ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

岡田啓介回顧録 - 3

2017-06-30 23:23:20 | 徒然の記

 陸軍に皇道派と統制派があり、激しく対立していたという話は、知っていました。関係の書を何冊か読んだのに、今一つ理解できませんでしたが、岡田元首相の説明ですべてがハッキリしました。

 これまで読んだ本は、あっちを立て、こっちも立てと、曖昧にしていたから理解できなかったのだ、と分かりました。長くなりますが、後の二・二五事件につながる重要なことなので、割愛せずに引用します。

「陸軍にはいつのころからともなく、皇道派と統制派という派閥があり、」「ことごとに争っていた。」「皇道派と見られていたのは、真崎甚三郎と荒木貞夫なんだが、」「真崎は陸軍三長官のひとつである、教育総監の地位にあり、」「若い将校などを家に出入りさせて、」「おだてたり、」「林陸相のやることに干渉していたらしい。」

「林の下には、軍務局長永田鉄山がいて、これがまあ、」「林を操縦しているんだとも言われていたが、」「林は部内統制のために、真崎を退けようと画策し、」「ついに非常手段として、閑院参謀総長宮のご同意を得て、」「真崎をやめさせた。」「真崎を辞めさせるという日に、私にも内々知らせがあって、」「今頃は真崎が怒っているだろうなと、成り行きを心配していたものだが、」

「皇道派の連中は、永田の陰謀だと騒ぎ、」「かねて真崎を崇拝していた相沢が、昭和10年の8月、台湾への転勤の途中、」「陸軍省へ挨拶に来て、永田軍務局長を切ってしまった。」「凶行の後で、省内で雑談していたところを、」「小坂慶助という憲兵がやってきて、なだめすかして、」「憲兵隊へ連行したという話だった。」

「だから相沢は、皇道派の連中から英雄のように見られ、」「公判は大変な騒ぎになり、」「皇道派の動きは剣呑になってきて、今にも不詳事件が突発しそうな様子を見せてきた。」「具体的なことは、私にはわからない。」「クーデターのようなことが、起こるかもしらん。」「私も狙われているだろうと、そのことは覚悟していた。」

  ここで皇道派と統制派について、ネットの情報を確認し、もう一度自分の知識を整理したいと思います。以下ネットの情報から引用します。

 「皇道派とは、陸軍内にかつて存在した派閥。北一輝らの影響を受けて、天皇親政の下での国家改造(昭和維新)を目指し、対外的にはソ連との対決を志向した。」「名前の由来は、理論的な指導者と目される荒木貞夫が」「日本軍を皇軍と呼び、」「政財界(君側の奸)を排除して、」「天皇親政による国家改造を説いたことによる。」

 「皇道派が全盛期の時代、つまり犬養内閣時に、荒木が陸軍大臣に就任し主導権を握ると、」「皇道派に反対する者に露骨な人事を行い、中央から退けた。」「この処置が、多くの中堅幕僚層の反発を招き、反皇道派として団結するようになった。」「皇道派に敵対する永田が、自らの意志と関わりなく、」「周囲の人間から、統制派なる派閥の頭領にさせられていたのである。」

「したがって永田によれば、陸軍には、」「荒木貞夫と真崎を頭首とする、皇道派があるのみで、」「統制派という派閥は存在しないという。」

「非皇道派の中堅幕僚層は、永田鉄山や東條英機を中心に纏まり、」「後には、陸軍中枢部から皇道派が排除されていくこととなる。」「路線対立はこの後も続くが、軍中央を押さえた統制派に対し、」「皇道派は、若手将校による過激な暴発事件(相沢事件や二・二六事件など)を引き起こし、」「衰退していくことになる。」

 
 「天皇親政の強化や財閥規制など、政治への深い不満・関与を旗印に結成され、」「陸大の出身者がほとんどいなかったのが」「皇道派である。」「これに対し、陸大出身者が主体で、」「軍内の規律統制を尊重するという者たちが、統制派と呼ばれた。」
 
 岡田元首相の説明を受けた後で情報を整理しますと、騒乱の時代が鮮明な映像となって頭に残ります。同じ陸軍といっても、内では生死をかけた争いをし、更には陸軍と海軍も、持っている戦略の違いから、常に対立していました。こんなことは、日本だけの話でなく、軍隊を持つ国では、ありふれたことなのでしょうか。どこの国でも、これらは国家機密として管理されているはずですから、きっと私たちが知らないだけなのでしょう。
 
 現在でも自民党の中に派閥があり、政治家たちが争っていますし、更に与党と野党が、次元の低い政争をしています。いつの時代になっても、政権をめぐる戦いは無くならず、熾烈なものだと歴史が教えています。今は意見が対立しても、この時代のように、拳銃や刀を持った軍人がすぐに出て来ないだけでも、幸いなのかもしれません。
 
 さて、突然話が変わりますが、憲法改正は、日本が独立国家となるための不可欠の条件です。自衛隊を軍隊とすることも、当然の話で、敵対する国から国民と国土を守るには、強い軍隊がいります。同時に私たちは、軍隊が暴走しないための工夫を、忘れてはなりません。反日の政治家や評論家たちが、やたら軍の暴走を恐れますが、もともと軍はそうした要素を持っているのですし、だからと言って、自分の国だけが「軍備全廃」という話にはなりません。
 
 日本以外が公正と信義の国であるはずがなく、諸国の持つ軍も、公正と信義の軍隊であるはずがありません。平和憲法を守れとか、九条を守れとか叫ぶ人々は、歴史も知らず、国際政治も知らず、日本を滅亡させる人間だと言わざるを得ません。
 
 岡田元首相の書は、様々なことを平成の私たちに語りかけています。国を大切にする人々は、誇りと気概を失った現在の日本人を残念に思うでしょうし、お花畑の住民たちは、相変わらず軍人は嫌だ、戦争は嫌だと、子供のように駄々をこねるのでしょう。引用した叙述を読んでも、受け取り方は人それぞれだと思いますが、私はそんなことに構わず、明日も続きを書きます。
 
 本を読みながら、私が強く言いたくなったのは、これです。
「安倍総理は、頑張れ。反日・野党や、腐れマスコミに負けないで、政治を進めてほしい。頑張れ。」
 
 昭和10年代のあの騒然とした時代に、思い切って総選挙に打って出た、岡田元首相が言った言葉を、安倍総理に贈ります。軍人が刀や銃を振り回していた時の、言葉です。
「もし野党側が大多数を占めるようになったら、総理は潔よく辞めますか、」「その方が男らしくていいですね、という者もいたが、」「私の組閣の使命は、そんな単純なものではない。」「岡田啓介という人間が、もみくちゃになるまで、」「やるんだ。」
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岡田啓介回顧録 - 2 | トップ | 岡田啓介回顧録 - 4 »

コメントを投稿

徒然の記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。