バラク・オバマ大統領就任演説(その5)

英語生活ノおト 第4巻> 直読・直解の試み(「線香読みのすすめ」続編)> バラク・オバマ大統領就任演説(その5) 


バラク・オバマ大統領就任演説はこれで終わりです。おおよそ半分前後は訳したことになりますね。

So let us mark this day with remembrance, of who we are and how far we have traveled(だから、私たちが誰で、どれだけ遠くから旅してきたかを思い起こして、この日を心に刻みましょう). In the year of America's birth, in the coldest of months(建国の年、最も寒い季節に), a small band of patriots(愛国者の小さな一団は) huddled by dying campfires on the shores of an icy river(huddle = 身を寄せる:凍った川の岸辺で消えそうなたき火のそばで身を寄せ合いました). The capital was abandoned. The enemy was advancing(首都は見捨てられ、敵が進軍していました). The snow was stained with blood(雪は血に染まっていました). At a moment when the outcome of our revolution was most in doubt(革命の結果が最も危ぶまれたとき), the father of our nation ordered these words be read to the people(国民の父(ジョージ・ワシントン)はこの言葉を人々に読み聞かせるよう命じました ):

"Let it be told to the future world(未来の世界にこう語られるようにしよう)...that in the depth of winter, when nothing but hope and virtue could survive(極寒の中、希望と美徳しか生き残れなかったときに) . . . that the city and the country, alarmed at one common danger(共通の危険にさらされた都会と地方が)」, came forth to meet [it](それに立ち向かうために立ち上がったと)."

America(アメリカよ). In the face of our common dangers(共通の危険に直面した), in this winter of our hardship(この苦難の冬の時期に), let us remember these timeless words(時を超えたこの言葉を忘れないでいましょう). With hope and virtue(希望と美徳を持って), let us brave once more the icy currents(再びこの氷のように冷たい流れに勇敢に立ち向かい:current = 流れ), and endure what storms may come(いかなる嵐が来ようともそれに耐えようではありませんか). Let it be said by our children's children(そして、私たちの子孫にこう言われるようになりましょう) [that when we were tested we refused to let this journey end(試練にさらされたとき、私たちはこの旅を終わらせることを拒み)], [that we did not turn back nor did we falter(falter = たじろぐ:後戻りすることもたじろぐこともなく)]; and with eyes fixed on the horizon and God's grace upon us(地平線と神の恩恵をしっかり見つめ), we carried forth that great gift of freedom and delivered it safely to future generations(自由という偉大な贈り物を未来の世代に無事に届けたのだと).

Thank you. God bless you. And God bless the United States of America(有難う。神のご加護があなたの上に、またアメリカ合衆国の上にあるように).



注:以下の映像の1:53以降が本文の部分です。

Obama's Inaugural Speech, Part V



(初出2009年2月10日)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

バラク・オバマ大統領就任演説(その4)

英語生活ノおト 第4巻> 直読・直解の試み(「線香読みのすすめ」続編)> バラク・オバマ大統領就任演説(その4) 

演説フィナーレは中略無しに全文アップ。イントロと違い、やたらアメリカを褒め称え、アメリカ人を鼓舞する内容ですが、多民族国家のアメリカではここまでやらないと意思が統一できないのも本当です。日本の「日の丸」はいわば教え込まれたシンボルですが、「星条旗」は彼らが一致できるたった一つのシンボルでもあります。

Our challenges may be new(私たちの課題は新しいものかもしれません). The instruments with which we meet them(それに立ち向かう手段も) may be new(新しいかもしれません). But those values upon which our success depends(私たちの成功の可否を左右する価値) - hard work and honesty(正直さと勤勉), courage and fair play(勇気と公正), tolerance and curiosity(トレゥランス = 寛容と好奇心), loyalty and patriotism(忠誠心と愛国心 = パトゥリオッティズム) - these things are old. These things are true(いった価値観は古くからあるもので、真実です). They have been the quiet force of progress throughout our history(これらは米国の歴史を通じて、前進するための静かな原動力となってきました). What is demanded then(必要とされているのは) is a return to these truths(こうした真実に立ち返ることです). What is required of us now(今私たちに求められているのは、) is a new era of responsibility(新たな責任の時代です) - a [recognition](との認識), on the part of every American(米国人一人ひとりが), [that] we have duties to ourselves, our nation, and the world(自分自身、国、そして世界に対して義務を負っているという), duties that we do not grudgingly accept but rather seize gladly(そしてこの義務をいやいやではなく、喜んで引き受けること), firm in the knowledge(確信して) that there is nothing so satisfying to the spirit(なにも~ほど心を満たすものはありません), so defining of our character(米国人らしさを示すものはない), than giving our all to a difficult task(全力を尽くして困難な仕事に取り組むことほど).


This is the price and the promise of citizenship(これが市民であることの代償であり、約束です).


This is the source of our confidence(これが私たちの自信の源です) - the knowledge(と知ること) that God calls on us to shape an uncertain destiny(call on us = 求める:神が、定かではない運命に方向性を与えるように、私たちに求めている).

This is the meaning of our liberty and our creed(これが私たちの自由と信条の意味です) - why men and women and children of every race and every faith can join in celebration across this magnificent mall(あらゆる人種や信仰の男女や子供たちが、この巨大なモール(広場)に集まって祝うことができる理由), and why a man(そして男が) whose father less than sixty years ago might not have been served at a local restaurant(60年足らず前に地元のレストランで食事することを許されなかったかもしれない父親を持つ男が) can now stand before you to take a most sacred oath(今、極めて神聖な宣誓を行うために皆さんの前に立つことができる理由です).

