オレンジな日々

広島在住のシンガーソングライター&ピアニスト
三輪真理(マリ)のブログです。
音楽大好きな日常を綴っています。

絶賛レコーディング中!!

2016-06-24 | バンド関連

Peppermint Leaf の待望のセカンドアルバム。
作る作ると言ってなかなか手付かずだったんですが、
昨年秋よりスタートしてようやくピアノレコーディングに入っています。


オーディオ・インターフェイスとLogicを新調したので環境は完璧。
準備も整えていざレコーディング!!
自分でレコーディングするのでいわゆる宅録です。


今の宅録環境はどんどん良くなっていて結構な水準の音も自宅で録れます。
メジャーのミュージシャンの中にも宅録の人は多いですね。
録音できたらそれを音データにしてエンジニアさんに送る。
あとはミックスとマスタリングでCDの完成です。


音データができたらジャケットや歌詞カードの作成などいろいろとやることはあるんですけどね。
それもほとんどパソコン一台あれば自分でできるようになったので、アイディアとセンスとそれなりの知識と技術を持ち合わせていれば、ほとんど全部一人でできます。凄い時代です。


そのうちに3Dプリンターが一家に一台という時代がくれば、
あらゆるものがデータでやり取りされていく時代になるんじゃないでしょうか。


一度もメンバーが顔を合わせたことのないバーチャルバンドっていうのも結成されたりしてね。
ボカロとCGでリアルには存在しない初音ミクなんかのCDも発売されているわけですもんね。
リアルとバーチャルの境目はどんどんなくなってきてますね。


ロボット(アンドロイド)バンドのデビューもきっともう間近でしょうね。
AIの技術を駆使してピッチもリズムも正確さ極まりない演奏を聴かせてくれることでしょう。
ビジュアルも文句なしの8頭身のイケメンと美女であることは間違いない(笑)。


それに対抗するわけではありませんが、
我々Peppermint Leafは、ナチュラル.ハッピー、オーガニックがテーマ。
あくまで「手弾き」にこだわるバンドなので打ち込みはナシ。
ちょっとした呼吸やタッチの微妙な力加減、演奏者の体の動きが見えてくるような音が録れるように頑張ります。
アンドロイドとは一味違う人間味にこだわったリアルサウンドを目指します。
イケメンと美女でもないし(←そこ?(笑))。


そんなわけで何回も何回もピアノを弾いてるわけです。
おかげでピアノもかなり上手くなりました。
それでも着々と仕事は進み、ピアノは残り2曲。
とにかく最後まで納得のいく演奏が録れるように頑張ります。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木村大ギター・コンサート「ECHO」@Live Juke

2016-06-20 | ライブ・コンサート

ギタリスト木村大さんのライブに行きました。
木村大さんと言えば、17年前17歳でクラッシックギター界に鮮烈なデビューを飾った人。


その頃の私はまだバンドデビューもしてなくて、仕事一辺倒でホールコンサート以外ライブなんてほとんど行ったことない時代。音楽はほとんど家や車でCDを聴くくらいでした。


そんな私がCDショップで見つけた木村大さんのCDを買った理由は今となっては思い出せませんが(笑)、ギターのことは全く詳しくなかったけど、アコースティックギターだけはそれなりに好きだったんですよね。


あどけない表情の大さんのデビューCDはこちら。
結構ヘビロテしてましたね。 

ザ・カデンツァ17
木村大,ディアンス,ドメニコーニ,ヨーク,バリオス,ヴィラ=ロボス
ソニー・ミュージックレコーズ


今日は念願叶ってそんな木村大さんの生ライブに初めて行けました。
今日のサポートメンバーはピアニストの榊原大さん。
言わずと知れた大さん。実はGクレフ時代からのファン。


ライブはニューアルバム『ECHO』の収録曲を中心に。
「ムーン・タン」に始まり、アンコールの「アランフェス協奏曲」まで。
お二人の楽しいおしゃべりを交えてのライブでした。


