AKB48 チームBのファンより

鈴木紫帆里さんを中心にAKB48 チームB について語るサイトです。

指原莉乃に対する各界著名人、関係者の評価 加筆・修正(総選挙分析ライター)

2017-03-27 11:00:00 | 分析系 メンバー
指原莉乃に対する各界著名人、関係者の評価 加筆・修正(総選挙分析ライター)


指原莉乃に対する各界著名人、関係者の評価 170315

上記記事にはHKT48の指原莉乃と仕事を通じて知り合った人たちの指原に対する評価を” あいうえお”の人名順に掲載している。

今回はその記載順を時系列に並べ直すことにより、指原に対する評価の変遷を追えるようにした。

指原は昨日(3月26日)出演した『ワイドナショー』でAKB48選抜総選挙への出場を今年限りにすると明言した。そろそろ指原のAKB48Gでの活動も終盤に来ているようなので不世出のアイドル”指原莉乃”に対する歴史的事実・評価はしっかりとしておく必要があると思っている。



指原莉乃に対する各界著名人、関係者の評価(時系列)

<2007年10月AKB48第2回研究生オーディション合格>

秋元康 (作詞家、放送作家、AKB48グループ総合プロデューサー)
秋元康の指原莉乃に対する評価

<2011年1月初の冠番組『さしこのくせに』放送開始>
<2011年6月AKB48第3回総選挙9位>

山里亮太 (お笑いタレント、ナレーター、ラジオパーソナリティ 南海キャンディーズ)
「山里「『TORE』って番組を観て下さった方は分かると思いますけど、そこにね、NOT yetのメンバーであります、指原莉乃ちゃんが来てたんですけど、あの子が愛される理由を収録中にスゴイ感じたんだけどね。スタッフさんって、僕みたいなもんでも敬語で喋ってくれるの。仲の良いスタッフさんは、『山ちゃん』って喋りかけてくれるんだけど。でも、ADさんだったり、プロデューさんとかは基本は敬語です。社会人として。今をときめくAKBだし、演者さんだってこともあって、最初は敬語だったの。だけど、収録が始まって、1個目くらいのアトラクションが終わった頃から、指原さんだけ、みんなタメ語になってるの。人との距離感をぐっと詰める才能があって。それを狙ってるんじゃなくて、一生懸命頑張ってる、純朴さにみんな打たれていって。それで『なんで、こんなことが出来ないんだよ』って。収録中も、欲しいタイミングで泣いたりしてくれるんだけど。それって、ちょっと『狙ってる』ってことでなくて、本人が純粋に自分の感情に素直にやってる行動が、周りの人を温かい気持ちにさせる、というか。計算高さが全く無いんだよね。普通に思ってることをやんなきゃいけないのと、あと、スゴク自分低く見積もってるから、『あたしなんか…』っていうのがあるらしくって。その日、一緒に出てたのが、まゆゆこと渡辺麻友ちゃん、篠田麻里子ちゃんで。この2人より、自分がヒューチャーされるシーンなんかあっちゃいけないって思ってるの。そう思ってるのに、あっちゃいけないことが起こるの。その時、『私がたいした成果が出せないなんて、私の存在意義なんかないです…すみません』って、カメラ回ってない時に謝りに来るからね。『ホントにお邪魔しました』って。それを見たスタッフさんが、『可愛いな、さしこ。頼むよ、次の時には存在意義を見せてくれよ』って言うんだけど、全然活躍できなくて。テレビ的にはおいしい感じで活躍できなくてね。終わった途端に『すみませんでした!せっかく私にあんな役くれたのに…すみません、やっぱり麻里子さまとまゆゆの方が良かったですよね』って言って、みんなゲラゲラ笑うっていうね、スゴク良い子なんですよ」・・・2011年07月06日放送「山里亮太の不毛な議論」(注34 )

<2011年10月『笑っていいとも!』レギュラー出演>
<2012年1月初主演ドラマ『ミューズの鏡』放送開始、1stフォトブック「さしこ」発売>

有吉弘行 (お笑い芸人、司会者)
「(指原すごいなと思うところは)『可愛くないのに9位』。僕らの世代は「おニャン子」とか観てきましたけど、やっぱり人気のある上位メンバーっていったら、ちゃんと可愛いもんですよ。それなのに、可愛くないのに9位に入っているというのは、僕にはわからない何かをファンの人は感じてるんだなって思うと、すごいなとは思う。・・指原の最初の印象って、地味だった。こんなコがテレビに出るってことは、踊りがすごく上手なのかなとか、スーザン・ボイルみたいに歌がすごくうまいのかとか。いろいろこっちも考えてみたんだけど、どうやらそうじゃないらしいと。じゃあ、どうしてだって。でも、タレントって意外にそんなもんで、やっぱり可愛さで勝負したら、いつか天井が来ちゃう。そういう意味では、よくわからない魅力で人気があるほうが、長生きするんだろうなって思うね。あとは、まあ指原の人柄。僕は、芸人も最終的には芸とかネタじゃなくて人柄だっていう持論があるんで。指原が歌も踊りも下手だし、可愛くないのに支持されているのは、多分人柄なんじゃないですか」・・・指原莉乃1stフォトブックさしこP105指原莉乃×有吉弘行×小嶋陽菜特別対談 2012年1月19日発行

小嶋陽菜 (ファッションモデル、女優、競馬評論家、AKB48人気メンバー1期生 元祖神7)
「(指原のすごいところは)頑張ってる。指原もイジられるけど、逆にファンに向かって「お前、なんちゃらだろう~」ってイジったりするし。秋元先生の言葉で「嫌われる努力がなんちゃら」ってあるけど、でも結構みんな遠慮してできないんだけど、指原はそれができたりするから、頑張ってるなって」・・・指原莉乃1stフォトブックさしこP105指原莉乃×有吉弘行×小嶋陽菜特別対談 2012年1月19日発行

土田晃之 (お笑いタレント、司会者、コメンテーター)
「あのコ(指原莉乃)は総選挙で、私は可愛くないし歌も下手だしみたいなこと言ってたけど、まさにその通り。唯一あるとすれば、ガッツだけ。番組(『さしこのくせに』)で嫌いな動物触らせたりしても、ガッツを見せて、ちゃんとぶつかって、ちゃんと泣く。まあそれは偉いなと思います ・・あといい所を挙げるなら、調子に乗ってない。AKBじゃなかったら、こんなところにいられるわけがないということをよくわかっている。その謙虚さがなかったら、番組も3カ月で終わっていたと思いますよ」・・・指原莉乃1stフォトブックさしこP111関係者が証言する”さしこ力” 2012年1月19日発行

<2012年6月AKB48第4回総選挙4位、HKT48へ移籍>
<2012年9月初主演映画「ミューズの鏡」公開>
<2013年4月HKT48劇場支配人を兼任>

福田雄一 (劇作家、放送作家、ドラマ・映画脚本家、舞台・ドラマ演出家、映画監督)
「(「女優・指原莉乃」の魅力とは? )いわゆる、女優としての魅力がないところがいいんですよね。これはイメージなんですけど…グワーっと向かってくる人は僕、苦手なんですよ。私頑張ってますとか、私やる気ありますとか。例えば、このセリフはどんな気持ちで言えばいいんですか? って言われると…。この役はどんな人生を歩んできたのかを聞く人もいますし。でも、僕の書くものは、一言のセリフがいちばん面白く聞こえればいいという感じなので。だから、さっしー(指原莉乃)のように、『女優になりたいわけではない』と言っているアプローチが僕にとってはすごく気持ちいいんだと思います。だから、『ミューズの鏡』の現場で、この先私はどういう展開になるんでしょう? と聞いてくる人だったら、ちょっと重かったし、その後さっしーさっしーと言い続けることもなかったと思います。なにしろやる気ない感じで軽く挑んで、セリフだけ言って帰っていくみたいな」・・・2013年4月インタビュー(注26)

福田雄一
従来のアイドルにない屈折したオーラを持ってる。腹立つような中途半端なブサイクぶりとかが、逆に気になってすごく構いたくなる。それこそが彼女の最大の魅力で、天性の才能」・・・2013年6月7日スポニチ取材(注27)

<2013年6月AKB48第5回総選挙1位>

橋下徹 (タレント、弁護士、元大阪市長、元大阪府知事)
色々あるけれども頑張って、また返り咲くっていうのは、人生いいこともあれば悪いこともありますし、それでもしっかりあきらめずに頑張って、選ばれてセンターに立てるっていうのは素晴らしいことじゃないですか。人生80年90年生きてれば色んなことありますよ。でも指原さんのように、ああいう形で頑張られて、ファンの皆さんにしっかりと応援を受けて、こういう形になったっていうのは素晴らしいことだと思いますし、色んな方に元気を与えるし、頑張らなきゃっていう風に思うんじゃないでしょうかね。まあ一度や二度壁にぶち当たっても、さらに頑張ろうっていう元気を多く与えられたと思ってます」・・・2013年6月12日大阪市庁舎退庁時の会見(注23 )

釘宮(くぎみや)磐(ばん) (元大分市長)
「15万票なんて私も選挙でとったことがない。彼女自身は謙虚で、けなげなキャラクター。・・一年間大変苦労しただろうが、それがファンの共感を呼んだ。ファンも放っておけなかった」・・・2013年06月17日(注39)

リリー・フランキー(マルチタレント、イラストレーター、ライター、エッセイスト、小説家他)
「なんかこう1位になったことで、みんな「えーさしこがー」みたいなことを言っているけど、世の中のスタンダードになる人って絶対アナーキストで出てくるんですよ。それはロックンロールでも・・最初は何?これってと言っているものがコンサバ、スタンダードになるんで、のちのち押しも押されぬ先生になる」・・・AKB映像センター2013年6月23日第10回(注40 )

マツコ・デラックス (コラムニスト、エッセイスト、女装タレント、司会者)
「今までのAKBだと堪能できるところが無かったんですよ、私は。私が興奮する要素が微塵も無かったんですよ、今までのAKBというのは。・・私としては無かったものが、あの指原さんのようなキャラクターがメインにということになってくると、あれっ、もしかしたらちょっと面白く変わる要素が出てくるのかな?それでまた指原さんが今までと同じ事をしているのなら私は別に興味はないけど、なんか違うアプローチで来るんだったら、もしかしたら私も興味を持てる部分が出てくるかなと逆に私は思ったんだよね」・・・「5時に夢中!」(TOKYO MX)2013年7月3日公開映像より(注29)

林真理子 (小説家、エッセイスト)
「(小林よしのりをして指原嫌いを広言させる自分はすごいパフォーマーだとの指原の発言に対して)まあ、なんて強いんでしょう。そういうポジティブな考え方大好き。さまざまなバッシングには、それくらいの強さで対応するしかないと思うんですよね。こんなこと言うのは本当に失礼ですけど、インターネットの書き込みに「林真理子と指原莉乃はどこか似てる」ってあるそうなんですよ。・・山を登るのはつらく苦しいことだけど登れば、努力せず平地で遊んでいる人間には、一生見ることができないすばらしい景色を見ることができる。指原さんもそれがわかり始めて、がむしゃらに上ってるところなのでしょうね。・・その野心と、聡明さをもってすれば、何でもできます。これからもっと上を目指してください」・・・林真理子×指原莉乃特別対談 週刊現代2013年7月20号
「(対談後実際指原と会ってみて)すばらしかったですね。強いし、かわいいし、頭がいい。インターネットで林真理子に顔似てるぞっていじめられたりするらしいんですけど全然似てないですよ、かわいい」(注25)

土田晃之
「でも、たぶんあの辺の(太田プロに所属する前田、大島、指原のAKB)メンバーで俺のことを先輩として接してくれているのは指原だけですけれどね。・・いいやつ」・・・「ナカイの窓」2013年9月11日(注22)

<2013年10月『指原の乱』放送開始>

毛利忍 (日本テレビプロデューサー)
さっしー(指原莉乃)凄いのは、すごい売り込みがあった。さっしー自身からAKBINGO!でなんかの打ち上げの席があったんですよ。そうしたらさっしーが来て、「毛利さん、AKBINGO!で私こういう企画をやりたいんです」 ザ・AKBEST10という特技を披露するコーナーがあって「私、ヲタ芸が出来るんです」とずーと説明された。自分で凄いプロデュース能力がある」・・・2013年12月25日『指原の乱』(注37 )

<2014年5月指原主演『薔薇色のブー子』公開>

福田雄一
「さっしーって決して芝居が上手ではないですし、表情がうまく作れるわけでもないし、女優としてなんの取り柄もないけど、とにかく佇まいが非常に面白かったんですよ。ポッと立たせた時になんとなくほっとけない、つい見てしまう。・・あいつ(指原)が待ち時間にセットの隅に座って、ボーッと考えているのを見ると、いじりたくてしょうがなくなるんですよ。「そんなこと言わないでくださいよー」って困らせてやりたい。生意気なこと言うと、秋元さんもきっと同じ気持ちなんだと思います。その感じが麻薬みたいなもので、さっしーと離れられない。・・すごいのは、秋元さんやテレビ局や電通の方たちが集まって喋っているとき、その8割9割は指原の話なんですよ。アイツこんなこと言いやがったよ、ムカつくだろ、とか。秋元さんは「いい大人が集まって指原の話ばっかりするのムカつくから、別の話をしようぜ」って言うんだけど、必ず10分後には指原の話に戻ってて、3時間とか話してる。そんな女の子ってなかなかいないですよね」・・・2014-04-16ほぼ日刊惑星開発委員会 vol.053 (注28)

<2014年6月AKB48第6回総選挙2位>

太田光 (お笑いタレント、漫才師、文筆家 爆笑問題)
「(AKBの総選挙)凄かった。大逆転でしょ。さしこ(指原莉乃)が圧倒的だって噂だったでしょ。何万票もひっくり返して、ワタリンがもうー。まゆゆ(渡辺麻友)が1着に、鼻差で。面白いね。そう考えるとさしこって常に期待を裏切っていく。さしこの何が凄いのかなって思ったけど、あれだね、あの子が全部ドラマを作っているね、AKBに関する。何にもやっていないが本人は」・・・爆笑問題の日曜サンデー2014年6月8日(注12)