注:以下の映像の1:39までが本文の部分です。

Obama's Inaugural Speech, Part V


(初出2009年2月1日)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

バラク・オバマ大統領就任演説(その3)

英語生活ノおト 第4巻> 直読・直解の試み(「線香読みのすすめ」続編)> バラク・オバマ大統領就任演説(その3)

演説のなかほどです、内政に関する細かい点はかなり端折ります。 


(中略)

For we know that our patchwork heritage is a strength, not a weakness(なぜなら、私たちのパッチワーク=多様性という遺産が弱点ではなく強みであることを、私たちは知っています). We are a nation of Christians and Muslims, Jews and Hindus - and non-believers(私たちの国は、キリスト教徒、イスラム教徒、ユダヤ教徒、ヒンズー教徒、そして無宗教の国家です). We are shaped by every language and culture, drawn from every end of this Earth(世界各地から集まった=drawnあらゆる言語と文化で形作られています); and because we have tasted the bitter swill of civil war and segregation(swill=先例、流れ。私たちは南北戦争や人種隔離という苦い経験もし), and emerged from that dark chapter stronger and more united(その暗い時代から抜け出して、より強く、より団結するようになったため), we cannot help but believe(どうしてもこう信じてしまいます) [that the old hatreds shall someday pass(かつての憎しみがいつか消え)]; [that the lines of tribe shall soon dissolve(民族を隔てる境界線もすぐになくなると)]; [that as the world grows smaller, our common humanity shall reveal itself(世界が小さくなるにつれ、共通の人間性が現れると)]; and [that America must play its role in ushering in a new era of peace(米国が新しい平和の時代を先導する役割を務めなければならないと)].

(中略)

To the Muslim world(イスラム世界に対しては), we seek a new way forward(新たな道を模索していきます), based on mutual interest and mutual respect(それは私たちは相互の利益と尊敬に基づくものです). To those leaders around the globe(世界中の指導者たちよ) who seek to sow conflict(紛争の種をまき), or blame their society's ills on the West(自らの社会の悪を西洋のせいにする指導者たちよ) - know(知るべきです) that your people will judge you on what you can build, not what you destroy(あなたが壊すものではなく、あなたが築くことができるものによってあなたを判断する、ということを). To those who cling to power through corruption and deceit and the silencing of dissent(silencing of dissent = 異論を沈黙化する:腐敗、偽り、そして異論を封じることによって権力にしがみつく者たちは), know that you are on the wrong side of history(自分たちが歴史の誤った側にいることを知るべきですし); but(notが省略されたnot~but~構文) that we will extend a hand if you are willing to unclench your fist(そして握ったそのこぶしを開くのならば、私たちが手を差し伸べることも知るべきです).


(中略)


As we consider the road that unfolds before us(目の前に開ける道を考えるとき), we remember with humble gratitude those brave Americans (謙虚な感謝の気持ちを持って、勇敢な米国人のことを思い起こします)who, at this very hour, patrol far-off deserts and distant mountains(彼らは今この瞬間もはるかかなたの砂漠や遠く離れた山をパトロールしています). They have something to tell us today(彼らは私たちに何かを語りかけています), just as the fallen heroes who lie in Arlington whisper through the ages(ちょうどアーリントン墓地に眠る、亡くなった英雄たちが時代を超えてささやきかけるように). We honor them(私たちは彼らを誇りに思うが) not only because they are guardians of our liberty(それは彼らが私たちの自由を守ってくれているからだけでなく), but because they embody the spirit of service(彼らが奉仕の精神を体現しているからでもあります); a willingness to find meaning in something greater than themselves(つまり自分自身よりも大きな何かに意味を見出そうとする意志). And yet(そしてこの時), at this moment - a moment that will define a generation(ひとつの世代を定義付けようとするこの時に) - it is precisely this spirit that must inhabit us all(inhabit = 「に」宿る:私たちが持たなければならないのは、まさにこの精神なのです).

注:以下の映像の1:33以降が本文とほぼ重なります。

Obama's Inaugural Speech: Part IV



(初出2009年1月31日)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

バラク・オバマ大統領就任演説(その2)

英語生活ノおト 第4巻> 直読・直解の試み(「線香読みのすすめ」続編)> バラク・オバマ大統領就任演説(その2) 


すこし尊大さ、傲慢さが見え隠れしてきました…

(中略)

We remain a young nation(我々は若い国ですが), but in the words of Scripture(聖書の中の言葉で言えば), the time has come to set aside childish things(子供じみたことを脇へおくべき時が来ました). The time has come(時が来ました) to reaffirm our enduring spirit(我々の不朽の魂を再確認し); to choose our better history(より良い歴史を選び); to carry forward that precious gift, that noble idea(この貴重な贈り物、この崇高な考えを前進させる時が), passed on from generation to generation(世代から世代へ受け継がれてきた): the God-given promise(それは神から与えられた約束、つまり) that all are equal, all are free(すべての人々は平等で、自由であり), and all deserve a chance to pursue their full measure of happiness(最大限の幸福を追求する機会に値する、という).

In reaffirming the greatness of our nation
(この国の偉大さを再確認する中で), we understand that greatness is never a given(我々はその偉大さは決して与えられるものではないと理解しています). It must be earned(それは勝ち得なければならないものです). Our journey has never been(我々の旅はそのようなものではなありませんでした) one of short-cuts or settling for less(近道や妥協の一つのような). It has not been the path for the faint-hearted - for those who prefer leisure over work(憶病者や、勤労より娯楽を好むような), or seek only the pleasures of riches and fame(富と名声の喜びだけを求める者の旅路のような). Rather, it has been the risk-takers(それはむしろ、リスクを取る者), the doers(行動するもの), the makers of things(物作り) -(そのような人のものではなかったでしょうか) some celebrated but more often men and women obscure in their labor(著名な者もいましたが、それよりも多い、目立たない(オブスキュア)労働に従事し), who have carried us up the long, rugged path towards prosperity and freedom(繁栄と自由のために長く険しい道をのぼってきた男女(の旅)).

For us
(我々のために), they packed up their few worldly possessions(彼らはワールドリィ:驚くほど、少ない持ち物を詰めて) and traveled across oceans in search of a new life(新しい生活を探し求めて海を渡しました).

