無線のムに濁点

アマチュア無線・BCL・ユーティリィティー受信などなど デジタル絵日記

札幌での千歳エアバンド受信

2016-02-24 08:11:52 | ユーティリティー受信

千歳の地上局受信にはそれなりの設備かロケーションが必要です。札幌市内でもかなり信号強度が違います。上空の航空機からの電波はハンディホイップでも受信できますが・・・下記の動画は昨年5月に録画したものです。IC-9100/31mH 145MHz 2段GP での受信です。

今朝の情報では、降雪のため8時半まで滑走路閉鎖とのこと。昨日から札幌でも雪が強くなっていrますので、今日も新千歳の離発着は乱れそうです。

Scanning Airband IC-9100

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝から派手にOTHレーダー波が14MHzに出ています

2015-08-22 09:23:55 | ユーティリティー受信

朝鮮半島情勢の影響だと思います。今朝方から14MHz帯にてOTHレーダー波が強力に受信されています。

Sメーターは9+となりますが、バンドスコープで見るとパルス波のため、ウォーターフォールに横縞が現れるものの、スペクトラムスコープの山は立ちません。

オーディオスコープの観測波形を Youtube にアップしました。

2015/08/22 OTH RADAR on 20m BAND

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

IC-9100 で航空無線を聴く

2015-05-13 09:05:37 | ユーティリティー受信

IC-9100M で航空無線をスキャンしてみました。

セレクトメモリースキャン・・・選んだメモリーチャンネルをスキャンしています。

信号入感時にスキャンをストップするか,10秒後にスキャン再開するかの設定しかありませんが,これで,いわゆる”ホールド・スキャン”・・・信号がある間スキャンが止まる・・・があれば,普通に広帯域受信機として使えてしまいそうです。長々とスキャンが止まるのを好まない人には必要十分な機能です。NB/NRも充実しているので,ノイズの多い環境では有利な受信機です。

アンテナは31mHの2m用2段GPです。

Scanning Airband IC-9100

 

にほんブログ村 アマチュア無線
にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

フィリピン無線連盟の非常通信を録画

2014-12-08 07:24:25 | ユーティリティー受信

台風201422号(HAGUPIT)のフィリピン接近に伴い非常通信が行われている模様です。

映像の冒頭 " emergency radio operation " とのアナウンスが聞こえます。

フィリピン無線連盟の非常通信と思われる交信の模様

 

にほんブログ村 アマチュア無線
にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンテナ備忘録 2014/10/26 D-777再設置

2014-10-26 07:57:31 | ユーティリティー受信

ここしばらくディスコーンで航空無線を聴いていましたが、

どうも千歳地上局のノイズがらみの入感が気になり、

以前上げていたダイヤモンドの航空無線受信用GP D-777 を

再び設置しました。

屋上には、9か所 GP アンテナを設置できるマストを設置しています。

うち、8か所を現在使用中です。(残り1か所)

使っていないマストの方が傷み(錆)が出るようで、

雪が降る前に再度テナコートを塗っておこううかなんて考えています。

D-777 の受信感度については専用アンテナでもあり文句ありません。

 

にほんブログ村 アマチュア無線
にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台風が接近すると、にわかに活気づく周波数帯は

2014-10-05 18:55:45 | ユーティリティー受信

台風が接近すると、にわかに活気づく周波数帯があります。

短波帯では、船舶・漁業無線系です。

2MHz帯、8MHz帯が聞きやすいですが、

特に、8MHz帯は国内がほぼまんべんなく聞こえるので、

ワッチしやすいところです。

また、国際VHFでも、走錨情報など緊迫した内容が度々傍受できます。

航空無線については、カンパニーラジオで、当地北海道でも、

西日本方面の便について情報がやりとりされています。

各種通信がデジタルや衛星等に移行しているとはいえ、

まだまだ、国際規格の”アナログ無線”は健在だと感じます。

 

