涼麻が行く ~白犬ウエスティの のんきな生活~

ウエストハイランドホワイトテリア(ウエス、ウエスティ、白犬)の涼麻(りょうま)のことを中心にいろいろと

星見用の双眼鏡

2017年04月28日 23時02分41秒 | 星空

前から気になっていた星見用の双眼鏡

Amazonのカートの「後で買う」に入れっぱなしにしていたのは、Vixenのフォレスタ8x42(倍率が8倍、対物レンズの直径が42mmという意味)

星見用には7x50が定番だったようです。その理由は、「ひとみ径」が7mmに近いためとされています。

「ひとみ径」とは、レンズ径を倍率で割った数値のことで、7x50の双眼鏡の場合は、50mm÷7≒7mm、これが人間の瞳孔が開いたときの直径にほぼ近い、ということが理由のようでです

しかし、涼麻地方のように光害の強い地域では、暗いはずの背景まで白っぽくなってしまうので、ひとみ径はもう少し小さい方が、かえって見やすい、という考えに変わってきているようです。

加えて、人間の瞳孔は、年齢とともに大きく開きにくくなるということがあるようで、涼麻父くらいになると4〜5mm程度までしか開かないのだそうです

年とともに暗いところが見にくくなってきているのは、そういうことだったのか、と妙に納得する涼麻父

で、ひとみ径が小さめの8x42にしようと思って、カートに入れていたのです。

ある日、Amazonから「カートに買い忘れが残ってるよ〜」という親切なメール

久しぶりに確認してみると、定価が33k、カートに入れたときが23kだったのが、18kに下がっています。

どうやら、製造中止になって、在庫処分モードになっていたようです。

で、どーしよーかーと思案しているうち、さらに15kにプライスダウン

ポチしようかと思いきや、冷静な涼麻父「一週間、よく考えてみよう」と

で、思案に思案を重ねて、どうしても引っかかったのが790gという重さ。

1kgにもなる7x50よりは軽いのは確かなのですが、やっぱり重そう

デジイチと白レンズで2kgになることと比べれば軽いのですが、やっぱりねえ。

持ち出すのが億劫になってしまうことを懸念して、もっとコンパクトなものはないかと、再探索

で、見つけたのが、日の出光学の6x30

NikonやVixenほどメジャーではないけれど、メーカーHPをみると、モノづくりに卓抜した職人気質の塊のような姿勢に一発で心を奪われました。

6x30なので、ひとみ径は5mmですが、涼麻父の年には丁度いいでしょう。

それに重さは482g

一般に、双眼鏡と言うと、遠くのものを大きく拡大して見ることがひとつの目的でしょうから、倍率の大きさが気になるところです。

でも、星見の場合は、点像をみるので、いくら点を拡大しても点でしかありませんので、倍率にはさほどこだわる必要がありません。

むしろ、倍率が高くなると手ぶれのために見にくくなってしまうので、星見では10倍以下が目安とされています。

なので、6x30でもいいんです

6x30を出しているメーカーは他にもあって、日の出光学製の半額以下だったりするんですが、ここでひとみ径以外に大事なスペックが登場します。

それが、レンズの反射を抑えるコーティングです。

ガラス面に入射した光の一部は表面で反射して、残りが目に届きます。

双眼鏡は、何枚ものレンズとプリズムでできており、その一つひとつで反射が発生するので、ちりも積もれば山。

日の出製は、波長ごとの透過率も公表していて、その値も概ね95%以上ということなので、心を決めました。

結局、価格は30k近いことになってしまいましたが

 

で、到着したその日、早速、のぞいてみました。

あいにくの曇り空で、眼視では木星しか見えない状況でした。

はじめは双眼鏡というものに慣れず、自分が左目でばかり見ていて、右目をちゃんと使っていないことに気づいて、驚いてみたり。

おかげで、左右の目をバランスよく使うようになって、普段の生活でも視力がよくなったような気がします

で、狭いベランダの空を、ためつすがめつ眺めていると、次第に、夜空に目が慣れてきて。。。

そうしたら、青白い星が見えたのです。

乙女座のα星スピカでした

ひとつ見え始めると次々に、θ星、γ星(ポリマ)、ζ星を見つけることができました。

一度、見えると、今度は眼視でもスピカが見えるようになっていました。

なんだか、わくわく

Public Domain courtesy of Wikimedia Commons, "Virgo" from A Celestial Atlas by Alexander Jamieson