榊原さんは前からおしゃべりだって知ってましたが、木村さんも結構お話しされるんですね。
曲解説やその曲にまつわるエピソードを楽しくお話しされていました。
長くソロギターやギターデュオで活動されていた木村大さんは今回初めてピアノとのデュオを試されたそうです。


2人の大さん。ライブを重ねるごとにお互いの意思がわかってきてるようですね。
これからどんどん素敵なアンサンブルが作られていくんだろうと思います。


それにしても木村大さんのギターの音色が美しいことと言ったら・・。
クラシックギター界で一番好きです。


ギターなのにある時は琴のように、ハープのように、ピアノのように・・・
いろんな弦楽器の音に聞こえるギター。
本当に彩り豊かでした。
素敵なライブありがとうございました。

ECHO
キングレコード
キングレコード


ライブばっかり行ってた私ですが今月のライブはこれで打ち止めです。
これからはガッツリ自分のレコーディング。
頑張ります。 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大西順子TRIO クラブツアー 2016

2016-06-16 | ライブ・コンサート

今日は楽しみにしていた大西順子トリオのライブに行きました。
90年代前半からニューヨークを中心に活動されていたジャズピアニスト大西順子さん。
2012年に一度引退されていたんですが昨年嬉しい復帰。
広島に久しぶりに来てくれました。
大西さんの力強くてかつ繊細なタッチとリズム感、
そして音の響きがめちゃめちゃ綺麗なピアノがすごく好きです。


トリオメンバーは24歳の若手のドラマー山田玲(アキラ)とベーシスト井上陽介。
なるほど凄腕です。


ツア−は7日目。
毎日ライブし続けてるそうです。
今日も本当に素晴らしかった。
言葉にうまくできませんが、
とにかく音楽に引き込まれてあっという間の2時間でした。


今日は菊地成孔さんのプロデュースによる新しいアルバムの曲を中心に演奏。
菊池さんの曲がこれまた斬新で難解だけどカッコイイのです!!
大西さんと菊池さんの出会いにまつわるエピソードははこちら


6/22にアルバム発売だそうです。
こちらから買えます。

Tea Times(SACD HYBRID)
ヴィレッジレコーズ
ヴィレッジレコーズ

以前はホールで遠くから見るだけだったので、
Live Jukeのこの距離で手元まで見られるのは本当にありがたかったです。
あんなに華奢で小さな人なのにダイナミックでドラマチックなピアノ。
そしてさっぱりとした話し方。
どこまでも気品のある人ですよね。


いいライブを見ると練習したくなる。
Peppermint Leafのピアノレコーディングも環境が整い、いよいよ本格スタート。
そんな折に大西さんのピアノが聴けたのは本当にラッキーでした。
いい音が録れるように頑張ります。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロス・チフラードス「ホタルコンサート」in 利松公民館

2016-06-12 | マリライブレポ

今日はロス・チフラードスの公民館コンサートでした。
昨年も一昨年もお世話になった利松公民館での恒例「ホタルコンサート」。


あいにくの雨ということでホタルにはお目にかかれなかったけど、
お足元の悪い中、たくさんのタンゴファンの方にお集まりいただき、
演奏をお届けすることができました。
ありがとうございました。

 


本日のプログラム。
1.ロカ
2.真珠採りの唄
3.蘇州夜曲
ほか


今日は愛器ローランド700NXのピアノの音をアンティークピアノの音にしてみたんですが、
これがなんともタンゴにぴったり。
古いレコードの音みたいになっていい感じでした。
1920年代くらいにタイムスリップしていただけたのではと思います。
次回ライブもこれを使ってみようと思います。

 

ロス・チフラードスの今後の私の出演ライブは以下の通り。
よろしければおいでください。


サマーコンサート
日時:2016年7月10日(日)10:30〜
出演:ロス・チフラードス
場所:観音公民館(広島市西区観音本町二丁目1番77号 tel 082-233-2603)
入場無料


