ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

クマバチ

2011-06-29 12:25:35 | 徒然の記
 クマバチが玄関に巣を作り出した。ドアーの横においた植木の葉陰に、いつの間にそんな手仕事を始めていたのか、小さな巣があった。

 庭に咲いたバラの花に、数日前から訪れているクマバチのものだ。スズメバチなら危険きわまりないので、市役所のベテラン職員が即座に撤去してくれるが、クマバチの巣だと相手にされないから、自分で始末するしかない。
インターネットで調べてみると、巣作りはオスの蜂が単独でやり、子を産み育てるのがメスだという。巣を作るオスはおとなしいが、子育てするメスは人を攻撃することがあると注意書きがあった。スズメバチみたいに大きく派手な模様の巣でなく、大人の握り拳大の巣は、素焼きの土器を思わせる素朴さがある。

 半分作りかけで、まるでお椀を伏せたような形で枝から下がっている。
もともとミツバチとは共存する気でいるから、場所が玄関でなければこのままにしておきたいところだ。しかし毎日出入りするドアーのすぐ横では、メスに刺される可能性が高い。手慣れた市役所の職員でもない私に対し、家内は、すぐに取り除いてくれと無理な懇願をする。我が家の庭は玄関と反対側にあり、一般的に言えば裏庭ということになるのだろうが、妻も私も裏庭なんて、そんな侘しい言葉は使わず、何が何でも「うちの庭」と呼ぶ。
さてクマバチは、せっせとその「うちの庭」と玄関とを往復しながら巣作りに励んでいる。

 もし巣を取るとすれば、ハチが「うちの庭」へ飛んで行った隙間を狙うしかないのだが、なかなか決心がつかない。
「うちの庭」の害虫なら、市の職員に負けず、手際よく捕まえ迷うことなく殺せるのに、ミツバチとなるとそうはいかない不思議さがある。何日かけて巣の半分を作ったのか知らないが、孤独な作業を黙々と続けているオスに、私はなぜか自分を重ねて眺め、見るほどに同情心が高まってきた。庭の草むしりをしたり、枯れ葉を集めゴミ袋に入れたりしながら、時間が経過し、やっと決心をしたのは夕方近くだった。

 高切り鋏で枝ごと一気に巣を切り取り、大きな紙袋に入れ、他のゴミと一緒に物置へ運んだ。
再び玄関へ戻ると、クマバチのオスがしきりと巣を探していた。心の痛みを抑え眺めていると、ハチは巣のあった枝ばかりでなく、すべての枝を確かめるように飛んでいる。捜索の範囲を広げつつ、玄関のあたりを何度も旋回し、消えた巣を無心に探している。それでもやがてハチは、巣の無くなった事実に得心したのか、暮れ方の空へ飛び去って行った。玄関の窓を上へと飛び、屋根を越え、小さくなるクマバチを見ていると涙が出そうになった。

 虫には感情など無いという気でいたが、どうもそうではなかったようだ。
巣を探す懸命さ、見つからなかった時の失意の様子、どうにもできなくなった諦観の風情と、ハチの思いが伝わってきた。庭いじりの楽しみの合間には、こうした悲しみと言うか、やるせなさとでも言うのか、そんなものもどうしても生じる。だからと言ってこの自分が、虫まで思いやりする優しい人間だと、そんな自惚れはしない。容赦なく殺しているバッタや青虫やカナブンだって、同じ虫なのに、ミツバチにだけ思い入れをしているのだから、これこそ身勝手な人間の見本というものだ。

 だから今日は、事実だけを記録することとしたい。
既に半月も前のことなのに、今でもハチの姿が痛みとなり残っているという、この事実だけ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これからやるべきこと

2011-06-12 09:31:03 | 徒然の記
 小学校、中学校、高校、大学、そして会社勤めを38年、振り返ると、自分の足跡はこんなに単純なものだった。

 定年退職後、かっての会社と無関係な場所で職を得、月に何度か都内で働いているが、責任も権限も無い単純作業で、周りから「派遣のおじさん」などと呼ばれ、名前すら不要になってしまった。定年を迎えるまでは、休まないこと、遅刻をしないこと、弱音を吐かないこと、仕事に手抜きをしないことと・・・・誰に言われた訳でなく、そういうものだと信じ暮らして来た。

 世間の誰もがやっていることだから大した話ではないのだが、それでもやっぱり張りつめた気持ちで頑張っていたのだと、「派遣のおじさん」になり初めて知った。おじさんの勤務は毎月ランダムで、通勤のラッシュとも無縁な時間帯になり、取ろうと思えば、連続一週間の休みだって取れる。せき立てる上司はもちろんのこと、気配りすべき部下もいない。一抹の淋しさはあるものの、取り立てていうほどの責任もない気楽な立場。それが今の自分。

 ああ、もう走らなくていいんだと、駆け続けたランナーが足を止め安堵する時の気持ちとでも言えば良いのだろうか。新聞でもテレビでも、時間を気にせず安心して見られ、パソコンにだって、こうして何時間でも自由に向かうことができる。やりたいことがあれば何でもやれ、気が向かなければ何もしなくていい。放縦とも言える無制限の自由を律するものがあるとすれば、それは自分の意志だけだ。以前と同じ日本で同じ時代の日常なのに、それはまるで異次元の世界みたいな新しい発見でもある。

 金のかからない趣味を探し、その時々の時間を有効に使えばそれで充分。健康に留意し無理をせず、知足安分慎ましくして行けば、年金暮らしもまた楽しというところか。肩に入れた力を抜き、せかせかした心をもっと落ち着かせ、自民党とか民主党とか躍起になり考えることだって控えて良いのかも知れない。そうするともう、あとに残るものと言えば、万人のもとへ訪れる死への準備ということになる。若い頃は未来が果てしないものに思え、何かしなくてはと焦燥に駆られることが一度ならずあったが、ここまで来ると人生の終わりが何となく感じられる。

 いよいよその時がやって来るかと、かすかな不安と奇妙な期待と、そして何かしら厳粛な静謐が生まれてくる。子供たちに負担や迷惑をかけず、長患いせず、痴呆にもならず、せめて辞世の句でも残せたらと、相変わらず欲張りなことを考えてしまうが、これこそが私の「これからやるべきこと」であるに違いない。いやいや、「やるべき」などと堅苦しいものでなく、死は季節の移ろいや潮の満ち干と同じ必然の現象に過ぎない。

 年寄りたちがよく口にしていた「お迎え」とやらいうものなのだろうが、貴賤貧富の区別無くすべての人間に訪れてくれる「お迎え」は、まさに人間平等の最たるもの。ふんぞり返っていた奴も、贅沢三昧していた輩も、鼻持ちならない性悪の極道も、綺麗サッパリ終わらせられる。

 有り難いことではないか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加