オレンジな日々

広島在住のシンガーソングライター&ピアニスト
三輪真理(マリ)のブログです。
音楽大好きな日常を綴っています。

基準値

2015-02-24 | 音楽

2月ももうすぐ終わりますね。
この1ヶ月くらいで自分がすごく変化したと思います。


トップドラマーの鶴谷さんと3日間ご一緒させてもらったことで(ライブは1日だけですけど)、基準値というのを改めて感じました。人の「普通」っていうのは一人一人違ってまちまち。
音楽やライブに求められるクオリティや美しさというものの基準もみんな違う。
でも自分自身が基準値をグッと上げようと決断すれば、その瞬間に流れや出会いが変わっていくものだということも感じます。


目に見えない音楽や芸術の世界は数字ではじいて答えが出てくるものではない。
だから自分なりにこうだという方向を信じて進むしかないですね。


昨日の長崎のあんでるせんで、マスターの久村さんから聞いたお話を書いておきます。
ニューヨークの街でバイオリンケースを抱えた若者が老人に道を尋ねた。
「カーネギーホールにはどうやったら行けますか?」
老人は答えた。
「君はバイオリニストかい?だったらもっともっと練習しなさい。
 練習に練習を重ねていれば、そのうちカーネギーホールの舞台に立っているよ。」


ライブスケジュールもぼちぼち決まってきました。
6月くらいまでの現在確定しているスケジュールを載せておきます。
チェケラ!!


「雛のまつりーええにょぼコンサート in 日和~女性が元気になろう」
日時:2015年3月3日(火)13:30 open 14:00 start
出演:新屋まり(Vo&Gt)/三輪真理(Vo&Pf)
場所:日和公民館
(島根県邑智郡邑南町日和2525-10 Tel 0855-97-0908)
入場:無料主催:日和の女性が元気になる有志の会
お問い合わせ:日和公民館まで





白鶴山2015 1st Tour
日時:2015年3月18日(水)19:00 open 19:30start
出演:白鶴山
    白井アキト(Pf)、鶴谷智生(Dr)、山本連(Ba)
ゲスト: 内田広平(Sax)、三輪真理(Vo)
場所:Live Juke
     (広島市中区中町8-18 
           クリスタルプラザ19F Tel 082-249-1930)

料金:一般/前売り3800円、当日4300円
   学生/2000円
  (ともにドリンク別)
ご予約・お問い合わせ:Live Juke(http://www.live-19-juke.com/ 


FOUR&FOUR Presents 
Shingo Kawachi 67th Anniversary Live
日時:2015年4月12日(日)13:00start(予定)
出演:蓬-よもぎ-/筒&TOM/TOMG
   /Peppermint Leaf/FOUR & FOUR 
場所:Live Juke
  (広島市中区中町8-18
   クリスタルプラザ19F Tel 082-249-1930 Fax 082-243-5797)
料金:1500円 (ドリンク別) (予定)


Primavera de Tango argentino in 呉
春のアルゼンチンタンゴ イベント
日時:2015年4月19日(日) 14:40open 15:00stat
出演:ロス・チフラードス
    岡田淑子(バイオリン)恵島広幸(バンドネオン) 三輪真理(ピアノ)
ダンサー:ロドリゴ&ナツコ
場所:スタジオ PLAN-U
    (呉市三条4-3-10 Tel 090-3880-2343)
料金:3000円(前売り)3500円(当日)ドリンク&スナック付き
チケット購入:スタジオ PLAN-U
    (呉市三条4-3-10 Tel 090-3880-2343)
 *お振込の方は下記まで。
     080-6326-1384(el abrazo de tango広島スタジオ)
     abrazo_de_tango_hiroshima@yahoo.co.jp 



千田わっしょい祭り
日時:2015年6月21日(日)10:00 start
出演:FOUR & FOUR ほか
場所:東千田公園特設ステージ
(広島市中区東千田町1丁目1)
料金:観覧無料


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四次元パーラーあんでるせん

2015-02-23 | 旅行

今日は早朝に家を出発して長崎の川棚にある「四次元パーラーあんでるせん」に行ってきました。
マスターの久村俊英さんが超能力&マジックショーを見せてくれる名物喫茶店。
前回行ったのがもう15、6年前だから、考えたら私がバンド活動を始める前ですね。

現在の外観。
  

店内には昔の面影を残すミニチュアが。


以前は早朝からお店の前に並ぶために前の日から行ってたんですが、今は2ヶ月前から電話予約して予約順に入る事になってるので私たちは特等席のカウンター席を予約していました。


