AKB48 チームBのファンより

鈴木紫帆里さんを中心にAKB48 チームB について語るサイトです。

指原莉乃から北原里英への手紙(総選挙分析ライター)

2015-08-27 12:00:00 | 分析系 メンバー
指原莉乃から北原里英への手紙(総選挙分析ライター)


8月26日(水)に秋葉原のAKB48劇場で行われた横山チームK「RESET」 千秋楽公演 北原里英を送る会(注)でHKT48の指原莉乃がNGT48へ移籍した同期(AKB48 5期)の北原里英へあてた手紙が披露された。

指原から北原への手紙は筆者が知るところでは09年12月のネ申テレビと12年2月のAKBINGO!の2回なので久しぶりである。
指原莉乃と北原里英 150328

指原の手紙を読んでみると指原は北原と同じチームになりたかったがそれが叶わなかったことが残念である、1回だけ北原と些細なことで喧嘩したことを悔いている、将来北原と一緒のステージに立てるのを楽しみにしているという内容だった。


<北原里英を送る会 指原莉乃の手紙より>
「里英ちゃんへ AKB48ラスト公演お疲れ様。せっかくなので久しぶりにAKB48劇場にお邪魔したかったんですが、私は今博多で座長をしているのでそちらには行けませんでした。

今こうして私たちがテレビに出て、雑誌に出て、色んな活動をしているけどその原点はAKB劇場でしたね。チームBバックダンサー、チームKバックダンサー、アンダー、研究生公演と毎日劇場公演に出て、バックダンサーの時は冬はめっちゃ寒くて、夏はめっちゃ暑いエレベーターホールで出演する研究生みんなで固まって、公演が始まって公演が終わるまでずーっと喋ってたよね。話した内容覚えてる? この中でバトルロワイヤルしたら誰が生き残るか。この中で無人島でサバイバルしたら誰が生き残るか。くだらないことばっかりだったけど、今でも昨日のことのように思い出せます。

たくさんの思い出があるけど、1つだけ叶わなかったことがあります。一度でいいから里英ちゃんと同じチームになりたかったな。実は一度も同じチームになってないんだよね。指原が移籍してなかったら同じチームになることもあったのかな。移籍したあの瞬間に同じチームだったら里英ちゃんにもっと甘えてもっと相談できたのかな。一度でいいから同じチームになってみたかったな。

基本的にケンカをしたことないうちらだけど、1回だけ指原が里英ちゃんに一方的に怒ったね。内容はたいしたことないし、どっちが悪いわけでもなく、今考えたら何であんなことで怒ったんだろうって内容でした。里英ちゃんが謝りのLINEをくれたのに気まずくて返信できない自分がいました。それでずーっと返信していないその時に里英ちゃんの移籍が発表されて。あの時はマンガみたいなタイミングだったね。発表後にチームKのメンバーや後輩に囲まれる里英ちゃんにどう近づいていいのかわかりませんでした。何で怒ったのか何で返事できなかったのか、短い間に自分を責めました。里英ちゃんが指原に気づいてくれたその瞬間から涙が止まらなくて、2人で謝り合って号泣したよね。

お腹が空くと機嫌が悪くなる里英ちゃん。最近唇の色が良くなってきた里英ちゃん。お風呂上がりは色が白い里英ちゃん。誰よりも人のことを考えて優しい里英ちゃん。先輩をたて、後輩を気遣う里英ちゃん。
最後に一緒に思い出のステージに立てなかったのは残念だけど、また一緒のステージに立てるのを楽しみにしています。これからもお互い高め合って頑張りましょう。         指原莉乃」


指原はHKT48の支配人を兼務、北原は新設したNGT48のキャプテンというそれぞれ責任ある立場に就いているので、ファンとしては是非HKTとNGTがコラボした企画を2人で考えて実行してもらえればと希望している。

(注) 【出演メンバー】相笠萌・阿部マリア・石田晴香・岩佐美咲・北原里英・小嶋真子・小林香菜・後藤萌咲・島田晴香・下口ひなな・鈴木まりや・田野優花・永尾まりや・宮崎美穂・湯本亜美・横山由依(※休演予定の小嶋真子が一部出演に変更)

以上


「指原莉乃のすべての関連記事」
「AKB48選抜総選挙分析他分析記事一覧」
「AKB48グループメンバー記事一覧」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 指原センター「ハロウィン・ナイ... | トップ | SKE48『前のめり』とカップリン... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。