宣セーショナル

宣承をひらく

これぞお寺のお盆!

2016-08-16 21:54:11 | 日記
この度は、大変に忙しいお盆でありました。。。

13日のお寺参り対応から始まり、夜は寺院敷地内の全お墓参り…ここまでは通例なのですが、翌日がすごかった。
14日、お寺参りの方々が朝7時台から参拝に出向かれて、10時半には飛び込みのご法事が入ったかと思えば、そこからほぼ空くことなく最終の17時のご法事まで、何と13件のご法事。。。さすがに膝は痛いは、汗だくになるは、声は嗄れ始めるは……最終のご法事では何回か声が裏返っておりました(汗)。
14日の一日だけで、お寺にいらして挨拶だけでもさせていだたいた方は220名を超えました!お墓参りのみの方などは全く把握し切れませんが、一年で一番人が出入りするのがお盆であります。
15日、8件のご法事があったのですが、何だか楽に感じるのは前日があったからという、人の感覚っておもしろいものです。。。

その間、子どもたちもフル稼働でお手伝いしてくれました。

そうそう、沢内中学校ソフトボール部は、お盆の14日に笑顔で帰ってきました。
結果と言えば、昨年ベスト8の千葉県代表チームに2対1……しかも6回時間切れ(90分)ということで、最終回までやらせてあげたかったですが、子どもたちはがんばったとのことでした♪その千葉のチーム、次の試合を9対0で勝ってましたから、何と嬉しいことか♪
何よりも、全国を体験できたということは何よりの宝物でしょう。
応援やご支援くださった方々、ありがとうございました♪

そんなこんなんで、とにかく汗をかきまくったお盆。少々痩せたみたいです(笑)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お盆が引き出す力

2016-08-13 22:42:48 | 日記
いよいよお盆が始まった!お寺としての準備が間に合っていない部分もありながら何とか迎えられそうである。
それにしても、明日からはお参り尽くし…接待尽くし…お盆休みってしてみたいくらい、お寺が最も忙しい時。休憩時間は夕食後から眠っている早朝まで(笑)
毎年恒例!がんばります!

とは言っても、今日の午前中までは光寿苑に行って来られた。

看取り期のお年寄りも外出!
車中、景色を眺めながら、

『おっ、〇〇(地区名)まで来た。』『こごは◇◇(地区名)だな。』

とハッキリと分かっていらして。調子もよい様子に僕らもニンマリ♪

ご自宅にお送りすると、息子さんご夫婦が笑顔でお出迎え。ご自分がいつもいらした居間のベッドへ移ると、オリンピックが映されている。
なんか、いいなぁ、やっぱり家に帰ってきたって感じ…。日本人の中に流れる『お盆が引き出す力』みたいなものを感じる時間。

おかげさまです♪

さてさて、明日も早い!寝ましょう寝ましょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沢内中学校ソフトボール部の夢

2016-08-12 22:44:59 | 日記
今日、沢内中学校ソフトボール部の夢が終わった。

全国大会のため大阪に行っていた子どもたち。速報が入ったのは午後。千葉県代表チームに2対1という締まった試合でのゲームセットとなったとのことだった。まずもって、岩手の中でも涼しい西和賀町の子どもたちが、あの猛暑の中で戦い切ったことが感激であるし、ホッとしたことである。

お盆のため、出向けなかった私。
でも、これまでの彼女たちを想像すると、相手が強ければ強いほど、場面が大きいほどこの上ない集中力で一つになってきた今年のチームだから、きっといい試合だったのだろうと思えた。多分、直に観ていたら泣いてたなオレ。。。

数日前、大阪に向かう直前の練習に、たまたま時間の取れた私が娘たちを中学校グラウンドへと送っていったときのこと。グラウンドが見えてきたところで長女がポツリ呟いた。


『最後の沢中グラウンド練習になるんだなぁ…。』


それを聞いた私は、


『なんか泣けてくるじゃ!泣かせんなよ。』


と言うと、長女は、


『勝手に泣くなよな(笑)。』


と笑った。
何となく、その最後の練習を観たくなった。ほんの1時間半ほどの時間だったが、大阪でのラストゲームを観られない私にとっては、全国での姿をイメージできるような時間となっていた。そよ風も吹く中で、何だか心地好い嬉しい時間だった。

母校のグラウンドでもあるその景色を見渡しながら、自分の中学野球部時代のことを思い出してみたり、長女と初めてキャッチボールした日のことを思い出してみたり、彼女と同級生の子らが、小学校時代どうしても地区予選を勝ち上がれなかったそんな日のことを思い出してみたり……。