マツコ・デラックス
「(1年前)覚えている?あれだけAKBを嫌いな私がちょっと考え方変わるかもと言ったの覚えている?・・私、まゆゆさん、渡辺麻友さんはアイドル、アイドルしている方というか王道だと思うんだけど。まあそれだけじゃないじゃん、今のアイドルって。テレビに出て気の利いた事を言わなきゃいけないとかそういうものが求められる中で、それだけじゃないじゃん。指原さんがした役目ってデカかったと思うんだよね。だから王道スタイルには戻るだろうけど果たしてじゃー彼女がセンターになったことで指原さんがセンター時代のような効果的なプロモーションというか、テレビとのうまいつき合い方みたいなもの、それはでも指原がやるんじゃない、今までどおり」・・・「5時に夢中!」(TOKYO MX)2014年6月9日(注30)

<2014年6月内田裕也と『シェキナベイビー』発売>

内田裕也 (ミュージシャン、俳優)
「クレージーなことをやるのもロックンローラーだと思ってるんで、あえて21歳の若い指原莉乃を指名したんです。・・2年前に出演したバラエティー番組が、CDの売り上げ対決で負けたほうが俺に説教をうけるという、なんかよくわかんない設定で。それで若い子が突然入ってきて、俺の目の前でカラオケを歌いだしたんですよ。この子おもしろいなと思って。今回レコーディングの話があったとき、「だったら俺はあの子とやりたい」と言ったんです」・・・2014/7/14 週刊朝日(注9 )

桑田佳祐 (ミュージシャン)
「指原さん控え室まで挨拶にきてくれて礼儀正しい」・・・『桑田佳祐のやさしい夜遊び』2014年9月6日(注15)

有吉弘行
指原は明るいのがいいからな」・・・『有吉の夏休み2014』2014年9月6日(注51)

<2014年11月CMソフトバンクモバイル白戸家「滝行」篇出演>

泉谷しげる (シンガーソングライター、俳優、タレント)
「(ワイドナショーでの滝行をお願いしていた指原がソフトバンクの新CMで滝行を達成したことについて) バカヤロー!笑ってるじゃねーかコノヤロー。オマエ、禊(みそぎ)を何だと思ってるんだよ。なんだよ、オマエが言い出したことじゃねーか。ソフトバンクだろ?しかも。ニセの滝かなんかに打たれて…ジョウロかなんかでこう…やってるんだろ?そんなのバカヤロー。・・(指原は)つぶしのきく女」・・・『ワイドナショー』2014/11/09 (注46)

松本人志 (お笑い芸人・お笑いタレント ダウンタウン)
たぶん田舎のおじいちゃんおばあちゃんで、AKBあんまり知らん人でも、たぶん指原は知ってると思う。(指原の) 気質はなかなかのホステスやからね。・・ライター用意してるやん常に。・・(指原が仕事で世話になった人に年賀状を手書きで毎年150通ほど出しているという発言に) やってる事は完全にホステス」・・・『ワイドナショー』2014/11/09 (注46)

東野幸治 (お笑いタレント、司会者)
ほんまにすごいですね。指原さんって何なんですかね。いろいろそういう…なんかこうね、ネガティブなニュースとかも全部プラスに変えていって・・まだ21歳。・・で、AKBの子の中でしゃべれる子って少ないじゃないですか。やっぱ指原さんぐらい違います? だってちょっとこの…泉谷さんと武田さんと松本さんと… この4人でやってるって、自分(指原)すごいことやで」・・・『ワイドナショー』2014/11/09 (注46)

前園真聖 (サッカー解説者、タレント、元サッカー選手)
「(指原莉乃のソフトバンク『滝行』CM撮影に同行取材した前園さんが指原に向かって)ほんとに山奥ですごく寒くて。気温もたぶん10度ちょっとだったと思います。だから水の中もっと低かったと思うので。ま、その中、何回も出たり入ったりして。で、泣き言全然言わないんで、僕プロフェッショナルとしてすごいなと…」・・・『ワイドナショー』2014/11/09 (注46)

伊集院光( お笑いタレント、ラジオパーソナリティ、評論家、元落語家)
「やっぱ売れてるコは違うな。スゴイな、と思わされる収録だった。頑張ろう。
せっかくだから書きますね。指原莉乃さんとご一緒したのですが、その能力の高さに、素直に感心した次第です。」・・・Twitter 2014年12月25日 (注6)

井森美幸 (タレント、バラエティーアイドル、女優、歌手)
「(指原さんは20年後芸能界で)ご意見番になっている可能性がある」・・・2015年3月18日「AKB調べ」(注7)

松本人志
「いやでもね、指原、賢いよこいつ。頭良いから考えてると思う。・・本当に賢い。・・いやでもね、指原はちょっと抜けてるな、ここ(頭)がね」・・・2015年3月20日「教訓のススメ酒と涙と離婚とジョージ!離婚トラブルはハシゴ酒で忘れるんだSP」(注31 )


柴田淳 (シンガーソングライター)
「『今夜くらべてみました』に、柴田淳、二回目出場させて頂きました。・・一回目の反響がもの凄く、視聴率も歴代最高だったようで、日本テレビの社長さんまで褒めてたとか、、、そんな情報がどんどん入って来て、即日ネクストオファーの連絡まで入りました。いやいやいや、私のせいじゃないからーーーーーーっっっ!指原さんのプロデュース力のお陰です。・・きっかけは指原さん、本当に嬉しかったです。柴田淳のつまらない毎日がキラキラしたのがわかりました。感謝で一杯です。ありがとうございました」・・柴田淳ブログ2015/03/28(注52)

<2015年4月明治座「HKT48指原莉乃座長公演」>

横内謙介 (演出家、劇作家、劇団扉座主宰)
「指原座長は、想像を絶する忙しさの中で、スタッフ的な打ち合わせから稽古までしっかり使命を果たしてくれています。歌もダンスも演技も苦手などと言っているけど、飛び飛びにしか来られない稽古の度に見せる目覚ましい進化は、人知れず重ねた努力の証です。これだけ出来て苦手という、その志の高さがチームのクオリティを高めているのでしょう」・・・HKT48指原莉乃座長公演明治座パンフット2015年4月

<2015年6月AKB48第7回総選挙1位>

ビートたけし (お笑いタレント、コメディアン、司会者、映画監督、俳優、脚本家)
「(安住紳一郎アナがビートたけしに第7回AKB選抜総選挙ベスト10の中で誰か知っている人はいるか?と聞くと)この人(指原莉乃)知ってます。・・あとは誰だか、顔が分からないですね。名前は見たことあるけど」・・・TBS「新・情報7daysニュースキャスター」2015年06月06日 (注44)

石原真 (NHKエンタープライズ所属エグゼクティブ・プロデューサー)
「6月6日に福岡ヤフオクドームで開催されたAKB48の選抜総選挙は、指原莉乃さんが見事1位に輝いて幕を閉じました。・・そして、指原さんが記者会見を終えたのは、なんとAKB48SHOW生放送の20分前。・・指原さんがチャペルに到着したのは本番の15分前、番組の流れの打ち合わせを簡単におこなっただけで、本番突入です。さすが指原莉乃。ぶっつけ本番であれだけの一人トークを繰り広げてくれました。本当に凄いと思いました。」・・・AKB48SHOWブログ 2015年06月08日 投稿者:いしぴぃ(注43)

徳光和夫 (フリーアナウンサー、タレント、司会者、ニュースキャスター他)
「終わった後、第1位の指原莉乃さんが駆け寄って来て、今年の総選挙も徳光さんのお陰で大変盛り上がりました。ありがとうございました。と。 その心遣いを忘れない実に彼女らしいなと、感心した。」・・・ラジオ「徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー」2015/06/13 (注42)

篠田麻里子 (タレント、女優 元AKB48人気メンバー1.5期生 元祖神7)
「んー、でも私の中ではさっしー(指原莉乃)はいじりにくいです。やっぱり本人は1位っていうのもあるし、人気があるから、私5位なんで、1位様はいじれないです。いや、もう、今はどっちかっていうと支配人みたいな感覚っていうか...ポジションが秋元康さんか、指原さんかみたいな。沢尻さんの横くらい」・・・2015年7月14日『徳井と後藤と麗しのSHELLYが今夜くらべてみました』(注19)

高橋みなみ (歌手、タレント 前AKB48グループ総監督 元AKB48人気メンバー1期生 元祖神7)
指原のポテンシャルの高さは”化け物級”だと思っています。AKB48グループの中で”天才”といえば、小嶋陽菜さん。あの小嶋さんと並ぶことができるのは指原くらいだと思うんです。彼女は小嶋さんレベルに”狙いを外さない”んです。「こうすれば面白くなる」、「こうすれば成立する」っていう計算式を確立してるんです。例えば、テレビ番組やコンサートのMCで、「あっ、この流れスべる!」って雰囲気のなかでも、絶対にうまく完結させて笑いにもっていきます。バランス感覚がすごいんです。・・さらに指原がすごいのは、正解の1個斜め上を選択するところ。私は立場上もあるけれど”正解”をそのまま選んでしまう。でも指原はちょっとズラしてくるんです。それって、言うなれば”遊び心”だと思います。「正解からちょっとズラして遊ぶ」。言葉にすれば簡単ですが、普通はできません。でも、それを簡単にできるから”化け物”なんです。もう褒めてばっかりですが、正直、”アイドル”の枠を、いろんな意味で超えています。”職業・指原莉乃”です。異質すぎるアイドル指原莉乃。もう、アイドルとして殿堂入りするべきだと思っています」・・・週刊プレイボーイ2015年8月24日発売2015年9/7号「AKB48コラム番外地 たかみなの「卒業」までに語らせて」

山里亮太
「結局気づいたのが一番しっかりしてたのは指原だったという。くやしいけどね。あの子が売れるのは、よくね、48Gにいるからとか言う人もいるわけじゃない。でも一緒に共演して肌で感じると違うね。あれは実力で売れてんだね。あの子、完全に。・・そお?でも今のは逆に裏返すと他の48Gメンバー否定したことにならない?w ・・いや気づいた。他の子もテレビ出てる子は実力で出てるんだな。で、その上でも指原さんてのはスゲーなと思ったわ」 ・・・TBSラジオたまむすび 2015年9月(注35 )

<2015年11月HKT48 feat. 氣志團『しぇからしか!』発売>

綾小路 翔 (歌手、氣志團メンバー)
「にしても今日は、指原莉乃支配人の凄さをまざまざと思い知った1日でした。あの洞察力、統率力、気配り、そして現場を一気に和ませる人柄、言葉…。集団を率いる身として、本当に勉強にしかならない1日でした。「人気者」に憧れ続けて生きてたけれど、いやいや本物のカリスマは凄いや。精進しよう。」・・・2015年10月17日 Twitter (注3)

片山さつき (政治家、自由民主党所属の参議院議員)
「指原さん、学校行かなくてもちゃんと通信で出られましたよね? で、賢い方ですよね?」・・・2015年11月8日放送「日本のダイモンダイ」(注14)

三村マサカズ (お笑い芸人 さまぁ~ず)
「起きてたりして‼ 指原って頭いいよね。」2015年11月17日 00:49 Twitter
「指原をさしはらと読ませることに、成功した素晴らしい人かも。ゆびはらだろ。普通。」2015年11月17日 00:53 Twitter・・・(注33)

岩尾望 (お笑い芸人 フットボールアワー)
「(指原総選挙1位アイドルファンの岩尾さんからどういうふう見ているかとの後藤輝基の質問に対して)アイドルとしてよりも面白いよね、この人がセンターにいたりすると。前、他局の番組の時も思うたんやけど、すごいようできてるなぁと思った。ゲストに僕ともう一人の漫画家の先生がいて、最初オープニングがあってメンバーがコスプレに着替える。「いったん止めまーす」スタッフさんが「メンバーたち着替えなんで」とパーと誘導していくわけです。僕とその先生どうしたらええの?みたいな感じになったんです。メンバーたちはどんどん誘導されていくけど「えー?」ってなっていたら指原が気付いて「ゲストのお二方はどちらに?」って、まずスタッフが言うべきところを。「いや、こいつ凄いできるな」と思った。別にそっちの局の批判じゃないけど「凄いな」と思った。この子は「ようできるな」と思った」・・・『HKT48のおでかけ!』2015年11月25日(注8)

小嶋陽菜
「以前は、バラエティー番組に憧れていたのですが、出てみたらすごく頭を使わないといけないと分かりました。今はさっしー(指原莉乃)が、アイドルの枠を超えた新しいポジションを築いているのですごいなって思います。」・・・日経エンタテインメント2015年12月号AKB48 10周年Special P10 (注16)

後藤輝基 (お笑い芸人、司会者 フットボールアワー)
「指原莉乃「私、TVに出始めて『いいとも』のレギュラーに出始めたのが18の時だからもう5年ぐらい」
後藤輝基「超エリートやがな。お前
指原「初の冠、確か18ですよ」
後藤「え~信じられんわ」」・・・2015年12月16日「HKT48のおでかけ!」(注18 )

綾小路 翔
「<しぇからしか!裏話>握手会に乱入した時、メンバーの人は指原さん以外誰一人知らなかったんですよ。だからもうパニックになってて。僕らは先に歌入れしてたんだけど、MVも、ほとんどのメンバーは撮影前日ぐらいに聴いてその場でダンスもやって、結構過酷な状態で。しかもその日にドラマも撮らなくちゃいけなくて。でまた大雨でこの世の沙汰とも思えない状況だったんだけど。僕はこの時に感じたのは、指原さんっていう方をホントにモンスターだと思いましたね。それこそね、"おもてなしモンスター"ですよ。結構人が多すぎるんで、制作の方たちって言うのはAKBファミリーとガッツリ仕事してる人たちだから、そっちはもう仲いいんですよ。で、そうするとね、我々って何やっていいのか全然わからないでポツーンと置いてかれたりするんですけど。そういう所で我々にちょっとしたお言葉かけてくれたりとか、スタッフさんに「今たぶん氣志團さんこういう状況だからこうしてくれ」っていうのを御指示なさってたりとか。スゴイ格好よかったです。僕らの髪が雨に濡れないように「どうにかスタッフさんこうしてくださいああしてください」っていうのをすごいやってて。それがたまーーに洩れ伝わってくるんで(これ見よがしに指示してた訳ではないということでしょう)、この人スゴイ人だなと思って。で、全部終わった後もね、ツイッターのDMで、ものスッゴイきっちりした文章で御礼と御詫びとみたいのが来たんですよ。僕もね、あーゆうアイドルの方には連絡しない、基本的には。でもそれに対してはこちらも有難うございましたって御礼だけをして。で、メンバーにもそのメッセージが来ましたっていうのを送ったら、うちのメンバーも全員大感動してて。だから、ああいう人が一人いるだけで結構過酷なスケジュールでも、彼女たちだって頑張ってんだから頑張ろう!みたいな感じで頑張れるんで。いやホントにね、僕はそこは兎に角感動しました。ただね、あの人の歳訊いてビックリしましたけどね、あの人22でしょ?あの人はたぶんね、背中にファスナーついてて中にオッサン入ってますよ。ホントに、よくできたオッサンがっていうぐらい僕は感銘を受けましたね。こんなに歳が離れた人にむしろ先輩みたいなこと教わっちゃったなみたいなことがありましたね。学びました。」・・・2015年12月20日(日) TOKYO FM『ももいろクローバーZの SUZUKI ハッピー・クローバー!』~氣志團・綾小路翔に【おもてなし学】を学ぶ~(注4)