まずはお約束でランチを注文。
ハヤシライスを頼むと早速でてきたスプーンがこれ(笑)。さっそく軽くジャブですか。
 

全員が食べ終えて一息ついた2時半頃からカウンターでショーはスタート。 
加藤剛にちょっと似てるとも言えなくもないマスター久村さんの、ジョークが満載の軽快なおしゃべりに乗せられながら、どんどん不思議なショーは進んでいきます。


まずはお札の芸。
折り畳んだお札がまるで小鳥か生き物のように指の上に立ったり空間に静止したり、手のひらから肘へ移動したり、指の輪くぐりをしたり、、、あっけに取られます。
磁石でも糸でも風でもない証拠に、蓋のついたプラスチックの密封容器の中で同じ事をやってみせてくれ・・。


その後はカードを使った予言、透視、壁にかかった額の中へカードの瞬間移動、コーラのラベルが瞬間的にコーラの液体の中に入ったり、名前と生年月日と悩み事(夢)を言い当てられたり、好きな人の名前を当てられたり、ルービックキューブを手の中で一秒で揃えてくれたり、ボルトとナットを手を使わずに外したりはめたり・・。


こちらが手に持ったスプーンやフォークが久村さんの言う通りにグニャグニャと曲がっていく様子を目の当たりにすると、およそ人間には不可能な事なんてないんじゃないかと思えてきたりします。


壁に貼られた数々の有名人の方々の写真。
俳優、バンドマン、スポーツ選手、有名企業の社長さん、画家さん・・・。
みんなここへ一度は来て自分の能力のリミッターを外して帰るんですね。


いやーー、面白かった、面白かった。


人間の脳ってホントに眠ってますね。
私の脳もいかにお休み状態だったのかがよくわかりました。
CPUの速度を上げて早くもっと社会に貢献できる人間になれるように多方面で頑張ります。


最後にこの動画をどうぞ。
久村さんほどの超能力ではなくてもこのくらいの人はいると言う動画です。





四次元パーラーあんでるせん(2ヶ月前から電話予約できます)
長崎県東彼杵郡川棚町栄町2
Tel 0956-82-2375(朝10時~夜8時)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

APEX vs ポ feat. 鶴谷智生LIVE(鶴谷智生3days広島3日目)

2015-02-20 | ライブ・コンサート

そしてドラマー鶴谷智生さん3days@広島の3日目。
本日はAPEX vs ポ feat.鶴谷智生LIVEということで、再びお客さんとして参戦してきました。
ついに3日間コンプリート!!
今日のステージも出演者の皆さんの素晴らしさと鶴谷さんの素晴らしさが炸裂したサイコーのステージで、ホントに行って良かったと思えたライブでした。


軽くライブレポします。
今日はドラマーが3人いるということでステージにはドラムセットが3台設置。
なんかGroove DynastyかSynchronized DNAを彷彿させる華やかさです。


ステージは1st Stageがポの皆さん。ポは(ちなみに「ポ」というのはバンド名です)、内田広平(Sax)、すみまいこ(Pf)、田中翔太郎(Ba)、山口陵(Dr)というメンバー。冗談みたいなバンド名に似合わず若手ながら全員実力派のインストバンドです。


 
1曲目はちょっと遅れたので聴けなかったんですがオリジナル曲だったのかな。そして2曲目はAPEXのギターの江田さんを交えてなんと白鶴山の『ピースフル・ワールド』の鶴谷さんナシでの完コピバージョン。
嬉しくてきゃーって感じでした。まいちゃんのピアノ、アキトくんのまんまじゃーんって感じで。
そして鶴谷さんを迎えて1曲挟んだあと、最後はふたたび白鶴山の『はしご酒』。
いいなあ。あの曲を耳コピでここまで再現するとはホントすごいですね。


そして2nd Stage。こちらはAPEXの皆さん。APEXは江田徹(Gt)、森光明(Key)、森光奏太(Ba)、山口圭一(Dr)というメンバー。キーボードの森光明さんの息子さんで伸び盛りの高校生ベーシスト森光奏太くんを含むベテランの実力派バンドです。

