ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

明日は我が身

2012-03-19 08:39:03 | 徒然の記
 瓦礫の処理が進まないのは、反対する人びとの声が大きいからだ。

 子供たちを守れ生活を守れ、政府の言うことなど当てにならないと、その意見にはうなづかされる理屈がある。だがいつまでもそれを叫び、被災地の不幸を思いやらないというのでは、エゴの醜さが際立って来るというものだ。被災地の住民たちにも子供がいて、生活があるという事実をどうするつもりなのか。自分は自分、他人は他人と割り切っているのならば、果たしてそういう人びとの言うことをいつまでも聞くべきなのだろうか。

 民主主義には多数決の原理というものがあり、少数者の意見も尊重するが、どうしても結論のでない時には多数決で決めようと、それが決まりだ。かって美濃部都知事は、「一人でも反対者があれば、その施策は実行しない」と少数者の意見を大切にする立場を強調したが、そのため東京都は都民の暮らしに必要な工事が滞っただけでなく、職員の給与ばかりが引き上げられ、現在の大阪みたいな職員組合の天国に成り果てた。

 破綻寸前の赤字団体となり銀行も融資を尻込みするような始末だったが、今の日本をみていると、当時の二の舞をしているような気がしてならない。少数者の意見を尊重するということは、たいてい声の大きな者の意見を聞くということになりがちなのだ。動員された人びとが叫び、マスコミが報道するからといって、それが世論だとは言えない場合だって多々ある。今回のがれき反対の声にしても住民の大多数ではないはずだし、わが国の人びとの多数は、よくも悪くも「サイレントマジョリティー」なのだ。

 地方自治体の政治家たちだって国が決めないからと責任転嫁ばかりせず、みずからもっと住民への働きかけを工夫すべきだし、国会議員もテレビ放映の議会で頑張るけれど、地元での地道な努力が足りないのではないか。放射性廃棄物をブルーシートで覆ったまま、裸の地面に放置するようなやり方を改め、遮蔽された立派な保管場所の新設に力を注ぐべきなのだ。政府や役所が当てにならないと不安がられるのは、そうした杜撰な対応があるからでもある。

 余震と言われつつ、あちこちで嫌な地震が続いている現在。せめて東北の瓦礫だけでも処理しておかないと、それこそ「明日は我が身」だ。お互いが身を切りつつ協力し合うことが大事なのだから、もし千葉に瓦礫が来ると決まり、キチンと事前検査され、整備された保管場所に灰が収納されるのなら、私は住民として受け入れる。それにしても我がタレント知事の森田氏は、こんな難しい話になるとひっそりとし声も出さないのはどうした訳か。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

菅総理

2012-03-14 15:18:44 | 徒然の記
 在任中の氏には、今ひとつ好感が持てなかった。

 しかし、大震災における総理としての対応につき、氏を非難をする議員たちを見て、ひと言言わずにおれなくなった。1000年に一度と言われるあの震災で、沈着冷静にしかも適切に事態に対処できた人物が果たして何人いたのだろうと、まずそれを思う。事後になってあれこれ言うのは、決してフェアーでなく、まして死刑に値するなど、政治家としてというより、人として口に出してはならない言葉だ。

 菅総理が、手抜きでいい加減な対応をしていたというのならまだしものこと、やれるだけの努力をしていたというのは、連日のテレビの報道で国民が皆知っている。国会中継での野党議員みたいに国民の受けを狙った上手な熱弁はふるわなかったけれど、寝不足の目をショボつかせながら国民に語りかけた口べたの総理に対し、なんという非礼な議員かと怒りすら覚える。

 避難指示についても、放射能の影響についても、政府の報道に不満はあったが、それでも菅氏に向けられるこんな恥ずべき難癖は、この私でもつけない。原子力安全委員会も保安員も、想定外の事態の前でなす術を失い、本来の機能を果たせなかった。政府の役人も当事者の東電も、肝心の情報をうまく官邸に伝えなかった。

 次の災害への備えのため、問題視すべきはこうした体制の見直しが先であって、すべての責任を菅氏一人に負わせるような物言いは、いくら何でも酷すぎる。人を呪わば穴二つと、昔の人は良く言ったものだ。他人を攻撃する言葉は、そのまま言っている本人を直撃する。

 つまり、汝自身を知れと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私の祖国

2012-03-08 23:14:19 | 徒然の記
 「大川周明」大塚健洋著、「北一輝」木村時夫著、「北一輝」長谷川義記著、「石原莞爾」阿部博行著、「石原莞爾」楠木誠一郎著、「甘粕大尉」角田房子著、「石原莞爾」佐高信著、「関東軍」島田俊彦著。図書館から借りて、通勤の電車の中で熟読した。

 知っていることより、知らないことの方が多かった。心が大きく揺れ、価値判断の基準が揺らいだ。戦前を批判する人、戦前を肯定する人、軍人を讃える人など著者の立場は様々だったが、それでも私が理解したのは、中国や韓国の激しい反日には無理の無いものがあるという悲しい事実だった。列強がアジアを武力で切り取った時代だったとはいえ、そうせずには日本も切り取られていたかも知れないとは言え、それでも心にのしかかる重いものがある。