 

今はちょうど木星が乙女座のところに浮かんでいるので、目印になったことも幸いしました。

星見の双眼鏡というものは、拡大してみるため、というよりも、暗い星でも明るく見せてくれるためのものなんですね。

この双眼鏡は6x30なので、30mmの対物レンズで集光した光をひとみ径5mmの光束に集めてくれます。

これは、光量を(30/5)^2=36倍に増加してくれることを意味しています。

透過率95%を考慮しても、星の等級でいうと、2.5×log(36×0.95)=3.84等級分のアップです。

この日の天候で、涼麻父の眼視ではスピカ(0.97等級)を見つけるのが精一杯だったわけですが、この双眼鏡を使えば、0.97+3.84=4.81等級まで見えることになります

実際のところ、θ星、γ星、ζ星は、それぞれ、4.38等級、3.44等級(と3.48等級の二重星)、3.38等級ですから、眼視では見えなくても双眼鏡を使えば見えるわけです

なるほど〜

この双眼鏡を使って、光害のないところで天の川をみたら、どんなことになるのか、今から楽しみです

 

ところで、涼麻父が使っている星空アプリは、SkyViewとiステラHD

SkyViewは、実際の夜空の画像と星図を重ね合わせて表示してくれます

スペースデブリ(打ち上げたロケットの残骸など)なども表示されるところがおもしろい

英語版ですが

 

iステラは、人気ナンバー1でしょうね。

これらがあれば、都会でも星を見つけやすくなります

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いっぽんでもにんじん

2017年04月23日 13時37分10秒 | 涼麻

1本でもにんじん、にんじんジュースを12本

にんじんにはビタミンAの前駆体であるβカロチンが豊富

ビタミンAはビタミンCに次いで大事なビタミンです

 

さて、先日、Mayブログのブロ友さんの記事を(こっそり)拝見していて、AbemaTVというインターネットテレビを知りました。

約1年前に開局、本日現在、ニュースやスポーツ、アニメ、エンターテイメントなど29chが配信されています。

ノートパソコンやタブレット上で、好きなチャンネルを視聴できます。

 

で、さらに、これをChromecastなどのストリーミングデバイスを使うと、

 

まるで普通のテレビのように視聴できます

大画面でも、まったく遜色のない画質です。

時事問題のライブストリーミングでは、既存テレビ局にはない闊達なやり取りがあって、AMラジオのような自由な感覚です。

これから、クラシックやジャズのチャンネルができることを期待している涼麻父です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

土曜日の涼麻父子

2017年04月22日 21時17分50秒 | 涼麻

今日、週末にしては早めに起きた涼麻父

春になって目が覚めたメダカにごはんをあげたり、ベランダの鉢植えの枯れ葉を剪定したり

涼麻も、前肢の調子が良くて、今日は途中でお会いしたトイプーちゃんが気に入ったようで、特に上機嫌で歩きました

その後、涼麻父は、マンションの理事会の書類を確認したり、会社のメールをチェックしたり、保険の更新書類に記入したり

 

で、キッチンの一角にスパイスラック

たくさんのスパイスが並んでいると、なんだかウキウキします

この寸法に収まるスパイスのシリーズを充実させていきましょう

 

夕方、ポストをのぞいてみると、注文していた本が届いていました

双眼鏡の倍率は望遠鏡に比べれば桁違いに低いのですが、三脚がなくても星空を楽しめたり、対象を視野に導入しやすい、というメリットがあります。

明るい双眼鏡を選べば、肉眼では見えない星も見えるんだそうです

でも、まあ、やっぱり、空気のきれいな場所で観望するのが一番なんでしょうけどね

 

涼麻の左肩には、小さい頃から小さいおできがあります。

お医者さんにも診てもらってて問題ないんですが、ちょっと大きくなってきたと思ったら、この度、見事に破裂しました

といっても、3月にも破裂してるんで(←涼麻父、気づいていなかった)、今回は2度目

きれいに消毒して対処しています

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春のお散歩

2017年04月16日 14時25分20秒 | 涼麻

昨日、土曜日、トリミングから帰ってきて、最近お気に入りの場所で爆睡中の涼麻が、むっくり

 

土曜日の19時過ぎに、国際宇宙ステーション「きぼう」が東京上空を横切るということだったので、涼麻家のベランダから狭い空に向けてカメラをセット

タイマーリモートコントローラーで自動撮影しながら、目視でも観察していましたが、何も見えず

方角はバッチリだったと思うのですが、仰角が低くて目の前のマンションに遮られてしまったのかも知れません。

で、70枚ほど撮影したのですが、潔く、消去!

