土器文化となるのが当たり前と思うが

何故か八重山では逆になっている

 

日本・沖縄本島では縄文時代・弥生時代の

痕跡があるのに対して八重山諸島は異なって

沖縄本島との歴史とは無関係となっている

 

有土器時代は遺跡より土器が多く出土している

赤褐色して赤色土器時代ともいわれる

 

東南アジア・中国南部あたりから人々が、来島したと考えられている

無土器時代貝塚から、焼石蒸焼き料理に用いられたと考えられる

多数の焼き石、貝製貝斧が出土している

土器を持たない人々が東南アジア方面から

黒潮ルートに乗って八重山諸島に渡って来たと考えられている

 

また、無土器時代の遺跡から

「開元通寶」の貨幣や鉄器(船釘や鉄さく)など出土している

開元通寶は、大和朝廷が六二一年製造した貨幣である

 

沖縄史書には記録はないが、714年続日本書記に「信覚(しがき=いしがき)」

奄美・球美(くみ)などの人々52名が太宰府に来朝したと記されている

 

信覚(しがき=いしがき)は石垣島を指すといわれ

球美(くみ)は久米島ではないかといわれている

八重山は古い時代から日本との交流があったと考えられる

 

また、1185年に平家の落武者が八重山に来島したと伝えられ西表島の

慶来慶田用諸按司(1500年頃)は平家の落武者の子孫と伝えられている、、?

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

八重山 【2】

2017年02月25日 00時02分12秒 | 日記

 八重山諸島は、日本最南端の波照間島・最西端の与那国島はいずれも有人島で

11の有人島と無人島22から成る島嶼群である

 

八重山では「やいや」沖縄本島「えーま」と呼んでいるが

八重山の名称の由来には諸説ある「中山伝信録」(1719年)には

「八重山一名北木山土名彜師加記、又名爺馬」と記述がある

彜師加記は「いしがき」「爺馬」」は「やま」と読むとされる

「八重山」は「爺馬」=「やま」への当て字であるとされている

 

沖縄の歴史に登場してくるのは、14世紀末頃

琉球王府が編纂した史書である「球陽」には

1390年に宮古と八重山が中山王察度に入貢したと記述がある

 

沖縄の歴史は、舜天王統・英祖王統に続く3番目の王統は

この察度王から始まる

 

1372年琉球から初めて中国明王朝に朝貢したのは

この察度王である

 

そうして、尚氏第一王統が7代続いて63年

その後、尚氏第二王統が19代続いて410年

 

この第二尚氏王統の3代目の尚真王の時

八重山諸島は深い関わりを持つようになる

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八重山 【1】

2017年02月20日 00時00分44秒 | 日記

 宮古島・八重山・尖閣列島を先島諸島と総称される

八重山諸島には、中心と成る石垣島始め

小浜島、黒島、新城島(上地・下地)西表島、鳩間島

由布島、波照間島、与那国島、竹富島と11の有人島と

尖閣諸島と及び、22の無人島からの島嶼群で成っていて

 

八重山諸島とは島々の総称である

 

西表島が沖縄本島に次いで2番目に大きく石垣島が3番目に大きい

行政区分では、与那国島が与那国町、

石垣島が石垣市、竹富島と8島を含め竹富町

 

八重山諸島は、1市2町と、尖閣諸島を含め

22の無人島から構成されている

 

石垣島が八重山諸島の政治・経済、教育、交通、文化の中心地となっている

人口 55、090人(2016年7月現在)

 

八重山諸島は、豊かな自然と独自の歴史や文化を有し

古くから受け継がれてきた民話、伝説、芸能

伝統的神事祭祀が数多く存在している

 

島々には主な22のビーチがある

コバルトブルーの海、真っ白な砂浜

ダイビング・シュノケリング・サーフィインなど

アクティビティでおもう存分に楽しめる

 

琉球国が14世紀頃から、中国明朝(1368~1644年)の朝貢体制に入り

八重山諸島は海上交易の中継地として重要性を増していくなか

15世紀頃、琉球国の侵攻を受け琉球国に統治される

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宮古 【11】

2017年02月15日 00時03分05秒 | 日記

   人頭税 <2>

 人頭税は15歳から50歳までの全ての島民に

収入のある、なし、に関わらず一定の納税をしなければならなかった

 

島民にとって過酷な人頭税システムであった

納税は全て物納での納税であった

 

男は穀物(主に粟)海産物などで、女性は織物を王府は求めた

そのため集落ごとに、宮古上布を織る施設方言でブンミヤーが設けられた

 