安藤優子 (ニュースキャスター)
「(指原莉乃がTV出演時にピンとグループで立ち振る舞い、発言を使い分けているという発言に対して)すごい賢いですね。ちゃんと使い分けているんだ」・・・2016年1月1日『ワイドナショー』(注5)

伊集院光
「指原カイワイズ収録へ。この番組の収録は楽しい。ザキヤマはバカだし、指原さん上手だし。」・・・Twitter 2016年1月25日 (注41)

<2016年1月 初監督映画「DOCUMENTARY of HKT48」上映>

濱口優 (お笑いタレント、俳優)
「やっぱなぁー俺なぁー指原さんてえらいなぁって思ったんだよね。『いいとも』の打ち上げの時にね、俺なんかほとんど『いいとも』でからんでもないのにやっぱ来んねん。しゃべってん、あの人と。10分ぐらいしゃべったら別のテーブルにわぁーとみんなと見てたらみんなと全員とコミュニケーションしてんねん。ここか、これやぁ。・・『めちゃイケ』の運動会の時も大島優子ちゃんと指原ちゃん、話してくれんねん。でっ本番やりやすいねん。ぱっと始まった。えらいよね」・・・2016年2月2日公開映像(注24 )

明石家さんま (お笑いタレント、司会者、俳優、歌手、ラジオパーソナリティ)
「そうか~、(指原は)アイドルを目指してアイドルになって。今やセンターで、人気投票ナンバー1になっていくんだ。凄いな~。でも途中、男の告白で博多に行かされ、そこからまた復活して・・・『恋するフォーチュンクッキー』のセンターや。あの名曲のセンター、指原やからね。あれは凄いよね。あいつの持ってる運やなぁ~。凄い凄い人生ちゅうのは、指原そんなに。凄いな、指原の人生を考えたら。波乱万丈やな~。逆ベッキーやなぁ。キッベーやな、人生キッベー」・・・2016年3月26日MBS放送ラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(注1)

安倍晋三 (第90、96、97代内閣総理大臣)
「(政治家に向いているのは) 指原さん。今ね、反応を見ててね、ざっくばらん、言いたい放題言っているようであって、決してこれを超えてはいけないってところは超えないんですね」・・・2016年5月1日『ワイドナショー』(注2)

松本人志
「いやーでも、なんか今日わかったわ。安倍さんがしゃべってる時の指原の寄って行き方とか…お前ほんとにホステスみたいな感じだよな」・・・『ワイドナショー』2016/05/01 (注48)

<2016年6月AKB48第8回総選挙1位、史上初2連覇達成>

小島瑠璃子 (バラエティータレント、グラビアモデル、スポーツキャスター、司会者)
「指原さんは総選挙1位じゃないですか?バラエティーに出てもホームランも打つけど、打率も良い感じだなって思って」・・・2016年6月16日「VS嵐」(注17)

松本人志
「(AKB48総選挙指原莉乃2連覇について)まぁ今もう指原ライバルいないもんなー。そこが指原の、もしかしたらちょっと辛いところかもしれんな」・・・『ワイドナショー』2016/06/26 (注50)

大久保佳代子 (タレント、女優 「オアシズ」メンバー)
「盛ってるしあの子(指原莉乃)は上手い。『有吉反省会』って番組があってさ、そもそも女の子の準レギュラーは私(大久保佳代子)とモチカちゃんなんだけど、最近来てるからね。普通に横に。私、収録が減ってるからね。変顔もやるし自分(大久保)のおっぱいをもんだりということもやってくるし、ちょっとブスだってことも言うし。・・もしかしたらアイドルの中ではブスかもしれないけれど、言うと喜ぶんだよね。確実にちゃんとやってるからね。恐いもん。逆にちょっと恐いもん。乗っ取られるんじゃないかって」・・・2016年7月29日公開映像(注10)

武井壮 (タレント、元陸上競技選手)
「すごいじゃん。指原とかの成長ぐあい。バラエティー、トーク、誰とからんでも回すし、何だろうと思うよね。(今じゃダウンタウンの松本さんとかと対等にしゃべったりすることができる)あの歳でそれ凄くない?あれ幾つ?あのコ今」・・・2016年8月4日公開映像より(注21)

おぎやはぎ (お笑いコンビ)
「(発言者名を聞いてしまうと先入観で判断してしまうので、小木さんには名前を隠して批評・プロファイリングしようという流れに)
矢作:ラジオネーム○○からのメール、「精神は弱いが、体力はある」
小木:おー、へー、カッコいいオッサンが言ってそうだな、こういうのってね。その精神の弱さを言えるってさ、結構なイイ、ちゃんとした大人っていうか。
鈴木工務店(放送作家):うんうんうん。
小木:って気がすんのよ、若い人ってそういうの言えないしね、精神の弱さを。
矢作:あー、なるほど、ちょっと強がっちゃうから。
小木:そうなのよ、だからなんか、それも深みが出てくんだよなぁ。オッサンが言ってて、それが、って感じするけども。
矢作:正解は、、、指原莉乃。(一同爆笑)
小木:恥ずかしーw、恥ずかしーなぁw
工務店:べた褒めでしたね。
矢作:べた褒めw (一同笑)
小木:恥ずかしいなぁw、アイツ、そんなこと言うんだぁ、へぇーっ。
矢作:やっぱアイツすげぇな
工務店:アイツすごい
小木:すごいなぁ
(精神はよわいが体力はある。わたしです。一回声でなくなったけど、わりとタフなほうだとおもう。・・指原莉乃 2012年5月5日) 」・・・2016年10月ごろ(注13)

古舘伊知郎 (フリーアナウンサー、タレント、司会者)
「(指原莉乃に向かって)『博多のグループの支配人の泣いた夜(指原初監督映画)』…僕、あれも拝見しました。ものすごいですよ、主役で。ずーっと前に。ロードショーされる前に見ました。いや本当にドキュメンタリーなんですよ。めちゃくちゃ面白いんですよ。いろんな葛藤が出てんですよ。で、この方(指原)が全部ストーリーテラーもやりながら、主演でもありながらっていう微妙な立ち位置ですごい面白かった」・・・『ワイドナショー』2016/11/06 (注49)

ヒロミ (お笑いタレント、司会者、実業家他)
「でもね、俺この間(指原莉乃と)一緒に仕事したんだけど。すっごいちゃんとしてんのね」・・・『ワイドナショー』2016/12/18 (注47)

タモリ (お笑いタレント、司会者、俳優他)
「月曜日は集まろうということで、(「笑っていいとも!」の同窓会を) 2回くらいやっている。・・あれ、指原が幹事をやっているから。・・指原に聞いてくれよ」・・・「SMAP×SMAP」2016年12月19日(注45)

大島優子 (女優 元AKB48超人気メンバー2期生 元祖神7)
スゴイ!指原ってスゴイ!振られたら面白いこと絶対残すじゃないですか。パーフェクトですよね、見習ってます」・・・2017年 1月10日「今夜くらべてみました」(注11)

陣内智則 (お笑い芸人、タレント)
指原は頭が良いですね。立ち振る舞いというか、立ち回り方が何通りもあるというか、こっちに行った方が良いという臭覚がすごいですよ。そこの感覚の上手さは抜群ですね。・・「指原のココがスゴイ!ほかの女性タレントを凌駕する危機管理能力の高さ」これは何か言うたら、最悪なことを絶対免れることを彼女は瞬時に考えている。1回僕ロンハー出た時に芸人10人並べて「彼氏にするならランキング」を付けるんですよ。僕はよく出るんですけどたいがい9位10位なんですよ。そういう僕を1位にしたらやっぱ何?って思われるじゃないですか。指原は僕を1位にしたんですよ。その時にしゃべったコメントがオフの話をしたことを「陣内さんこんなことをしゃべったんです。凄いカッコ良かったです」みたいなことを言うんですけれども。それって僕にとってもプラスだし、ずっと最下位というイメージの僕を1位にすることによって、「えー」ってみんながなるわけですよ。そこでまず食いつかしているんですよ。なんで陣内1位やねんっていう、視聴者にも食いつかしといてずーっと並べていって。最下位にフットの後藤を選んでるんですよ。後藤はもうずっと関係性があるし、後藤さんを選んでおけば、まず揉めることもないし。仲良いからこそ最後の最後に10位の後藤が1番おいしくなってるんですよ。で、メールのエピソードとか2人のやり取りで全部笑いにして、それはもう指原の中で完璧な構成が出来ているというか。あれをやられた時に、あっ、凄いなって。たぶん、ほんまは全然ちゃうと思うで。ほんと選んだら全然ちゃうと思うけど。完璧な順位をちゃんと選んで、最後後藤にもっていって、後藤をオイシクさせて、自分も面白くさせて、僕も1位ということで、誰もがハッピーな感じで終わらせている。そのね、頭の回転というか、凄いですね。最悪なことを絶対免れてきてる」・・・2017年2月12日インターネットテレビ局・AbemaTVのバラエティ番組『テレビじゃ教えてくれない!業界裏教科書』 (注20)

<2017年2月 STU48メンバー、劇場支配人兼任>

みのもんた (フリーアナウンサー、タレント、司会者、ニュースキャスター)
MCとして、ものすごく"勘"がイイね!」・・・『芸能人が実体験を告白!最悪の一日』2017年3月7日(注32 )

昌子源 (プロサッカー選手、鹿島アントラーズ所属、日本代表、1992年12月生まれ)
「侍ジャパンの一体感はすごい。国を背負っている。・・山田選手。同い年で活躍されている。正直負けている。世代の顔は指原莉乃さん(HKT48)が1番かもしれないけど、そこはスポーツ選手が思い浮かべられるようにしたい」・・・昌子、侍ジャパン菊池&山田から刺激!「チームを支える守備でみせてきたい」2017年3月17日 スポーツ報知(注36 )

今田耕司 (お笑いタレント、司会者)
指原は数々の方が絶賛しているのですごい楽しみ。松本(人志)さんとか陣内(智則)君とか後藤(輝基)とか、みんな指原優秀やって。真剣にみんな褒めてるから体感してみたい」・・・2017年3月23日『こんなところにあるあるが。土曜・あるある晩餐会』初収録後の取材(注38)

松本人志
指原が出えへんかったら選挙終わっちゃうんじゃないの?」・・・『ワイドナショー』2017/03/26(注53)


各(注)の出典を見たい方↓(データ量が多いため出典は別ページに分離)
「指原莉乃に対する各界著名人、関係者の評価」記事の出典一覧


以上


指原莉乃に対する各界著名人、関係者の評価 170315


「指原莉乃のすべての関連記事」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『シュートサイン』カップリング曲『悲しい歌を聴きたくなった』でまゆゆきりんの歌声を堪能。(ときめき研究家)

2017-03-26 21:00:00 | ときめき研究家
NHK『うたコン』でまゆゆきりんのピンクレディーメドレーを聴いて、この2人のオリジナルデュエット曲がまだないという記事を書いた。するとコメントで、『シュートサイン』のカップリング曲として収録されることを教えていただいた。それ以来、ずっと楽しみにしていて、発売後すぐに配信で入手して聴いた。
結論を言うと、期待に違わぬ楽曲だった。

まず2人のそれぞれ特徴的な歌声を堪能できることが最重要だが、その要件は充分満たしている。ソロ歌唱パートが、全く同じ分量だけ割り当てられている。そして、耳になじんだ渡辺と柏木の歌唱が、競い合うかのように繰り広げられる。10年の歳月を経てはじめて実現した2人のデュエットは、10年待ったからこそ、2人それぞれの歌声、歌唱法が私の中でも完全に定着し、その結果懐かしさを覚えるほど安心して味わうことができる熟成された味わいになったのだと思う。

楽曲として、特に耳に残る印象的なメロディーだとか、感動的なドラマがあるとか、そんなことはなかった。ごく普通のバラードだ。淡々とした曲調、ありがちな失恋をうたった歌詞は、むしろ2人の歌声を邪魔しないような控えめな存在感になっているのだと思う。何回食べても飽きない、上質な素材の味わいを生かした和食のような、真に贅沢な作品。稀有なパフォーマンスをゆっくり楽しんでいる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

多田愛佳出演舞台『僕たちのピンクスパイダー』を観戦。ネタバレあり。(ときめき研究家)

2017-03-25 13:33:01 | ときめき研究家
3月20日、紀伊国屋ホールでの千秋楽を観戦した。当日券だったが、最前列の一番端が残っていてラッキー。舞台の後方が若干見切れたが、役者の表情まで良く見える良席だった。