感慨深く思い出に浸る時間に、少し元気になれた42(しじゅうに)のおっさんがいた。

おかげさまです♪
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

8月7日は祭りだ祭りの日

2016-08-06 14:23:11 | 日記
いよいよ明日は、祭りだ祭りの日でございます♪


★帰ってきた!志賀来雪氷まつり★
⇒11時~16時
⇒志賀来多目的エリア
⇒真夏に雪で遊びましょう♪

★第38回 光寿苑盆踊り大会★
⇒18時45分『オープニングさわうち百年太鼓』
⇒19時~『開会…さんさ踊り』
⇒20時~『大抽選会!今年も豪華景品取り揃えておりやんす♪』
⇒21時『閉会宣言』



以上、祭りだ祭りの日、ぜひぜひご堪能くださいましぃ♪♪♪
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

沢内中学校ソフトボール部初優勝!

2016-07-30 07:09:59 | 日記
さて、どうしても記録に残しておきたかったのが、沢内中学校ソフトボール部のこと。

7月中旬に行われた岩手県中学校総合体育大会は、ベスト8で終わった。

予選1位もありシード校となった我が校だったが、初戦の相手は強豪校がひしめく一関エリアから勝ち上がってきた桜町中学校。県選抜のバッテリーを擁するそのチームをどう攻略するかが鍵だった。
持ち前のチーム力、いつも以上に声がでていた彼女たち…。ものすごい集中力をグラウンドの外にいた私たち応援団も感じていた。私は葬儀のため途中で帰ったが、その姿を観ているだけで涙が出てくるほどだった。
結果、宿敵を撃破した!という連絡を葬儀後に受けた。

夕方、準決勝をかけた花巻中学校戦。今年のチームは前評判も低く、地区予選から何とか勝ち上がってきた感じのチームだった。その日、花巻中はうちよりも1試合多く戦ってきていた。沢内中も万全のはずだった。私が駆けつけた時、ホームランで先制し1対0で勝っていた沢内中。しかし、午前中に観たあの仕上がっていたチームの雰囲気とは真逆の空気感…。勝っているのに別のチームのようだった。
途中逆転され、2点を追う展開。。。4回以降、毎回1アウト3塁までランナーを送りながらも、走塁ミスやライナーによるダブルプレー等で本塁が遠い。1点差を追う最終回も、本塁タッチプレー、試合が終わった。。。茫然と立ち尽くす展開だった。負けるはずのなかった相手に足をすくわれた……。結局、ここ一番での集中力と気持ちを継続して持てた相手に負けたのだった。

この日は、私まで悲しくて仕方なかった。でもこれが、子どもたちの人生経験には大事な1コマだとは思うけれど…。


翌週、エントリー制ながら、中学校最後の大会、全日本中学生男女ソフトボール大会岩手県予選会に出場。トーナメント制の大会では負けたら最後。チラッとだけある1試合の一部を観に行ったが、先週観たチームの雰囲気はなく、締りがない感じもありながら、ただ違ったのはベンチも含めて明るいってことだった。
明るいソフト…一年生もどんどん試合に出ていた。。。しかも、小学校のときには全くソフトのソの字もできていなかった彼女たちや素人から始めた子等が、タイムリーを打ったりしているではないか!

結果、4試合、すべて1~2点差という辛勝ながら、優勝してしまった!!!県中総体よりも強豪校はグンと減ったにせよ、結果を出すことは難しいものだ。

明るいソフトで沢内中が同大会初優勝をしたのだった!
仲のいいチーム…ついに結果を出した。

何となく、あの子たちらしいって感じもしているが…。

全国大会は大阪!!!めっちゃ応援に行きたいけれど、けれど大会は8月12~15日というお盆真っただ中。。。冗談ながら、

『副住職にお寺任せて、応援行ってくっかなぁ♪』

って言ってみたら、色んな人から、〝おいおい!〟って止められた。いやいや、行けるわけないでしょ!(泣笑)

楽しんで来い!沢内中学校ソフトボール部!!!

カンパ、お待ちしておりやんすぅ~♪
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

これでも丁寧に向き合ってきました

2016-07-28 06:58:42 | 日記
私、4月の年度初日から、丸々一日休みだった日が、5月1日しかなかったことに気づきました(笑)。。。だから、病んでしまうのもしゃあなかったようにも思います。。。
〔ただ、広島の武井さんとこの榎町に行かせてもらった帰りの移動日を休みと言うのであれば休みっすかね?笑〕


講演も、光寿苑を休みの日にしてみたり、葬儀を挟んで午前と夜のダブルヘッダーにしてみたり……。車移動しながらコンビニおにぎり頬張るのは日常茶飯事。今月なんか17回も講演がありますし。。。汗
おかげで、まったくそのお世話なった方々に御礼もできないまま、感想も述べられないまま時間だけが過ぎてしまいました。失礼をお許しください。


