オレンジな日々

広島在住のシンガーソングライター&ピアニスト
三輪真理(マリ)のブログです。
音楽大好きな日常を綴っています。

新しいことゾクゾク進行中。

2017-03-27 | その他

春休みで3日間ほど実家に帰ってました。
久しぶりに同級生のTくん、Sちゃんと会って何時間もおしゃべり。
それぞれの仕事のことをちゃんと聞いたことはなかったけど、2人とも頑張ってるなあとつくづく感心でした。 


頑張ってる人からはヒントがたくさん出てくる。
自分の仕事のアイディアにもどんどん生かせそう。
話してると何かが生まれそうな予感でいっぱいになります。
 

広島に帰ってきて今日はイラストレーターのSHIEちゃんと会いました。
SHIEちゃんは5月にイタリア震災支援のイベントを企画しておられて今日はその関係でイタリアンの木村シェフと画家の是永昭宏さんと4人で企画会議。


会場となるPeace Cafeはオーナーのティムさんが気軽に国際交流の場になればと出されてるお店。
レストランスペース奥のイベントスペースは100人収容できて音楽ライブもできるステージもあるというかなり素敵な場所です。
イベントの内容も充実してきてて、3時間があっという間に感じてもらえるそんな素敵なイベントになりそう。
食べて、見て、聴いて、知って、楽しんで、支援もできるという欲張りなイベント。
私もPeppermint Leafとしてベースのヒロシくんと出演します。
皆さん、5月14日(日)の夜は是非予定を空けておいてくださいね。
 

そしてマリマリも5月13日(土)にライブが決まってただいま準備中です。
マリマリでは今回からの初企画もスタート。
『マリーさん、事件です!!』という新曲はなんとなんと、劇伴です。
私設探偵マリーが様々な事件を解決する、という架空のドラマに合わせたシリーズものになります。
サスペンスラブコメディーです(←何じゃそりゃ)。
どうぞお楽しみに。


そんな面白いことを色々考えながらPeppermint Leafのニューアルバムもいよいよ歌入れに入ります。
私も経験を積んで8年前のファーストアルバムとは多少歌声も変わったけど、きっと素敵なアルバムになると思います。
こちらも順調に行けば6月か7月にはリリース予定。
音源希望の声が高かった曲がようやくアルバム収録できます。
こちらも楽しみに待っててね。


そんなわけで加速度的にいろんなことが進んでますが、どれも楽しい企画ばかりで本当にワクワクします。
夢に向かって進むっていいよね。
最近では夢がない大人も増えてるみたいだけど私はまだまだ夢追い人。
アイディアを形に、どんどん生み出していきますね。
桜の季節はもうすぐ!!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画『LA LA LAND』(ラ・ラ・ランド)(ネタバレなし)

2017-03-23 | おすすめ映画

『LA LA LAND』観ました。
本年度アカデミー賞、6部門受賞作品。
・・・だけありますね。


『君の名は。』も『この世界の片隅で』も『スノーデン』も吹っ飛んじゃったよ。
映画人が映画業界の映画を撮るのは「ずるい」です(笑)。
だって出演者全員が関係者なんだから。
ある意味ドキュメンタリーじゃないですか。リアルストーリー。


画面の端々から漂ってくる映画人のリアルストーリー。
それが全部盛り込まれた映画なんですね。
実際、この映画自体、チャゼル監督(なんと32歳)の10年来の夢だったらしく、この映画にかける意気込みもハンパなかったことでしょうね。
それだけ感動を呼ぶのも当然といえば当然。


映画の作り方は時系列が一直線のようでいて行ったり来たりパラレルに進む。
事実と空想、そして登場人物の記憶をたどるように何層にも織り込まれたストーリー展開は観てるこちら側を飽きさせない作り方。
女優を目指すミアとジャズピアニストのセブ。二人の夢追い人が夢を掴むまで。
そのシンプルなストーリーはハリウッド映画ではやっぱり「よくある展開」なんだけど、実体験に基づくシーンの数々に映画人が映画に「YES!!」と言ってる、そして最後はホロリとさせるスパイスも効いたいい映画でした。 


古くは『サウンド・オブ・ミュージック』や『雨に唄えば』、最近だと『レ・ミゼラブル』など。
ミュージカル映画ってやっぱり好きです。
そして何と言ってもこの映画は「音楽」がいいです。


帰りにオリジナルの挿入歌が頭の中でヘビーローテーション。
いや〜〜映画って本当にいいですね〜〜!!!って言いたくなる映画でした。


あなたが「夢追い人」ならきっと共感できるシーンはいっぱいあるはず。
人生の節目、節目できっと見たくなる映画。
DVDもきっと欲しくなる。
まだ見てない方はぜひ劇場で。オススメです。


 



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちきりん『自分の時間を取り戻そう』

2017-03-21 | おすすめ本

大学時代には心理学を勉強していました。
みなさんは心理学をどういう学問と思ってるかわかりませんが、実は入ってみたらいろんな「人体実験」があります。
実験と言っても、電極をつけたり心電図をつけたりする専門的なものではなく(一部にそういうのもあったけど)、学部レベルの実験は被検者の人にいろんな作業をしてもらって、その後にアンケートに答えてもらい結果を統計処理するというものがほとんど。