亡くなったX-JAPANのhideのファンからの投稿メッセージを素材として、hideの歌に勇気づけられて人生を一歩踏み出す若者たちを描いた群像劇だ。
アルバイトも遅刻ばかりで覇気のない生活を送っている主人公。その恋人役が多田。他に会社でトロいと馬鹿にされている会社員、韓国から出稼ぎに来ている工員、学校のラクロス部でウザがられて部をやめた女子高生、医者の許婚がいるのに実はダンサーになりたい女性、双子の姉の遺志を継いでアイドル活動をしているが実はロックバンドをやりたい女子高生、彼らの周囲の人々も含め、総勢30名ほどのキャストがそれぞれの人生を懸命に生きている姿を描く力作だ。
力作だけに、上演時間も2時間30分を超えた。群像劇にありがちだが、それぞれの人物のエピソードが丁寧に描かれ、舞台転換も多いので、少し散漫な印象もあった。むしろ映画やテレビドラマに向いているような素材、演出だと感じた。また、劇中使われていたX-JAPANの楽曲をよく知っていれば、もっと楽しめたのかもしれない。
しかし、生身の役者がその場で演じているという迫力は独特のものがある。映像作品にはないものだ。そういう迫力は感じることができたし、それぞれの人物の小さな一歩を応援したいような気持になれた。「何もしなければ昨日と同じ明日しか来ない」というキーワードも素直に心に残った。

キャストが大人数なのは集客のためでもあるのだろう。キャストそれぞれのファンが観に来ることを期待して、より多くのキャストを起用する。そしてそれぞれに見せ場を用意しなければならない。その結果、時間は長く、印象は散漫になるのは無理からぬところだ。

そんな中、多田愛佳は、主要なキャストとして、立派に役割を果たしていた。健気な女性の役なので、ユニークな個性を発揮できるような場面はなかった。一途で健気な感じはよく出ていた。カーテンコールでもしっかりした内容を話していたし、既に新しい居場所を見つけたのだなと感じた。
HKT48を卒業する彼女の新しい一歩は、図らずもこの演劇のテーマともシンクロしていた。これからも陰ながら応援したい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

多田愛佳に卒業ソングは必要か?(ときめき研究家)

2017-03-23 20:43:11 | ときめき研究家
3月23日の朝日新聞に、立教大学文学部教授有本真紀氏のコラム「卒業ソング 感動を強制していないか」というコラムが載っていて、興味深かった。
毎年卒業ソングが発表されるが、「過去は輝き、今は別れの時、未来は青空という時制の3要素」を織り込み、涙を誘う卒業式と結びついている。そこには感動的な卒業式への同調圧力があるのではないか、という問題提起だった。その中で、斉藤由貴『卒業』の歌詞(松本隆作詞)が引用されている。「卒業式で泣かないと冷たい人と言われそう」。泣くのが自然だという不文律は1980年代からあったのだ。それを良しとせず、クールに思いを歌った『卒業』は後世に残る名曲となった。

AKBグループも毎年春に卒業ソングをシングル曲として発表していた時期があった。
『桜の花びらたち』『十年桜』『桜の栞』『桜の木になろう』『GIVE ME FIVE!』『So long!』『前しか向かねえ』と続いて収束した。(その後、HKT48『桜、みんなで食べた』が発表された。)卒業ソングの連発に触発されて、このブログに卒業ソングについての記事を書いたこともある。

一方で、グループから卒業する特定メンバーへの当て書きの「卒業ソング」が大量に作成、発表されるようになった。有力メンバーが次々に卒業するという時期を迎えたからでもあるだろう。
このブログ内を「卒業ソング」で検索して、私の記事で「卒業ソング」と認定した楽曲を拾っていく。
上西恵『途中下車』
橋本奈々未『ないものねだり』
島崎遥香『Better』
柴田亜弥『サヨナラが美しくて』
渡辺美優紀『今だから』『夢の名残り』
深川麻衣『強がる蕾』
穴井千尋『夢ひとつ』
宮澤佐江『旅の途中』
高橋みなみ『背中言葉』
松井玲奈『2588日』
川栄李奈『君の第2章』
佐藤実絵子、中西優香、古川愛李『桜覚えていてくれ』
山田菜々『友達』
大島優子『今日までのメロディー』
板野友美『最後のドア』
篠田麻里子『涙のせいじゃない』
前田敦子『夢の河』

いつも書いているが、特定メンバーの「卒業ソング」は、そのメンバーが気持ちよく歌え、そのメンバーのファンがしみじみとした気持ちになれればそれでいいのだと思う。普遍的な感動や、後々も歌い継がれることを期待して作られた楽曲ではないと考えるからだ。
しかし、そんな中でも長く歌い継がれている普遍的な名曲も混在している。『思い出のほとんど』『前のめり』『サヨナラの意味』は、元々は前田敦子、松井玲奈、橋本奈々未の卒業ソングという意味合いを持った楽曲だろうが、普遍性があり、その本来目的を果たした後も、長く歌い継がれる可能性を持った楽曲だと思う。

ところで、4月10日にHKT48を卒業する多田愛佳には卒業ソングは与えられなかったようだ。
まあ、それもいいだろう。似たような卒業ソングで過去の卒業メンバーに同調しなくても構わない。
4月1日のさいたまスーパーアリーナでの最後のコンサートでは、駆け付けてくれるに違いない渡辺麻友、柏木由紀をバックに最後の『天使のしっぽ』を披露してほしい。あるいは『天使のしっぽ』のバックは指原と田名部に任せて、柏木とは『てもでもの涙』を、渡辺とは『姉妹どんぶり』を(もちろん渡辺が姉、多田が妹パートで)、デュエットしてほしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

指原莉乃 伝説の”ヲタ芸”に対する評価(総選挙分析ライター)

2017-03-21 20:16:51 | 分析系 メンバー
指原莉乃 伝説の”ヲタ芸”に対する評価(総選挙分析ライター)


元日本テレビの社員だった三枝孝臣(さえぐさたかおみ)さんという人が最近書いたネット記事にHKT48の指原莉乃の話が載っていて非常に鋭い指摘だなあと感心した。その中に指原の逸話が載っていた。
自分を冷静に客観視 指原莉乃が秘める“偉大なるMC”の条件. 2017年3月10日 日刊ゲンダイ

その逸話とは三枝さんがAKBINGO!の毛利プロデューサーから聞いたという以下のような話(記事引用)。

『劇場イベントの打ち上げの席で、指原さんが彼に「私は“ヲタ芸”が得意なので、なんかあったらぜひ使ってくださいね」と話しかけてきた。「スタッフに直談判するなんて、面白い子だなあ」と印象に残っていたそうです。その後、すぐに生かせる機会が生まれました。企画会議でメンバーの得意技を披露する企画があったので、指原さんのことを思い出して、ヲタ芸をやってもらった。・・そういう押しの強さも含めて、彼女は「セルフプロデュース能力」が高い、というのが毛利プロデューサーの評価でした』


この話にある指原の“ヲタ芸”は非常に有名で筆者が2011年に指原の興味を持ち始めた時にYOU TUBEで” 指原莉乃”と検索すると上位にランクされていて直ぐに目にすることができた。今も検索すると直ぐに見つけることが出来る。
指原莉乃のヲタ芸


この三枝さんが紹介した話は実際に2013年12月に放送された『指原の乱』で映画監督の福田さん、毛利プロデューサー、指原が以下のような会話を交わしている。

(福田)「聞きたかったんですけど、研究生時代のさっしーを見てこいつはいけると思いました?」
(毛利)「さっしー凄いのは、一番すごい売り込みがあった。さっしー自身から。AKBINGO!でなんかのコンサートの終わりの打ち上げの席があったんですよ。そうしたらさっしーが来て、「毛利さん、AKBINGO!で私こういう企画をやりたいんです」 “ザ・AKBEST10”という特技を披露するコーナーがあって「私、ヲタ芸が出来るんです」とずーと説明された。自分で凄いプロデュース能力がある」
(指原)「そう、あれがきっかけですね。いろんな人に知ってもらったきっかけ。ちゃんとAKBINGO!で頑張ったのそれです」
(福田)「ヲタ芸で頑張った。それで後で指原面白い子だなってなったんだ」
(指原)「そうそうそう」
「指原莉乃の能力は非常に高い」とAKBINGO!プロデューサーが語る


調べてみると指原が前述のヲタ芸を披露したのは2009年6月10日放送の第37回AKBINGO!なので、指原は前年の2008年8月に研究生から正規メンバーに昇格しており、ヲタ芸を披露したときには研究生ではないが、それでもまだ16歳という若さで毛利プロデューサーに直談判して自身の企画の売り込みをしていたことになる。

ここで重要なのは指原の年齢で、まだ、やっと16歳になったばかりの研究生上がりの無名のメンバーが、自分が目立つために自分で考えた企画を自分でプロデューサーに掛け合ってそれが採用されたという事実である。このことがいかに大変で勇気がいる事なのか。

指原のヲタ芸は決して誰かが「やってみたら」と薦めたものでも、誰かがお膳立てをしてくれたものでもなく指原が自ら考え実行したものである。

若い時からこういうことができたところが指原の持つ能力の高さであり、また魅力である。指原が現在、芸能界で大活躍しているのもうなずける。


なお、この指原のヲタ芸はのちにネ申テレビで明治大学において数百人の学生を前に指原がヲタ芸を講義して拍手喝采を浴びたという特集に繋がっていく。
指原莉乃 明治大学でのオタ芸講義に大物の片鱗を見る 160405

以上


「指原莉乃のすべての関連記事」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

指原莉乃 AKB48 49thシングル選抜総選挙(総選挙分析ライター)

2017-03-20 16:59:54 | 分析系 メンバー
指原莉乃 AKB48 49thシングル選抜総選挙(総選挙分析ライター)


本日(3月20日)の幕張メッセで行われているAKB48『サムネイル』大写真会において今年の選抜総選挙の概要が発表された。(概要は以下のとおり)

『AKB48公式サイトより』
AKB48の49枚目シングルの選抜メンバー及びカップリングメンバー、合計5グループ総勢80名を、ファンの皆様の投票によって決定します!
<名称> AKB48 49thシングル 選抜総選挙 ※別名:第9回AKB48選抜総選挙
<被選挙権を有する者>昨年に続き、本年も『立候補制』を導入致します。立候補の資格を有するメンバーは、以下の通りです。以下の①、②の「いずれか」を満たしているメンバーに権利が御座います。
①AKB48・SKE48・NMB48・HKT48・NGT48在籍メンバー ※2017年3月20日時点
②海外に専任移籍している元AKB48メンバー(近野莉菜)
<立候補受付期間> 2017年3月25日(土)11:00 ~ 2017年3月31日(金)24:00
<立候補届出>立候補届出はAKB48・SKE48・NMB48・HKT48・NGT48劇場及び指定の場所に設置された届出所に『選抜総選挙候補者届出書』を提出
<当選>
・49thシングル 選抜メンバー:16名(1位~16位)
・アンダーガールズ:16名(17位~32位)
・ネクストガールズ:16名(33位~48位)
・フューチャーガールズ:16名(49位~64位)
・アップカミングガールズ:16名(65位~80位)
<投票期間> ●2017年5月30日(火)10:00 ~ 2017年6月16日(金)15:00
<データ集計・開票方法> 例年通りAKB48グループに関連しない第三者機関に集計を依頼し、弁護士による監視の下、厳正なる開票を行います。開票当日は、弁護士の最終確認を終えた順位ごとの用紙を封筒に入れ、弁護士による割印を押します。その後、会場にて皆様の前で司会者が開封致します。
<速報> 2017年5月31日(水)会場:AKB48劇場を予定
<開票日・開票場所> 2017年6月17日(土)沖縄:豊崎海浜公園・豊崎美らSUNビーチ
<49thシングル発売日> 2017年8月を予定


スポニチ、東スポによればHKT48の指原莉乃は「総選挙後に美味しく泡盛をいただけるような結果にできるように、これから総選挙に本腰を入れて、もっと頑張りたいと思います」「(屋外会場について)えーーーーー!つらい。今から屋根つけてしてほしいです(泣)」とコメントしたとのこと。
今年は沖縄!指原 総選挙V3に早くも照準「美味しく泡盛を」屋外は「つらい」2017年3月20日
「AKB総選挙」6・17沖縄開催決定 指原が3連覇へ早くも立候補“表明”. 2017年03月20日 .東スポWeb

総選挙後に美味しく泡盛をいただけるような結果にできるように、これから総選挙に本腰を入れ」るとはまさしく史上初の3連覇を目指していると解釈できる。指原は今年が最後の総選挙になるかもしれないということを昨年どこかの席で言っていたので、今年は筆者も"一指のもとに団結して"全力で指原の応援をしたいと思っている。


以上


「指原莉乃のすべての関連記事」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

指原莉乃 最近のAKBメジャー曲ポジション序列順位(総選挙分析ライター)

2017-03-20 10:32:48 | 分析系 メンバー
指原莉乃 最近のAKBメジャー曲ポジション序列順位(総選挙分析ライター)


昨年のAKB48メジャーシングル曲の春曲『君はメロディー』におけるメンバー立ち位置(ポジション)の序列においてHKT48の指原莉乃は12番目と相当低い順位となり、指原からそのことを悲嘆したモバメが入ったことを思い出して、昨年の総選挙以降のAKB48メジャーシングル曲のポジション序列順位がどうなっているかを調べてみた。
総選挙1位でもかなわない事は再び総選挙で頑張るしかない 160113

指原が総選挙でトップをとりセンターで歌った『LOVE TRIP』以降のメジャーシングル曲は島崎遥香卒業曲の『ハイテンション』(島崎センター)と小嶋陽菜卒業曲の『シュートサイン』(小嶋センター)の2曲。

指原は『ハイテンション』が3番目、『シュートサイン』は4番目の序列順位だった。選抜トップの実績からしたらちょっと物足りなく不満だなと最初思ったのだが、よくよく他のメンバーの序列順位を確認してみるとそうではないことが分かりビックリした。

昨年の選抜総選挙で16位までの上位に入ったメンバーのうちこの2曲のいずれか、もしくは両方とも選ばれていなかった7位の須田亜香里、すでに卒業した8位の島崎遥香、10位の武藤十夢、12位の北原里英を集計対象メンバーから外して、この2曲に選ばれたメンバーのポジション序列順位を入れて合計してみた。合計数値が小さいほどセンター(1)に近い良ポジションにいることになる。

その結果、なんと指原が一番小さくトップだった。

以下、2位は松井珠理奈、3位は渡辺麻友と山本彩、5位は柏木由紀、宮脇咲良、小嶋陽菜、8位は向井地美音、9位横山由依、10位岡田奈々、11位兒玉遥、12位高橋朱里といったぐあい。

