音楽の喜び フルートとともに

ーフルート教室 久米素子ー
フルートを中心に音楽の周辺あれこれ。
教室のご案内🔻カテゴリ フルート教室をクリック!

幼児のレッスン

2017-05-23 20:54:10 | フルートレッスン

夫がどこかの企業からもらって来た販促グッズ。
風邪をひいたため、放置。
3週間、まだ喉がゼロゼロいいますが、今日はだいぶいい感じ。

掃除して、洗濯して、ベビーリーフ。

鉢底に網を敷いてくれと書いてあるだけで、後は土を入れて、種を蒔いて、土を足し水をかけるだけです。


準備完了!芽がでるといいなぁ!

レッスンの子どもたちも、進級し、芽が出て、すくすく成長中です。
年長さんになったRさん。
ピッコロの頭部管を持って練習中です。
ストローを使って、歌口のどこがなるのかを研究します。

目で見ることで、音を出す時の感覚がよりはっきりします。

それから、息を吹き込むと小さな子どもでも簡単に音を出すことができます。

今日は、本体をつけて、Cの音も出しました。

後は、緊張と脱力のゲーム。
右手、左手。
Rさんお気に入りのパットを使って、ドレミの階段ゲームで学びました。

お母さんがお迎えに来ても、「もっとやりたい!」と、帰ろうとしないので「また、今度やってね。」納得してもらいました。

遊びながらも、成長が感じられる時間でした。
これからも、とっても楽しみです!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デュッセルドルフより

2017-05-22 22:07:58 | 日記
夫がデュッセルドルフから帰って来ました。
写真をLineで送ってきてました。
かわいいあひるの親子

ジャパンフェスが行われていたので、のぞいたそうです。

写真を撮らせてというと、ポーズをとってくれたそうです。

日本語で「かわいい」というと、とっても喜んでくれるそうです。
かわいいカップルも

って!
このTシャツはひどい!
京都にも化繊のレンタル着物があふれています。
柄合わせもしていない着物。

安く作って間口を広げることは大切です。

日本人が、着物を着なくなって着物作り自体が危機的状況にあることを思えば、喜ばしいことです。

それでも、いつか誰かが気づいて、本物を求めた時に…これが日本の文化だと信じていたものが、違っていると気づいた時に、

いやいや、もうこれこそが大方本物の日本文化。

フェイクは、すぐに慣れます。
ひどい音だと思っていても、その中で1週間もやっていると、分からなくなってきます。

感覚の世界は、厳しいものです。

私は実際に、絹の弦で演奏されたお琴とアクリル弦で演奏されたお琴の違いを聴いて知っています。
が、アクリル弦が主流となった今、アクリル弦の音がお琴の音。

本来のお琴の音は、絹のまろやかな音色だと言っても、失われた絹弦は戻りようもないのです。
安く、丈夫、切れない弦、アクリル弦が日本を代表する音なのです。

しかし、人数は少なくても、それでも音を追求する人はいるし、着物の技術を追求する人もいます。

ポピュリズムは、価値の多様性を認めないと殺伐としたものになって行くとおもいます。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月21日 とっておきの音楽祭 inひらかた

2017-05-20 00:24:38 | コンサート

今年初めての収穫、紅ほっぺ。

うれしくて、写真撮りました。
あまずっぱくて、おいしかった!

いよいよ、今週末21日 日曜日に
「とっておきの音楽祭 inひらかた」が開催されます。



枚方市駅徒歩1分 岡東中央公園。

フルート6人で、2重奏3組で4曲と、6重奏を1曲。

メンデルスゾーンの春の歌。
朧月夜、春が来た、春の小川、最後が故郷。

9:50からやっていますが、出番は10:55分くらいからです。無料。

仙台ではじまり、障害のある人もない人も一緒に音楽を楽しみ、音楽のチカラで心のバリアフリーを目指す音楽祭です。

楽しんで演奏しますので、ぜひ、お祭りを盛り上げにおいでください!
待っています💕


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

緊張と脱力の練習

2017-05-18 20:15:15 | フルートレッスン

薔薇の季節がやってきています。

うちの狭い庭のアーチに絡ませたピエールドロンサール。

咲いています。


他の薔薇は、四季咲きですが、これだけは春にだけ花をつけます。

昨日は5歳Rさんのレッスンです。
今日は、先月手に入れたピッコロを、吹いてみました。
頭部管だけで鳴らすのは、もう簡単になってきました。
それでもゆっくり進めようとしたら、Rさん、本体もつけたいと言い出しました。

「では、やってみよう!」と、くっつけてCの音。ちゃんと音がなりました。

それから、力を入れて手を叩き、脱力して手を叩く。うまくできています。

身体を石のようにして跳んだり、羽のようにふわっと跳んだり。

ぞうさんのような手で膝をドンドン。
つるさんのような手で膝をトントン。

演奏における緊張と緩和を、遊びながら学びます。

それからパッドで、ドレミファソラシドを並べて、ピアノの音に合わせて、パッドの上を移動します。
音感を学んでいると、フルートを吹いた時にとても役立ちます。
Rさん、どんどん新しいことを学んでいっています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界は美しい

2017-05-17 20:57:17 | 哲学

旧宅に帰ってみたら、掘ったらかしのバラが咲いていて、その横に羽化したばかりのアゲハチョウが。

なんなのだろう?
「世界は美しい、人生は甘美である。」
仏陀は正しい。
数ヶ月の生命の輝き。
こういう世界の美しさが感じられる限り、私は生きていける。

美しい音の中には、このような美しさが含まれていると、私は信じています。

心や身体を整えること、理不尽なことも多い世の中で、平和な心を保つのは大変ですが、そのような時にこそ美しい言動を選びたい…難しいですが。

いつか、どんな理不尽にも、愛を持って導き、相対せるようになりたいです。
音楽は、そのようなものだと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