For us, they toiled in sweatshops
(彼らは私たちのために工場で汗を流して働き) and settled the West(西に居住しました); endured the lash of the whip(鞭打ちに耐え) and plowed the hard earth(固い土地を耕しました).

For us, they fought and died, in places like Concord and Gettysburg; Normandy and Khe Sahn
(我々のために、彼らは、コンコルドやゲティスバーグ、ノルマンディやケサンといった土地で戦い、亡くなりました).

Time and again these men and women struggled and sacrificed
(何度となく、これらの男女が奮闘し、犠牲を払い) and worked till their hands were raw(手がヒリヒリ痛むまで働きました) so that(だからこそ) we might live a better life(我々はより良い人生を生きています). They saw America as bigger than the sum of our individual ambitions(彼らは、アメリカを我々個人の大きな望みの集まりよりも大きいものとして見ていました); greater than all the differences of birth or wealth or faction(誕生や富や党派のすべての違いよりも偉大なものとして).

注:以下の映像の冒頭は(1)で途切れた分、0:25から2:25が本文の部分となります。

Obama's Inaugural Speech: Part II



(初出2009年1月28日)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

バラク・オバマ大統領就任演説(その1)

英語生活ノおト 第4巻> 直読・直解の試み(「線香読みのすすめ」続編)> バラク・オバマ大統領就任演説(その1) 


カタカナ発音解説

広島でのスピーチで原稿に自分で手を入れていることが明らかになったオバマ大統領です。広告代理店に丸投げのどなたかとは違います。多分、そのどなたかは自分で文章書けないんでしょう。

以下、直読性を向上させるため順次改定していきます。

My fellow citizens:

I
(私はいま、ここに立っています) stand here today humbled(謙虚にさせられる) by the task before us(私の前の任務によって), grateful(感謝して) for the trust(信頼に) you have bestowed(皆さんがビストウド:授けた), mindful(心に留めて) of the sacrifices(犠牲を) borne(《bear》の過去分詞:担われた) by our ancestors(私たちの先祖によって). I thank President Bush(私はブッシュ大統領に感謝します) for(のゆえに) his service to our nation(彼のわが国への貢献), as well as(そしてまた) the generosity and cooperation he has shown(彼が示した寛容と協力) throughout(を通じて) this transition(この移行期間).

Forty-four Americans have now taken the presidential oath(これで44人の米国人が大統領の宣誓をしました。オウス:宣誓). The words have been spoken(宣誓の言葉は語られたこともあれば) during rising tides of prosperity(潮が満ちる繁栄のなかで) and the still waters of peace(水面が穏やかな平和時に読まれたこともあります). Yet(しかしながら), every so often(時には) the oath is taken(宣誓は行われました) amidst(のただ中で) clouds(たれこめる暗雲や) and raging storms(ゥレイジング:荒れ狂う嵐). At(にも) these moments(これらの時々), America has carried on(アメリカは存続してきました) [not] simply because of(単にゆえにではなく) the skill or vision of those in high office(指導者たちの技量や洞察力のため), [but](むしろ) because We the People(我ら人民が) have remained faithful(忠実であった) to the ideals of our forbearers(フォビアゥラアズ:先人の理想に対し), and true(真摯であった) to our founding documents(建国の文書に).

So
(のように) it has been(そうであった). So(同じように) it must be(そうでなければなりません) with(の場合も) this(この) generation(世代) of(の) Americans(アメリカ人).

[That we are in the midst of crisis
(我々が危機の真っ只中にあることは)] is now well understood(今十分に理解されています). Our nation is at war(我が国は戦争状態にあります), against a far-reaching network of violence and hatred(暴力とヘイドゥレッド:憎しみの広大なネットワークに対し). Our economy is badly weakened(我々の経済は非常に弱っています), a consequence of greed and irresponsibility(グゥリード:貪欲さと無責任さの結果) on the part of some(ある人々の), but also our collective failure(また我々全体の失敗の結果) to make hard choices and prepare the nation for a new age(厳しい決断をして、国を新しい時代に備えさせることへの). Homes have been lost(家は失われ); jobs shed(シェド(変化せず):こぼす、落とすの意、仕事は減り); businesses shuttered(会社は閉鎖され). Our health care is too costly(我々の医療は高すぎるし); our schools fail too many(我々の学校は失敗しすぎています); and each day brings further evidence(待日我々は証拠を突きつけられています) that the ways we use energy strengthen our adversaries(我々のエネルギーの消費の仕方は敵を強化しているという) and threaten our planet(地球を脅かしているという).
(中略)

Today I say to you(私はあなた方に伝えます) [that the challenges we face] are real(我らが直面する難問は現実です). They are serious(それらは深刻で) and they are many(多い).

They will not be met easily
(《metはmeetの過去分詞》:克服される、それらは簡単には克服されない) or in a short span of time (あるいは短い期間では). But
(しかしながら) know this, America(アメリカよ知りなさい) - they will be met(それらは克服されるということを). On this day, we gather because(今日われわれは集まりました、なぜならば) we have chosen hope over fear(恐れより希望を選び), unity of purpose over conflict and discord
コンフリクト:闘争、ディスコード:不一致、対立や不一致よりも目的の結束を選んだ).

