週末はアルビレックス!

サッカーど素人ながらアルビレックス新潟にはまりこんだ「八百政」家のアルビレックスな週末。(コメント表示は承認制です)

マグ、再びJ2町田へ!

2017年03月29日 | アルビレックス新潟

ビックリな新聞報道が、チームの公式発表よりも先にボクらの目に入りました。「増田、J2町田へ期限付き移籍」の今朝の新潟日報朝刊の記事です。モバアルの公式発表は、新聞発表された今日の午前9時でありました。

う~ん。かつて武者修行で実績を残し、自身がJ2昇格に貢献した町田からのオファーに、「実践の場での向上」を選択したんでしょうね、マグは。武者修行の場に再び戻るって、レノファ山口で今季プレーをする小塚和季選手と同様ですね。小塚にしてもマグにしても、それだけ山口や町田のサポーターから愛され、チームフロントからの信頼も勝ち得ていたのでしょうね。それはそれで素晴らしいことだし、美談です。もちろん、心から町田でのマグの活躍を祈ります。

だけどなぁ…なんかアルビレックスのチーム作りに不安を感じるのも事実なんだよなぁ。シーズン途中での指宿の完全移籍にしても、今回のマグの期限付き移籍にしても、ちょっと心の中で「?」マークが点滅するんですよ。サポーターの中には、今シーズン背番号11や背番号3のユニを買った方も大勢いらっしゃるでしょうからね。心中お察し申し上げます。マグには竜馬と共に、今季はレギュラー定着かって期待していたからなぁ…。

尚紀とか高聖とか巧くんとか、大丈夫でしょうか?ん?竜馬も?

コメント

あっぱれ!守護神・川島!

2017年03月28日 | アルビレックス新潟

2018ワールドカップロシア大会のアジア最終予選、埼スタで行われた「日本Vsタイ」の一戦を、帰宅して途中からテレビ観戦しました。

結果は4-0の勝利でしたが決して一方的な勝利ではなく、タイのしぶとい戦いぶりは見事でしたし、リードしながらもなんか試合運びに余裕がない印象の日本代表には課題も感じました。

そんな中で、日本のGK川島の守護神っぷりには感心させられました。リードをしていても絶対に気を抜かず、「絶対に完封する」という気迫がテレビ画面を通して伝わってくるような、鬼気迫る印象を受けたプレーの数々でした。

圧巻は、後半4-0でリードした場面で、長友がPA内でファウルを犯し相手にPKを与えた場面でした。あの状況下で、冷静に相手のPKを止める冷静沈着さ、そして気迫。すばらしいなぁ…と感激しました。これぞ守護神です。

ここ数シーズン、GKのデキについてはやや不安と不満の残るわがアルビレックス。大谷や守田がこんなシーンをビッグスワンで連発してくれたら、サポーターも盛り上がるし勝ち点も積み上げられるんだろうなぁ…と感じました。

さて、ホームでのG大阪戦まであと4日です。

コメント

送別会(2次会)でのサッカー談義

2017年03月27日 | アルビレックス新潟

八百政は「年度替わり」の職場で仕事をしておりますので、3月末は送別会のシーズンです。今年度末も数名の同僚が人事異動で職場を去り、4月からは新しいメンバーが職場に加わります。組織が停滞せずに成長するには新しい風が必要であり、そのためには「別れ」を「成長のためのエネルギー」に転換しなければなりません。

さて、先日の職場の送別会の二次会で、20年ほど前にも一緒に勤務したことがある現在の同僚(後輩)とたまたま同じテーブルになり、仕事以外のいろいろな話をいたしました。彼にとって「当時はサッカーのサの字にも興味を示していなかったボクが、なぜ今、アルビレックスに夢中になっているか?」というのが素朴な疑問だったらしく、「何があったんですか?いったい?」みたいな話になりました。

まぁボクとしては、13年前当時のこと(職場や仕事内容が変わったこと、単身赴任が始まったこと、下の娘が中学を卒業したこと、子育て後の夫婦のあり方を考え始めたことなど)を思い出しながら、アルビレックスがJ1に昇格したタイミングが、自分・家族・夫婦のあり方を模索してい時期と重なったことなどを彼に話しました。