でも、たとえ夜分でもできる限り施設に、あるいは地元に、そして家に帰るようにして、睡眠もとってきました。。。向き合うべきところに向き合おうとしてきた毎日……。向き合い切れてなくて、色んな方々にも、様々な企画にも配慮がきっと足りないところがあったと存じますが、何とかこれからもお力を借りながら、務めて参りたいと存じます。


今、一番欲しいのは、ダラァ~とソファーに伸びて、飲んだくれてももいい半日が欲しいです(笑)

…ということで、まだまだ色んなことが遅れている私ではありますが、何卒、よろしくお願い致します♪
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

看取りだってモテモテ

2016-07-27 17:46:47 | 日記
さてさて、皆さま、お元気でしょうか。
これから講演がありますが、少し早く着いたので、久しぶりにblogでも…笑

私は相変わらず課題とやるべきことに埋もれておりますが(汗)、比較的元気です♪

こんなに空けてしまうと、何から書いたらいいもんか。。。
そうっすね、まずは光寿苑のお年寄りのお話しから…。
90代半ばのおじいちゃん。ちょうど一週間前、『看取り期』と告知を受けたばかり…。老衰として、全身的に栄養状態も低い状況になっていた。とにかく、食欲がわかない。

ただ、お酒だけは、もっとも好んで口にされているので、それがまた嬉しく感じていた。

2015年の1月にも、看取り期、余命1ヵ月…というような、当時の主治医から告知を受けていたTさん。それを乗り越えてのこの度、再び看取り期に入っているといった状況である。

目標は、『家に帰る』こと。
状態を観察しながら、その時をご家族と考えているところだ。
そんな中、前々からあった要望の中に、『ひなたぼっこに行きたい』といものがあった。ひなたぼっこと言うのは、光寿会の小規模多機能事業所の名称で、特養に来る前は、こちらに通っていらしたのだ。
看取り同意面談の日、息子さんから承諾を得て、『身体状況含めて行けるタイミングで行きましょう』という運びとなった。
その日は、すぐ翌日にきた。


~その時の記事より~

外出前、準備していると、ハッキリした声で職員に話しかけていた。外出が待ち遠しい様子だ。
車中は、周りの風景を見ながら目を細めて懐かしい様子だったが、つぎはぎの路面で揺られると、「いでー。」と言って時折、顔をしかめていた。

ひなたぼっこに到着すると、職員の出迎えがあり、「おー!」など知っている顔を見てハッキリした口調で話しかけていた。
中に入ると、いつもの定位置、周りの雰囲気を確かめて満足げな様子。
Sさんと、Hさんという方が側に来た時は、パアッと明るい表情になる。〔SさんとHさんはTさんと同じ地域の人〕
3人で手を握り合い、時には涙ぐみながらお互いの息災ぶりを確かめ合って会話されていた。

それも、しばらくすると、自分の腕時計をチラチラ気にしはじめる。まだ時間に余裕はあったが、「帰る。」「はー。」など疲れた様子であったため、15:20にひなたぼっこから光寿苑に向かう事になった。
別れの際は、Sさんと、Hさん共に表まで見送りに来てくれて、お互い名残惜しそうに握手をしていた。

終始、元気いっぱいな様子で、本人の気力の充実ぶりに職員が驚いた外出であった。



看取り期でも、モテモテ感は人に力を与えるものだな♪

そんなTさん、昨晩は苦痛の時間や無呼吸の時間帯もあったとのことだったが、今朝はお声掛けに『おぉぉ~っ』とニッコリ笑って下さった。

最後の日まで、私らしく生きる…その傍に居させてもらう…看取りは特別なことではないけれど、特別な感情を引き出す時間であることは感じるのだ。

おかげさまです。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

熊本へ向けて寺子屋コンサート大成功

2016-07-04 12:51:48 | 日記
2日の土曜日は記憶に強く残った一日となった。

2年間お休みしていた寺子屋コンサート。ここに、登場した方々がすばらしいパフォーマンスを繰り広げてくれた。

前座男性デュオのBONE craze(ボン クレーズ)の二人は、30分という短い時間の中で、会場を一気に温めてくださった。
ボーカルはいつもお世話になっている花巻のお寺の副住職・石田悠晃くん、その友達のギタリスト・ゴーゴー木村さんは、わざわざ大阪から駆けつけてくれた。前日には、光寿苑のお年寄りたちを喜ばせて下さって。多くのお年寄りたちがリズムとって、中には、夕飯の時も歌いまくっているお年寄りまでいたのだから流石である。
彼らのおかげですっかりステージは温まっていた。