注:以下の映像では本文の最後のほうがすこし途切れます。

Obama's Inaugural Speech: Part I



(初出2009年1月9日)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ブレーカーを落とす、マイカーは使わない

阪神淡路大震災から20年たち、ここにきていろんな調査がまとまったようです。(【NHKスペシャル】「震度7 何が生死を分けたのか~埋もれたデータ 21年目の真実~」(NHK総合・2016/1/17放送)など。

死者数6,434人の内、当日の死亡は5,191人、即死や圧迫死で1時間以内になくなった方は3,842人ほど、一時間後にまだ911人が生存、5時間後にはまだ477人が生存していました。残りのほとんど1,000人以上は24時間以内に死亡しています。

また285件も火災が発生しましたが、そのうちなんと通電火災といって停電から復旧したことによる火災(ブレーカーの落とし忘れによるもの)が40パーセント、渋滞と断水によりほとんど消化救援活動が手につかないままほぼ一日が経過、各地から応援に駆けつけた消防車、救急車の多くは当日の夜遅くになってやっと現地に到達する有様、その時点で救助できたはずの犠牲者はほぼ全員死亡、消防士の方々はたとえようもなく悔しい思いをなされたそうです。救助に間に合わず「人殺し」とののしられた消防隊員もいらっしゃったそうです。土下座して誤った消防隊員もいました。

さて、渋滞を引き起こした理由のうち20パーセントがマイカーによる「安否確認」という結果が出ています。つまり不要不急といっては差支えがあるかも知れませんが、命に直結しているとは思われません、むしろ自分が車で行動することが多くの命を奪ったことになります。

「ブレーカーを落とす、マイカーは使わない」、都市型の震災の場合、この二つを守ることにより、多くの命が救われるかもしれません。ブレーカーの場合「感震ブレーカー」に交換するなど物理的な手段も可能ですが、マイカーを使う、使わないは個人の意識にゆだねられています。「自分が車で行動することが多くの命を奪いかねない」、そういう認識がいま一番必要とされているのではないでしょうか。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

直読直解 Obama's speech in HIROSHIMA(オバマ大統領の広島スピーチ)その3

英語生活ノおト 第4巻> 直読・直解の試み(「線香読みのすすめ」続編)>  直読直解 Obama's speech in HIROSHIMA(オバマ大統領の広島スピーチ)その3


これで終わり。

We can chart a course(私たちは道のりを描くことができます) that leads to the destruction of these stockpiles(これらの核兵器をなくす), we can stop the spread to new nations(私たちは新たな
(核兵器の)拡散を止め), and secure deadly materials from fanatics(狂信者から核物質を守ることができます). And yet that is not enough(これだけでは十分ではありません), for we see around the world today how even the crudest rifles and barrel bombs(原始的なライフルや「たる爆弾」ですら) can serve up violence on a terrible scale(非常に大きな規模での暴力をもたらせるからです).

We must change our mindset about war itself
(私たちは戦争自体に対する考え方を変えなければいけません) -- to prevent conflicts through diplomacy(外交を通じて紛争を防ぎ) and strive to end conflicts after they've begun(始まってしまった紛争を終わらせる努力をする); to see our growing interdependence(相互依存が深まっていることを) as a cause for peaceful cooperation(平和的な協力の名分にする) and not violent competition(暴力的な競争ではなく); to define our nations(国家を定義する) not by our capacity to destroy(破壊する能力ではなく) but by what we build(何を築けるかで). And perhaps above all(そして何よりまして) we must reimagine(私たちは再び想起しなければなりません) our connection to one another as members of one human race(人類の一員としてお互いのつながりを) -- for this too is what makes our species unique(このつながりこそが我々を人類たるものにしているからです).

We're not bound by genetic code
(私たちは遺伝子で決められているわけではありません) to repeat the mistakes of the past(過去の失敗を繰り返すように). We can learn. We can choose(私たちは学ぶことができます。選ぶことができます). We can tell our children a different story(子どもたちに違う物語を伝えることができます), one that describes a common humanity(共通する人間性を説明し), one that makes war less likely and cruelty less easily accepted(戦争が起こりにくく、残虐性が簡単には受け入れられないようにする物語です).

We see these stories in the Hibakusha
(被爆者の方たちの話から、それらが分かります): the woman who forgave a pilot(パイロットを許した女性がいました) who flew the plane that dropped the atomic bomb(原爆を落とした爆撃機を操縦したパイロットを) because she recognized(それは彼女が気付いたからです) what she really hated was war itself(自分が本当に嫌悪しているのは戦争そのものだと); the man who sought out families of Americans killed here(広島で殺された米国人の家族を捜し出した男性がいました) because he believed(なぜなら彼は確信していたからです) their loss was equal to his own(その米国人たちの喪失感は彼自身のものと同じだと ).

My own nation's story began with simple words
(私の国の物語は
(独立宣言の)簡単な言葉で始まります ): "All men are created equal(「すべての人類は平等に創造され、), and endowed by our Creator(創造主によって与えられている) with certain unalienable rights(奪うことのできない権利を), including life, liberty and the pursuit of happiness(それは生命、自由、幸福追求の権利である)."

Realizing that ideal has never been easy
(その理想を実現することは、決して簡単ではありません), even within our own borders, even among our own citizens(米国内や米国民の間であっても、). But staying true to that story(しかし、その物語にあくまでも忠実であろうとすることに) is worth the effort(価値があります). It is an ideal to be strived for(それは努力しなくてはならない理想であり), an ideal that extends across continents and across oceans(大陸と海をまたぐ理想です).

The irreducible worth of every person
(全ての人のかけがえのない価値です), the insistence that every life is precious(全ての人命は貴重であるということです), the radical and necessary notion(根源的で不可欠な考え方です) that we are part of a single human family(私たちは一つの家族の一部であるという): that is the story that we all must tell(それが私たちが伝えていかなくてはならない物語です).

That is why we come to Hiroshima
(だからこそ私たちは広島に来るのです), so that(それによって) we might think of people we love(私たちは、愛する人たちに思いをはせます), the first smile from our children in the morning(朝一番の子供たちの笑顔), the gentle touch from a spouse over the kitchen table(食卓での配偶者との優しい触れ合い), the comforting embrace of a parent(親の心地よい抱擁).

We can think of
(考えることができます) those things and know(知ることになります) that those same precious moments took place here 71 years ago(そうしたかけがえのない瞬間が71年前のここにもあったのだと). Those who died(亡くなった方々は), they are like us(私たちと全く変わらない人たちでした).