にほんブログ村 アマチュア無線

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ド深夜のエアバンド・ワッチ

2014-07-09 23:25:44 | ユーティリティー受信

当局はあまり夜更かししないほうですが、ド深夜にエアバンドをスキャンさせていると、日中には電波のめったに出ることのない周波数で信号を聴ける場合があります。そうです、試験電波というやつです。特にACC(航空路管制)の副用波は、まずもって使われることが稀ですので、深夜・早朝の試験電波で存在を確認し、信号強度を記録しておくことをお勧めします。また、本当に運がよければ、深夜のスクランブルの交信や緊急着陸などを聴くことができます。当局はそれほど熱心なリスナーではありませんが、スクランブルを2、3回と病人発生の緊急着陸を1度聴いたことがあります。まあ、相当、忘れるほどスキャンしっぱなしにしておかないと巡ってこない機会であることは間違いありません。

 

にほんブログ村 アマチュア無線

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マンション室内でのGPS受信状況

2014-02-26 09:45:12 | ユーティリティー受信

マンション室内でのGPS受信状況です。

鉄筋コンクリート10階建ての10階角部屋。バルコニーには”ひさし”あり。

窓は南東向き・二重サッシ。ガラスには鉄線入り(5cm四方くらい)。

カーテンあり。窓から50cmくらい内側です。

ほぼ同じ場所に置くと、FTM-400DHもID-51も7つのGPS衛星の電波を受信します。

写真の右下が南東象限なので、やはりここの電波が強く、

次に入ってくるのが正反対の北西象限・・・これは反射波で入ってくるのかもしれません。

ちなみに、もう少しシャック内側に設置している VX-8D の外部マイクのGPS受信機は、

ほとんど電波を受信してくれないので、緯度経度をマニュアル設定にして APRS を発信しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ

にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

20mバンドに出現した新OTHレーダー波を録画

2014-01-15 09:20:34 | ユーティリティー受信

最近、20mバンドで時々、パルス性の強力な電波を受信していたので気になっていました。

今朝、hamlife.jp に

<20mバンドに出現!!>ロシアの新たな「OTHレーダー(ウッドペッカー)」に注目する、IARU Region 1

という記事が掲載され、

これにちがいない! と納得。

まさに、幅10KHzのレーダー波

以下のビデオクリップ(約50秒)を先ほど録画しました。

前半、後半で2回登場します。

New OTH rader from Russia direction

IC-7600 と 35mH 5ele (7ele Tribander Yagi)  北西向け で受信

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

PS. IARUMS モニター音(録音)と違いますね。これはまた別物のようです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

波長7500mと波長5000m

2013-08-19 20:44:38 | ユーティリティー受信

表題の波長は電波時計でも使われている標準電波の波長です。

福島県のおおたかどや山標準電波送信所からの送信が40KHzで波長7500m、

佐賀県のはがね山標準電波送信所からの送信が60KHzで波長5000mです。

当地、札幌では(当局の設備では)、夏場ですと、夜の8時ころになると、まず、遠い佐賀県からの電波が聞こえ始めます。福島県からの60KHzが聞こえるのは、本当に深夜になってからです。

どちらの送信所も50KW出力、アンテナ効率25%という設備なので、普通に考えれば、九州より北海道にずっと近い福島からの電波の方が強く入りそうなものですが、なぜか強いのは佐賀からの電波なのです。

考えられる要因としては…

1.それぞれの周波数で受信機の感度に差がある

2.それぞれの周波数でアンテナの感度に差がある

3、周波数による電波伝搬状況に差がある

4.その他

さて、何が原因なのでしょうか?

当局は3>2>>1の順番ではないかなあと思っています。周波数では「たった」20KHzの差ですが、波長にすると何と2500mも違います。また、同じアンテナなら、波長が長くなればなるほど感度が落ちそうです。受信機の性能は今どきの機械ではそんなに差はないのではないでしょうか。(保証範囲外でしょうが)

ちなみに、電波時計は鉄筋コンクリートのマンションの中でもしっかり受信して時刻の校正が行われています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加