ベランダ オーキッド ナーセリー

ベランダや窓辺で 夫(潅水当番さん)が育てている蘭が 季節の移り変わりとともに花を咲かせます。

ウチョウランの仲間たちの続き

2017-06-28 21:06:20 | ウチョウラン
昨日のウチョウランたちの続きです(^^)


紅一点。大きな斑紋が中央に一点です。
フチに入る微妙なフリルがきれいです。



紫一点。 地色が純白で中央一点の斑が鮮やかです。
染物屋さんで染めてもらったみたいにクッキリ!
この花もフチに繊細なフリルが入ります。



こちらも紫一点。濃い斑でビロードのような光沢です。
縁取りが細く、裾が繊細に波打ち、しっかり育てたら素敵な1株になりそうです。



この紫一点のコントラストは眩いばかりです。
つぼみは、中の紫が透けて青色です。
きれいすぎます、ぞっこんです(^v^)



この点花は色も形も美しく、ものすごい花数です。


ズームすると、やわらかなフリルがよくわかります。
近所の園芸好きのおじいちゃんに、
「これ見てください~*」と、つい自慢してしまいました(^人^)




こちらはサツマチドリ系。
花は横に広く、テンテンがつながってインクが流れるようです。



そして、ここからは、私の好きなニギニギ系(勝手な命名^^)

ベビーマスコットのニギニギみたいです。



この株は、1本の株の中で色の濃淡がでて不思議です。



ニギニギがいっぱい(^▽^)
見てるだけで、なんだかとってもうれしい・・*



こちらのニギニギは首が長いです。
花数多く、全部が咲きそろったらすごいな~



後ろから声をかけられて、振り向く瞬間みたいな。
動きそうです・・



フクフクした可愛い子。
斑が消え入るように薄く守ってあげたい。



次は、耳長の宇宙人系(好き勝手な命名で;)

この尖った長い耳。ただものではないです。


満開になったら、UFOを呼びそう(^^)



こちらは、ただ尖っているだけではない特徴のある耳。
私には聞こえない音を聞いているのでは?!




これも耳に特徴がある花で、透明感ある耳に緑がのります。
ささやかな特徴ですが、ここに気づくと 気になってしかたありません。
とってもきれいな色調です。



今日の最後は、繊細なフリルの連舌花です。
朝日が透ける透明感~*
喉元にほんの少しだけ点が。この点がなければ無点花なんだけどな~(^^)

ひとつひとつの特徴を確認していると時間を忘れます。
外が明るくなると 飛び起きる毎日です(^-^)


明日は、ウチョウランたちが咲いている様子をひいて撮った画像をアップしたいと思います。


←カチッとお願いします

※自動掲載される広告は当ブログとは関係ありません。非表示にできなくてすみません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウチョウランの仲間たち | トップ | ウチョウランの仲間たち(3) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。