Sightsong

自縄自縛日記

『Trio Riot』

2017-06-02 00:29:47 | アヴァンギャルド・ジャズ

『Trio Riot』(Efpi Records、2012年)を聴く。

Mette Rasmussen (as)
Sam Andreae (ts)
David Meier (ds)

メテ・ラスムセン参加作ということで入手したのだが、正直言ってあまり面白くはない。

先日メテさんが来日して、スーパーデラックスで坂田明さんと共演したときにも、似たような印象を抱いた。他のサックスと張り合ってはメテさんの凄みがいまひとつ発揮されないということか、それとも、本盤がメテ・ラスムセンになる前のメテさんということか。

●メテ・ラスムセン
Kiyasu Orchestra Concert@阿佐ヶ谷天(2017年)
メテ・ラスムセン@妙善寺(2017年)
メテ・ラスムセン+クリス・コルサーノ@Candy(JazzTokyo)(2017年)
メテ・ラスムセン+クリス・コルサーノ@Candy、スーパーデラックス(2017年)
ドレ・ホチェヴァー『Transcendental Within the Sphere of Indivisible Remainder』(JazzTokyo)(2016年)
シルヴァ+ラスムセン+ソルベルグ『Free Electric Band』(2014年)
メテ・ラスムセン+クリス・コルサーノ『All the Ghosts at Once』(JazzTokyo)(2013年)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジェームス・ブランドン・ル... | トップ | ハン・ベニンク『Parken』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アヴァンギャルド・ジャズ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。