錦果楼ミニコンサート
日時:2016年7月24日(日)12:30〜
出演:ロス・チフラードス
場所:錦果楼喫茶「せせらぎ」(山口県岩国市関戸一丁目109 tel 0827-44-1133)


メルパルク・ディナーライブ(詳細確認中)
日時:2016年7月25日(月)
出演:ロス・チフラードス
場所:メルパルク
料金:


ラ・セッテ「ランチコンサート」
日時:2016年7月26日(日)11:30〜(演奏は13:00〜)
出演:ロス・チフラードス
場所:ラ・セッテ(広島市中区広瀬北町2−28 tel 082-297-1207)
料金:3700円(コースランチ付き)要予約


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライブ三昧

2016-06-11 | ライブ・コンサート

今週はバンド仲間のライブに続けて参戦しました。
まず6月8日はポのレコ発ライブ。


ポはサックスのウッチーこと内田広平くん率いる結成3年目のバンド。
「まんだほさと」というサックスの本田雅人さんをリスペクトしたバンドとしてスタート。
これはこれで十分ふざけたネーミングのバンドと思いますが、
リーダーのウッチーのダイエットの公約失敗により、
さらにふざけた「ポ」というネーミングになってしまったバンドです(笑)。


白鶴山の結成ツアーのオープニングアクトでの演奏を見たのがお初。
昨年は私の『Retrospective』のレコ発ライブにウッチーとすみまいちゃんに出ていただいたり、
ベースの田中翔太朗くんとはにいやさんのアルバムレコーディングやレコ発でご一緒したりと、
何かしらお世話になっています。


『宴も酣(たけなわ)』というタイトルのファーストアルバム。
なんと1日で6曲すべて一発録りでレコーディングしたという渾身のアルバムです。


ライブではその6曲をファーストセットで、
セカンドセットは本田雅人さんやスクエアのカバーを演奏してくれました。
どれもふざけたネーミングには似合わないめちゃめちゃかっこいい演奏でした。
 

中でも目玉だったのは、スクエアのなんとかって言う難しい曲で
サックスのウッチーとドラムの山口陵くんの長いアドリブソロがあるんですが、
そこですみまいちゃんがお手製のスケッチブックフリップで「ポの歩み」を説明する演出。
面白すぎました!!
 

こちらが『宴も酣』のCD。
なんだか白鶴山に通じるエッセンスを感じるのは私だけ?(笑)

新鮮な魅力たっぷりのオリジナルCDです。


そして今日11日はBoss18のワンマンライブでした。
Boss18はギター&ボーカルのMAN3率いるロックバンド。
結成11年で今回初のワンマンだそうで気合いたっぷりでした。


Boss18ツイストや沢田研二のカバー、
そして何と言ってもカープの応援歌が大人気のバンドです。
初のワンマンということで趣向を凝らした内容になってました。
途中にメンバー全員がボーカルを取るメドレーがあったり。
すごい楽しかったです。
   

個人的には亡きシンさんの「大地の恵み」と「忘れないよ」が聞けたのが、やっぱり感動。


シンさん降りてきてたね。
めっちゃ暑かったし・・・(汗)。
シンさんのお姉さんのひろこさんにも久しぶりに会えたのも嬉しかったです。



バンドやライブの楽しさってどれだけお客さんを楽しませるかってことに尽きると思いますね。
その楽しませ方はそれぞれで、楽曲に引き込んで楽しませる方法もあれば、
それ以外の要素(衣装やダンスパフォーマンスやアイディア)で楽しませる方法もあり。


これが正しくてこれが間違いというのはなく、
お客さんを「楽しかった!!」と思わせられたらきっとそれでいいんだろうと思います。


そいういうことを改めて思った2つのライブでした。
ポもBoss18もメンバーがお酒好きで仲良し。それも魅力の1つ。
2つのバンドともこれからも頑張ってくださいね!!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Amazonリンク

ブログ内で紹介した本やCDの注文は、  へどうぞ。