 
まずはオリジナルを2曲演奏された後、ドラムに鶴谷さんを迎えてカバー曲のコーナー。
鶴谷さんがドラマーとして参加されているギタリスト菰口雄矢さんと梶原順さんのアルバム曲から2曲ずつと「哀しみの恋人たち」を演奏して下さいました。ここでも鶴谷さんのシカケや演出が多数ちりばめられ、メンバーの皆さんが即座にそれに反応して乗せられていく感じがたまりません(笑)。


そしてラストステージはドラム3台のみのインプロヴィセーション(即興演奏)から。

ドラムの山口陵、鶴谷智生、山口圭一が並んで「山鶴山」(笑)。
1人1人のソロ演奏から掛け合いにつながっていくまるで和太鼓を彷彿させるような演出で、ちょっと異空間に私たちを連れて行ってくれました。そして満を持して3人のリズムが同じリズムを刻み始めると、出演者全員がどんどんステージに戻っての全員セッション。


曲は「フリーウェイジャム」から始まりそれぞれソロ回しの後、どうやら鶴谷さんの提案でドラムのリズムが変更。打ち合わせになかった本番中の変更らしく、全員がどこに戻っていいのか思考を巡らしている中、鶴谷さんからフロントギターの江田さんへまさかのiPhoneのメール画面で「チキン」と本番中に楽曲伝達(笑)。面白すぎる!!(笑)


無事に曲が始まると再び鶴谷さんのいたずら演出がスタート。
演奏中に歩き回ってW山口の両ドラムセットを少しずつずらしたり片付けたりし始めるという(笑)。W山口のドラムセットがどんどん心細くなって場内がクスクス笑いに包まれる中、鶴谷さんだけフルセットで思い切り叩くという楽しさ溢れるステージ演出に会場はさらに大盛り上がりでした。


「ライブというのは芸術性とエンターテイメント性を兼ね備えたものでありたい」
と鶴谷さんがいつか話してくださったことを見事に再現したステージ演出で、見ていてなるほどなーーって感心しきりでした。本日ご出演の皆さんほんとに楽しいステージをありがとうございました。


そんなわけで。
とにもかくにも楽しすぎる3日間でした。
終わってからの打ち上げも盛り上がって連日午前様。
打ち上げに参加しなかった1日目はさることながら、2日目、3日目は家に辿り着くとともに意識を失うという酔っぱらいっぷりでしたが、音楽の楽しさと素晴らしさを心から堪能できた3日間でした。


あらためて鶴谷智生さん、このたびは本当にありがとうございました。
そして3月18日の白鶴山ライブを楽しみにしています。
こちらにはゲストボーカルということで少しだけ出演させていただく事になっています。
1人でも多くの人にこの楽しさを味わっていただけたらと心から願っています
ぜひお誘い合わせの上ライブにお越し下さい。




白鶴山2015 1st Tour
日時:2015年3月18日(水)19:00 open 19:30start
出演:白鶴山
    白井アキト(Pf)、鶴谷智生(Dr)、山本連(Ba)
ゲスト: 内田広平(Sax)、三輪真理(Vo)
場所:Live Juke
     (広島市中区中町8-18 
           クリスタルプラザ19FTel 082-249-1930)

料金:一般/前売り3800円、当日4300円
   学生/2000円
  (ともにドリンク別)
ご予約・お問い合わせ:Live Juke(http://www.live-19-juke.com/ 
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Beautiful Songs feat. Tomo'o Tsuruya(鶴谷智生3days広島2日目)

2015-02-19 | マリライブレポ

そして2日目はいよいよ「Beautiful Songs feat. Tomo'o Tsuruya』です。
ライブからたったの2日なのにはるか昔のことのように感じます・・。(笑)
早速ライブレポさせていただきますね。


今日のメンバーはボーカル&ピアノの私に、ギターの小田原政広さん、ベースの西本圭介さん、そしてゲストでドラマーの鶴谷智生さん。この特別編成でお届けしたライブでした。


本日のセットリストは、こちら。

【1st Set】
1.夜明けの星
2.月の優しいこんな夜
3.風の回廊
4.Boogie Woogie Longsam High-Heel(今井美樹)
5.プライマル(オリジナルラブ)
6.マーメイドストーリー
7.星空と粉雪
8.天使の翔ぶ街

【2nd Set】
1.スベテハココニアル~永劫回帰~
2.シンプソン
3.幻惑(大貫妙子)
4.色彩都市(大貫妙子)
5.真冬の蓮華草
6.サンサーラ~輪廻~
7.アイノアメ

【encore】
1.You've Got A Friend(キャロル・キング)
2.春雷

   

  

   

  