ブー(糸)、ンミ(績)、ヤー(屋・建物)糸績屋と呼ばれる

工房と染め屋が設けられ手積・織り・染めの分業制で

島の女性は朝早くから陽が落ちるまでブンミヤーに詰めて

半強制的な環境の中であった

 

仕事は役人の監視の中厳しい品質管理体制で

何度かの検査を受け合格して初めて貢納布として認められた

 

人頭税の過酷さを物語るエピソードは数多く残されている

個人の能力、体力は考慮されなかったため

嬰児殺し、滞納者への厳しい罰則、債務が増え奴隷のよう名子(なぐ)

他島への逃亡など、人頭税にまつわる悲劇、伝説、民謡、遺跡など

数多く語り継がれ歌われている

 

上地め主ぬ布納みアーグ・石嶺のあこう木ぬアーグ・豆が花アーグ

人頭税廃止のアーグなどの民謡として歌われ残っている

 

過酷な人頭税制度は1637年に始まり

実に266年続いて1903年(明治35年)に廃止になる

 

廃止のために、新潟県出身の中村十作、沖縄県出身の城間正案

島民代表の平良真牛、西里溝の4人の大きな働きがあった

 

琉球国は、1879年(明治12年)に沖縄県になるが

沖縄人自ら(政治家)人頭税廃止に

働きかけたと言う事はなかったといわれている・・・?

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

宮古 【10】

2017年02月10日 00時03分26秒 | 日記

  人頭税 <1>

 宮古諸島は15世紀ごろ(13世紀説もある)から

琉球国の統治化に入ったとされている

 

1390年頃宮古島を支配していた

与那覇勢頭豊見親(よなはせどとゆみや)が

琉球の中山王察度(1350~1396年)に朝貢を行い臣下の意を示す

 

仲宗根豊見親が、1474年尚円王(1470~1476年)

(尚真王と言う説もある)に、貢物を献上し臣下の意を示す

 

宮古諸島が1532年頃実質的に琉球国の支配下に入り

役人が派遣され蔵元(役所)が設置される

 

1609年から琉球国は薩摩藩の支配にあり

その薩摩藩への年貢を納めていた

琉球国は財政的に困窮していた財政を立て直すため

以前から差別的扱いをしていた先島諸島(八重山・宮古)のみに

1637年に人頭税を課する政策をとった

 

対象は15歳から50歳までの住民に

身分・性別・年齢によって細かい等級に分けていた

 

平民(百姓)の上男女21~40歳・中男女41~45歳

下男女46~50歳・下下男女15~20歳に区分されていた

15歳から50歳の男女全員である

 

施行当時は「頭懸:正頭」と呼ばれていた人頭税

人頭税と言う税制は過酷を極めた

 

宮古島には川が無いため水が少なく

旱魃や台風塩害が多い島で収穫物など生産量がほとんどない年でも

生活するための収入が無くても

一定額は人頭で納税しなければならなかった

 

人頭税の支払いのために働き

人頭税のために生き

奴隷のような一生であったと伝えられている

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宮古 【9】

2017年02月05日 00時01分14秒 | 日記

   宮古上布 <4>

 宮古上布は材料の苧麻(ブー)の栽培から

手紡ぎ・絣括り・図案・染め・織・洗濯加工(砧打ち)を

終えた布は検査員によって検査が行われ合格した布には

 

宮古織物事業協同組合の登録商標

沖縄県伝統工芸品のマーク

沖縄の検査済証

経済産業大臣指定伝統的工芸品のマークが貼り付けされて

 

始めて宮古上布として商品と成る

 

宮古上布の一反の値段は

百数十万から二百万円以上の価格で販売されている

 

宮古上布はフォーマルウェアではなく夏の普段着である

数百万もする普段着としては高価である

 

値段だけ見れば高いと思われるが

多くの人の手間と、多くの時間が掛っている

 

宮古上布は永い歴史を持っているが

存続の危機に直面していると言われて久しい

職人の高齢化、後継者不足、生計を立てる仕事に成っていない

 

1972年に1,049反を最高に年々に減少し

1993年には24反まで減り

現在では年に10反~20反あまり織られている

 

この生産数は検査を受けた宮古上布として数えられた数字である

(検査を受けていない宮古上布は数多くある)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宮古 【8】

2017年02月01日 18時07分41秒 | 日記

  宮古上布 <3>

日本を代表する上布

越後上布・能登上布・近衛上布そうして宮古上布は

日本四代上布と言われて、愛され大切にされてきた

 

宮古上布の最盛期は(1924年)には生産量は一万八千七百二反で

宮古島のほとんどの女性が上布折に従事していたと言われる

 