(『ハイテンション』『シュートサイン』メンバーポジション序列順位合計)
順 ・ ロ氏名ロロ ・ ハ ・ シ ・ 計 ・ 順
01 ・ 指原莉乃ロ ・ 03 ・ 04 ・ 07 ・ 1
02 ・ 渡辺麻友ロ ・ 04 ・ 05 ・ 09 ・ 3
03 ・ 松井珠理奈 ・ 06 ・ 02 ・ 08 ・ 2
04 ・ 山本彩ロロ ・ 02 ・ 07 ・ 09 ・ 3
05 ・ 柏木由紀ロ ・ 05 ・ 06 ・ 11 ・ 5
06 ・ 宮脇咲良ロ ・ 08 ・ 03 ・ 11 ・ 5
09 ・ 兒玉遥ロロ ・ 13 ・ 12 ・ 25 ・ 11
11 ・ 横山由依ロ ・ 09 ・ 07 ・ 16 ・ 9
13 ・ 向井地美音 ・ 07 ・ 08 ・ 15 ・ 8
14 ・ 岡田奈々ロ ・ 12 ・ 11 ・ 23 ・ 10
15 ・ 高橋朱里ロ ・ 14 ・ 16 ・ 30 ・ 12
16 ・ 小嶋陽菜ロ ・ 10 ・ 01 ・ 11 ・ 5
(注) ポジション序列順位はTV映像から筆者が個人的に順位付けをしたものである。


須田、武藤、北原のファンは納得がいかないだろうが、その3人を除くと上位陣の順位は選抜総選挙順位にかなり近く至極順当といった感じである。そのなかで向井地美音、岡田奈々といった若手が推されているようだ。

指原ファンとしては一安心といったところである。

以上


「指原莉乃のすべての関連記事」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

指原莉乃”世代の顔”話題に事欠かない(総選挙分析ライター)

2017-03-19 10:07:25 | 分析系 メンバー
指原莉乃”世代の顔”話題に事欠かない(総選挙分析ライター)


昨日(3月18日)はHKT48指原莉乃の話題に事欠かない一日だった。

朝はプロサッカー選手で鹿島アントラーズ所属、サッカー日本代表の昌子源(しょうじげん)選手(1992年12月生まれ)が「侍ジャパンの一体感はすごい。国を背負っている。・・山田選手。同い年で活躍されている。正直負けている。世代の顔は指原莉乃さん(HKT48)が1番かもしれないけど、そこはスポーツ選手が思い浮かべられるようにしたい」とのいう発言を載せたスポーツ報知の記事を読んで指原もいよいよ1992年生まれの同世代の人から”世代の顔”の第一人者として見られるようになったのかという感慨に浸ってしまった。
昌子、侍ジャパン菊池&山田から刺激!「チームを支える守備でみせてきたい」2017年3月17日スポーツ報知

この記事では1992年生まれを「指原世代」と表現しており、その指原世代の主な有名人として、昌子源、山田哲人(ヤクルト)のほかにプロ野球の千賀滉大(ソフトバンク)、宮国椋丞(巨人)、山崎康晃(DeNA)、リオ五輪陸上男子400メートルリレー銀メダルの山県亮太、卓球女子団体銅メダルの石川佳純、重量挙げ女子53キロ級の八木かなえ、芸能人では俳優の菅田将暉、女優の本田翼、成海璃子、剛力彩芽、有村架純、歌手では、きゃりーぱみゅぱみゅを挙げていた。

これらの錚々(そうそう)たる顔ぶれの中で昌子選手が「世代の顔は指原莉乃さんが1番かもしれない」と言った理由を推察してみると指原がAKB48という日本最大の巨大なアイドル集団の中の選抜総選挙でスキャンダルがあったにもかかわらず競争に勝ち抜き比較的早い時期の2013年からその後15年、16年とトップをとり女王の座を維持していることに加えて、タレントとしてもテレビの出演番組数の女性部門で2014年8位、15年7位、16年4位(日本モニター社調査)の実績が示すように高い露出としっかりとした活躍を残していること。さらに著作(『逆転力』)、劇場支配人、座長、映画監督、プロデューサーというアイドルという枠を超えた幅広い活動を行っていることが昌子選手をして同世代の中でも指原が一歩抜いているとの判断をしたのかもしれないと思った。


こんなことをつらつら考えていたら、午前中に指原からえらく長文のモバメが送られてきた。モバメの中身はその後指原のTwitterに掲載された内容とかぶっており、この日茨城県日立市民会館で行われたHKT48のコンサート「HKT48 春の関東ツアー2017 ~本気のアイドルを見せてやる~」に来場予定のファンに対して送ったコンサートを楽しく見るにあたっての事前予習といった念の入ったメールだった。

指原 莉乃‏ Twitter @345__chan
「今日の茨城に来てくれるみなさん!わたしのユニット曲では『好きだー!』と大声で叫ぶパートが二箇所あります😳 サビ前と大サビ前です😄 (音源では大サビ前には入ってないんですがイベントでいい感じだったので追加🙆)ぜひみんなで叫びましょう〜」
「移動中、暇だから今からコンサートの予習しといてほしい部分送ります〜。お試しって変えられるのかな?とりあえず1時間か2時間後に送るのでそれまでに早めの変更を(._.) ※あんまり送らないので本登録はオススメしません」
「HKTのファンの方で曲聴いてたらついてこれないってことはないよ!でもHKTのファンなのに曲知らないっていう謎現象が起きてる方が多いので。。笑」
「ちなみに私は物分かりのいい大人タイプなのでHKTファミリーで肩くめよ!!😡とは全く思ってないタイプのアイドルです。笑 そういうことじゃなくてCD音源に入ってるコールは覚えてよってこと。笑」


そうか、きょうはHKT48はコンサートだった。指原をはじめメンバーは忙しいなあーと。それにしても微に入り細に入り、コンサートを盛り上げようと忙しい中、モバメ、Twitterで情報発信する指原の努力にはただただ感心するばかりである。

ちなみに昨日18:30から始まったコンサートのセットリストは以下のとおり(ネットから転載)で、ユニット曲を見てみるとAKB48や板野友美のソロ曲を使っておりHKT48の曲は入っていないようだ。

<セットリスト>
影アナ:矢吹奈子
00. overture
01. 最高かよ
02. 大人列車
03. スキ! スキ! スキップ!
04. 桜、みんなで食べた
05. メロンジュース
MC
06. 今、Happy (矢吹奈子・田中美久・松岡はな)
07. Dear J (朝長美桜+熊沢世莉奈・下野由貴・坂口理子)
08. 永遠プレッシャー (田中優香・冨吉明日香・荒巻美咲)
09. 君はメロディー (宮脇咲良+下野由貴・坂口理子・山本茉央・坂本愛玲菜)
10. 口移しのチョコレート (松岡菜摘・森保まどか・本村碧唯・田島芽瑠)
11. Get you! (指原莉乃+山内祐奈・坂本愛玲菜・山本茉央・運上弘菜・堺萌香・小田彩加)
12. バグっていいじゃん
MC りーぬの部屋 ゲスト:宮脇咲良・松岡はな・指原莉乃
~本気のアイドルメドレー~
13. Maxとき315号
14. 世界には愛しかない
15. 会いたかったかもしれない
16. 制服の羽根
17. ドリアン少年
18. Gonna Jump
19. ハイテンション
20. お願い! シンデレラ
21. 行くぜっ! 怪盗少女
22. 恋のダンスサイト
23. なんてったってアイドル
MC
24. Chain of love
25. 君のことが好きやけん
26. 初恋バタフライ
27. ウインクは3回
28. ロックだよ、人生は…
29. HKT城、今、動く
30. 12秒
MC
31. HKT48ファミリー
アンコール
EN1. 空耳ロック
EN2. しぇからしか!
MC
EN3. 最高かよ [Full]
影アナ:田中美久
【HKT48】春のコンサートツアー@茨城/日立市民会館
【HKT48】ツアー茨城!!! 楽しすぎた〜〜あああ!!!!
【HKT48】ツアー終わりのメンバー画像


夕飯時にはMUSIC FAIRに出演し「シュートサイン」を歌い 2017.03.18 AKB48 「シュートサイン」@MUSIC FAIR 、そうこうしているうちに夜になるとこの日から指原とブラックマヨネーズがMCをする新番組『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』の番宣のTwittertが流れてくるという忙しい状況。

指原 莉乃‏ Twitter @345__chan
「現在放送中😘 サイテーな男達と楽しくしゃべってます! abema tvアプリをダウンロードしてね!」
指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙 AbemaSPECIAL 2チャンネル
3月18日(土)20:00 〜 22:00
番組概要
指原莉乃とブラックマヨネーズがAbemaTVで初タッグMC!独特の恋愛観を持つ10人のサイテー男が集まってヤバい恋バナを告白。落とせない女はいないと豪語する4股芸人、ドSのイケメンモデル、モテまくりの全身ピアス男、結婚なんてムダと言い張る敏腕投資家、地球とSEXする不思議系イケメン大学生から人を好きになったことがない童貞ハーフ美男などなど、ヤバくて濃いサイテー男が勢ぞろい!この番組は「サイテーな彼らの生態を知ってサイテー男に引っかからないための恋の教科書」です!


1人書斎にこもって在宅で情報をフォローする身としては、せいぜい時間の許す限り、番組内容をコンパクトにまとめたスレを捜して捕捉するのが精一杯といったところ。
指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙初回実況(膝裏のあれ)

このスレによれば『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』という新番組はかなりえぐい内容のようである。

どう見ても指原の現状は”超売れっ子”と言って間違いないのではないか。

以上


「指原莉乃のすべての関連記事」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

指原莉乃に対する各界著名人、関係者の評価(総選挙分析ライター)

2017-03-15 17:30:00 | 分析系 メンバー
指原莉乃に対する各界著名人、関係者の評価(総選挙分析ライター)


HKT48の指原莉乃は若い頃から「テレビにいっぱい出たい」という夢を持っているがその実現に向けて動きだしたのは、まだ指原が18歳になるか、ならないかという若年齢の時である。

指原がピンで本格的にテレビに出始めたのは『有吉AKB共和国』の中の” 指原プライド” からでこれは2010年10月から放送が始まり、その後、2011年1月(~9月)に初冠番組『さしこのくせに』、2011年10月から『笑っていいとも』にレギュラーメンバーとして出演した(14年3月末の番組終了まで)。

この頃のAKB48は人気がピークに近く非常に勢いと力があった。指原はこういう恵まれた時期にAKB48グループの総合プロデューサーである秋元康氏に才能を認められて太田プロの土田晃之、有吉弘行やタモリというテレビ業界で活躍する錚々たる先輩(先生、師)の下に送られ「テレビにいっぱい出」るために必要なあらゆることを教わったようだ。

この指原への教育は日本の大企業における将来を担うと期待できそうな超優秀な若手をMBA(経営学修士)修得のため海外の有名大学に留学させる育成方法と似ている。

すでにあれから数年が経つが、指原本人の類まれな才能、性格、努力、強運に加えて、これら良き先輩、良き師について教わった「英才教育」によって、指原はTV業界における”超エリート(後藤輝基)”として今や目を見張るような活躍をしている。

この間に指原は仕事を通じて多くの人たちと知り合い人脈を広げ、指原と接した人たちから非常に好意的な評価を得てきた。

それを今回拾ってひとまとめにした。

この作業はちょっと手間がかかって大変だったが、筆者にとっては楽しい時間だった。



明石家さんま (お笑いタレント、司会者、俳優、歌手、ラジオパーソナリティ)
「そうか~、(指原は)アイドルを目指してアイドルになって。今やセンターで、人気投票ナンバー1になっていくんだ。凄いな~。でも途中、男の告白で博多に行かされ、そこからまた復活して・・・『恋するフォーチュンクッキー』のセンターや。あの名曲のセンター、指原やからね。あれは凄いよね。あいつの持ってる運やなぁ~。凄い凄い人生ちゅうのは、指原そんなに。凄いな、指原の人生を考えたら。波乱万丈やな~。逆ベッキーやなぁ。キッベーやな、人生キッベー」・・・2016年3月26日MBS放送ラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(注1)


秋元康 (作詞家、放送作家、AKB48グループ総合プロデューサー)
秋元康の指原莉乃に対する評価


安倍晋三 (第90、96、97代内閣総理大臣)
「(政治家に向いているのは) 指原さん。今ね、反応を見ててね、ざっくばらん、言いたい放題言っているようであって、決してこれを超えてはいけないってところは超えないんですね」・・・2016年5月1日『ワイドナショー』(注2)


綾小路 翔 (歌手、氣志團メンバー)
「にしても今日は、指原莉乃支配人の凄さをまざまざと思い知った1日でした。あの洞察力、統率力、気配り、そして現場を一気に和ませる人柄、言葉…。集団を率いる身として、本当に勉強にしかならない1日でした。「人気者」に憧れ続けて生きてたけれど、いやいや本物のカリスマは凄いや。精進しよう。」・・・2015年10月17日 Twitter (注3)
「<しぇからしか!裏話>握手会に乱入した時、メンバーの人は指原さん以外誰一人知らなかったんですよ。だからもうパニックになってて。僕らは先に歌入れしてたんだけど、MVも、ほとんどのメンバーは撮影前日ぐらいに聴いてその場でダンスもやって、結構過酷な状態で。しかもその日にドラマも撮らなくちゃいけなくて。でまた大雨でこの世の沙汰とも思えない状況だったんだけど。僕はこの時に感じたのは、指原さんっていう方をホントにモンスターだと思いましたね。それこそね、"おもてなしモンスター"ですよ。結構人が多すぎるんで、制作の方たちって言うのはAKBファミリーとガッツリ仕事してる人たちだから、そっちはもう仲いいんですよ。で、そうするとね、我々って何やっていいのか全然わからないでポツーンと置いてかれたりするんですけど。そういう所で我々にちょっとしたお言葉かけてくれたりとか、スタッフさんに「今たぶん氣志團さんこういう状況だからこうしてくれ」っていうのを御指示なさってたりとか。スゴイ格好よかったです。僕らの髪が雨に濡れないように「どうにかスタッフさんこうしてくださいああしてください」っていうのをすごいやってて。それがたまーーに洩れ伝わってくるんで(これ見よがしに指示してた訳ではないということでしょう)、この人スゴイ人だなと思って。で、全部終わった後もね、ツイッターのDMで、ものスッゴイきっちりした文章で御礼と御詫びとみたいのが来たんですよ。僕もね、あーゆうアイドルの方には連絡しない、基本的には。でもそれに対してはこちらも有難うございましたって御礼だけをして。で、メンバーにもそのメッセージが来ましたっていうのを送ったら、うちのメンバーも全員大感動してて。だから、ああいう人が一人いるだけで結構過酷なスケジュールでも、彼女たちだって頑張ってんだから頑張ろう!みたいな感じで頑張れるんで。いやホントにね、僕はそこは兎に角感動しました。ただね、あの人の歳訊いてビックリしましたけどね、あの人22でしょ?あの人はたぶんね、背中にファスナーついてて中にオッサン入ってますよ。ホントに、よくできたオッサンがっていうぐらい僕は感銘を受けましたね。こんなに歳が離れた人にむしろ先輩みたいなこと教わっちゃったなみたいなことがありましたね。学びました。」・・・2015年12月20日(日) TOKYO FM『ももいろクローバーZの SUZUKI ハッピー・クローバー!』~氣志團・綾小路翔に【おもてなし学】を学ぶ~(注4)


