涼麻が行く ~白犬ウエスティの のんきな生活~

ウエストハイランドホワイトテリア(ウエス、ウエスティ、白犬)の涼麻(りょうま)のことを中心にいろいろと

柑橘の季節

2017年02月18日 14時02分45秒 | おいしい♪

柑橘類がハイシーズンを迎えています

今朝ほど、涼麻家にもピンポーン

たくさんのポンカン

おや、ひとつだけ突然変異?(笑)

 

そして、懐かしのアポロチョコ

1969年7月にアポロ11号が人類初の有人月面着陸を果たした後、地球に帰還したときに使われた司令船の形を模しています。

当時、アポロチョコは大ブレーク、小学生だった涼麻父も大好きでした。

翌1970年には大阪万博。宿泊先でみていたTVでアポロチョコのコマーシャルが流れていて、それが静止画だったので、東京と大阪の違いに驚いたものです。

いまでは、全国のテレビ局は系列化されて、番組もCMも含めて差異は解消されていますが、一方で均質化が進み、独自色を残す「独立U局」はほんの一握りになっています。

それにしても、アポロチョコ、でっかくなったな〜

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

身延山の麓で

2017年02月17日 23時50分22秒 | 涼麻

出張先の仕事が終わって、駅まで送ってもらい、電車が来るまで20分ほど待ち時間がありました

ここはJR身延線の無人駅

踏切横に、保線車両が留め置きされていました。

「マルチプルタイタンパー」レール高さをミリ単位で調整して、その下のバラストを突き固める機械です。

オーストリアのウィーンに本社をおくPlasser & Theurer社製、外車です。

レールを曲げて作った車止めも雰囲気がいいですね

正式には、「第三種車止め(Ⅱ号)」と呼ぶのだそうです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビタミンC補給

2017年02月11日 16時26分16秒 | 涼麻

涼麻の前肢は一進一退ですが、以前のように極端に悪化することはなくなりました

「医食同源」ということで、フードを全面的に見直して、一部はシニアになる前に好きだったフードに戻してもいます。

気をつけるべきことは、摂取カロリーを管理すること、しっかりと蛋白質を与えること(腎臓が弱い子を除く)、という考え方です。

 

さらに、スペシャルサプリ

まだ試行錯誤中ですが、ほぼ調合が決まってきました

人間用のアスコルビン酸(=ビタミンCの前駆体)も涼麻父とシェアして配合

新しい調合剤を添加する際には、規定量の半分から始めて、不具合がないことを1週間ほど確認した後に規定量にしていきます。

じっくり、じっくり

 

そして、涼麻父も体調管理のためにレモンを3kg購入

涼麻父、このところ、仕事でいろいろあって・・・というか、あり過ぎて〜

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いろいろと集まってくるマーク

2017年01月29日 22時41分01秒 | スケールモデル

昭和の国鉄貨物全盛時代を走り抜けた石油タンク車

横浜港に係留されている貨客船の海運会社の40ftコンテナ

昔懐かし、ボンネットトラック

それぞれ、涼麻父の父に縁があったり、涼麻父の母に縁があったり、涼麻父の母の叔父に縁があったり、自然とご縁のあるマークが集まってきて、並んでいます

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シニアフード再考

2017年01月28日 23時59分59秒 | 涼麻

涼麻(10歳10か月)の前肢は相変わらずで、おやつをもらえるときなどに急ぐとケンケン走りになってしまいます

昨年末は右手で、いまは左手に症状が出ています。

もともと8歳の頃から、ランでくたびれると前肢を上げていることはありましたが、それはどちらかというと珍しいことでした。

それが、9歳9か月の頃から、症状が本格的になったという感じです。

 

「医食同源」ということで、今日は、シニアフードについて考えてみました。

涼麻は、A社のフードとB社のフードを1:2の割合でローテーションしていました。

9歳7か月で、A社のフードをシニア用に切り替え(全体の1/3)、10歳4か月で2/3をシニア用にしました。

ちなみに、この10歳4か月の頃、給餌量を電子天秤で計量することでダイエットを開始しています。

 

