ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

若槻泰雄氏の著作

2011-10-11 22:06:38 | 徒然の記
 上下二册を一気に読んだが、これほど引き込まれるとは予想しなかった。

 上巻は戦争をした軍人への悪口雑言、政治家への侮蔑と不信。下巻では変節した学者、教授、宗教家、そして一般国民への軽蔑。氏は口を極めてこきおろす。「いったいなぜ、本来は優秀な頭脳を持っているはずの彼ら軍人がこうなってしまったのであろうか。彼らは日夜 "おそれ多くも畏くも、万邦無比のわが国体" "八紘一宇の肇国の精神" "畏れ多き現人神"といったことを、繰り返し教え込まれ、年中そういう言葉を発し、そういう訓示を聞き、批判や疑問の言葉さえ聞いたことも無く何十年かを過ごしているうちに、ほんとうにそういう気持ち、要するに無知、無教養、偏見の固まりになったのであろう。」と、こういう調子である。

 そうなってくると、さきに覚えた東條首相への敬意の念や同情がどうしたって薄れて来る。渡部氏の本を読んだばかりだというのに早速逆の考えに傾くのだから、己の愚かさをこれでもかと知らされる辛さがある。「先進国との文明の差は、日露戦争当時も同じだが、この時代は日本自らが西欧諸国より野蛮な国であることを自認しており、それが今次大戦では、わが国は万邦無比、すなわち世界一優れた民族だと狂信していたところが決定的に異なっている。」かって司馬遼太郎は、何かの本の対談の中で、「日本の歴史はずっと一つの流れがあり、強い興味を覚えるが、"戦前の昭和"という時代だけは訳が分からない。突然生じた特異な現象としか言いようがない。」

 正確ではないが、そんな意味のことを述べていたような気がする。つまり、若槻氏の言う「狂信」の昭和だ。さらに氏は言う。「元首相若槻礼次郎は、終戦の頃陸軍は半狂乱だったと書いているが、終戦時に限らず、陸軍は、そして海軍も、半狂乱どころか、いつも「全狂乱」、すなわち正気ではなかったのである。そう認めるよりほか、この貧弱な工業国が世界を相手に戦争をしかけるなどという、ありうべからざる現象を説明しようがないと思われる。そして正気でない内容は、 "天皇は神であり、日本は神国である。普通の国とは訳が違うのであって、負けるなどということはあり得ない。という信念、信仰"  要するに迷信である。」

 私などと比べようも無いほど博識な氏は、使う言葉も遥かに辛辣で、さすがの私も及ばない。これ以上氏の書を引用していると自分のブログでなくるので止めるが、歯に衣着せぬ激しい言葉の中にある煌めきが私を虜にする。右左の極論を述べる書と異なり手前勝手なこじつけがなく、常識家の熱い思いが伝わって来る不思議さ。亡くなった父はシベリアで捕虜になり、戦後に帰還して来たが、戦争についても軍隊についても何も語らなかった。思い出を丹念に辿り探し出してみると、何かの拍子にポツンとつぶやいた言葉があった。

 「日本は戦争に負けて良かったんだ。勝ったりしていたら、今頃はもっと大変だっただろ。」中学生の頃に聞かされたもので、当時は何のことかサッパリ分からなかったが、今は何となく分かる。確かめるすべはないが、冗談が好きだった父は、おそらく「狂信の昭和」に辟易していたに違いない。冗談ならまだしも、生きている人間が神だなんて、父はきっと納得できなかったのだと思う。

 自衛隊員と呼ばれ今はなりを潜めている軍人たちが、再び天皇を利用しようとする時が来ないようにと、そこだけは細心の注意が必要だ。現在のような「象徴天皇」であれば、存続してもいいと私は思っているが、若槻氏の結論は天皇制の廃止である。戦後の教育を受けて育った私は力点を置かないけれど、氏は諸悪の根源を天皇制の中に見ているから、私のブログなど目にしたら罵詈罵倒の集中砲火だろう。

 どうか、彼の目に留まりませんようにと、願いつつ今日を終えるとしよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬になったら

2011-10-06 09:24:39 | 徒然の記
 冬になったら、ジューンベリーをぶどう棚の横に移し替える予定だ。

 鉢植えのまま庭の真ん中に置き、居間から見えない死角にあるため、傍若無人な鳥どもに実を食べられてしまうので、目の届くところに移し、来年こそ鳥を追っ払ってやろうとケチくさいことを考えている。次に垣根の脇にあるビックリグミを抜いてしまう。ビックリするほど大きな実が、ビックリするくらい実るから、この名がついたと聞きすぐさま買った。あれから4年経つというのに、大きくなるのは木ばかりでサッパリ実をつけない。毎年沢山の花(おそらく200くらい)をつけるのに結実せず、十粒ほどの成果で終わる。

 いくら見事な紅い実がなっても、この乏しい収穫では、そちらの方にビックリさせられる。加えて春にはアブラ虫の巣窟となり、どの葉の裏にもビッシリと、まるで虫の養殖場みたいになってしまう。虫の嫌いな家内と相談したら、一も二もなく賛成したので晩秋には即実行だ。最初に計画しているのは、和室の前のグレープフルーツを抜き、甘夏と入れ替えること。グレープフルーツは植えて五年になるが、葉ばかり茂らせ、花をつけない。これもまた毎年青虫やアブラ虫、なめくじ、果てはテントウ虫の幼虫まではびこり、ほとんどの葉が若葉のうちに痛めつけられてしまう。

 鉢植えの甘夏が玄関横にあるので、これを代わりに植えようというものだ。甘夏も似たような状態だが、まだ元気そうなので、植え替えたら勢いづいて花をつけ実を結ぶのでないかと、捕らぬ狸の皮算用をしている。
庭木の育たない原因は手入れの悪さも一つだが、それ以前に土壌にあると信じている。庭全体が粘土なので、何か植える時は必ず穴を掘り買って来た土を入れなくてならない。越して来た当初は庭木の知識がないから、いい加減に穴を掘り、適当に土を入れていたが、そんなことでは育たないということが最近になり分かって来た。

 雨の度に、水はけの悪い庭がまるでプールのようになってしまい、小さく浅い穴に植えられた花木は根を十分に張れず元気を失う。猫の額みたいな狭い庭を、木の緑で一杯にしたいと、とんでもない夢を抱く家内が他にも木を植えているため、穴堀りにはそれらの根を傷めない注意がいる。だから、冬に予定している諸作業は口で言うほど簡単なものではない。頑固でやっかいな粘土を掘り返し、大きな穴を作り土を入れるのだから、一日で終わらない力仕事になる。

 掘り起こした粘土の始末にしても、やたら捨てられないのでこれがまたひと苦労。今年もまた短気な私が、家内といたわり合いつつ、喧嘩をしながら汗を流すことになるのだろう。それでも計画が完了した時の喜びの方が大きいので、今は楽しみと期待と緊張が入り混じる。こんな重労働がやれるのだから、どうしてどうして、私はまだ十分に若い。市役所がくれた「高齢者用の保険証」を返上したいと思うくらいだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加