Ordinary people understand this
(普通の方々はこうしたことを理解できると思います), I think. They do not want more war(彼らの誰もがこれ以上、戦争を望んでいません). They would rather(むしろ~考えています) that the wonders of science be focused on improving life(科学の驚異をもっと人生を豊かにすることに役立ててほしいと) and not eliminating it(命を奪うのではなく).

When the choices made by nations
(国家が選択をするとき), when the choices made by leaders(国家の指導者が) reflect this simple wisdom(このシンプルな英知をかえりみて選択すれば), then the lesson of Hiroshima is done(広島から教訓を得られたと言えるでしょう).

The world was forever changed here
(世界はここで永遠に変わってしまいました), but today the children of this city will go through their day in peace(しかし、広島の子供たちは平和に日々を送っていくでしょう). What a precious thing that is(なんと価値のあることでしょうか). It is worth protecting(それこそが守る価値があり) and then extending to every child(全ての子供たちに広げていくべきものです).

That is a future we can choose
(これこそが、私たちが選択できる未来です), a future in which Hiroshima and Nagasaki are known(広島と長崎が知られるべき) not as the dawn of atomic warfare(核戦争の夜明けではなく), but as the start of our own moral awakening(私たちの道義的な目覚めの始まりとして)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

直読直解 Obama's speech in HIROSHIMA(オバマ大統領の広島スピーチ)その2

英語生活ノおト 第4巻> 直読・直解の試み(「線香読みのすすめ」続編)>  直読直解 Obama's speech in HIROSHIMA(オバマ大統領の広島スピーチ)その2


That is why we come to this place(これが私たちが広島を訪れる理由です). We stand here in the middle of this city(この広島の中心に立つと) and force ourselves to imagine the moment the bomb fell(爆弾が投下された瞬間を想像させられます). We force ourselves to feel(感じます) the dread of children confused by what they see(混乱した子供たちが抱いた恐怖感を).

We listen to a silent cry
(声にならない叫びを聞きます). We remember all the innocents killed(罪のない犠牲者に思いをはせます) across the arc(一連の~による) of that terrible war(むごたらしい戦争), and the wars that came before(これまで起きた戦争), and the wars that would follow(これから起こるかもしれない戦争).

Mere words cannot give voice to such suffering
(言葉だけでは、このような苦しみを表すことはできません). But we have a shared responsibility(私達は責任を共有してきました) to look directly into the eye of history(正面からこの歴史に向き合い) and ask what we must do(問う責任を) differently to curb(繰り返さない) such suffering again(このような苦しみを再び).

Some day
(いつの日か) the voices of the Hibakusha will no longer be with us to bear witness(証言をする被爆者の声を聞くことができなくなります). But the memory of the morning of August 6, 1945 must never fade(しかし、1945年8月6日朝の記憶は決して消してはいけません). That memory(その記憶があるからこそ) allows us to fight complacency(安心感と戦う=現状に満足せず). It fuels(向上が促され) our moral imagination(道義的な想像力の), it allows us to change(変われるのです).

And since that fateful day
(あの運命の日以来) we have made choices that give us hope(私たちは希望をもたらす選択を行ってきました). The United States and Japan forged not only an alliance(米国と日本は同盟を築いただけでなく), but a friendship(友情をはぐくんできました) that has won far more for our people that we can ever claim through war(それは戦争よりもはるかに人々にとって有益でした).

The nations of Europe
(欧州の国々は) built a union that replaced battlefields(戦場に代わって連合を作りました) with bonds of commerce and democracy(貿易と民主主義の結びつきによって). Oppressed peoples and nations(抑圧された人々や国家は) won liberation(自由を勝ち取ってきました). An international community established institutions and treaties(国際社会は~を求めた機構や条約を設けてきました) that worked to avoid war(戦争を避け) and aspired(求めた) to restrict and roll back and ultimately eliminate the existence of nuclear weapons(核兵器を規制、削減し、最終的には廃絶することを).

Still, every act of aggression between nations
(すべての国家間の侵略行為や), every act of terror(テロ行為) and corruption(腐敗) and cruelty and oppression(残虐行為、そして抑圧は) that we see around the world(私たちが世界で目にするものであり) shows our work is never done(私たちの仕事がまだ終わっていないことを示しています). We may not be able to eliminate man's capacity to do evil(私たちは悪を行う人類の能力をなくすことはできないかもしれません), so(だから) nations and the alliances that we formed(私たちが築いた国家や同盟は) must possess the means to defend ourselves(私たち自身を守る手段を持たなければなりません).

Among those nations like my own that hold nuclear stockpiles
(我が国のように核兵器を持っている国は), we must have the courage(勇気を持たなくてはいけません) to escape the logic of fear and pursue a world without them(恐怖の論理から脱し、核兵器のない世界を目指す). We may not realize this goal in my lifetime(私が生きているうちに、この目標を達成することはできないかもしれませんが), but persistent effort can roll back the possibility of catastrophe(たゆまない努力で破滅の可能性を少なくすることはできます).
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

直読直解 Obama's speech in HIROSHIMA(オバマ大統領の広島スピーチ)その1

英語生活ノおト 第4巻> 直読・直解の試み(「線香読みのすすめ」続編)>  直読直解 Obama's speech in HIROSHIMA(オバマ大統領の広島スピーチ)その1

久しぶりの直読直解の試みです。3~4回に分けて全文掲載の予定です。以前、Article 9 is a treasure of the world(憲法九条は世界の宝)で試みましたが、既に発表されている和訳を出来る限りそのまま英文の中に織り込みました。直読直解性を高めるため、従来ほど細かく分解しておりません、どこまで英文と日本文を同時に生かすことが出来るでしょうか。
文節単位ということでは英語生活ノおト 第3巻>の「線香読みのすすめ」に近いですが、一切説明を加えていないので、やや中級者向きです。 


Seventy-one years ago, on a bright cloudless morning, death fell from the sky(空から死が降ってきて) and the world was changed(世界が変わりました). A flash of light(閃光
(せんこう)と) and a wall of fire(炎の壁が) destroyed a city(この街を破壊し) and demonstrated(示しました) that mankind(人類が) possessed(手に入れたことを) the means to destroy itself(自分自身を破壊する手段を).