さて、いよいよ臼澤みさきちゃんのコンサート。彼女が入ってくると、そのやさしくピュアな空気感で場が包まれていくのだからすごい。大雨で大変な環境ながら彼女の歌声が本堂を、その周りの自然までピュアにしていった。いや、もともと存在していたピュアな環境を思い出させてくれたのかも知れないとさえおっちゃんは感じた。
それにしても抜群の歌唱力は圧巻だった。そして、大槌なまりのトークも彼女の魅力を引き立てる。テレビ等で観たり聴いたりしている彼女よりも、ライヴこそ彼女の輝きは引き立っている感じだったとあの場にいた方々の声。あまりにもステキな時間と空間だった。

そして、少数精鋭、20人ほどのスタッフ(内4人がみさきちゃんと同じ年の高校三年生、初スタッフの大人も5人)の中で、半分は初スタッフだったわけで、大変ご苦労と気疲れしたと思うのだけれど、本当に助けられた。助けられて、ゲストの皆様をきちっとお見送りするまで無事に過ごせた。

おかげさまでした。

今回のチケット代は、そのまま全額、熊本地震への義援金としてお送りする。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

すべてのことは私のためにあり

2016-07-01 12:59:08 | 日記
つい最近、ある人の言葉に心打たれた。

その方は、もともと西和賀の人ではなかったが、結婚を含め21年間この町に住んでいらした。その後、一度西和賀を離れ、数年ぶりに帰ってきた。


『岩手に帰りたい。あの空気に食べ物に人に…。住んでいた頃は、そのことが煩わしかったり面倒くさかったりしたんです。でも、離れてみたら、一番私にとって恋しいものが揃っていた町でした。
こんな私を再び受け容れてくれた町だから、この町に恩返しをしたいと思って。人のために生きたい。人に関わる仕事をすることで、少しでも恩返しできるかなと思ってきました。』


これだけでもステキだった。だが、さらに驚かされた言葉。


『前の私なら、人の忠告とか苦言を告げられると、その言葉だけ気にし過ぎたり、
「何でそんなこと言われなきゃないの!」とか、その言われた人のことを良くは思えなかったんです。
けれど、一度離れて、異世界に飛び込んで、色んな体験をして気づいたんですね。

「キツイ言葉でも、その注意も、私のために言ってくれているんだな。私が成長するために出会ったんだな。」

って、前向きに捉えられるようになったんです。この歳になって、初めて逆転の発想を持てるようになって。そしたら、すべてのことが良く感じられるようになって、ありがたいって思えるようになったんですね。いい経験でした。』


爽やかに微笑んで、ステキな空気感だった。


最近、極度の愚痴極まりなき私にとって、何だか嫌な感じなく、爽やかな風がスーッ通っていった。振り返れば、今まで私自身が大事にしてきた精神ではなかったのか。どこで忘れてきてしまったのだろう。

中々、愚痴っぽさが抜けない私だけれど、それでもこのタイミングで私自身の大事にしてきたものが再び蘇生していくものを感じた。

ご縁ってすごい力です。


おかげさまです♪
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

臼澤みさき寺子屋コンサートin碧祥寺

2016-06-25 07:40:50 | 日記
【町の有線放送で流れる内容】

皆さん、こんにちはぁ~♪暑かったり寒かったり忙しい毎日でございますが、皆様お身体大丈夫でしょうか?そうこうしておりますうちに、一年も半分が終わろうとしておりますねぇ、まぁ早い早い!

申し送れましたが、私は寺子屋コンサート実行委員会・ワッキー高橋と申します。よろしくお願い致しますぅ♪
さて、来る7月2日の土曜日、碧祥寺本堂におきまして2年ぶりに帰ってきた寺子屋コンサートがございます。
今回は、な・な・な、なぁ~んと!岩手の歌姫、現役高校生の臼澤みさきさんが舞い降ります♪西和賀初上陸とのことで、ご本人も西和賀コンサート仕様のご準備をされているとかいないとか…。いずれにしても、現役高校生としてのみさきさんの歌声を聴けるのは、これがラストかも知れませんよ~、ぜひぜひ、初夏のお寺へゴーゴゴォ~♪

しつこいようですが、もう一度言いますよ!

★その歌声で希望が紡がれる『臼澤みさき寺子屋コンサート』in碧祥寺
★7月2日 土曜日
★14:00開場 14:30開演…前座デュオとしてイケメン坊さんが歌います。臼澤みさきライヴは15:30より
★大人2,000円ポッキリ 高校生以下無料
★今回のチケット代は、すべて被災地への募金に充てさせて頂きます!
★お問い合わせは、事務局太田宣承・090-4049-1659まで!
★200名限定でございます。


ではでは、お待ちしておりまぁ~す♪



コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加