 戦勝国である米英ソ等の諸国は、どの国に対しても反省などに無縁で今も存在しているが、やはり日本は中国と韓国に向い、謙虚な謝罪がいるのではなかろうか。戦前の日本人は、日清・日露の勝利で舞い上がり、他のアジア諸国を見下してしまった。立派な言葉とは裏腹に、他民族蔑視の行動を押し進めた軍人、政治家、一般国民がいたという事実は否定の仕様がない。もし自分がこの時代に生きていたとしたら、一等国民意識で胸を張る一人だったろうと容易に想像できるが、それにしても、この重いやり切れなさをどうすれば良いのか。

 もしわが国の北海道や九州に他国の軍隊が勝手に進出し、自国の人間を移住させ、鉄道を敷き、会社を作り、経済活動をするとしたら、私たちは黙っておれるだろうか。圧倒的な武力でねじ伏せながら活動をするだけでなく、反抗する人間たちを殺したら、どうして憎しみが生まれずにすむだろう。結局日本は、中国や韓国でそれをやったのだ。「日本の軍国主義がアジア諸国を踏みにじった」という言葉は、学校で習った。しかしその中身をこうして本の中でつぶさに知らされると、私の祖国も、単純に愛してはいけないという思いがして来た。

 ただ私は、左翼陣営の人々とはどうしても、一線を画したい。彼らはひたすら自分の国を非難し否定し、何もかも日本が一番悪いという結論で主張するため、感情的に嫌悪してしまう。保守と革新という言葉は馴染めないが、これ以外に表現するものが無いので使うのだが、私は本当の反省は左翼系の人々でなく、右系の人びとにやってもらいたい。なぜなら私の勝手な理解では、保守つまり右系の人びとこそが日本の歴史や文化、伝統を大切にする人間だと思うからだ。

 極端な右翼は、極端な左翼と同様、やっかいで煩わしい存在でしかないが、中庸の国民が大多数であり、国を支える人間たちだと信じている。こういう人間は極端な左右の者たちに両側から責められる。簡単に言えば、「南京事件」だ。名古屋市長は「50万人」を虐殺した「南京事件」は無いといっているが、何万人かを虐殺した事実は否定していない。だが、中国側から見れば、数はどうであれ、事実はあったのだということでいきり立っている。

 戦争中のことだし、無差別の殺人があるのも致し方無しという状況があっても、日本人から自国民が殺されたという事実が、中国人には許せないのだ。あったと認めれば右翼が騒ぎ、無かったと否定すれば左翼が糾弾し、意見を述べれば切りがなく、とてもこんなブログに収まらない。尻切れとんぼだが、これ以上書くのは止めることとする。大切なことは、自分の国が辿って来た大変な歴史を改めて知ったということだ。

 今頃そんなことかと、笑う者があれば笑えと観念する。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

再び小沢一郎氏について

2012-03-05 12:19:45 | 徒然の記
 野田総理の増税法案にかける意思の固さを、氏が非難している。

 増税する前にやるべきことをやらず、国民への約束を忘れ、民意を離れて強行するため内閣の支持率も落ちている。意のままにならないからと解散するのは、全議員を道ずれにした自殺行為だ・・・等々。
だが、彼の言葉に納得する人間が果たして何人いるのだろうか。政府の無駄を省けばいくらでも金はできると、今でも錬金術師のような持論を展開しているが、政権与党の中にいて、百人を超える新人議員を統率する彼が、これまで国民のためいったい何をしたというのだろう。

 内閣の支持率を落として来たのは、彼や鳩山氏が党内で波風を立て続けたことに大きな原因があるのではないか。碌でもない自派の議員を大臣に推薦し、政府の信用を地に落としめたのは彼ではないのか。議員全員を道ずれにする自殺行為と言うが、私には、彼の方こそ、全国民を犠牲にする破滅への道を進もうとしているように見えてならない。九月までに解散があり、政界が再編されると予言するけれど、「壊し屋」の彼と本気になって党を作ろうとする者がいるのだろうか。

 寄せ集めの新党を作っても、どうせまた彼が意のままにならないと横になって事態を混乱させるだけのことではないか。政治は確かに数だけれど、数だけで中身の無い政変には何の意味も無い。国民はいつまでも彼に騙されるお人好しではないのに、彼だけが分かっていない。取り巻きが詰まらないのか、詰まらない人間ばかりを集めたからそうなったのか。

 鳩山氏同様、世界に通じる「裸の王様」ではないか。非難ばかりで自己嫌悪に陥りそうだが、もうひと言だけ付け加えて終わりとしたい。民意を忘れているのは、野田総理でなく、氏自身だということ。裁判になっている政治資金の問題でも、国民の皆さんにキチンと説明しますと言っていながら、この長い間氏は何を話したというのか。都合のいい時にだけ、国民との約束を守れと野田総理を責めるが、自らが範を示さずに、誰が氏の言葉に耳を傾けるというのか。

 矛盾だらけの、手前勝手な氏の話に、疑問を抱かない人間がいないとでも思っているのだろうか。ここまで国民を馬鹿にした政治家だったのかと、愛想がつきる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加