Why do we come to this place, to Hiroshima
(私たちはなぜここ広島に来るのでしょうか)? We come to(ために来ます) ponder(「じっくり」考える) a terrible force unleashed(恐ろしい力が解き放たれたことを) in the not so distant past(それほど遠くない過去に). We come to(ために来ます) mourn the dead(死者を悼む), including over 100,000 Japanese men, women and children, thousands of Koreans and a dozen Americans held prisoner(捕虜).

Their souls speak to us. They ask us
(語りかけてきます) to look inward(心の内を見て), to take stock of(振り返る) who we are(私たちは何者なのか) and what we might become(私たちはどのようになれるのか).

It is not the fact of war
(戦争という事実ではありません) that sets Hiroshima apart(広島を際立たせているのは). Artifacts(人間が作った道具は) tell us(教えてくれます) that violent conflict(暴力的な紛争が) appeared(行われてきたことを) with the very first man(最初の人類さえ). Our early ancestors(先祖は), having learned to make blades from flint(石から刃物を) and spears from wood(木から槍「やり」を), used(使ってきました) these tools(これらの道具を) not just for hunting(ただ単に狩りをするためでなく) but against their own kind(人間に対しても).

On every continent
(どの大陸においても) the history of civilization(文明の歴史は) is filled with war(戦争に満ちています), whether driven(から戦争が起こり) by scarcity of grain(食料不足) or hunger for gold(黄金への渇望), compelled by nationalist fervor(民族主義的) or religious zeal(宗教的な熱狂). Empires have risen and fallen(帝国が台頭し、衰退してきました), peoples have been subjugated and liberated(人々は支配され、解放されてきました), and at each juncture(その時々で) innocents have suffered(罪のない人々が苦しみ) -- a countless toll(数えきれない), their names forgotten by time(名前は時とともに忘れ去られました).

The World War
(世界大戦) that reached its brutal end(残虐的な終わりを迎えた) in Hiroshima and Nagasaki was fought(戦われました) among the wealthiest and most powerful of nations(最も豊かで強い国々の間で). Their civilizations(その文明は) had given(生み出してきました) the world great cities and magnificent art(すばらしい美術). Their thinkers(思想家は) had advanced ideas(進んだ考えを見いだしてきました) of justice and harmony and truth(正義や調和、真実という), and yet the war grew out of the same base instinct(同じ根本から戦争は起きてきました) for(という) domination or conquest(支配、征服を欲する本能) that had caused conflicts among the simplest tribes(最も単純な部族同士の紛争の原因のように), an old pattern(古いパターンが) amplified by new capabilities(新しい能力により増幅されて) and without new constraints(制約が働くことなく).

In the span of a few years
(ほんの数年間で) some 60 million people(6000万人) would die: men, women, children -- no different than us(私たちと全く変わらない人たち), shot, beaten, marched, bombed, jailed, starved(飢餓に苦しみ), gassed(毒ガスにより) to death(亡くなりました ).

There are many sites
(施設がたくさんあります) around the world that chronicle this war(この戦争を記録している) -- memorials(記念碑は) that tell stories(物語を伝え) of courage and heroism(勇ましさや英雄), graves(墓地) and empty camps(収容所の跡) that echo(こだまさせる) of unspeakable depravity(言い表せないほどの恐ろしい行為).

Yet
(しかし) in the image(姿は) of a mushroom cloud that rose into these skies(この空に上がったキノコ雲), we are most starkly(最も明確に) reminded(想起させます) of humanity's core contradiction(人類が抱える矛盾) -- how the very spark(能力や) that marks us as a species(我々を人類として際立たせる), our thoughts(思想), our imagination(想像), our language(言語), our tool making(道具作りや), our ability(能力) to set ourselves apart from nature(人類が自然界から離れ) and bend it to our will(自然を従わせる) -- those very things(これらの能力は) also give us the capacity(生み出したのです) for unmatched destruction(比類のない破壊力).

How often
(どのくらい) does material advancement(物質的な進歩や) or social innovation(社会の革新) blind us to this truth(こうした真実を隠してしまっている)? How easily do we(私たちはどれだけ簡単に) learn to justify(正当化してしまっている) violence(暴力を) in the name of some higher cause(崇高な理由によって)?

Every great religion
(すべての偉大な宗教は) promises a pathway(道を説いています) to love and peace and righteousness(愛や平和、公正さにいたる). And yet(が、) no religion(どの宗教も~ない) has been spared from(免除されることは) believers(信者から) who have claimed their faith has a license to kill(信仰の名のもとに人を殺す).

Nations arise
(国は台頭しました) telling a story(という物語を語り) that binds people together(人々が団結する) in sacrifice and cooperation(犠牲や協力によって), allowing for(許した) remarkable feats(偉大な成果を), but those same stories(その同じ物語は) have so often been used to(使われてきました) oppress(虐げたり) and dehumanize(非人間的に扱ったりすることに) those who are different(自分とは違う他者). Science allows us(科学によって我々は出来る) to communicate across the seas(海を越えてコミュニケーション), fly above the clouds(雲の上を飛ぶ), to cure disease(病気の治療) and understand the cosmos(宇宙の解明). But those same discoveries(宇宙の解明) can be turned into(なり得る) ever more efficient killing machines(効率的に人を殺す機械).

