週末はアルビレックス!

サッカーど素人ながらアルビレックス新潟にはまりこんだ「八百政」家のアルビレックスな週末。(コメント表示は承認制です)

10番マサルとキャプテン磯村の同世代ボランチ対談

2018年02月18日 | アルビレックス新潟

今日はビッグスワンでサポーター有志による除雪ボランティアが行われ、400人ものサポーターが集まって汗を流されたとのこと。参加してくださった皆さん、お疲れ様でした。ありがとうございました。思わぬサプライズもあったようで、ボクもSNSで情報を知り感激しました(情報の内容は公表していいのかどうか分からないので控えておきます)。

さて、昨日(17日)TeNYで放映された「とことんアルビDX」で、加藤大選手と磯村亮太選手の2人が登場し、トークを展開していました。今シーズン背番号10を背負ったマサルと、キャプテンに就任した磯村は、ともに1991年生まれの同世代(早生まれの磯村が学年は1つ上)です。ボクのイメージとしては「マサルの方が若いのかな?」って感じでしたけど、同じ26歳なんですね。この2人がボランチでコンビを組み、今シーズンのアルビを牽引してくれるんですね。頼もしい限り。

2人とも「キャラ全開でグイグイアピールする」っていうタイプではないので(どちらかというと私生活ではおとなしいタイプか?)、トークがどうなるか少し心配(マサル、しゃべれるのか?)しましたが、2人とも朴訥とした雰囲気を醸し出しつつも味のあるトークを展開していました(笑い)。磯村なんか「キャンプが長い」「早く自分の家で寝たい」なんて言ってたし。

2人のトークの中でボクが特に印象に残っているのは、「安田選手(ミチ)がチームの中で確固たる存在感を発揮していること」、「若手の坂井大将選手もグイグイ来ていること」、「鈴木監督のサッカーは、常に頭を使い『判断力』を求めていること」などでした。まぁ、いい雰囲気でチーム作りが進んでいることが、2人の様子からわかりました。

番組内の「1分間クエスチョン」は、新加入の広瀬健太選手が登場していました。栃木で勲とプレーをともにした選手、日体大で鈴木政一監督の薫陶を受けた選手、移籍1年目で背番号2を背負ったCB、高知キャンプでの練習試合では主力組として出場し続けた男。なんか、期待感が高まる存在です。今後、大いに注目ですね。ちなみに、来月の「1分間クエスチョン」は坂井大将選手だそうです。これもまた楽しみだこと!

コメント

早くもGWの予定を入れました!

2018年02月17日 | アルビレックス新潟

今日は、GW5月3日(木)のアウェイ金沢戦のチケット発売日ということで、早々に西部緑地公園陸上競技場での第12節のゲームチケットを購入してきました。アウェイA自由席はなんと1500円也!なんとリーズナブル!

近県の石川県でのキックオフ14時のゲームですからもちろん日帰りも可能なんですが、せっかくのGWだし「金沢でちょっくら観光も楽しむか?」「香林坊で祝杯をあげるのもいいね!」ってことで、Jリーグの日程発表直後にホテルも予約した八百政家であります。これで準備が整いました。

サッカー観戦のついでに北陸の小京都・金沢旅行も楽しめるなんて、J2もなかなかいいですなぁ…。

コメント (2)

今年も選手名鑑!

2018年02月16日 | アルビレックス新潟

今年もJリーグの選手名鑑が書店に並ぶ季節となりました。ボクは毎年大抵、4月始まりの髙橋の手帳と選手名鑑を一緒に買うのが、この時期の恒例です。今年もそうなりました。

今年もチョイスしたのは、エルゴラの選手名鑑です。表紙を見て「あぁJ2は扱いが小さいな…」とは思いましたが、これはもう仕方ないことですね。J1、J2,J3とペラペラとページをめくり、「おっこの選手、今シーズンはこのチームか!」とか「元アルビ戦士がこんなところに!」とか、新たな発見があるのも選手名鑑を見ての楽しいところ。