 

今朝、ゆっくり起きて涼麻とお散歩へ

だいぶいい陽気になってきて、涼麻は今年初めて給水を要求

帰ってきて、涼麻父の膝の上で

 

どんな顔をしてるかというと、

あ、テレビみてたのね

 

この後、「あ、昨晩の写真、もしかして、暗部を引き上げれば映っていたのかも・・・」と思い始め、気になったら、確かめてみたくなり、データ復活ソフトを使って、写真ファイルをリカバー

してみたものの、やはり、光跡は見つかりませんでした

明るい星は浮かび上がってきたので、雲がかかっていたわけではなく、やっぱり仰角が厳しかったのでしょう。

また、次の機会に挑戦したいと思います

 

で、久しぶりに5D2のシャッターカウントを見てみると、

前回は17,792回

約23か月間で(21,793−17,792)=4,001回

ひと月あたり、170枚ちょっと、ということになります

 

めーだーかーのがっこうは〜

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

父子トリミング

2017年04月15日 16時03分34秒 | 涼麻

今日は、父子トリミングデー

帰るなり、水をがぶ飲みしてお昼寝モード

 

ようやく暖かくなって、冬眠状態だったメダカたちも元気に泳ぎ始めています

大きいこや小さいこが、ざっと、15〜20匹

 

レモンの木から、一気に若葉が芽吹き始めています

 

春眠暁を覚えず

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

近鉄色

2017年04月12日 23時48分00秒 | 涼麻

今日、仕事で立ち寄った駅で

近鉄特急の塗色と言えば、マルーンか、この写真にあるようなオレンジ/青のツートン

 

で、先日、訪れた大井川鐵道で、SLが来る前に試し撮りしていたときの写真がこちら

オレンジ/青のツートンですね

それも、そのはず、この車輛は近鉄から譲り受けた16000系電車なのです。

モハ16002+クハ16102

特急形車輛を普通列車として使っているんです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月と木星のランデブー

2017年04月11日 01時21分45秒 | 星空

夜散していたら、お月さまの近くに明るく輝く星

さっき見上げたら、だいぶ高く昇ってきていたので

10日夜〜11日未明、月と木星が最接近だったようです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春のちっくん

2017年04月08日 15時28分41秒 | 涼麻

今朝方、まだ/だった涼麻地方ですが、お散歩&抱っこしながら動物病院へ

春のチックンです

病院に到着して順番待ち。

最近、病院が苦手な涼麻、着いて早々、帰ろうとするので、抱っこしてあやしながら窓の外を眺めていると、涼麻を見ながら病院に入ってくる方が

ご近所ウエスの飼い主さん

どうやら、かかりつけのお医者さんが同じだったようです。

涼麻、たくさんかわいがってもらって、すっかり不安解消

健康診断の結果を聞きにいらしてたので、残念ながらウエスくんたちはお留守番。

長男くんは15歳

あやかりたいものですね

昨年の注射のときから、背中にチックンされると、振り向いておこる涼麻

今年も、おんなじ反応

チックンの後、

先生「あー、おんなじ犬種だもんね」

涼麻父「年とともにお散歩時間が少なくなって、おともだちに会える機会が減っちゃいますよね」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水道橋に讃岐國

2017年04月07日 23時52分28秒 | 涼麻

昨日、友人に会うために訪れた水道橋

水道橋といえば、プロレスファンなら「後楽園ホール」、プロ野球ファンなら「東京ドーム」ですが、賑やかな表通りから一本入ると、そこには金毘羅宮

ちょうど、桜が満開でした

お詣りして、隣の建物を見ると、そこには、

お店の前の写真入りメニューをジックリ観察

おいしそうだなーと思いつつ、待ち合わせの店へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おみやげのうなぎ

2017年04月03日 00時00分00秒 | 涼麻

おみやげに、鰻の蒲焼きをいただきました

こちらは、お持ち帰り専用のお店なのだそうです

うなぎのタレがたっぷりな時点で、すでに気分が盛り上がります

秘伝の調理法を忠実に守って、

 

せっかくなので白米を炊いて、

 

じゃじゃん

あえて、ホールでどーぞ

おいしかったー

コメント
この記事をはてなブックマークに追加