全ての工程は宮古島の中で400年以上受け継がれ

品質保持に努力されてきた

 

宮古上布は大正時代には最高の技術を誇り

1942年にベルギー国ブリュセルの万国博覧会において銀賞を受ける

日本麻織物の最高優秀品栄誉も受けている

 

1975年に経済産業大臣より伝統工芸品に指定を受ける

1978年国の重要無形文化財に認定

2003年糸積技術が国選定保存技術と成っている

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宮古 【7】

2017年01月15日 00時02分21秒 | 日記

  宮古上布 <2>

苧麻(ちょま・ブーとも言う)はイラクサ科の多年草

繊維を細かく裂いて髪の毛のように細い糸を手積して

 

染めた糸(絣糸)を経糸と緯糸に使い

これを図案にして十字に織模様を出し

織りながら,タテ糸、ヨコ糸を調整しながら織る

 

細い糸が切れないように細心の注意を払い

根気にいる作業で時間がかかる

 

熟練した職人でも

1日30センチ前後ぐらいしか織ることが出来ないと言う

 

細い苧麻の糸で織られた布は

薄く深い藍色に真っ白な十字絣が浮かぶ様は

人の手で造られた物とは思えない奇跡のような美しい布である

 

宮古上布は苧麻の栽培から

手紡ぎして、糸を作り、色染め、織り、仕上げまで全てを

宮古島内の物を使い

 

400年以上の間、継承され守り続けられて来た

宮古上布は伝統の上に成り立っている!!!

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

宮古 【6】

2017年01月10日 00時02分19秒 | 日記

  宮古上布 <1>

宮古上布は約400年以上の歴史がある

宮古島に伝わる苧麻(ちょま・ブーとも言う)を原料とする織物

 

熟練した職人が1反織るのに2~3か月以上もかかる最高級品

「東は越後」・「西の宮古」と呼ばれる日本を代表する織物である

 

16世紀頃、稲石刀自(とじ=とじとは妻の意味)が宮古上布を

完成させたと伝えられている

 

琉球国尚永王(1573~1588年)の時代に

中国明朝への進貢船に稲石刀自の夫(ムアテガーラ)が乗っていた

航海の途中嵐に遭い舵を操る綱が切れ運航不能になる

 

ムカテガーラは嵐の海へ飛び込み船の舵を操る綱を取り変えることに成功し

進貢船は無事琉球の首里に帰り着く事が出来た

 

尚永王は、この功績を讃えてムカテガーラに

下地の地頭の位を与え平民より士族に出世した

以後下地真栄と呼ばれるようになる

 

夫の出世を喜んだ稲石は

国王に返礼として「綾錆布(あやさびろ)」と言う銘の麻織物を献上した

 

綾錆布は紺細上布で苧麻の原料に染色を施し織り上げた物で

同じ技法で織り上げたのが「宮古上布」と呼ばれるようになる

宮古上布はその後も琉球王府に献上され続けていく

 

献上したことが世に出るきっかけになった〝宮古上布〟

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宮古 【5】

2017年01月05日 00時14分22秒 | 日記

 マウガン

マウガンとは、宮古島で信仰されている個人の守り神

マウと言う語は「霊」「魂」などを意味する

マウガンは個々の人の守護神を指す

 

マウガンを持つことを、マウを共にする

またはマウをカミルとも言う

 

宮古島では、子供が生まれて生後八日目か十日目に

ナージキ(名前を付ける)の儀礼が行われ

ヤーヌナーと呼ぶ童名(わらびなー)が付けられる

 

ナージキの儀礼では集落内にある

どの御嶽(ウタキ)に帰属するかは、神籖によって決められる

 

神籖には祖母父母が帰属する御嶽の神名を書いた紙を振り落とし

三回同じ神名を書いた紙が落ちてきた時

その神名に決定する

 

決まった自分が帰属する御嶽は、マウウムトゥと呼び

その御嶽の神がマウガンと呼ばれる

 

この神を自身に、マウガンとして共にするのは成人に成ってから

特に運気が無くなる場合と体調不良をきっかけとして

マウを供するのが一般的である

 

仏壇とは別に、個人用のマウダナ(神棚)を作り香炉を神体として

毎月、一日と十五日に欠かさず礼拝する

 

自身が死亡すると香炉はマウダナから降ろしマウガンも無くなる

マウガンの祭祀は集落ごとに異なっている

 

マウガンの祭祀は以前、活発に行われていたが

現在では時代と共にナージキの儀式は行われないのがほとんどである

 

マウガン祭祀は継承されず衰退に向かっている!!!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加