ちょうど話をしていた彼も、この4月から下のお子さんが大学進学で家を出ることになっており、「夫婦2人の生活が始まるんだけど不安でしょうがない」という悩み(?)をもっていたようで、ボクの話に興味を示してきました。「え~?八百政さんは、奥さんとサッカー観戦に行っているんですか!」とビックリしていました。「そうですよね。夫婦に共通の何かがないと、何を話したらいいのかもわからないんですよ。」とも。

ボクは今度、ビッグスワンのチケットを2枚、彼に渡そうかなと思っています。

コメント (5)

「ふむJ」にでっかく原輝騎!

2017年03月26日 | アルビレックス新潟

隔週の日曜日に発行される、中高生版の新潟日報「fumufumuJ」(略して「ふむJ」)に、今日はでっかく原輝騎選手が掲載されていました。「いま会いたい」ってコーナーの特集です。

紙面一杯のユニフォーム姿の原選手。クラブ史上初の高卒新人での開幕戦出場や、リーグ戦全4試合で先発出場など、歴史を塗り替えていることに対する気負いは感じられず、「まだまだ、もっとやれる」と貪欲な姿勢でいることが記事に掲載されていました。すばらしいですね。

今週末のガンバ大阪戦でも、素晴らしいパフォーマンスでチームの勝利に貢献してほしいと願っています。

そうそう、原選手の記事の隣のページには、地域活性化モデルとして県内で活躍している見附市出身の今井美穂さんの記事が掲載されていました。

先週ビッグスワン周辺を会場に開催された新潟ハーフマラソンでは、大会の盛り上げ役として出場選手とハイタッチするなど頑張っていた今井美穂さん。とてもきれいなお嬢さんで、ボクも走りながらハイタッチをさせていただき、苦しい状況ながらも鼻の下を伸ばしていたのですが、記事によればなんとご結婚されたのだとか。全然知りませんでした。おめでとうございました!お幸せに!

 

 

コメント

あと1週間かぁ…

2017年03月25日 | アルビレックス新潟

2017シーズンが開幕してもう1か月になるんだけれど、ボクはまだなんか「始まった!」って感じが実感できていないんですが、皆さんはいかが?と言うのもまだホーム戦は清水戦の1回のみだし(しかも負けているし)、「勝利の歓喜」って経験をしてないのが最大の要因のような気がします。

しかも今週末は代表戦の関係でリーグ戦はないし、年度末で仕事関係もバタバタしている毎日で(送別会も続くし)、ブログの更新も穴を開けてしまっています。あぁ早く次節のホーム・ガンバ戦がやってこないかなぁ…。

冒頭の画像「愛してる新潟」は、今シーズンのホームでの選手紹介の時に流れる映像です。なかなか今シーズンの選手紹介もカッコいいですね。清水戦で何枚かデジカメで撮影したので、紹介しちゃいましょう。

はい、帰ってきた男、矢野貴章選手であります。以前よりも貫禄がついた感じがしますね。やっぱ貴章の姿をビッグスワンで見た時には、感激しました。

そして、もう一人の「帰ってきた男」、ミスターアルビレックス・本間勲選手です。まさか勲がプレーをする姿を再びビッグスワンで見ることができるなんて、思ってもみませんでした。こちらも感激でしたね。

もう1枚、いっちゃいましょう。

はい、三浦文丈監督です。時々黒縁の眼鏡をかけて、違う雰囲気を醸し出している時もありますが、知将・三浦がアルビレックス新潟にどんな魔法をかけてくれるのか、実に楽しみです。早く初勝利をあげて、精神的な重圧を取り除いてあげたいですね。フミさん、頼みます。

ゲームが空いているので、購入した「ハンドブック」や「ラランジャ・アズール」、そして開幕戦でもらったラランジャアズールのフォトブックなど見返しながら、自分の気持ちを高めています。このラランジャのフォトブック、なかなかいいですね。ナイスなフォトが満載です。

 

 

コメント