無線のムに濁点

アマチュア無線・BCL・ユーティリィティー受信などなど デジタル絵日記

ニコン・デジイチ・ファームアップ祭り

2017-03-18 13:50:36 | モノ

3台もいっぺんにしたら気分は祭りでした。

 D500 Ver.1.11 -> Ver.1.12

 D750 Ver.1.10 -> Ver.1.11

 D7200 Ver.1.01 -> Ver.1.02

ニコン・デジタル一眼レフカメラのファームウェアがアップされています。

お約束のバグ取りと今回の目玉は「ワイヤレストランスミッター WT-7」への対応です。

Nikon ワイヤレストランスミッター WT-7
クリエーター情報なし
ニコン

上記製品により、1000-Base のワイヤレス接続が実現できます。

定価は 120,000円+税ですが、実売価格は8万円台のようです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【~3/30まで公開】公式アニメ サンダーバードARE GO

2017-03-12 07:05:45 | モノ

【~3/30まで公開】公式アニメ サンダーバードARE GO

 

なんかメチャメチャかっこいい感じです。各話公開されています。

今度 QSO で FB でなく FAB って言ってみようかしらん。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンテナ備忘録 【2017年3月】

2017-03-05 21:47:52 | モノ

昨年、HF系のアンテナをリニューアルして間もなく1年となります。

3.5 ~ 50MHz については、ゲイン等を犠牲にして、安定性(安全性)をとった恰好です。

3.5MHz をマスト・トップにもっていったのと、7MHz を 2ele にしたのは、なかなか良かったと自己評価しています。ハイバンドはこんなコンディションなので、出られりゃいいやって感じです。

課題はやはり 160m

短縮DPとなり、ノイズは少なくなりましたが、肝心の信号も弱くなってしまい、送信に至っては今二か今三って感じです。今期は割り切ってワッチに徹していましたが、やはり、以前のスローパーの方が、少なくとも「飛び」はいいようです。u--n 悩ましい。まず送信はスローパーに戻すとしても、受信をどうするか? またまた、来年の冬まで悩みそうです。ん?冬まで悩んだら手遅れか・・・秋までに対策を講じなくては。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小学8年生

2017-02-16 07:25:00 | モノ

アマゾン上では昨日現在売り切れでした。札幌のジュンク堂で予約できました。

詳しくは Yahoo! のこちらの記事に掲載されています。

小学8年生 2017年 03 月号 [雑誌]
クリエーター情報なし
小学館

ちなみに僕なんかは DX'er 37年生です!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シャックの録画機材

2017-01-21 18:51:19 | モノ

珍局が出てきたら録画してやろーと、シャックの狭い机に吸盤式のブームをつけて、SONYのアクションカムをリグに向けていますが、ここのところ出番がさっぱりありません。K1N やら VP8STI やらのときは、ふつうのビデオカメラで撮影、実をいうとこのアクションカムで録画した無線関係の動画はまだありません。宝の持ち腐れって感じです。コイツがあるにもかかわらず、いざとなるとすぐ撮れる iPhone なんかで録画しちまいます。

VoicedSoundMark ・・・ 当局のYouTubeチャネルです。御贔屓に。hi

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AC6V's DX 101X: HF + Six Meters DXing Reference Guide (English Edition)

2017-01-09 08:37:54 | モノ

読書の秋・・・ならぬ、読書の冬であります。

全236ページ(CQ誌とほぼ同じ)、Kindle版 2,020円という気合の入った本です。

昨日ダウンロードして、ワッチしながらまずはざっと目を通し、枕もとで熟読を・・・と思ったら iPad につっぷして眠ってしまうという状態でした。hi

ただ、「つっぷ」したことで大発見(ってほどでもないけど)、単語を長押しすると「意味」を表示してくれることを初めて知りました。適当に想像力を働かせて読んでいましたが、これはなかなか使えそうです。

DX 101X: HF + Six Meters DXing Reference Guide (English Edition)
クリエーター情報なし
メーカー情報なし
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TSdrena ハイレゾ対応 USB-DAC ヘッドフォンアンプ HAM-UDAA2

2017-01-07 07:43:59 | モノ

だんだんと iTunes の音楽も増えてきて、パソコンとミニコンポ(ONKYO FR-N9NX)を光ケーブルでつなぎ聞けるようにと購入しました。パソコン付属のスピーカーで聞くよりいいのはもちろんですが、ヘッドフォンで聞くとその差が際立ちます。きれいな澄んだ音というイメージです。光OUTを今どきのリグに入れて PSK などを送信することも可能です。とりあえずは音楽鑑賞用です。

光入力に対応しているアンプであれば光接続、その他、アナログ接続も可能です。

TSdrena ハイレゾ対応 USB-DAC ヘッドフォンアンプ HAM-UDAA2
クリエーター情報なし
Tsdrena

 

ONKYO CD/MDチューナーアンプ シルバー FR-N9NX(S)
クリエーター情報なし
オンキヨー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SDRPlay RSP2 導入記のまとめ

2017-01-03 07:47:41 | モノ

2016年11月の RSP2 発表に端を発した CWSkimmer 導入記のまとめ記事です。RSP2 にはアンテナ端子が3個ありますので、雪が融けたらディスコーンアンテナでも設置して、BCL、広帯域受信にも活用していきたいと考えています。RSP2 - EXTIO の設定は上記のような感じです。LNA のゲインと、Gain Control はバンドの状況に合わせ適宜調整をしています。

【付加装置の部品配置(最終形)】
 アンテナ→保護回路→フィルター→ATT→SDR の順序としました。
 

これ絶対欲しいしょ~! SDRplay RSP2

SDRPlay RSP2 導入記(1) 注文しました!