有吉弘行 (お笑い芸人、司会者)
「(指原すごいなと思うところは)『可愛くないのに9位』。僕らの世代は「おニャン子」とか観てきましたけど、やっぱり人気のある上位メンバーっていったら、ちゃんと可愛いもんですよ。それなのに、可愛くないのに9位に入っているというのは、僕にはわからない何かをファンの人は感じてるんだなって思うと、すごいなとは思う。・・指原の最初の印象って、地味だった。こんなコがテレビに出るってことは、踊りがすごく上手なのかなとか、スーザン・ボイルみたいに歌がすごくうまいのかとか。いろいろこっちも考えてみたんだけど、どうやらそうじゃないらしいと。じゃあ、どうしてだって。でも、タレントって意外にそんなもんで、やっぱり可愛さで勝負したら、いつか天井が来ちゃう。そういう意味では、よくわからない魅力で人気があるほうが、長生きするんだろうなって思うね。あとは、まあ指原の人柄。僕は、芸人も最終的には芸とかネタじゃなくて人柄だっていう持論があるんで。指原が歌も踊りも下手だし、可愛くないのに支持されているのは、多分人柄なんじゃないですか」・・・指原莉乃1stフォトブックさしこP105指原莉乃×有吉弘行×小嶋陽菜特別対談 2012年1月19日発行
指原は明るいのがいいからな」・・・『有吉の夏休み2014』2014年9月6日(注51)


安藤優子 (ニュースキャスター)
「(指原莉乃がTV出演時にピンとグループで立ち振る舞い、発言を使い分けているという発言に対して)すごい賢いですね。ちゃんと使い分けているんだ」・・・2016年1月1日『ワイドナショー』(注5)


石原真 (NHKエンタープライズ所属エグゼクティブ・プロデューサー)
「6月6日に福岡ヤフオクドームで開催されたAKB48の選抜総選挙は、指原莉乃さんが見事1位に輝いて幕を閉じました。・・そして、指原さんが記者会見を終えたのは、なんとAKB48SHOW生放送の20分前。・・指原さんがチャペルに到着したのは本番の15分前、番組の流れの打ち合わせを簡単におこなっただけで、本番突入です。さすが指原莉乃。ぶっつけ本番であれだけの一人トークを繰り広げてくれました。本当に凄いと思いました。」・・・AKB48SHOWブログ 2015年06月08日 投稿者:いしぴぃ(注43)


伊集院光( お笑いタレント、ラジオパーソナリティ、評論家、元落語家)
「やっぱ売れてるコは違うな。スゴイな、と思わされる収録だった。頑張ろう。
せっかくだから書きますね。指原莉乃さんとご一緒したのですが、その能力の高さに、素直に感心した次第です。」・・・Twitter 2014年12月25日 (注6)
「指原カイワイズ収録へ。この番組の収録は楽しい。ザキヤマはバカだし、指原さん上手だし。」・・・Twitter 2016年1月25日 (注41)


泉谷しげる (シンガーソングライター、俳優、タレント)
「(ワイドナショーでの滝行をお願いしていた指原がソフトバンクの新CMで滝行を達成したことについて) バカヤロー!笑ってるじゃねーかコノヤロー。オマエ、禊(みそぎ)を何だと思ってるんだよ。なんだよ、オマエが言い出したことじゃねーか。ソフトバンクだろ?しかも。ニセの滝かなんかに打たれて…ジョウロかなんかでこう…やってるんだろ?そんなのバカヤロー。・・(指原は)つぶしのきく女」・・・『ワイドナショー』2014/11/09 (注46)


今田耕司 (お笑いタレント、司会者)
指原は数々の方が絶賛しているのですごい楽しみ。松本(人志)さんとか陣内(智則)君とか後藤(輝基)とか、みんな指原優秀やって。真剣にみんな褒めてるから体感してみたい」・・・2017年3月23日『こんなところにあるあるが。土曜・あるある晩餐会』初収録後の取材(注38)


井森美幸 (タレント、バラエティーアイドル、女優、歌手)
「(指原さんは20年後芸能界で)ご意見番になっている可能性がある」・・・2015年3月18日「AKB調べ」(注7)


岩尾望 (お笑い芸人 フットボールアワー)
「(指原総選挙1位アイドルファンの岩尾さんからどういうふう見ているかとの後藤輝基の質問に対して)アイドルとしてよりも面白いよね、この人がセンターにいたりすると。前、他局の番組の時も思うたんやけど、すごいようできてるなぁと思った。ゲストに僕ともう一人の漫画家の先生がいて、最初オープニングがあってメンバーがコスプレに着替える。「いったん止めまーす」スタッフさんが「メンバーたち着替えなんで」とパーと誘導していくわけです。僕とその先生どうしたらええの?みたいな感じになったんです。メンバーたちはどんどん誘導されていくけど「えー?」ってなっていたら指原が気付いて「ゲストのお二方はどちらに?」って、まずスタッフが言うべきところを。「いや、こいつ凄いできるな」と思った。別にそっちの局の批判じゃないけど「凄いな」と思った。この子は「ようできるな」と思った」・・・『HKT48のおでかけ!』2015年11月25日(注8)


内田裕也 (ミュージシャン、俳優)
「クレージーなことをやるのもロックンローラーだと思ってるんで、あえて21歳の若い指原莉乃を指名したんです。・・2年前に出演したバラエティー番組が、CDの売り上げ対決で負けたほうが俺に説教をうけるという、なんかよくわかんない設定で。それで若い子が突然入ってきて、俺の目の前でカラオケを歌いだしたんですよ。この子おもしろいなと思って。今回レコーディングの話があったとき、「だったら俺はあの子とやりたい」と言ったんです」・・・2014/7/14 週刊朝日(注9 )


大久保佳代子 (タレント、女優 「オアシズ」メンバー)
「盛ってるしあの子(指原莉乃)は上手い。『有吉反省会』って番組があってさ、そもそも女の子の準レギュラーは私(大久保佳代子)とモチカちゃんなんだけど、最近来てるからね。普通に横に。私、収録が減ってるからね。変顔もやるし自分(大久保)のおっぱいをもんだりということもやってくるし、ちょっとブスだってことも言うし。・・もしかしたらアイドルの中ではブスかもしれないけれど、言うと喜ぶんだよね。確実にちゃんとやってるからね。恐いもん。逆にちょっと恐いもん。乗っ取られるんじゃないかって」・・・2016年7月29日公開映像(注10)


大島優子 (女優 元AKB48超人気メンバー2期生 元祖神7)
スゴイ!指原ってスゴイ!振られたら面白いこと絶対残すじゃないですか。パーフェクトですよね、見習ってます」・・・2017年 1月10日「今夜くらべてみました」(注11)


太田光 (お笑いタレント、漫才師、文筆家 爆笑問題)
「(AKBの総選挙)凄かった。大逆転でしょ。さしこ(指原莉乃)が圧倒的だって噂だったでしょ。何万票もひっくり返して、ワタリンがもうー。まゆゆ(渡辺麻友)が1着に、鼻差で。面白いね。そう考えるとさしこって常に期待を裏切っていく。さしこの何が凄いのかなって思ったけど、あれだね、あの子が全部ドラマを作っているね、AKBに関する。何にもやっていないが本人は」・・・爆笑問題の日曜サンデー2014年6月8日(注12)


おぎやはぎ (お笑いコンビ)
「(発言者名を聞いてしまうと先入観で判断してしまうので、小木さんには名前を隠して批評・プロファイリングしようという流れに)
矢作:ラジオネーム○○からのメール、「精神は弱いが、体力はある」
小木:おー、へー、カッコいいオッサンが言ってそうだな、こういうのってね。その精神の弱さを言えるってさ、結構なイイ、ちゃんとした大人っていうか。
鈴木工務店(放送作家):うんうんうん。
小木:って気がすんのよ、若い人ってそういうの言えないしね、精神の弱さを。
矢作:あー、なるほど、ちょっと強がっちゃうから。
小木:そうなのよ、だからなんか、それも深みが出てくんだよなぁ。オッサンが言ってて、それが、って感じするけども。
矢作:正解は、、、指原莉乃。(一同爆笑)
小木:恥ずかしーw、恥ずかしーなぁw
工務店:べた褒めでしたね。
矢作:べた褒めw (一同笑)
小木:恥ずかしいなぁw、アイツ、そんなこと言うんだぁ、へぇーっ。
矢作:やっぱアイツすげぇな
工務店:アイツすごい
小木:すごいなぁ
(精神はよわいが体力はある。わたしです。一回声でなくなったけど、わりとタフなほうだとおもう。・・指原莉乃 2012年5月5日) 」・・・2016年10月ごろ(注13)


片山さつき (政治家、自由民主党所属の参議院議員)
「指原さん、学校行かなくてもちゃんと通信で出られましたよね? で、賢い方ですよね?」・・・2015年11月8日放送「日本のダイモンダイ」(注14)


釘宮(くぎみや)磐(ばん) (元大分市長)
「15万票なんて私も選挙でとったことがない。彼女自身は謙虚で、けなげなキャラクター。・・一年間大変苦労しただろうが、それがファンの共感を呼んだ。ファンも放っておけなかった」・・・2013年06月17日(注39)


桑田佳祐 (ミュージシャン)
「指原さん控え室まで挨拶にきてくれて礼儀正しい」・・・『桑田佳祐のやさしい夜遊び』2014年9月6日(注15)


小嶋陽菜 (ファッションモデル、女優、競馬評論家、AKB48人気メンバー1期生 元祖神7)
「(指原のすごいところは)頑張ってる。指原もイジられるけど、逆にファンに向かって「お前、なんちゃらだろう~」ってイジったりするし。秋元先生の言葉で「嫌われる努力がなんちゃら」ってあるけど、でも結構みんな遠慮してできないんだけど、指原はそれができたりするから、頑張ってるなって」・・・指原莉乃1stフォトブックさしこP105指原莉乃×有吉弘行×小嶋陽菜特別対談 2012年1月19日発行
「以前は、バラエティー番組に憧れていたのですが、出てみたらすごく頭を使わないといけないと分かりました。今はさっしー(指原莉乃)が、アイドルの枠を超えた新しいポジションを築いているのですごいなって思います。」・・・日経エンタテインメント2015年12月号AKB48 10周年Special P10 (注16)


小島瑠璃子 (バラエティータレント、グラビアモデル、スポーツキャスター、司会者)
「指原さんは総選挙1位じゃないですか?バラエティーに出てもホームランも打つけど、打率も良い感じだなって思って」・・・2016年6月16日「VS嵐」(注17)


後藤輝基 (お笑い芸人、司会者 フットボールアワー)
「指原莉乃「私、TVに出始めて『いいとも』のレギュラーに出始めたのが18の時だからもう5年ぐらい」
後藤輝基「超エリートやがな。お前
指原「初の冠、確か18ですよ」
後藤「え~信じられんわ」」・・・2015年12月16日「HKT48のおでかけ!」(注18 )


篠田麻里子 (タレント、女優 元AKB48人気メンバー1.5期生 元祖神7)
「んー、でも私の中ではさっしー(指原莉乃)はいじりにくいです。やっぱり本人は1位っていうのもあるし、人気があるから、私5位なんで、1位様はいじれないです。いや、もう、今はどっちかっていうと支配人みたいな感覚っていうか...ポジションが秋元康さんか、指原さんかみたいな。沢尻さんの横くらい」・・・2015年7月14日『徳井と後藤と麗しのSHELLYが今夜くらべてみました』(注19)


柴田淳 (シンガーソングライター)
「『今夜くらべてみました』に、柴田淳、二回目出場させて頂きました。・・一回目の反響がもの凄く、視聴率も歴代最高だったようで、日本テレビの社長さんまで褒めてたとか、、、そんな情報がどんどん入って来て、即日ネクストオファーの連絡まで入りました。いやいやいや、私のせいじゃないからーーーーーーっっっ!指原さんのプロデュース力のお陰です。・・きっかけは指原さん、本当に嬉しかったです。柴田淳のつまらない毎日がキラキラしたのがわかりました。感謝で一杯です。ありがとうございました」・・柴田淳ブログ2015/03/28(注52)


昌子源 (プロサッカー選手、鹿島アントラーズ所属、日本代表、1992年12月生まれ)
「侍ジャパンの一体感はすごい。国を背負っている。・・山田選手。同い年で活躍されている。正直負けている。世代の顔は指原莉乃さん(HKT48)が1番かもしれないけど、そこはスポーツ選手が思い浮かべられるようにしたい」・・・昌子、侍ジャパン菊池&山田から刺激!「チームを支える守備でみせてきたい」2017年3月17日 スポーツ報知(注36 )