知恩寺手づくり市

2017-05-16 21:08:41 | 手作り

15日、知恩寺手づくり市に行って来ました。
いつものお友だちmさんと、Gさんの他に、Gさんの娘さんYさんと生後2ヶ月のJくんも一緒に行きました。

いいお天気で暑かった。
気候が良くなると、人出も多いので出店される方も多く、品数もいつもより多く見えます。



抽選で出店者を決めているそうで、おめあてのかばん屋さんも落選されたのかこられていませんでした。残念。

最近生まれた友達のお孫さんの出産祝いを買いました。
スタイと小さめのタオル、木のおもちゃガラガラ。

ガラガラは赤ちゃんが口に入れても良い欅の木にビー玉を挟んで、もちろん手づくり!

後は、子育てサロンでできるかな?
はらぺこ青虫の指人形。

バッジをいくつか。
ラスクやざらめおかきも買いました。
いつもの陶器屋さんで、B品扱いの小皿を買いました。
「小さなお皿に少しずつ盛りたいから。」と言ったら、「いいですよ!彼がうんと出世したら価値がでますから!」と、店主が若ものを指差して言いました。
「そうなの!それなら、がんばってもらわなくっちや!」と言うと、照れたように「ありがとうございます。」と言ってくれました。

こういうやりとりが市の醍醐味です。


Jくんもおとなしく抱かれているうちに眠ってしまいました。
小さな赤ちゃんでもかぶれる帽子を見つけて、みんなで買いに行ったら、「孫が生まれてね。急に赤ちゃんのものを作りたくなっちゃってね。」と、そこの店主はニコニコ笑ってJくんに帽子を被せてくれました。

ものの向こうにある心が見え、その心がものを通して受け継がれたような気がする瞬間です。

手づくり市の後は、Gさん家族と別れ、mさんとお昼を食べて、


ゆっくりおしゃべりして、ノムラテーラーとイノブン、アニメート、ブックオフに寄って帰りました。
あーあ!堪能した!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

調整

2017-05-15 21:58:26 | 音楽
土曜日は、楽器の調整会。

パウエルの14Kの頭部管に10Kシルバーキー。
本体は、もう15年以上使っています。
三年前に大きなメンテナンスをしましたが、以後は半年に一度。
その間に演奏会のある前や、調子の悪い時にちょこちょこみて頂いています。

Fキーを押さえると、3つのキーが一度に下がります。
ここのタンポのへこみ具合がどうしても均等には減りません。
隙間が開いたりすると、音が出にくくなるので、調整は欠かせません。自分でされる方もいますが、なかなか微妙な調整は難しいです。

信頼できるリペアマンはとても貴重です。
仕上がってからも、何度もEやF、F#の音程を確かめて微調整してもらっています。

ものづくりと音楽は一般に思われているより、とても近いのです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンクスマザーズデイ

2017-05-12 22:01:47 | 日記

サンクスマザーズデイというミニバラ。
ピアノのNさんのコンサートに出演させて頂いた時にいただきました。
毎年、この時期になるとたくさん花をつけてくれます。

母親になった時の感激。
我が子を抱いた時の喜び。
泣いた、笑った、寝返りできた。
熱出した。転んだ。立った、歩いた。
怒ったり、悲しんだり。

親になることを学びながら、一緒に育っていった気がします。
で、充分学んだのか?と言えば、まだまだ未熟なまま、子どもたちは成人してしまったような気もします。

成功したかとおもったら、大失敗だったり。
それでも、ずいぶん心配しましたが、今思えば、やっぱり幸せをいっぱいもらったような気がします。

サンクスマザーズデイは、私には、親にならせてくれてありがとうの日です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

故郷 六重奏

2017-05-11 19:33:34 | 音楽
風邪で、寝ているうちに花盛りになっていました。

懸案だったフルート六重奏「故郷」。
本当に片づけなくてはいけません。

「難しくしない。」という約束をしたので、ほとんど4分音符ですることにしました。

変化をつけるために、低音域デュオから始めることにしました。
1本入り、それから全員。

約束なので、少しややこしいオブリガードは、私が1本で吹くことにしましたが、他が厚いだけに、薄過ぎます。

仕方ないので8分音符で支えてもらうことにしました。

これだけでずいぶん違うと思います。

最後に
「アカペラ」というアプリで、吹き込んで試してみました。
無料なら、1分まで、4重奏を自分で重ねて録音できます。
故郷なら、半分ずつ。
おもしろいことができるようになったものです。
この前は、ボワモルティエのトリオを入れてみましたよ。もちろん1分だけですが。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャン フェランディス 聖なるメタモルフォーゼ J Sバッハへのオマージュ

2017-05-10 22:57:43 | コンサート
夕方から風邪も完治していないのでマスクしてお出かけ。

御堂筋を歩いてフェニックスホールで、

ジャン フェランディスフルートリサイタル。
ピアノはレラ カツァレヴァ
副題は〜聖なるメタモルフォーゼ。J.S.バッハへのオマージュ〜で、オールバッハ!!


他の人なら敬遠しますが、フェランディスだけは特別。
型にはまらない、歌うバッハ‼︎
泣いたり笑ったり、本当に表情豊かなバッハはおもしろかった💕

CDも買いました。

Nさんと会ってイタリアン食べて御堂筋をスキップして帰りました😊
コメント
この記事をはてなブックマークに追加