その時に「実験群」と「対照群」というのを分けて、その「刺激」が結果に反映してるかどうかを結果の「差」で確認するわけです。
そこで意外に大切なのは「対照群」。
つまり実験前と実験後が1から5に変わったとしても、対照群が1から3に変わったら、その「刺激」の効果は「2」ですね、ってこと。


実は昨年くらいからなんだかモヤモヤ思うところがありました。
以前は好きだったものがそれほど好きではなくなり。
以前はいいと思っていたものがそれほどいいと思わなくなり。

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方
ちきりん
ダイヤモンド社


ちきりん『自分の時間を取り戻そう』。
この本を読んでその結論が出ました。


つまり、自分のスピード(傾き)が上がったためでした。
キーワードは「生産性」。
生産性の低いものや人にまったく興味を持てなくなってしまったのです。


人生でやりたいことは山ほど。
元々人生に欲張りな性格。
足を引っ張られるようなものに気を取られている場合ではない。


「自分の時間を取り戻す」とは「自分の人生を取り戻す」ということ。
自分の人生は丸ごと自分の責任。
人のせいにしたり、社会のせいにしたり、周りのせいにしたりして愚痴をこぼしながら生きるのはまっぴら。


明らかに時代のスピードは上がっています。
時間に追われ息切れしながら生きるのをやめて、生産性を上げてゆとりを手に入れる。
その先に見えてくるものに焦点を当てて今やることを選択していきたいです。


「実験群」になるのか「対照群」になるのか。
選ぶのは自分次第。
私はやっぱり「実験群」として「刺激」をどんどん受けてどんどん変化する人生がいいですね。


そのためにはパワー全開!!
音楽も人生も全力で頑張ります!!!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月ですね。

2017-03-12 | バンド関連

3月になりました。
相変わらず楽しくそして多忙な日々です。


依頼されていた曲のミックスとマスタリングも終わりこちらもひと安心。
ミックスやレコーディング全般お世話になったセントルイーズスタジオの数井さん。
いろいろと細かなリクエストを聞いてもらってありがとうございました。


楽曲提供は初めてではないですが、がっつり他の人のために曲を完成させるのは、初めて。
いろいろと得るところが多いお仕事でした。
どうぞ長〜〜く愛して歌ってやってくださいね。


春は変化の季節。
先日3泊4日で視察と研修を兼ねて台湾へ行ってきました。
アジアの中では日本に好意的な国といわれる台湾。
いろんな面で日本の方が進んでる気がしていたんですが、ところがどっこい。
スマホ向けの半導体で世界ナンバーワンのシェアを誇るだけあってもうソフト面では日本の先を行ってました。


やっぱり現地に行ってみないとわからないものですね。
日本はボヤボヤしてるうちに出遅れそうです。
日本、頑張ろう。


さてライブの方は3月〜6月でぼちぼち決まってきています。
3月19日には1月に雪のために延期になった馬木公民館でのタンゴ演奏もあります。
その他、順次ご案内していきますね。




HAPPY コンサート
情熱のアルゼンチンタンゴ
日時:2017年3月19日(日)14時〜15時
出演:ロス・チフラードス
    岡田淑子(Vl)
    恵島広幸(Bn)
    三輪真理(Pf)
場所:馬木公民館2F研修室
 (広島市東区馬木二丁目565 番地の4. TEL&FAX 082-899-3062)

申し込み:不要(直接お越しください) 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バンクーバー旅行

2017-02-28 | 旅行

バンクーバーに行ってきました。
バンクーバーは3回目。
カナダの中でも比較的暖かな場所ですが2月は初めて。
寒さは苦手なので相当覚悟していきましたが、それほど寒さを感じなくて済んでホッとしてます。
(写真はまたそのうちに追加します)
 

バンクーバーの夜景を見下ろすグラウスマウンテンのナイト・スノーシューというアクティビティも初体験。カンジキみたいなものを履いて雪山を歩くんですがこれがなかなか楽しい。
ツアーガイドさんのカナダに関する豊富なお話に感心しながら気持ちの良い時間でした。


今回はあまりショッピングに時間を費やすよりもどちらかというと街中を歩くことが多かった私。スタンレー・パークという美しい公園で野生のリスたちが木の実を拾って食べてるのを見たときはすっかり童心に帰ってしまいました。
 

カナダは移民を受け入れてきたオープンな国家。
旅行者にも親切で排他的でギスギスしたところがないのは、この自然環境のおかげだろうなと思います。
人は自然がたっぷりある中にいると他人にも優しくなれるんだと思います。 
私もカナダ人のように生きたいな。


世界はいいね。
そして広い。


でも海外に行くと日本の良さも再発見できます。
何気ない毎日のご飯が美味しい、とかね。
日本にはまだまだできることがあると思います。
みんな頑張ろうね。



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

Amazonリンク

ブログ内で紹介した本やCDの注文は、  へどうぞ。