AKB48 チームBのファンより

鈴木紫帆里さんを中心にAKB48 チームB について語るサイトです。

日刊スポーツ AKB48総選挙マニフェスト 柏木由紀 (KC)

2010-05-31 12:50:49 | チームB
日刊スポーツのHPによると、今日の総選挙マニフェストに登場しているのは、

HPによると:
お天気お姉さんで、ゆきりんをお楽しみに
...「まだ男性に本当の恋をしたこともないので、たとえ365日追いかけられても、写真誌にスキャンダルを撮られることはないですよ(笑い)」。まさにアイドルの申し子。31日は、朝は本紙連載で、昼はお天気お姉さんで出演する「ひるおび!」で、ゆきりんをお楽しみください。
こちらの写真が、いつもの柏木由紀と少しイメージが違うと感じた。

新聞に出てたことより抜粋すると:
メンバー内で最もアイドルを極めようとしている正統派
「生涯アイドル宣言します。40歳を超えてもアイドルと呼ばれる存在になります」と、松田聖子のようなカリスマになることを誓った。
「女優志望や歌手志望の人はたくさんいますので、私だけはアイドルの中のアイドルを極めさせていただきます。」

このブログは、柏木由紀については、二つの思い出がある。
一つ目は、ゆきりん推しである ユキともファン氏が見て感動したという公演。
こちらの記事から引用する。
――
2ndステップは、やはり昨年(2007年)の10月29日チームB会いたかった公演です。ファンとしては、書きづらいのですが、ユキリンの素晴らしさを実感した事件なので、あえて書かせてもらいます。

当日は、今回と同様、幸運により中央2列目の席をゲットできており、ステージに肉薄していました。
正直言って、AKBはステージと観客席がそもそも近すぎるので、従来から、こんな近接した距離で、こんなに若い女の子たちを凝視してよいのかという気後れ、罪悪感に似た気分を持っていたところ、なんと「背中から抱きしめて」の曲スタート同時に登場したユキリンの衣装のフロントジッパーがおそらく故障により全開状態だったのです。

下着、肌が完全にオープンになっていたのですが、この曲は、ユキリンの踊りと歌が無ければ、ステージ自体が成立しないものでした。
恥ずかしさをおして、勇気を持ってステージに臨んでいたと思われます。彼女は恥じらいや照れを見せることもなく、懸命に歌と踊りを演じ続けており、はじめはファンとしては見てはいけない、目をそらすべきかとも思いましたが、そうではない思い直しました。彼女が、プロ意識に徹して、根性を出して懸命に演じているのだから、逆に目をそらしてはファンとしては申し訳ない。
彼女の勇気が無になってしまうと思い、彼女のために見続けることとしました。そこにあったのは、いやらしさなど微塵も感じさせることのない、エネルギッシュで気高ささえ感じさせる女神でした。

私は、この時、ユキリンを絶対応援し続けること、ファンであり続けることを確信しました。冒頭のMCでの話にある、ただ綺麗、スタイルがいいというだけでない人間としての素晴らしさが彼女にはあります。
――

二つ目は、チームB3rdの公演で、柏木由紀のMCの話。さきほどリンクを貼った ユキともファン氏の記事よりまず引用する。

――
最後に、ユキリンがこのブログを読んでいるとは思えませんが、いつもステージで気になっている点をひとつ。自己紹介MCの冒頭でいつもユキリンが「ただいま公式モバイルサイトで私達に募集している質問にお答えしながら、一人一人自己紹介させてください。」と言っていますが(私は、何回か聞いてます。)、
私はいつも引っかかってしまいます。正確に言うと「公式モバイルサイトで募集している私達への質問にお答えしながら・・・」が正しいかと思います。
細かいこと、気にしてすみませんが、ユキリンには、今後、女優他芸能界で更に育っていってほしいので、あえてコメントしました。
――

この後で、ナッキー氏が柏木由紀にファンレターを書く → 柏木由紀のMCが変わる という顛末があるのだが、過去のブログの記事を調べきることができず、調べてリンクを載せます。

KC
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月30日朝日新聞書評 AKB48... | トップ | 日経新聞「春秋」に斉藤由貴... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。