ライブは約2時間半。オリジナル12曲、カバー曲5曲で全17曲をお届けしました。
今回のライブはまちがいなく自分の中では過去最高のライブだったと思います。
それはゲストの鶴谷さんのお力に寄るところが絶大です。
でもそれに加えてギターの小田原さんとベースの西本さんが同じように高いテンションでライブに臨んで下さったから。


そして忙しい中時間を作って聴きにきて下さったお客さま。そこには私のバンド初期の頃からずっと見守ってくれていた方や古くからのバンド仲間や私の今までを多く見て下さってた方がいて、温かい雰囲気が会場全体を包んでいたこともライブ成功の大きな要因です。ホントにありがとうございました。 


1曲1曲について書きたい事は山ほどあるんですが、そこはあえて割愛。
手品のタネ明かしはプレイヤーだけの秘密にしておきたいと思います。


でも鶴谷さんの素晴らしさがわかるネタバラしを1つだけ。
実は時間切れでリハが出来なかった曲がありました。それは1曲目の「夜明けの星」。
この曲は鶴谷さんと私の2人で演奏することなっていて、本番前に「適当に(即興的に)入って下さいね」とだけ伝えてステージに上がりました。


歌が始まって静かに登場するドラムに彩られて曲は進み、曲の盛り上がりとともにだんだんと厚みを増していくドラムの最後の最後に、突然、アンコールでやることになっている「春雷」のボレロのリズムが静かに刻まれました。
その瞬間「やられたー(笑)」と思いましたね。まるで映画のような演出・・。
ライブ終了後の打ち上げの席で「ライブには最初の一音から最後の一音まで通したストーリーを描いて臨む」と言われた鶴谷さんのお話に大きくうなずいたワンシーンでした(笑)。


そんな鶴谷さんの素晴らしい演出の数々に彩られ、ライブ全体を通して自分が表現したかったものに大きく一歩近づいた気がした今回のライブでした。
ソングライターとして、シンガーとして、ピアニストとして、自分自身の芸術性はどこまで磨いても磨きすぎることはなく、ライブのクオリティというのもどこまでも上げていけるのだと確信を持つこともできました。


そしてさらにライブの盛り上がりや楽しさと演奏のクオリティの高さというのは相反するものではなく、どちらもどこまでも高めることができるのだとも思いました。
これからもひるむことなく、どこまでもクオリティを追求した楽しいライブを届けていきたいと思います。


鶴谷さんこの度は本当にありがとうございました。
そしてご一緒して下さった小田原政広さん、西本圭介さん、ホントにありがとうございました。 
ご来場いただいた皆さま本当にありがとうございました。


鶴谷さん率いるトリオバンド白鶴山と私のコラボレーションアルバムは着々とレコーディングが進行中です。
少しでもいい音で皆さんに届けられるようにしっかり頑張ります。
楽しみにしていて下さいね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Cafe OTTO Special Session 2015 feat. 鶴谷智生(鶴谷智生3days広島1日目)

2015-02-18 | ライブ・コンサート

ドラマー鶴谷智生さんをお迎えしての怒濤の3日間が終わりました。
結局3日間コンプリートしましたので、ブログの更新が遅くなりました(笑)。
遅ればせながらですが、ライブレポさせてもらいますね。



まず1日目。
本日は『Cafe OTTO Special Session 2015 feat.鶴谷智生』。
メンバーは藤井政美(Sax)、Juan Ortiz(Pf)、山本優一郎(B)、鶴谷智生(Dr)(スペシャルゲスト)という顔ぶれ。
明日が自分のライブということで今日のライブはご遠慮しようかな~とも思ってたんですが、河村さんに是非と誘っていただいたので思い切って出かけました。


 
ライブは予想以上に素晴らしく、大興奮のライブでした。
いつも藤井政美さんたちのライブによく来られているというIさんも立ち上がって拍手を送る興奮ぶり。
書きたいことはたくさんありますが、文字にしてしまうと勿体ないので、とにかく4人の持ち札が多彩だったこととそれぞれの音楽性の高さが見事に結実したジャムセッションだった、ということだけ書いておきたいと思います。


私はジャズに関してまったく詳しくなく、スタンダードの曲をちょっとかじって演奏できるようになったのもごく最近のことなので、語れるほどの技量はまったく持ち合わせてないんですが、同じピアニストとしてスペイン出身のピアニストのJuanさんのピアノに感心しまくりでした。
タッチのしっかりしたピアノは音の粒が揃っていてとても綺麗。そして音選びも新鮮。なるほどソロはああいう風なアプローチでいくとカッコイイのねー、とすごく参考になりました。