最近、B社のシニア用フードも試しに入手してみたので、それぞれの成分を比べてみました

結構、メーカーによって特徴があります。

メーカー

種 別

粗蛋白質
(%以上)
粗脂肪
(%以上)
粗繊維
(%以下)
カロリー
(kcal/100g)

A社

アダルト

25 15 3 368


シニア

22 12 3 344

B社

アダルト

21 10 3 328

シニア

23 13 3 361

C社

アダルト

38 18 5 398

シニア

38 15 8 371

 まず蛋白質に着目すると、A社はアダルト用25%に比べシニア用では22%に1割減少させていますが、一方、B社では21%に対して23%に1割増加させています。

 シニアになったら蛋白質を減らして良い、という考えもあれば、むしろ増やした方が良い、という相反する考えが共存しているようです。

涼麻の場合、なんだか、この頃、被毛がパサパサした感じになっていて、シニアだから仕方ないのかな、と思っていましたが、蛋白質が不足しているのかも知れません。

腎臓が弱いなどの持病があるワンコは別として、蛋白質を増強することは問題ないと思います。

C社などの場合、アダルトでもシニアでも38%と高配合になっています。

で、今ところ、C社シニア用をちょっと追加したり、おやつにヤギミルクをあげて、涼麻の蛋白質を増強中です

なんとなく、毛艶がよみがえってきたような気がします

蛋白質が不足すると免疫力の低下を招くことがあるようで、涼麻の症状にステロイドの効果があったことから、やはり、蛋白質が気になっています。

※涼麻の場合、ステロイド剤を服用し続けるとお腹がゆるくなってしまうし、そもそも、あまり薬に頼らないで済むようにしたいと考えています

 

一方、脂肪分やカロリーについては気をつけていかないといけませんね。

体重が増え過ぎないようにしないと。

これについては、一週間に一度の体重測定でモニタリングしていきます。

結構、給餌量は増やしているんですが、いまのところ、体重に極端な増加はありません。

人間も、以前は、年寄りはあんまり脂っこいものを食べるものじゃない、などと言われていましたが、最近は、肉をしっかり食べた方が良い、などと言われるように変わってきています。

涼麻父の母(=80歳半ば!)の話を聞くと、結構、お友だちとステーキをもりもり食べたりしていて、元気にしています。

「油断大敵」とも言いますしね。

 

ちなみに涼麻父は、アトピー性皮膚炎やらフィッシャー症候群やら、免疫系の疾患を克服してきたので、その経験を活かして、少しでも涼麻のためになることをやっていきたいと思っています

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりのヤギミルク

2017年01月22日 19時47分03秒 | 涼麻

フードをシニア用に変え始めて1年3か月、ゆっくりダイエットを始めて6か月

その甲斐あって、体重は1kgほど減りました

しかし、ちょうど1年前に、前肢の調子が低下し始めました

これまでは、「シニアになったんだから、ある程度は致し方ない」とも思いましたが、一方で、食事と症状に関連性があるのかも、と

ここは、やっぱり、人間もワンも「医食同源」だという原点に立ち返ってみましょう

 

体重は、ある程度減らした方が良いとしても、栄養不足になってはよろしくない

そこで、フードを見直すことにしました(この話は、また そのうち

 

まずは、取り急ぎ、このところ ご無沙汰だったヤギミルクをあげています

毎回、計量するのは煩雑なので、水量レベルと、それぞれ小さじ何杯かを書き込んだペットボトルを用意(きっと、皆さん、やってることなのでしょうね)

 

これを、しゃかしゃかしてると、昼寝してた涼麻が登場して、

 

かぷかぷかぷ

さあ、栄養補強していこう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

荷物車マニ37

2017年01月21日 21時58分58秒 | スケールモデル

今回は、鉄道模型の話です

マニ37は、客車を改造して製造された新聞輸送用の荷物車です。

茶色い荷物車が多い中で、これは青色で文字通り異色の存在です。

マニの1文字目は総重量を表す記号で「マ」は「42.5〜47.5t」、2文字目は車両種類を表す記号で「ニ」は「荷物車」

でまあ、ついうっかり、この荷物車が欲しくなってしまい、探したのですが、5年以上前に発売されたもので、鉄道模型は、あまり再生産をしないので、見当たらず。

中古市場に目を移すと、TOMIX社製はあるものの、KATO社製はなし。TOMIXは車番をインレタで貼らなくてはならず、ちょっとこれは不得手、選択肢はKATO製しかないのです

