山城めぐり(兄弟ブログ biglob)

新潟、山梨、長野、群馬、栃木、埼玉県などの埋もれた城跡を探索しております。カテゴリ「城郭一覧」で簡単にアクセス。
 

楽厳寺北城①

2017-05-18 20:42:04 | 山城ー信州
楽厳寺城とある曲輪からの北尾根(釈尊寺の東尾根)分かりやすくするため楽厳寺北城とします。


縄張り図の楽厳寺城の奥にある土塁から北に林道が下っています。

縄張り図は「戦国武田の城」より

北尾根を下って来ると、釈尊寺への道にぶつかります。ここから尾根を登ってゆきます。

細尾根を進み

北尾根第一曲輪

第一曲輪の北城壁

尾根を下り、小曲輪

北尾根第一堀切

峰を登り

振り返り第二堀切

峰の上には第二曲輪

また峰を登ります。

鞍部であり、大堀切

北尾根はまだまだ続きます。

長野市「信州・風林火山」特設サイトより

額岩寺駿河守光氏讒言にあうこと
勘助、義清の忠臣・額岩寺光氏を謀る
 村上義清の家臣・額岩寺光氏は、信州に並ぶ者がない武勇の者で、砥石城の戦いでは、武田の甘利備前守、横田備中守を討ち取り、勇猛・智謀・人に優れ、忠義一途の武士であった。
 山本勘助はこの額岩寺がいるうちは、村上義清を討つことは難しいと考えていた。そこで信州勢の相木市兵衛尉政朝に相談したところ、義清方の寵臣に密使を送り、調略することに成功した。武田方についた義清方家臣は、義清に「額岩寺が君に背き、寝返るかもしれないので油断なきように」と告げ口をした。義清はその家臣の言葉をまるごと信じこみ、以後、額岩寺を遠ざけてしまった。

板垣信方、上田原に討ち死にす

 天文16年(1547)、武田軍は佐久郡志賀城を攻めた。城主笠原新三郎雅直は、村上義清に援軍を頼むが、額岩寺がいない村上方の軍評は決まらず、その間に志賀城は落城。笠原新三郎は討ち死にした。
 武田軍は勝ちに乗じてますます勢いを上げている。無念やみがたい義清は、兵7000を率いて小県郡上田原に陣を取り、武田軍を迎え撃った。甲州の先陣は板垣信方。500人の兵を率いて自ら槍を握って敵陣に攻め入り、義清の先陣を総崩れさせるが、二陣の鉄砲隊により信方は肩を打ち抜かれ、引き返して休むところを急襲。ついには上条織部に首を討ち取られてしまう。

額岩寺光氏の奮戦
 板垣信方の討ち死にを知った飯富、小山田、馬場の面々は板垣が弔い合戦と猛攻をしかけた。引き退く村上方との間に、さっと駒をとどめた武者がいた。
 「我こそ、独武者と呼ばれた額岩寺光氏なり、しばらく人の讒言[ざんげん]によって甲州方と疑われていたが、いま汚名をそそがんためにこの陣頭に推参せり」と叫び、武田の軍勢に飛び込んで、一気に敵28騎を切って落とした。これに鼓舞された村上方の勇士も敵陣に駆け入り、さんざんに戦い、敵の向こう備えも破った。村上義清は額岩寺の変わらぬ忠誠に心打たれ、自らの誤りを心底悔やんだ。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 楽厳寺西城② | トップ | 楽厳寺北城② »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。