そんな中で編集者に感心させられるのは、各選手に名付けられたキャッチフレーズです。中には「かなり苦戦したな」ってものもありますが、「おぉ!」って感心する名コピーも満載です。アルビ戦士の中からいくつか秀逸なヤツを紹介しましょう。

●ナニワのパワフルSB(安田)
●永遠のサッカー少年(達也)
●魅惑の天才ドリブラー(優汰)
●ミスター・メンタルタフネス(大武)
●気配り上手な爽やかMF(戸嶋)

他にも「一口メモ」など小ネタも満載で、隅々まで読み込むと今年もとても楽しい作りになっています。さて、ポケット版も買おうかなぁ…。あっ、この選手名鑑にターレスは掲載されていますが、アレックスとブルーノは間に合っていませんので悪しからず。

コメント

ブルーノ・メネゲウ来る!

2018年02月15日 | アルビレックス新潟

あぁビックラこいた! 新外国人しかもFWの選手が新加入ですよ! ブルーノ・メネゲウ選手(30歳)が長春亜泰足球倶楽部(中国1部リーグ)からやって来て、明日から御前崎キャンプでチームに合流だそうです。

このブルーノ選手の経歴は、ヴァスコ・ダ・ガマ→ECバイーア→ゴイアスEC→ナウチコ→クリシューマEC→ アメリカFC→長春亜泰足球倶楽部→大連阿爾浜足球倶楽部→セレッソ大阪→ 長春亜泰足球倶楽部って感じ(コピペしたけど全然読めないし)。2016年にJ2時代のセレッソに在籍し、わずか半年で中国に引き抜かれたんですね。当時20試合に出場して6得点だそうです。

これでアルビレックス在籍のブラジル人選手は、GKのアレックス、FWのターレス、それにこのブルーノの3人になりました。はっきり言えば、これで十分です。こうなると保有権があるけど本人が新潟でのプレーを望んでいない(らしい)ホニは、「できるだけ高くどこかのチームに買ってもらう」っていうのが一番チームにとってありがたいのかもね。フロントはそのつもりで動いているのかな?(だとしたらすげぇ!)もちろん、ホニが戻ってきたなら戻ってきたでウェルカムですけどね。

なんか今年のチーム、よくなりそうじゃね?ワクワクしてきます。去年の今頃より、絶対にいい感じです。

 

コメント (2)

シンガポールな2人!

2018年02月12日 | アルビレックス新潟

今日放映されたNST「みんなのニュース」の「マンデースポーツ」で、河田選手と柳選手の2人のインタビューが放映されていました。聞き手はお馴染みの真保アナです。河田選手と柳選手といえば、もちろんシンガポールつながり。昨年、逆輸入Jリーガーとしてアルビシンガポールからやってきて結果を出した河田選手が道を付け、柳選手は1年遅れて新潟にやってきました。この2人の存在は、シンガポールでプレーする若手選手たちに、きっと大きな夢を与えているのではないかと推測されます。

柳選手と言えば、激励会での一発芸で「ポスト武蔵か?」みたいにボクらサポーターは思っていますが、河田選手曰く「頑張って変なヤツをしています(演じています)」「意外に真面目」とのこと。柳選手自身も「チームに溶け込みたい」「みんなにいじってもらいたい」と話していました。

そんな2人が「チームのムードメーカー」と口を揃えたのが、『ミチくん』ことSBの安田選手でした。明るい関西人キャラは、確かに今までのアルビレックスにはいないタイプです。元日本代表選手としての実績も抜群の安田選手、今シーズンのアルビを明るく引っ張ってほしいです。

他にも、「長谷川巧と渡邊泰基のそっくりさん」とか「ももクロ有安ロスに負けない大谷」など、楽しい選手の情報を河田・柳両選手が語ってくれました。まぁ柳選手の一発芸については、伏せておきましょう(笑い)。

さて、高知キャンプを打ち上げたアルビレックスは2日間のオフを終え、明日から静岡・御前崎での2次キャンプに突入。そのまま2週間後の開幕・讃岐戦になだれ込みます。いよいよ2018シーズンの開幕まで秒読み開始です。頑張れ!アルビレックス!

コメント (2)