で、いろいろと調べてみたら、Assy(組立用部品)の在庫が多少、市場に残っていたようで、これをゲット

「ボディ」と「床下」と「台車」、ちょうど魚を三枚おろしにした状態のようなものです

あいにく点灯機能のない「床下」しか入手できなかったので、尾灯を点灯させるために「ライトユニット」、「集電シュー」も入手。

 

まずは、「床下」をばらして「荷室」、「ウエイト」、「床」、「機器」に。

ちなみに、このウエイトは5.2g。脱線させないため、また線路から確実に集電するためには一定の荷重をかける必要があるわけです。

 

このライトユニットを「床」に組み込みます。

ちなみに、LEDと直列に入る制限抵抗は560Ω、並列のコンデンサは推定1μF(このあたりは後日、検証予定)

 

ライトユニットを組み込むといっても、定位置にちょこんと置くだけ

で、2本流れているリン青銅板から集電するために、中央に映っている部品(集電シュー)を組み込みます。

 

この作業は、ちょっとだけ厄介ですが、落ち着いてやれば

 

で、元通り、「荷室」+「ウエイト」+「床」+「機器」を組み立てて、ここで通電チェック

ちゃんと灯ってくれました

 

続いて、「ボディ」をパチンとはめ込んで、

 

最後に、台車を付属のビスで取り付けます。

 

クルクルクルっと

 

はい、完成〜

 

あらためて、線路上で尾灯の点灯を確認

オッケーですね

 

かつて、完成品が単品で販売されていたときは、税抜き定価ベースで1,900円

今回、購入したAssyの費用は、同上2,650円

もし、点灯機能付きの床下Assyが入手できていたなら2,350円で済みましたが

まあ、客車の構造がよく分かったし、組み立てるのも楽しかったので

ちなみに、今回のAssyの対象年齢は8歳以上でした

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

父子トリミング

2017年01月21日 14時28分15秒 | 涼麻

今日は、父子トリミング

 

ティンカーベルみたいなリボンをつけてもらって

 

先週あたりから、今度は左手の調子が悪くてケンケン気味の涼麻

トリマーさんの話によると、本犬としては両手ともに気にしているようです。

 

帰るなり、お水をがぶ飲み。

トリミング中に騒ぐから喉が渇くわけですが、今回は、特に、昨日からステロイドを飲んでるので、余計に多飲多尿なんです。

このときも左手がケンケンですね

いろいろ考えた末、フードを変えてみようと思います、その話は、また今度

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

防寒コート

2017年01月15日 17時11分33秒 | 涼麻

今朝のお散歩、だいぶ冷え込んでるなー、とは思いましたが、帰ってきてニュースを見ていたら、今朝の東京の最低気温は−2.3℃だったそうな

そりゃ、寒いわけだわん

といっても、全国的にみれば大雪に見舞われている地域も多くて、それに比べれば、たいしたことはないですよねえ

 

お散歩前の様子。

先日、読んだ本によると、シニア犬になったら、寒い日のお散歩はコートで防寒した方がよいそうな

このコートはオーダーメイドで作ってもらったんですけど、中年太りのせいか、ちょっとピチピチかも

これだと防風効果はあっても、ふわふわ毛による魔法瓶効果がうすらいじゃうかな

大きめのコートを新調してもらう?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イノダコーヒ

2017年01月15日 17時01分25秒 | 京都

涼麻家、御用達のイノダコーヒ@京都

いまなら、通販注文でフードクリップ(2本1組)をプレゼントでもらえます

こちらのお店は、英語の発音がよくって、「コーヒー」は「コーヒ」、「ケーキ」は「ケーク」

あ、もちろんおいしいコーヒーですよ、お安くはないけどね〜

コメント
この記事をはてなブックマークに追加