穴にハマったアリスたち
生きていればきっと楽しいことがいっぱいあるさ!という信念の証明のためのページ
ぴちぴちピッチを大応援中。第三期をぜひ!




昨日に引き続き、キュアメタルナイトに行ってきました。(前回の感想はこちら

■高梨康治-CureMetalNite vol.1-

 日時:2014年08月24日(日)開場15:30/開演16:30
 場所:表参道ground
 出演:高梨康治(Keyboard)、藤澤健至(Guitar)、満園庄太郎(Bass)、茂戸藤浩司(Taiko)、山口“PON”昌人(Drums)、Remi&ますだみき(Chorus)
 ゲスト:工藤真由、田野アサミ(前説アナウンス)
 曲目:(間違いがあったらご指摘ください。※修正しました。ありがとうございます)
  01. 燦然!プリキュアオールスターズ
  02. プリキュア♪ハートフルビートロック!
  03. 暗黒の挑戦者
  04. レッツプレイ!プリキュアモジュレーション
  05. プリキュア大活躍!
  06. 不屈の闘士たち
  07. 登場!謎のプリキュア
  08. 出でよ!ネガトーン
  09. プリキュア~永遠のともだち~【工藤真由】
  10. MOON~月光~ATTACK【工藤真由】
  11. 宿命の戦士
  12. プリキュア・ビートアップ!
  13. プリキュア!オープン・マイハート!
  14. FAIRY TAIL メインテーマ(?)
  15. 和太鼓VSドラム
  16. 「ログ・ホライズン」メインテーマ(?)
  17. NARUTO-ナルト- 疾風伝(?)
  18. 友情のハーモニー
  19. プリキュア・スマイルチャージ!
  20. プリキュア・ハートキャッチオーケストラ!
  21. 堪忍袋の緒がきれました!
  22. 明日への戦い
  23. プリキュアオールスターズ大活躍!
  --. 今よ!ファンタジスタドール【工藤真由】
  --. Pride
  --. 燦然!プリキュアオールスターズ(ダブルアンコール)

 (本記事は私の記憶・主観に基づいたものであり、実際の演者の意図・言動とは異なる場合があることをご了承ください)

【2日目】

高梨さんの「君たちが史上一番早く『キュアメタル』のチケットを買ってくれた、真のキュアメタリストだ!」で始まった今回。
2日目にして本編です。
昨日も凄かったが、今日も凄かった。

単純な体力は既に昨日で使い切ってるはずなのに、代わりに充填された何かに突き動かされ。
本日も最初から最後まで走りっぱなし。
途中、曲が止まったり火が消えなかったり和太鼓のバチをへし折ったりとアクシデントがあったのも、もはや演出の内!
得難い時間を過ごすことができました。
いや、実際バチをへし折ったのは演出ですけれど!

高梨さん:
 「皆も好きなNS3のプリキュアが夢から覚めるシーン」
 「あそこのラブのセリフが好き」
 「失敗してもやり直せる!」

まさしくその通り!
というわけで、失敗してもやり直せるんです。
曲の破壊力と、幕間の緩さのバランスが絶妙過ぎて癖になりそう。

【セットリスト】

曲は基本的に昨日と同じ。違うのは2曲だけ。
だけどその2曲の違いがかなり効いています。

一つ目はハミィ女史による「友情のハーモニー」。
Remiお姉さんの唄うメロディが清らかに。
不幸のズンドコに落ちても、きっと大丈夫。このお歌を聞くと素直にそう思えます。

Remiさんはステージ上では「萌え担当」(高梨さん談)。
眼鏡にへそ出しな格好は「ミューズ」(高梨さん談)と評されてました。
だけど唄うととても神秘的。凄い。

もう御一方の歌のお姉さん・みきさんも物凄い。
6曲目「不屈の闘士たち」のシャウトを始め、全編通じてパフォーマンスが熱い。
とにもかくにもお姉さんの動きを見ながらライト振ってましたよ。すんごい楽しかった。

昨日との違いはもう1曲。ダブルアンコールの「燦然!プリキュアオールスターズ」。
通常のアンコール前に高梨さんはおっしゃった。「アンコール仕込んでないライブなんてあるの?」。
まぁ実際のところ、その通りなわけで。ぶっちゃけ1回目のアンコールは予定調和な部分があります。

だからこそ、ダブルアンコールは滾るものがあります。
誰が言い出したわけでもなく、通常のアンコールの後、自然とコールが鳴り響く。
会場の時間都合なんかもあるので、盛り上がった=ダブルアンコールというわけでもないのですけれど、今日は会場が止まらなかった。

高梨さん:
 「これが本当のアンコール!」
 「もう一度頭からやる勢いで…とはいかないけれど!」

の言葉も高らかに、始まったのは1曲目と同じ「燦然!プリキュアオールスターズ」。
最後の最後が1曲目…なのはなかなか熱い。
そうですよ、これで終わりじゃない。プリキュアさんの戦いが続くように、また次があるんです。

ダブルアンコールの盛り上がりは尋常じゃなかったです。
1曲目の時はいなかった工藤真由さんも舞台に上がり、謎の勢いで踊り狂う。
やばい。くどまゆさんが、とても楽しそう。

【感想】

高梨さん:
 「(前列でタオルを振ってる)お客さん見てるとすごい幸せ」
くどまゆさん:
 「昨日からずっと幸せって言ってる」

その言葉通り、高梨さんは本当に楽しそうでした。
私らも夢中で盛り上がってましたが、多分、一番楽しんでるのはご本人様だ。
なんかもうその空気がこちらも伝わってきて、更なる幸せを産む好循環。

勢い余って盛り上がったか、突然にWEBラジオ「アキバ鋼鉄製作所」の録音も行われました。
みんなで「アキバ鋼鉄製作所!」と叫ぼう!それをOPにするから!
というわけで、急遽録音が行われました。本当に、今その場で思いついたような勢い。
アンコールの後には写真撮影もあったりしました。

ダブルアンコールの前、キュアキンニクこと和太鼓の方から、高梨さんのこのライブへの想いが語られました。
ぶっちゃけのところ、BGMはこうやって演奏することが想定されておらず、曲に対して演奏人数は多いし、楽器も多いし、もちろん版権関係もあるしで、かなりのお金がかかるそうで。
それでも「ファンのために」「約束したから」と、高梨さんがお金もがっつり負担して、今日この日が実現したそうです。
本当にありがたいです。会場中からも自然と「ありがとう」の大合唱。

まさか生で聴ける日が来るとは思わなかったし、想像をはるかに超えるライブでした。
10年前の自分に「今日こんな日が来るから、絶対にプリキュアを見続けろ」と念を押したい。
そして願わくば、第2回・第3回と続いて欲しいです。また絶対行こう!

(前回の感想はこちら

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )


« ハピネスチャ... ハピネスチャ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

現在コメントは、お返事をできない状態のため、全て保留のままにさせていただいています。
コメントを貰えるのは嬉しいだけに、申し訳ないです。

 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
CureMetal Nite vol.1本公演 @表参道GROUND 8/24 簡易感想 (nonbonのプリキュア感想ブログ)
遅くなりましたが、 8/24(日)に表参道GROUNDで行われた 高梨康治さんらによるライブイベント、 CureMetal Nite vol.1本公演簡易感想になります。 (前日の追加公演、もとい前夜祭は  大阪梅田のプリミュ鑑賞のため未参加。) 非常に熱いライブで 参加して本当に...