そして何より、ラテンのリズムのグルーブが独特。さすがはスペイン!!
鶴谷さん、優一郎さん、Juanさんのリズムの上で政美さんのサックスが自由に泳いでる感じがとっても心地よかったですね。ラテンのリズムは大好きなので、いつか私もああいうグルーブが出せるようになりたいものです。


Juanさんのスペインでのピアノトリオのアルバムを持ってきておられたので買わせていただきました。
自分のライブが終わったらゆっくり聴かせてもらうつもりです。
MP3バージョンならAmazonからも買えます。

Life Is Too Short
Juan Ortiz Trio
Errabal Jazz


ご出演の皆さんお疲れさまでした。
素敵な時間を堪能させていただいて本当にありがとうございました。
ほんとに楽しかったです!!
Cafe OTTOさんもグランドピアノが似合うとってもオシャレなカフェで、今度はゆっくりお食事にも伺いたいなと思いました。席をご一緒させていただいたOさん、Iさん、お知り合いになれて嬉しかったです。
これからもどうぞ宜しくお願いします。


というわけでライブレポは2日目、いよいよ『Beautiful Songs feat. Tomo'o Tsuruya』のレポに続きます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「情熱と魅惑のタンゴショー」@横川バレンタイン・かよこバス記念祭

2015-02-14 | マリライブレポ

今日はアルゼンチンタンゴバンド、ロス・チフラードスで横川バレンタイン・かよこバス記念祭というイベントに出演させていただきました。
本日のロス・チフラードスは岡田淑子(Vl)、恵島広幸(BN)、そして三輪真理(PF)というメンバー。
ピアノ奏者は他にも2人いてその時々で都合の合う人が出演します。


本日の会場は横川シネマ。

昔から横川にあるちょっと小さめの映画館ですが、このたび全面改装されて美しくなったということでそのステージでの演奏でした。


本日のセットリストは以下の通り。

1.アディオス・ノニーノ
2.ケハス・バンドネオン
3.プニャラーダ
4.アマネセル
5.ロカ・デ・アモール
6.碧空
7.エルチョクロ
8.ノクトゥルナ
9.小雨降る径
10.オブリビオン
11.リベルタンゴ

【encore】 
ラ・クンパルシータ
エルチョクロ

写真はこちら。

    
   

いつもながらバイオリン岡田淑子さんの名解説付きのタンゴの生ライブ。


ロス・チフラードスのライブの魅力の1つは淑子さんの解説と言っても過言ではないと言えますね。くりぃむしちゅーの上田にも負けず劣らずのうんちく満載の解説で、一度淑子さんの解説を聞けば初めてタンゴを聴いたで人もたちまちアルゼンチン通、タンゴ通になれること間違いなしです。


そして今日は特別に広島の誇るタンゴダンサーのロドリゴ&ナツコと一緒のステージ。

妖艶で華やかなダンスも堪能していただきました。


今日のピアノはステージ袖に常設されたヤマハのアップライト。ちょっと年季の入ったピアノで、調律もしてなかったのでブエノスアイレスの古い酒場さながらの音具合でした(笑)。ピアニストとしては時々自分の弾いた音にギョッとするシーンがあってうろたえましたが、そこはグッと我慢。
本場の雰囲気そのものでアルゼンチンタンゴにはとっても合ってたみたいです。

ピアニストは基本的に楽器を選べないのでたとえどんなピアノであってもそのピアノと仲良くするのが信条です。愛ですね、愛。


リニューアルされた横川シネマの椅子は鷹野橋サロンシネマで使われていたものを設置されたらしいです。

とっても座り心地のいいこの椅子は一脚10万円以上とか!?
お客さまにはさぞかし王様気分で聴いてもらえたのではないかと思います。
横川シネマがこの椅子のおかげで新たな広島の人気スポットに復活するといいですね。


ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。
  
またロス・チフラードスのライブは別のピアニストを迎えて2月22日(日)、3月1日(日)、3月21日(土)と開催される予定です。
詳しくはFacebookなどを通じてバンドネオンの恵島広幸さんにお問い合わせください。


ということで、私はしばらくシンガーソングライター、三輪真理に戻ります(笑)。
2月19日(木)のBeautiful Songsライブでお会いしましょう。


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

***主なライブ情報***