SDRPlay RSP2 導入記(2) 発送連絡と部材調達

SDRPlay RSP2 導入記(3) 過大入力保護回路の作成

SDRPlay RSP2 導入記(4) もう東京まで来ています

SDRPlay RSP2 導入記(5) 注文4日にして札幌に届きました

SDRPlay RSP2 導入記(6) 仮設置と動作テスト

SDRPlay RSP2 導入記(7) 見よう見まねで格闘中

SDRPlay RSP2 導入記(8) わかったことが2つあります

SDRPlay RSP2 導入記(9) 改造計画

SDRPlay RSP2 導入記(10) ブロックダイヤグラム

SDRPlay RSP2 導入記(11) 部品収集&EXTIO待ち

SDRPlay RSP2 導入記(12) 付加装置の回路図と部品配置

SDRPlay RSP2 導入記(13) HDSDR での動作確認

SDRPlay RSP2 導入記(14) CWSkimmer を動かしてみました

SDRPlay RSP2 導入記(15) 付加回路作成に着手

SDRPlay RSP2 導入記(16) 付加装置完成&ケース組み込み

SDRPlay RSP2 導入記(17) さあ、ワッチ開始!!

SDRPlay RSP2 導入記(18) CWSkimmer稼働!

パイル丸裸(CWSkimmer稼働画面)

 

【ソフトウェアの設定は下記のページを参考にしています】
SDRPlay RSP1 SDR受信機

 

途中経過での間違え等(気が付いたら追記します)

  • 周波数校正は不要でした。
  • SDRUno は HDSDR に比べて全体的にゲイン(?)高めに感じます。
  • CWSkimmer を使う上では IC-7851 との周波数同期は不要です。
  • オリジナルのアンテナ端子は SMA 。自分は金属ケースに移し BNC に改造。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SDRPlay RSP2 導入記(17) さあ、ワッチ開始!!

2016-12-30 07:56:33 | モノ

下の黒箱が改造した SDRPlay RSP2 です。アンテナAのアッテネーター、アンテナBのアッテネーターの調整つまみと、アンテナBの接続先をハイインピーダンス側に切り替えるスイッチをつけました。アッテネーターは所期の計画通り、ほぼ、0~-40dB で効いていることを SDRUno のデシベル表示で確認できました。

こんな感じでパソコンのそばに置きました。上にある DIF-3R2S は、2系統切り替えのデジタル・インターフェースです。50MHz のビーコン等で確認した結果、感度については、アマチュア機 IC-7851 や IC-9100 となんら遜色ありません。また、CWSkimmer でもはっきり、くっきり CW信号が出て FB に動作しています。これから大いに遊べそうです・・・っていうか、ますますワッチにハマって電波出すことが減りそうです。hi hi

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SDRPlay RSP2 導入記(16) 付加装置完成&ケース組み込み

2016-12-29 19:09:49 | モノ

今日は朝から SDRPlay RSP2 の付加回路作成とケース組み込みに没頭しておりました。

完成! そして、火入れ式! ファースト・インプレッションは・・・

 素敵!!

自分で言っちゃあおしまいよって感じですが、ATT のおかげで、HF のアマチュアバンドも放送バンドもとっても聞きやすくなりました。ANT1 には中波阻止のHPFを組み込んだので、中波のお化けも全く出ず。逆に ANT2 は長波を聞けるよう、HIGH インピーダンスのアンテナ入力をつけたので、長波中波も素敵に聞けています。性能のいいリグが1台増えた感じ、と言ってはいいすぎでしょうか。やはり、この手の SDR は ATT や BPF、HPF との組み合わせでベストコンディションの「短波受信機」になってくれるようです。

XYL が「豆電球」に激しく反応して、「点くとこを早く見せろ」と迫ってきましたが、「これが点く時はリグがおしゃかになるときだ」と言ったら、本気で「わあああ!早く見たい!!」と喜びまくっていました。(この豆電球は過大入力保護回路の一部です。たぶん送信機の出力をまともにくらったら切れます。)

右側の基板がこの金属ケースにお引越しした、SDRPlay の RSP2 です。もう(たぶん)元の姿にはもどれません。

さてさて、本当に素敵なおもちゃがシャックインしてくれました。今後、CWSkimmer だけではなく、BCLラジオ、VUHFのバンドワッチなどにも幅広く使えそうです。

う~ん、時代はもうやっぱり SDR の予感。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加