陣内智則 (お笑い芸人、タレント)
指原は頭が良いですね。立ち振る舞いというか、立ち回り方が何通りもあるというか、こっちに行った方が良いという臭覚がすごいですよ。そこの感覚の上手さは抜群ですね。・・「指原のココがスゴイ!ほかの女性タレントを凌駕する危機管理能力の高さ」これは何か言うたら、最悪なことを絶対免れることを彼女は瞬時に考えている。1回僕ロンハー出た時に芸人10人並べて「彼氏にするならランキング」を付けるんですよ。僕はよく出るんですけどたいがい9位10位なんですよ。そういう僕を1位にしたらやっぱ何?って思われるじゃないですか。指原は僕を1位にしたんですよ。その時にしゃべったコメントがオフの話をしたことを「陣内さんこんなことをしゃべったんです。凄いカッコ良かったです」みたいなことを言うんですけれども。それって僕にとってもプラスだし、ずっと最下位というイメージの僕を1位にすることによって、「えー」ってみんながなるわけですよ。そこでまず食いつかしているんですよ。なんで陣内1位やねんっていう、視聴者にも食いつかしといてずーっと並べていって。最下位にフットの後藤を選んでるんですよ。後藤はもうずっと関係性があるし、後藤さんを選んでおけば、まず揉めることもないし。仲良いからこそ最後の最後に10位の後藤が1番おいしくなってるんですよ。で、メールのエピソードとか2人のやり取りで全部笑いにして、それはもう指原の中で完璧な構成が出来ているというか。あれをやられた時に、あっ、凄いなって。たぶん、ほんまは全然ちゃうと思うで。ほんと選んだら全然ちゃうと思うけど。完璧な順位をちゃんと選んで、最後後藤にもっていって、後藤をオイシクさせて、自分も面白くさせて、僕も1位ということで、誰もがハッピーな感じで終わらせている。そのね、頭の回転というか、凄いですね。最悪なことを絶対免れてきてる」・・・2017年2月12日インターネットテレビ局・AbemaTVのバラエティ番組『テレビじゃ教えてくれない!業界裏教科書』 (注20)


高橋みなみ (歌手、タレント 前AKB48グループ総監督 元AKB48人気メンバー1期生 元祖神7)
指原のポテンシャルの高さは”化け物級”だと思っています。AKB48グループの中で”天才”といえば、小嶋陽菜さん。あの小嶋さんと並ぶことができるのは指原くらいだと思うんです。彼女は小嶋さんレベルに”狙いを外さない”んです。「こうすれば面白くなる」、「こうすれば成立する」っていう計算式を確立してるんです。例えば、テレビ番組やコンサートのMCで、「あっ、この流れスべる!」って雰囲気のなかでも、絶対にうまく完結させて笑いにもっていきます。バランス感覚がすごいんです。・・さらに指原がすごいのは、正解の1個斜め上を選択するところ。私は立場上もあるけれど”正解”をそのまま選んでしまう。でも指原はちょっとズラしてくるんです。それって、言うなれば”遊び心”だと思います。「正解からちょっとズラして遊ぶ」。言葉にすれば簡単ですが、普通はできません。でも、それを簡単にできるから”化け物”なんです。もう褒めてばっかりですが、正直、”アイドル”の枠を、いろんな意味で超えています。”職業・指原莉乃”です。異質すぎるアイドル指原莉乃。もう、アイドルとして殿堂入りするべきだと思っています」・・・週刊プレイボーイ2015年8月24日発売2015年9/7号「AKB48コラム番外地 たかみなの「卒業」までに語らせて」


武井壮 (タレント、元陸上競技選手)
「すごいじゃん。指原とかの成長ぐあい。バラエティー、トーク、誰とからんでも回すし、何だろうと思うよね。(今じゃダウンタウンの松本さんとかと対等にしゃべったりすることができる)あの歳でそれ凄くない?あれ幾つ?あのコ今」・・・2016年8月4日公開映像より(注21)


タモリ (お笑いタレント、司会者、俳優他)
「月曜日は集まろうということで、(「笑っていいとも!」の同窓会を) 2回くらいやっている。・・あれ、指原が幹事をやっているから。・・指原に聞いてくれよ」・・・「SMAP×SMAP」2016年12月19日(注45)


土田晃之 (お笑いタレント、司会者、コメンテーター)
「あのコ(指原莉乃)は総選挙で、私は可愛くないし歌も下手だしみたいなこと言ってたけど、まさにその通り。唯一あるとすれば、ガッツだけ。番組で嫌いな動物触らせたりしても、ガッツを見せて、ちゃんとぶつかって、ちゃんと泣く。まあそれは偉いなと思います ・・あといい所を挙げるなら、調子に乗ってない。AKBじゃなかったら、こんなところにいられるわけがないということをよくわかっている。その謙虚さがなかったら、番組も3カ月で終わっていたと思いますよ」・・・指原莉乃1stフォトブックさしこP111関係者が証言する”さしこ力” 2012年1月19日発行
「でも、たぶんあの辺の(太田プロに所属する前田、大島、指原のAKB)メンバーで俺のことを先輩として接してくれているのは指原だけですけれどね。・・いいやつ」・・・「ナカイの窓」2013年9月11日(注22)


徳光和夫 (フリーアナウンサー、タレント、司会者、ニュースキャスター他)
「終わった後、第1位の指原莉乃さんが駆け寄って来て、今年の総選挙も徳光さんのお陰で大変盛り上がりました。ありがとうございました。と。 その心遣いを忘れない実に彼女らしいなと、感心した。」・・・ラジオ「徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー」2015/06/13 (注42)


橋下徹 (タレント、弁護士、元大阪市長、元大阪府知事)
色々あるけれども頑張って、また返り咲くっていうのは、人生いいこともあれば悪いこともありますし、それでもしっかりあきらめずに頑張って、選ばれてセンターに立てるっていうのは素晴らしいことじゃないですか。人生80年90年生きてれば色んなことありますよ。でも指原さんのように、ああいう形で頑張られて、ファンの皆さんにしっかりと応援を受けて、こういう形になったっていうのは素晴らしいことだと思いますし、色んな方に元気を与えるし、頑張らなきゃっていう風に思うんじゃないでしょうかね。まあ一度や二度壁にぶち当たっても、さらに頑張ろうっていう元気を多く与えられたと思ってます」・・・2013年6月12日大阪市庁舎退庁時の会見(注23 )


濱口優 (お笑いタレント、俳優)
「やっぱなぁー俺なぁー指原さんてえらいなぁって思ったんだよね。『いいとも』の打ち上げの時にね、俺なんかほとんど『いいとも』でからんでもないのにやっぱ来んねん。しゃべってん、あの人と。10分ぐらいしゃべったら別のテーブルにわぁーとみんなと見てたらみんなと全員とコミュニケーションしてんねん。ここか、これやぁ。・・『めちゃイケ』の運動会の時も大島優子ちゃんと指原ちゃん、話してくれんねん。でっ本番やりやすいねん。ぱっと始まった。えらいよね」・・・2016年2月2日公開映像(注24 )


林真理子 (小説家、エッセイスト)
「(小林よしのりをして指原嫌いを広言させる自分はすごいパフォーマーだとの指原の発言に対して)まあ、なんて強いんでしょう。そういうポジティブな考え方大好き。さまざまなバッシングには、それくらいの強さで対応するしかないと思うんですよね。こんなこと言うのは本当に失礼ですけど、インターネットの書き込みに「林真理子と指原莉乃はどこか似てる」ってあるそうなんですよ。・・山を登るのはつらく苦しいことだけど登れば、努力せず平地で遊んでいる人間には、一生見ることができないすばらしい景色を見ることができる。指原さんもそれがわかり始めて、がむしゃらに上ってるところなのでしょうね。・・その野心と、聡明さをもってすれば、何でもできます。これからもっと上を目指してください」・・・林真理子×指原莉乃特別対談 週刊現代2013年7月20号
「(対談後実際指原と会ってみて)すばらしかったですね。強いし、かわいいし、頭がいい。インターネットで林真理子に顔似てるぞっていじめられたりするらしいんですけど全然似てないですよ、かわいい」(注25)


東野幸治 (お笑いタレント、司会者)
ほんまにすごいですね。指原さんって何なんですかね。いろいろそういう…なんかこうね、ネガティブなニュースとかも全部プラスに変えていって・・まだ21歳。・・で、AKBの子の中でしゃべれる子って少ないじゃないですか。やっぱ指原さんぐらい違います? だってちょっとこの…泉谷さんと武田さんと松本さんと… この4人でやってるって、自分(指原)すごいことやで」・・・『ワイドナショー』2014/11/09 (注46)


ヒロミ (お笑いタレント、司会者、実業家他)
「でもね、俺この間(指原莉乃と)一緒に仕事したんだけど。すっごいちゃんとしてんのね」・・・『ワイドナショー』2016/12/18 (注47)


ビートたけし (お笑いタレント、コメディアン、司会者、映画監督、俳優、脚本家)
「(安住紳一郎アナがビートたけしに第7回AKB選抜総選挙ベスト10の中で誰か知っている人はいるか?と聞くと)この人(指原莉乃)知ってます。・・あとは誰だか、顔が分からないですね。名前は見たことあるけど」・・・TBS「新・情報7daysニュースキャスター」2015年06月06日 (注44)


福田雄一 (劇作家、放送作家、ドラマ・映画脚本家、舞台・ドラマ演出家、映画監督)
「(「女優・指原莉乃」の魅力とは? )いわゆる、女優としての魅力がないところがいいんですよね。これはイメージなんですけど…グワーっと向かってくる人は僕、苦手なんですよ。私頑張ってますとか、私やる気ありますとか。例えば、このセリフはどんな気持ちで言えばいいんですか? って言われると…。この役はどんな人生を歩んできたのかを聞く人もいますし。でも、僕の書くものは、一言のセリフがいちばん面白く聞こえればいいという感じなので。だから、さっしー(指原莉乃)のように、『女優になりたいわけではない』と言っているアプローチが僕にとってはすごく気持ちいいんだと思います。だから、『ミューズの鏡』の現場で、この先私はどういう展開になるんでしょう? と聞いてくる人だったら、ちょっと重かったし、その後さっしーさっしーと言い続けることもなかったと思います。なにしろやる気ない感じで軽く挑んで、セリフだけ言って帰っていくみたいな」・・・2013年4月インタビュー(注26)
従来のアイドルにない屈折したオーラを持ってる。腹立つような中途半端なブサイクぶりとかが、逆に気になってすごく構いたくなる。それこそが彼女の最大の魅力で、天性の才能」・・・2013年6月7日スポニチ取材(注27)
「さっしーって決して芝居が上手ではないですし、表情がうまく作れるわけでもないし、女優としてなんの取り柄もないけど、とにかく佇まいが非常に面白かったんですよ。ポッと立たせた時になんとなくほっとけない、つい見てしまう。・・あいつ(指原)が待ち時間にセットの隅に座って、ボーッと考えているのを見ると、いじりたくてしょうがなくなるんですよ。「そんなこと言わないでくださいよー」って困らせてやりたい。生意気なこと言うと、秋元さんもきっと同じ気持ちなんだと思います。その感じが麻薬みたいなもので、さっしーと離れられない。・・すごいのは、秋元さんやテレビ局や電通の方たちが集まって喋っているとき、その8割9割は指原の話なんですよ。アイツこんなこと言いやがったよ、ムカつくだろ、とか。秋元さんは「いい大人が集まって指原の話ばっかりするのムカつくから、別の話をしようぜ」って言うんだけど、必ず10分後には指原の話に戻ってて、3時間とか話してる。そんな女の子ってなかなかいないですよね」・・・2014-04-16ほぼ日刊惑星開発委員会 vol.053 (注28)


古舘伊知郎 (フリーアナウンサー、タレント、司会者)
「(指原莉乃に向かって)『博多のグループの支配人の泣いた夜(指原初監督映画)』…僕、あれも拝見しました。ものすごいですよ、主役で。ずーっと前に。ロードショーされる前に見ました。いや本当にドキュメンタリーなんですよ。めちゃくちゃ面白いんですよ。いろんな葛藤が出てんですよ。で、この方(指原)が全部ストーリーテラーもやりながら、主演でもありながらっていう微妙な立ち位置ですごい面白かった」・・・『ワイドナショー』2016/11/06 (注49)


前園真聖 (サッカー解説者、タレント、元サッカー選手)
「(指原莉乃のソフトバンク『滝行』CM撮影に同行取材した前園さんが指原に向かって)ほんとに山奥ですごく寒くて。気温もたぶん10度ちょっとだったと思います。だから水の中もっと低かったと思うので。ま、その中、何回も出たり入ったりして。で、泣き言全然言わないんで、僕プロフェッショナルとしてすごいなと…」・・・『ワイドナショー』2014/11/09 (注46)


マツコ・デラックス (コラムニスト、エッセイスト、女装タレント、司会者)
「今までのAKBだと堪能できるところが無かったんですよ、私は。私が興奮する要素が微塵も無かったんですよ、今までのAKBというのは。・・私としては無かったものが、あの指原さんのようなキャラクターがメインにということになってくると、あれっ、もしかしたらちょっと面白く変わる要素が出てくるのかな?それでまた指原さんが今までと同じ事をしているのなら私は別に興味はないけど、なんか違うアプローチで来るんだったら、もしかしたら私も興味を持てる部分が出てくるかなと逆に私は思ったんだよね」・・・「5時に夢中!」(TOKYO MX)2013年7月3日公開映像より(注29)
「(1年前)覚えている?あれだけAKBを嫌いな私がちょっと考え方変わるかもと言ったの覚えている?・・私、まゆゆさん、渡辺麻友さんはアイドル、アイドルしている方というか王道だと思うんだけど。まあそれだけじゃないじゃん、今のアイドルって。テレビに出て気の利いた事を言わなきゃいけないとかそういうものが求められる中で、それだけじゃないじゃん。指原さんがした役目ってデカかったと思うんだよね。だから王道スタイルには戻るだろうけど果たしてじゃー彼女がセンターになったことで指原さんがセンター時代のような効果的なプロモーションというか、テレビとのうまいつき合い方みたいなもの、それはでも指原がやるんじゃない、今までどおり」・・・「5時に夢中!」(TOKYO MX)2014年6月9日(注30)