The wars of the modern age teach us this truth
(近年の戦争は私たちにこうした真実を伝えています). Hiroshima teaches this truth(広島も同じ真実を伝えています). Technological progress(技術の進歩) without(無しの) an equivalent progress(同時の進歩) in human institutions(人間社会) can doom us(我々を破滅させる可能性があります). The scientific revolution(科学の革命) that led to the splitting of an atom(原子を分裂させた) requires a moral revolution as well(私たちに道徳的な進歩も要求しています).
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

母音、子音、音節のはなし

何度か「英語の音声の基本パターンは子音+母音+子音で、日本語は子音+母音が基本」という話はしており、わかっていることを前提に話を進めていたきらいがありますが、調べてみるとまったく解説していないことが判明。おそまきながら…

さて、母音と子音ですが、口を開いて発声するものが母音、閉じて発声するものが子音、別の言い方をすれば「あいうえお」は母音、それ以外はすべて子音です。たとえば「て」という音ですが、ローマ字表記するとtetという子音とeという母音から成り立っています。音節には様々な定義がありますが、非常に雑駁に行ってしまうと「一つの母音を中心とした一連の音の集まり」です。先ほどの「て」ですが、子音一つと母音一つで成り立っていますので、これで一音節です。

ここからが英語の音声と日本語の音声の比較ですが、まずgapという言葉で見てみましょう。英語の場合はgという子音、aという母音、pという子音、これでひとまとまりですので、子音+母音+子音の一音節の言葉です。英語の基本パターンですね。日本語風に発声してみるとどうでしょうか?「ギャップ」、ローマ字表記にしてみるとgappu、母音が二つ含まれていますね、ですから子音+母音、子音+母音の二音節。

極端な例ではturtle。英語では母音が一つのため一音節(最後のeは発音しないため)ですが、日本語では「タートル」、taatoru、なんと母音が三つも含まれていますので三音節になってしまいます。

ギャップ、タートルとも原語にはない母音が日本語では含まれてしまいます。「ん」以外子音で終わることはまずありません。必ずと言っていいほど子音は母音を伴います。だからどうしても音節が多くなってしまいます。

こう説明すると先日のミュージシャンから見た英語と日本語の違いがご理解いただけるのではないでしょうか。またいかに英語らしく発音するか、聞こえさせるかの4)、「日本語は必ずと言っていいほど子音+母音で構成されますが、英語の場合子音のみで終わる場合が多い。なんとか(意識して)母音を発音しない努力が必要、たとえばtはtoではなく、しいて言えばトゥ」もお分かり頂けると思います。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ミュージシャンから見た英語と日本語の違い

英語生活ノおト 第3巻> 英語の発音> ミュージシャンから見た英語と日本語の違い


テレビをつけたら、たまたま関ジャム。吉川晃司さんと古田新太さん、サンドイッチマンがゲスト。なぜあんなに崩して歌うのかという質問への吉川晃司さんの答えと古田新太さんのフォローが興味深いものでしたので要約をアップ。

吉川さんによると英語は音が続くのでグルーヴ感が出しやすいが、日本語は音が区切れるためグルーヴ感が出にくい。そこで自分としては歌詞をある程犠牲にしてもグルーヴ感重視で崩して音を繋げている。聴き取り難いのは十二分承知。歌詞カードを参考にして欲しい(笑)

それに対する古田さんのフォローが素晴らしい。音符一つに対し英語は一語だけど日本語は一音、そこが日本語で洋楽を歌う難しさだと。

なるほど。

このブログでも以前「英語の音声の基本パターンは子音+母音+子音ですが、世界の言語はそうとは限らない。日本語は子音+母音が基本ですので、おおむね母音で終わりますし、イタリア語やスペイン語も語尾が母音で終わることが多い。じっさいスペイン系の人は日本人に近い英語の発音をすることがあります。」(変わりつつある英語の世界(続々))などと書いたことがありますが、「音が区切れる」、「音符一つに対し一音」のは実は、この、日本語の子音+母音の基本構造にあります。

例を挙げてみましょう。


の部分確かに一音一音符ですね。これを英語に直すと、単純にFlowers of Apple Treesじゃあ、音符4つにしかならず、やむを得ずIt blew in the wind and apple blossomてな風に語数を増やすというか、まったく別の歌詞を当てるとか、大変なことになります。スローな曲ですので日本語がうまく乗っかっていますが、吉川晃司さんのようなアップテンポの曲は確かに大変だろうな、と思います。

「音符一つに対し一音」か、いい話を聞きました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

えーご弁語彙追加

弘法にも筆の誤り  Even Homer sometimes makes nods [ノッズ]. ノッズはノッド、チョンボとか動揺の複数形。ホーマーは『イーリアス』と『オデュッセイア』で有名なホメロスの英語読み。映画NANAで伊藤由奈扮するTRAPNESTのボーカル、レイラが珍しく演奏をミスった蓮(松田龍平)にかけた言葉。どう見ても東洋人の伊藤由奈の完ぺきな英語に度肝を抜かれたの、ふと思い出しました。それにしてもよく似ていますね。「弘法にも筆の誤り」という成句の成立時期が不明ですが、近年のものだとすると「ホメロスにさえ駄作はある」を翻訳した可能性さえありそうな。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「スポットライト 世紀のスクープ」の舞台

「スポットライト 世紀のスクープ」見ました。以前住んでいたボストンが舞台。

ボストンが舞台の映画は以前には1994年のジェフ・ブリッジス主演の「ブローン・アウェイ」がありました。これはボストンで見ました。ジェフ・ブリッジスは「キングコング」にも出ていましたし、大変多くの映画で主役級を務めている割には『ハリウッドで最も過小評価されている俳優』に選ばれり、「クレージーハート」でやっとアカデミー主演男優賞を受賞しています、その時おん年既に60歳でした。

さて、「ブローン・アウェイ」の場合には、なんだあそこで撮っているのかという親近感でしたが、20年たった「スポットライト 世紀のスクープ」は、今となっては懐かしい風景がふんだんに登場、おもわず何度かクスッと。

何度か映し出されたプルーデンシャル・センター(右)とジョン・ハンコック・タワー(左、独立宣言に署名したジョン・ハンコックの祖先が設立した保険会社のビル、ついでにプルーデンシャルも保険会社)。ボストンは平地で、風致保存地区も多く高い建物がないため、遠くからでもこの二つのビルは目立ちます。カーナビなど無い時代、遠方からボストンに戻るにはこの二つのビルを目印にしたものです。若干ジョン・ハンコック・タワーの方が高いですが、プルーデンシャルの展望階は360度見渡せるのに対し、切り口が三角形のジョン・ハンコック・タワーの一片は展望できるように作られていません。(写真は家にあったポスターから拝借)


コプレイ・スクェアのトリニティ・チャーチとボストン・パブリック・ライブラリ(ここのシーンは結構多かった)、チャールズ川沿いの道路であるストロー・ドライブ、オールドサウス・ミーティングハウス(旧オールドサウス・チャーチ)の隣には勤め先があったオールドサウス・ビルディング、その向こうには大観光スポットのオールド・コーナー・ブックストア。チャールズ川沿いのバックベイ(というか、多分フェンウェイ・パークの裏あたり)はよく散策しました。当然フェンウェイ・パークもばっちり。あのグリーン・ジャイアントも。スポットライトというコーナーの主幹ロビー(バットマン俳優のマイケル・キートン)の出身校はBC校、明らかにアメリカン・フットボールの名門校ボストンカレッジ。

アメリカより帰国後、イギリスのケント州に旅行したとき、何故ボストンやその近郊がニューイングランドと呼ばれるか、やっとわかりました。町並みや田舎の風景がイギリスと大変似ています。故郷をしのんで同じような町並みを作ったのでしょう。

残念ながらボストングローブは購読していませんでしたので、スポットライトというコーナーは知りませんでした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

これだけ覚えればもう文型は忘れてもいい

英語生活ノおト 第3巻> 超実践英文法> 

以下のたった25動詞で第2、第5文型を取る動詞はすべて網羅、第4文型を取る動詞も主なものは含みます。ゴマンとある動詞の残りは単純な自動詞か他動詞。さあ、もう、文型は忘れて、丸暗記してください。きっと役に立ちます。



Mary asked John a favor.
He appeared well.(彼は調子が良さそうだった)

He became sick.
I believe him (to be) a honest man.(彼が正直者だと信じている)
My aunt bought me a dictionary.

My husband always cooks me a breakfast.

They elected him chairperson.(彼らは彼を議長に選んだ)

I found him (to be) a good husband.(彼はいい亭主だとわかった)

I gave John a book.
The tree grew [グゥルー] thin.(その木はやせこけた:grewgrowの過去形)
He got angry.

I will have somebody take care of your bags.(誰かに貴方のカバンの面倒を見させる=誰かに貴方のカバンを預けよう)

This book is five dollars.

Don't leave the light on.(灯りをつけたままにしないで下さい)
She looks very busy.

She made her daughter a new dress.
You make me very mad.(貴方は私を怒らせる=頭にくる)

Mary named the dog Poppy.(メアリーは犬をパピーと名付けた)

John showed Mary a letter.
This eraser smells nice.(この消しゴムはすてきな匂いがします。)
That sounds teriffic. [テゥリフィック](それは素晴らしく聞こえる=素晴らしい)

This chicken tastes too spicy [スパイスィー].(このチキンは辛すぎます。)
I think him (to be) an honest man.(彼は正直な人だと思う)

Please write me a letter.

それぞれどの文型か、どうしても知りたい方は英語の文型のまとめ - 文型ごとの主な動詞をご覧ください。収録動詞は同じです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コマンド・プロンプトとドット・プロンプト

コマンド・プロンプトってご存知ですか?

次のような画面のことを言います。かってはDOSプロンプトとも呼びました。

年配の方は懐かしいんじゃないでしょうか。現在でもウィンドウズのアクセサリーの中に、コマンド・プロンプトという画面がありますが、DOSの時代はこれが初期画面。今でもソースを修正したりする場合、DOSコマンドのEditなど、使うことがありますね。DOSの場合はAUTOEXEC.BATというファイルに記述することで初期メニューを作ることくらいは出来ましたし、ウィンドウズ3.1まではこのAUTOEXEC.BATを実行してウィンドウズを立ち上げました。

コマンド・プロンプトの場合カーソルの後にコマンドを打ち込み、エンターキーを押すと実行結果がずらっと表示され、カーソルはその下に下がります。WORDなどのワープロソフトと同じ、新しい行はどんどん下に下がっていきます。

さて、こちらは?


答えが出ている気がしますが、1980年代一世を風靡したマイコン用のデータベースマネージメントシステム(DBMS)、dBaseのバージョン3、いわゆるdBaseIIIのプロンプト画面、「>」のかわりにちっちゃな「・」があるため、われわれはドット・プロンプトと呼んでいました。

このプロンプトの場合、コマンドを打ち込むと、その行はどんどん上にせりあがっていき、カーソルは一番下に残ったまま、使った経験のある方はどんどん減ってきていきますが、そう、タイプライターで文章を打ち、キャリッジリターンレバーを押した感じ。コマンド・プロンプトとは逆の動きをします。

どっちかと言えばこの動き方の方がコンピュータの歴史(初期はタイプライターがコンソールだった)に忠実な、正当な動きという気もしますし、実際いろんなOSのプロンプト画面はこのタイプの方が多いと思います。

ついでですが、dBaseはバージョン3からリレーショナル・データベースマネージメントシステム(RDBMS)となり、現在のRDBMSの基礎を作り上げています。dBaseそのものはウィンドウズとの相性の悪さや、ネットワークに弱いことなどからほとんど使われなくなりましたが、強力な内部コマンド群、ファイルのヘッダー部分にデータ構造を定義することにより、プログラムでいちいち定義する必要がないや、可変長フィールドなど、独創的、先進的なシステムで、その発想は現在のRDBMSであるACCESSやファイルメーカーなどにも受け継がれています。

たまたまこのプロンプト画面の画像をネットで発見、懐かしさのあまり延々と書いちゃいました。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