松本人志 (お笑い芸人・お笑いタレント ダウンタウン)
「いやでもね、指原、賢いよこいつ。頭良いから考えてると思う。・・本当に賢い。・・いやでもね、指原はちょっと抜けてるな、ここ(頭)がね」・・・2015年3月20日「教訓のススメ酒と涙と離婚とジョージ!離婚トラブルはハシゴ酒で忘れるんだSP」(注31 )
たぶん田舎のおじいちゃんおばあちゃんで、AKBあんまり知らん人でも、たぶん指原は知ってると思う。(指原の) 気質はなかなかのホステスやからね。・・ライター用意してるやん常に。・・(指原が仕事で世話になった人に年賀状を手書きで毎年150通ほど出しているという発言に) やってる事は完全にホステス」・・・『ワイドナショー』2014/11/09 (注46)
「いやーでも、なんか今日わかったわ。安倍さんがしゃべってる時の指原の寄って行き方とか…お前ほんとにホステスみたいな感じだよな」・・・『ワイドナショー』2016/05/01 (注48)
「(AKB48総選挙指原莉乃2連覇について)まぁ今もう指原ライバルいないもんなー。そこが指原の、もしかしたらちょっと辛いところかもしれんな」・・・『ワイドナショー』2016/06/26 (注50)
指原が出えへんかったら選挙終わっちゃうんじゃないの?」・・・『ワイドナショー』2017/03/26(注53)


みのもんた (フリーアナウンサー、タレント、司会者、ニュースキャスター)
MCとして、ものすごく"勘"がイイね!」・・・『芸能人が実体験を告白!最悪の一日』2017年3月7日(注32 )


三村マサカズ (お笑い芸人 さまぁ~ず)
「起きてたりして‼ 指原って頭いいよね。」2015年11月17日 00:49 Twitter
「指原をさしはらと読ませることに、成功した素晴らしい人かも。ゆびはらだろ。普通。」2015年11月17日 00:53 Twitter・・・(注33)


毛利忍 (日本テレビプロデューサー)
さっしー(指原莉乃)凄いのは、すごい売り込みがあった。さっしー自身からAKBINGO!でなんかの打ち上げの席があったんですよ。そうしたらさっしーが来て、「毛利さん、AKBINGO!で私こういう企画をやりたいんです」 ザ・AKBEST10という特技を披露するコーナーがあって「私、ヲタ芸が出来るんです」とずーと説明された。自分で凄いプロデュース能力がある」・・・2013年12月25日『指原の乱』(注37 )


山里亮太 (お笑いタレント、ナレーター、ラジオパーソナリティ 南海キャンディーズ)
「山里「『TORE』って番組を観て下さった方は分かると思いますけど、そこにね、NOT yetのメンバーであります、指原莉乃ちゃんが来てたんですけど、あの子が愛される理由を収録中にスゴイ感じたんだけどね。スタッフさんって、僕みたいなもんでも敬語で喋ってくれるの。仲の良いスタッフさんは、『山ちゃん』って喋りかけてくれるんだけど。でも、ADさんだったり、プロデューさんとかは基本は敬語です。社会人として。今をときめくAKBだし、演者さんだってこともあって、最初は敬語だったの。だけど、収録が始まって、1個目くらいのアトラクションが終わった頃から、指原さんだけ、みんなタメ語になってるの。人との距離感をぐっと詰める才能があって。それを狙ってるんじゃなくて、一生懸命頑張ってる、純朴さにみんな打たれていって。それで『なんで、こんなことが出来ないんだよ』って。収録中も、欲しいタイミングで泣いたりしてくれるんだけど。それって、ちょっと『狙ってる』ってことでなくて、本人が純粋に自分の感情に素直にやってる行動が、周りの人を温かい気持ちにさせる、というか。計算高さが全く無いんだよね。普通に思ってることをやんなきゃいけないのと、あと、スゴク自分低く見積もってるから、『あたしなんか…』っていうのがあるらしくって。その日、一緒に出てたのが、まゆゆこと渡辺麻友ちゃん、篠田麻里子ちゃんで。この2人より、自分がヒューチャーされるシーンなんかあっちゃいけないって思ってるの。そう思ってるのに、あっちゃいけないことが起こるの。その時、『私がたいした成果が出せないなんて、私の存在意義なんかないです…すみません』って、カメラ回ってない時に謝りに来るからね。『ホントにお邪魔しました』って。それを見たスタッフさんが、『可愛いな、さしこ。頼むよ、次の時には存在意義を見せてくれよ』って言うんだけど、全然活躍できなくて。テレビ的にはおいしい感じで活躍できなくてね。終わった途端に『すみませんでした!せっかく私にあんな役くれたのに…すみません、やっぱり麻里子さまとまゆゆの方が良かったですよね』って言って、みんなゲラゲラ笑うっていうね、スゴク良い子なんですよ」・・・2011年07月06日放送「山里亮太の不毛な議論」(注34 )
「結局気づいたのが一番しっかりしてたのは指原だったという。くやしいけどね。あの子が売れるのは、よくね、48Gにいるからとか言う人もいるわけじゃない。でも一緒に共演して肌で感じると違うね。あれは実力で売れてんだね。あの子、完全に。・・そお?でも今のは逆に裏返すと他の48Gメンバー否定したことにならない?w ・・いや気づいた。他の子もテレビ出てる子は実力で出てるんだな。で、その上でも指原さんてのはスゲーなと思ったわ」 ・・・TBSラジオたまむすび 2015年9月(注35 )


横内謙介 (演出家、劇作家、劇団扉座主宰)
「指原座長は、想像を絶する忙しさの中で、スタッフ的な打ち合わせから稽古までしっかり使命を果たしてくれています。歌もダンスも演技も苦手などと言っているけど、飛び飛びにしか来られない稽古の度に見せる目覚ましい進化は、人知れず重ねた努力の証です。これだけ出来て苦手という、その志の高さがチームのクオリティを高めているのでしょう」・・・HKT48指原莉乃座長公演明治座パンフット2015年4月


リリー・フランキー(マルチタレント、イラストレーター、ライター、エッセイスト、小説家他)
「なんかこう1位になったことで、みんな「えーさしこがー」みたいなことを言っているけど、世の中のスタンダードになる人って絶対アナーキストで出てくるんですよ。それはロックンロールでも・・最初は何?これってと言っているものがコンサバ、スタンダードになるんで、のちのち押しも押されぬ先生になる」・・・AKB映像センター2013年6月23日第10回(注40 )


各(注)の出典を見たい方↓(データ量が多いため出典は別ページに分離)
「指原莉乃に対する各界著名人、関係者の評価」記事の出典一覧


以上


指原莉乃に対する各界著名人、関係者の評価 加筆・修正 170327

「指原莉乃のすべての関連記事」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「指原莉乃に対する各界著名人、関係者の評価」記事の出典一覧(総選挙分析ライター)

2017-03-15 17:29:30 | チームB
「指原莉乃に対する各界著名人、関係者の評価」記事の出典一覧(総選挙分析ライター)


「指原莉乃に対する各界著名人、関係者の評価」170315 記事についてはデータの出典を明らかにしておかなければならないと思い(注)が付けてある。そのデータ量が多くブログの容量を超えてしまったため出典を別ページに分離して記載することにした。


「指原莉乃に対する各界著名人、関係者の評価」の出典一覧
(注1)明石家さんま AKB48指原莉乃の波乱万丈な人生「逆ベッキー」と称賛する 2016/03/26
明石家さんまが、波乱万丈すぎるHKT48・指原莉乃の人生に感嘆 「逆ベッキーやなぁ」2016年03月30日

(注2)安倍首相から「政治家向き」とご指名の指原莉乃が決意表明(2016/05/01)
「言いたい放題のようで超えてはいけないところは超えない」 安倍首相、HKT指原の「政治家」度に太鼓判2016/5/ 2
安倍首相「超えない」指原莉乃に政治家の資質認める 2016年5月1日www.nikkansports.com
ワイドナショー&ワイドナB面「安倍首相、松本人志にすべらない話を無茶振り HKT48指原莉乃は政治家転身?」の感想まとめ(キャプチャ画像あり)2016年05月01日akb48taimuzu

(注3)【氣志團】綾小路翔「指原莉乃支配人は本物のカリスマ」2015年10月17日 akb48taimuzu

(注4)綾小路翔「指原莉乃はおもてなしモンスター」2015年12月21日

(注5)指原莉乃、テレビ出演時ソロとグループで使い分け褒められる

(注6)伊集院光「指原莉乃さんとご一緒したのですが、その能力の高さに、素直に感心した次第です。」2014年12月25日

(注7) ”20年後の芸能界で生き残ってそうなAKB”48Gメンバーについて 150319

(注8)HKT48のおでかけ! #144 フット岩尾がガチでモノ申す!&メンバーの秘蔵映像公開 2015.11.25 9分過ぎより
指原が収録現場で見せた気づかいにフット岩尾「こいつできるな」2015年11月26日

(注9 )内田裕也と共演の指原莉乃は「ふてぶてしくてすごくいい?」週刊朝日2014/7/14

(注10)指原莉乃のバラエティ力を恐れる大久保佳代子 2016年7月29日

(注11)指原莉乃、大島優子から「パーフェクトです」と大絶賛 2017/01/11

(注12)爆笑問題太田光AKB48『さしこ』こと指原莉乃を大絶賛!!

(注13)おぎやはぎが指原べた褒め。2016年10月29日

(注14)指原莉乃、片山さつき議員に「賢い方」と言われるw 2015年11月09日

(注15)桑田佳祐「指原さんはカワイイし礼儀正しい」2014年09月07日

(注16) 指原莉乃 AKB48「10周年」でのメンバーからの評価 151204

(注17)指原莉乃、“初共演”の小島瑠璃子に嫉妬?「絶対モテてる!」2016-06-16

(注18 ) 指原莉乃は「超エリート」アイドルタレント 151217

(注19) 今夜くらべてみました「トリオ・THE・いい感じの女!元AKB48篠田麻里子"1位様"指原莉乃は「いじりにくい」- 秋元氏に近い"支配人"的感覚 」の感想 2015年07月15日akb48taimuzu
元AKB48篠田麻里子の「指原莉乃は別格」発言に「マジかよw」「エリカ様と同列」2015年07月15日news.aol

(注20 ) 陣内智則、指原莉乃を絶賛「本当に頭が良い」「危機管理能力の高さがある」20170213 news.mynavi
陣内智則による指原莉乃・歴代バラドル1位評価の書き起こし2017年02月13日www.akb48mt

(注21)23歳で松本人志と対等に話す指原莉乃を絶賛する武井壮と大久保佳代子

(注22) 指原莉乃 「いいやつ(土田晃之)」 130914

(注23)橋下氏「指原の総選挙1位、素晴らしい」 スキャンダルから這い上がった姿に共感!? 2013/6/13 j-cast

(注24)濱口 優 指原莉乃を褒めまくる!2016/02/02

(注25)【野心のすすめ】林真理子×指原莉乃対談が面白かった

(注26)【インタビュー】AKB48総選挙1位・指原莉乃×福田雄一監督「本気出したらいけるタイプ」 - 映画『俺はまだ本気出してないだけ』指原莉乃の女優としての魅力は「女優としての魅力がないところ 2013/06/14

(注27)福田雄一監督、さしこの魅力語る “屈折オーラ”の「とりこに」2013年6月7日

(注28)"天然の革命児"が指原莉乃と切りひらくテレビの未来 福田雄一インタビュー ☆ ほぼ日刊惑星開発委員会 vol.053 2014-04-16

(注29)AKB48総選挙に全く興味の無い毒舌マツコが1位指原をベタ褒め2013/07/03

(注30)マツコ AKB48渡辺麻友センター「指原莉乃の役目はデカかった」2014/06/10

(注31 )松本人志が指原莉乃をベタ褒め、「本当に賢い」「頭良い」繰り返す。2015/03/21
指原莉乃 4人の大物おっさん相手に怪物ぶりを発揮 150321

(注32)指原莉乃、みのもんたのMC絶賛に「うれしいです!」 熱帯夜の心霊体験も告白 マイナビニュース 2017年3月7日

(注33)三村マサカズ「指原って頭いいよね」に指原莉乃が…2015年11月17日

(注34 )山里亮太が語る「AKB48・指原莉乃の才能」2011.07.07 (Thu)

(注35 ) 山里亮太「指原は実力で売れてる。一番しっかりしてるのは指原」2015年09月30日

(注36 )昌子、侍ジャパン菊池&山田から刺激!「チームを支える守備でみせてきたい」2017年3月17日スポーツ報知

(注37 ) 「指原莉乃の能力は非常に高い」とAKBINGO!プロデューサーが語る

(注38) 今田耕司、指原の"優秀ぶり"期待「松本さん陣内君も褒めてる。体感したい」2017/03/24]

(注39)大分市長「指原さんは謙虚でけなげなキャラクター」2013年06月17日

(注40 ) AKB映像センター #01~#12 OPトーク 10 8分過ぎ

(注41) 指原カイワイズ収録へ

(注42) 指原莉乃がAKB48選抜総選挙の司会の徳光さんにお礼。他2015年06月13日

(注43) 指原莉乃さん1位おめでとうございます!! 生放送も無事に終了!! ワンマンショー一生懸命作ります!! 2015年06月08日AKB48SHOWブログ

(注44) たけし 指原以外「顔分からない」2015.6.6

(注45) 「笑っていいとも!」の同窓会の幹事は指原莉乃 ファンは「出世したな」と驚き 2016年12月20日リアルライブ

(注46) 指原が滝行で裏切り?番組で罰ゲームのはずがCMの企画に(2014/11/09)
年賀はがきの話題で、 指原莉乃「お仕事でお世話になった人とかには毎年書いてますね」

(注47) 「アッコをAKB枠で」紅白出場の秘策に指原莉乃が毒づく(2016/12/18)

(注48) 安倍総理トーク反省会で南キャン山里が自己嫌悪(2016/05/01)

(注49) 古舘伊知郎がワイドナショー初登場で「人たらし」を発揮(2016/11/06)

(注50) 女子高生の北村優衣に指原莉乃が「なんで余計なこと言うの」(2016/06/26)

(注51) 有吉「指原は明るいのがいいからな」指原「顔とかじゃないんで」2014年09月06日

(注52) 柴田淳の出演した「今夜くらべてみました」指原SP回の反響がすごくて 2015/03/29

(注53) 指原莉乃、なぜ今年の総選挙が最後? 若手ファンからの言葉に「しんどい」2017/03/26 マイナビニュース

以上


指原莉乃に対する各界著名人、関係者の評価 170315

「指原莉乃のすべての関連記事」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加